スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、霊格、占い師になるには、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

スピリチュアルの危険性は、なぜ、危険だと感じるのか

スピリチュアル/危険性(主.キーワード関連記事)

『スピリチュアル』の『危険』性は、なぜ、『危険』だと感じるのか

『スピリチュアル』の『危険』は、私自身、「スピリチュアル」について発信をしている者として、矛盾するような話かもしれません。このページでの話は、心理的に、なぜ?「スピリチュアル」が「危険」だと思われやすくなるのか、その様に感じる人の立場目線で話をさせていただきたいと思います。

「スピリチュアル」の「危険」は、「危険」と感じるほど、社会に影響と浸透がされている証でもあり、その価値を受け入れてる人が増えている話でもあるでしょう。また、危険だと感じてるのは、女性よりも男性の方が、そう思われてる人も多いのではないでしょうか。

スピリチュアルの危険

スピリチュアルの危険

「スピリチュアル」の「危険」だと感じている男性は、自分の心が安定していない不安な心情が表れてる人もいるかもしれません。このブログでは、何度も話をさせていただいていますが、男性は意識されたよりも意識したい気持ちが強く、女性は、意識したいよりも意識されたい気持ちが強く、本来であればこの相反する心情は、磁石のプラスマイナスのように心が引き合いやすくなり、異なった異性が結ばれやすくなるのです。

「スピリチュアル」の考え方の中には、自分自身の霊格や精神性を高める大切さが存在します。意識されるよりも意識したい男性にとっては、自分自身を意識して省みる力が弱く、「スピリチュアル」の考え方に対して受け入れがたい姿も現れやすくなる人もいるでしょう。

逆に、意識したいよりも意識されたい女性は、意識されるための自分自身に意識も高まりやすく、自分自身の価値を高めたい気持ちも強くあり、「スピリチュアル」について、受け入れやすい心理も持ち合わせています。

『スピリチュアル』の『危険』は、個性が失われる

スピリチュアルの危険は、個性を失う

スピリチュアルの危険は、個性を失う

「スピリチュアル」の「危険」は、スピリチュアルの話に限った話ではありませんが、自分自身にとって価値のない情報の蔓延は、自分自身の存在力が弱まってしまう可能性を高めてしまいます。

人の脳は、自分自身にとって価値のある情報を吸収し、自分自身は表す個性を作り上げていきます。例えば、青色に染まっている自分自身、大きなピンク色が迫ってくれば、自分自身の青色が消えてしまう可能性も高めてしまうでしょう。

「スピリチュアル」の思想は、道徳的な内容として学校で教わる内容ではなく、少し宗教的な道徳的な考え方もあります。

人の性格の中には、「スピリチュアル」から見た視点で、否定的な性格として判断される内容などもあるかもしれません。

例えば、人をいじめる性格や、人をけなす性格、「スピリチュアル」で言えば、霊格の低い性格です。霊格が低くても、その人にとってはそれが自分自身であり、良くも悪くも個性のある自分自身の性格として、他人から否定されたくない気持ちなどもあるはずです。

先にも言いましたが、人の個性の形成は、自分自身にとって価値のある情報を吸収して、個性が作り上げていきます。

「スピリチュアル」の思想における価値観に気づかなければ、その情報を知ったとしても、自分自身の個性として繋がらない話などもあるはずです。霊格の低い性格は、自分自身に意識が強い子供と同じ性格でもあり、その状況が大人としての自覚であれば、それ以上の価値を見出せずにもいるでしょう。

社会の形成は、ある程度の共通的な知識と共通的な価値感を持つ中で、同じ仲間として安心ができ、良くも悪くも健全な社会が成り立ちます。良くも悪くもとは、古代、地球は、丸いとは考えておらず、平らであり、誤った共通的な認識で社会が成り立っていた時代もありました。地球が丸いと言えば、宗教裁判などで罰されていた時代もあったはずです。

「スピリチャル」の「危険」だと思われてる人の中には、当時と変わらない心情を抱き、社会における組織を乱す危機感として感じてる人もいるのではないでしょうか。

『スピリチュアル』の『危険』は、深く考える力が無い

スピリチュアルの危険は、深く考えない

スピリチュアルの危険は、深く考えない

「スピリチュアル」の「危険」は、そう感じる傾向の人として、あまり物事を深く考えようとしない人も多いのではないでしょうか。YouTubeなどでスピリチャルについて発信する人は、自分自身で考える傾向も高くあり、共感と理解される状況が人々を惹きつけている話でもあるはずです。

そのため、「スピリチュアル」を語る人の動画の回数は、割と高くなる傾向もあります。

「スピリチュアル」の価値感と考え方は人それぞれでありますが、私の価値観として、人も自然が作り出したものであり、自然の法則によって成り立ってるのは多くの人が理解できる話でもあるでしょう。

自然の法則は、支えあって存在している傾向も高くあり、他者の思いがあって、創造が現れている話でもあります。

自然を作り出したのは誰かと考えた場合、神の考え方もありますが、少なからず高度な知識を持つものが作り出したのが妥当だと考える話でもあり、地球上で進化する物もあるため、現在でも何かしらの力が働いている可能性などもあるはずです。

体が意識を作り出しているのか、意識が体を作り出してるのかの考え方もあります。常識的に考えれば体が意識を作り出していると考えるのが妥当でしょう。ただし、体を作り出すためには、先に作り出す事を考える心も必要であり、心の方が高い価値があると考えられる場合もあるのではないでしょうか。

「スピリチュアル」の「危険」を感じる人の中で、深く考える力が無い人が、多く現れやすいのも致し方がない話かもしれません。

なぜならば、日本の教育は、文系よりも理系に力を入れる傾向が高く、心に意識を向ける価値も弱くあり、深く考えるだけの価値が見いだせない話でもあるためです。

また、心に対する内容は宗教的な内容とも結びつきやすく、宗教分離の教育においては、心を扱った教育が行いにくい内容でもあるためです。

「スピリチュアル」が「危険」だと思われてる人の中には、宗教的な内容に見えてしまい、洗脳のような内容に見えてしまってる人もいるでしょう。

先にも言いましたが、「スピリチュアル」の思想は、自然に則ったものであり、人間も自然の産物であるため、自分自身も自然の産物の一つとして、多くの方が共感して理解をし、興味を示してる人が増えているのです。

「スピリチャル」について「危険」だと思われる人の中には、相手を支える能動的な気持ちが弱く、受身的ばかりに生活を行われてる人もいるでしょう。そのような人でも、誰かに支えられてる可能性も高く、深く考えれば、価値が見出せるのではないでしょうか。

情報の足りなさは、価値がないものだと不信感を抱きやすくなるため、一度、ネット上で公開されているシルバーバーチの霊訓など読まれ、信用するかしないかは別として、知識を吸収してみるのもお勧めです。以下

www5a.biglobe.ne.jp

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com