スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

子育て中の男の子は、勉強しない勉強させるコツ

子育て中の男の子は、勉強しない勉強させるコツ

子育て中の男の子の中には、ゲームなどで勉強しない状況があり勉強させる方法について悩まれている親御さんもいるかもしれません。ここでの話は、必ず効果が表れるとは言い切れませんが、参考程度に勉強させるコツに役立てていただければと思います。

子育て中の男の子は、ゲームなどをしている様子を見ると、なぜゲームが集中して遊ぶ姿が現れるのに、勉強に対して集中してくれないのか?不思議に思われたことはないでしょうか。ゲームには、男の子が引き付ける要素が数多くあり、女の子と比べると、ゲームに夢中になる状況も現れやすくなるのです。

子育ての男の子、勉強しない

子育ての男の子、勉強しない

この話を理解するためには、このブログで何度も話をさせていただいている、男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したいよりも意識されたい傾向が強い話が大いに関わってきます。この異なった異性の相反する心情は、磁石のプラスマイナスのように引き合いやすくなり、異なった異性である男性の心と女性の心が結ばれやすくなるのです。この話については、大いに理解できるのではないでしょうか。

ゲームは、ゲームを意識して楽しめるものであり、勉強は自分自身が勉強している意識を持つ必要性もあり、強制的な勉強には男の子のは、ストレスを抱えやすくなるのです。

男の子と限定したのは、女の子は意識されるために、自分自身を着飾る、価値を高めたい思いが男の子よりも強く現れやすくなりやすく、女の子の方が勉強を薦めやすくもあります。

また、ゲームは、その多くが動く要素を持ち合わせているでしょう。人は、静止してるよりも動きのある内容に興奮を覚えやすく、興味が高まりやすくなります。これは、男性は古代から、動く要素の強い動く獣を追いかけるにを行って来たものである、戦においては動く内容に意識を向けていたためです。

特に、理性の発達していない男の子は、本能が強く現れやすく、動く内容に興味を抱きやすくなります。男の子は割りと、動く要素のある電車や車、大げさに動く要素を演じているヒーローものに興味を抱きやすい子供も多くいるでしょう。

子育ての男の子は、快感が感じられず、勉強しない

快感(存在感)を感じれない男の子

快感(存在感)を感じれない男の子

子育ての男の子の中で、ゲームばかりして、勉強しない原因の中には、両親に原因がある場合もあります。両親が子供に勉強させる言葉として、大人になったら必要だからと話されている両親もいるのではないでしょうか。

子供にとって、大人は、はるか先の話であり、そこまでの達成感を感じられない場合もあるでしょう。

このブログでは何度も、話をさせていただいていますが、人は、睡眠を取るにしても食事を取るにしても、そこに、多少なりの快感が生じるものであり、快感=存在感と言っても過言ではありません。幸せを感じれば快感を感じ、同時に自分自身の中で強い存在感を感じられる場合もあるのではないでしょうか。

応援してるチームが勝てば、そこには、喜びの快感が生じるものであり、スポーツをしている本人ではないにも関わらず、応援していた方は強い存在感を感じられる場合もあるはずです。

ゲームの多くは、少し頑張れば、容易に、こなせる目的が設定されてるものであり、目的を達成する中で、子供の中で強い存在感を感じやすくあります。

つまり、子供に勉強させるには、大人になったら必要の言葉は望ましくなく、ゲームの様に一つ一つ設定のみを持たされるのも大切です。

大人であろうとも、興味が無く達成感を感じられない作業に対して、続けなければならないと強制的に言われれば、行ってる内容に対してやる気が出てこない場合もあるのではないでしょうか。例えば、サービス残業もその一つであり、給料を得る快感がなければ、仕事そのものを放棄してしまう人も多く現れるでしょう。

子育ての男の子、勉強させるコツについて

子育ての男の子、勉強させるコツ

子育ての男の子、勉強させるコツ

子育ての男の子は、勉強させるコツについては、いくつかの方法が考えられます。共通するポイントは、快感であり、子ども自身が快感を得れる満足感を作り出していかなければなりません。

初めては、勉強すれば、その褒美として、甘いものを与えることから始めると良いでしょう。ゲームばかりでは、おやつを抜くと言えば、勉強の方に存在感が現れやすくなり、ゲームをする事に存在感を失ってしまう姿も現れやすくなる可能性も考えられます。

例えば、大人であろうとも、周りが楽しく快感を演じてる中で、自分自身が側にいれば、相対的に自分自身の存在感に寂しさが現れる場合もあるはずです。

子供の中には、勉強している状態に対して、親から干渉されるのが嫌がる子供もいますが、その様な子供は、勉強に対する価値を自覚しているものであり、邪魔になる刺激が、集中できなくなる不満を抱く子供もいます。

ただし、子育ての男の子に対して、勉強させるためには、ある程度、親が興味を抱くのも大切であり、勉強する内容について把握するのも大切です。親の関心は、少なからず価値があるものだと思い込みやすくなり、前向きな気持ちが現れやすくなります。勉強するのが当たり前ではなく、喜ぶ表情を作り、親を悲しませたくない気持ちを芽生えやすのもお勧めかもしれません。

教師の子供は、全ての子供とは言い切れませんが、割と勉強に意識が高まりやすく、親がしっかりと勉強の内容に意識を向け、価値あるものだと子供自身が自覚している傾向も高くあります。

日本人は、テストの点数で子供を評価する傾向が高くありますが、これはあまり望ましくはなく、知る大切さに興味を向けさすのもポイントです。なぜならば、点数を取ることが目的となり、勉強の目的と履き違いも現れやすくなるためです。

ある東大生と、東大卒の堀江貴文さんは、点数を取るために勉強した自覚がほとんどなく、勉強をゲームのように楽しんで学んでいたと話されていました。

堀江貴文さんは、誰しもが天才になる才能を持ち合わせているものであり、学校の教育が馬鹿で、勉強の力を弱めさせてると話されていたと思います。

子育ての男の子に対しては、自ら様々な情報を積極的に吸収する気持ちを養うために、様々なことを調べさせる習慣を身につけさせておくのも良いでしょう。例えば、今晩の夕食に参考になるような、レシピを調べておいてと言う様な内容です。

現代人は、文明の発達によって、受身的に享受する傾向が高まっています。そのため、能動的な気持ちが弱くなっている姿もあります。若い成人の中には、言われたことしか行動がとれず、自分自身から話しかける姿も弱くなっているのです。

全ての芸人でありませんが、第7世代と呼ばれる芸人は、年配の芸人と比べて、自ら面白い話を能動的に話そうとする芸人が少ないように思われないでしょうか?能動的な気持ちは、頼れる存在に見られやすく、子供自ら能動的に様々なことを知りたい気持ちを養っていくのもポイントです。

旅行など行く際は、様々な情報を与え、子供の考えを優先的に考えるのもお勧めです。

ここでの話は、男の子限定に話をさせていただきましたが、快感=存在感は、女の子にも当てはまる内容であり、少なからず勉強に繋がる様な子供が快感を感じられる生活環境を求めるのも大切です。

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com