スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、霊格、占い師になるには、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

霊視で亡くなった人は、芸能人など会えるの?

霊視/亡くなった人(主.キーワード関連記事)

霊視で亡くなった人は、芸能人など会えるの?

霊視で亡くなった人は、芸能人など会える?

霊視で亡くなった人は、芸能人など会える?

「霊視」で「亡くなった人」は、「芸能人」などと「会えるのか」どうかと思われてる人もいるのではないでしょうか。特に列強のファンで、「芸能人」の方が亡くなった場合、どうしてもお話を伺いたい人もいるでしょう。

「霊視」で「亡くなった人」は、「芸能人」などに対して結論から言えば、一概には言い切れません。私自身過去の番組において、熱狂のファンが、青森のイタコの方に相談をされていた内容を拝見した記憶があります。ただし、霊能力者の江原啓之さんは、向こうでは向こうの生活があり、出たくない電話に出るようなものであって、ファンの方が「霊視」で「亡くなった芸能人」などに対して、直接コミュニケーションは取れない話をされていた記憶があります。

私達人は、ほとんどの多くが目で確認をするものであり、「亡くなった人」の世界について、漠然と「亡くなった人の世界」において、一つの世界についてイメージしてしまいやすくなるでしょう。

「亡くなった人がいる世界」の方が、とてつもなく広く、浮遊霊が集まる世界や、悪霊だけが集まる世界、一般的に人が普通に亡くなれば、幽界に旅立つとされており、亡くなった後、先に亡くなった親族が迎えに来まして、それに従ってついていけば、ほとんどの多くの魂は、幽界に旅立ちと言われています。

稀な内容として、幽界に足を運んだ魂の中には、少し短く滞在し、次の世界である、人の霊格によって違った階層になっている霊界に旅立つと言われているのです。

幽界についての詳しい話は、以下のリンク先に詳細に書かれています。別ウインドウで開くため、一度、確認されてみるのもお勧めです。

(幽界について)

www5e.biglobe.ne.jp

芸能人だからと言って、霊視で亡くなった人と会えない訳では無い

芸能人だからは、関係が無い

芸能人だからは、関係が無い

「霊視」で「亡くなった人」と、「芸能人」などと会えない話をすれば、現実世界における、芸能人と同じく、「芸能人だから会えない」と考える人もいるかもしれません。

あの世は心の世界であり、現実世界よりも、心のあり方が強く働きやすい世界でもあるのです。

幽界の話を、ご覧になられた方ならば、ご存知あると思いますが、幽界では、食べたい食べ物は直ぐに目の前に現れ、着用した衣服もすぐに着用でき、まるで夢が叶う魔法の様な世界でもあるのです。

ただし、そのような世界は、飽きが生じ、自分自身の存在感を見失いやすく、何かしらの達成感を求めて再び生まれたい気持ちが現れると話されています。

私個人は、幽界とは、心のフィルターの様な世界であり、執着している心的エネルギーを消費されやすくするための世界でないかと考えます。

良くも悪くも純粋な心として、絞ることができまして、本来の魂の成長に気づきが現れやすくなるはずです。良くも悪くもとは、自分の魂をより成長したい気持ちもあれば、現世に対する生きていた思いに後悔や罪などを感じ、それを補いたいなどの気持ちもあるためです。

霊能力者の江原啓之さんの番組の中には、オーラの泉において、和田アキ子さんの側に、友人であった故人の外国人の芸能人の方が、そばに寄り添い、メッセージを伝える内容があった様にも思われます。

芸能人ではありませんが、芸能人の武井壮さんは、亡くなった兄が突然、窓から顔を覗き、あの世で有名な亡くなったプロ野球選手達と楽しく野球をやっている、お前は現世で、後悔しないようにしっかりと生きろ、と突然言われた話をされていました。

つまり、「亡くなった人」が「芸能人」だからこそ、全く会えない話ではなく、あの世は心の世界であり、両方に心を満たしたい気持ちがあるのであれば、「霊視で亡くなった人」と「会える可能性は0」ではありません。

芸能人の心も様々であり、現世でのファンに対する気持ちが強い人もいれば、現世での人々の関心が薄まり、不満を抱えている人もいる可能性もあります。霊界について割と詳しかった、丹波哲郎さんであれば、霊界での生活を楽しみ、「現世に対する執着について、関心がとても薄い」かもしれません。

霊視で亡くなった人は、どの様な人と会いやすい?

霊視で亡くなった人は、会えやすい人々

霊視で亡くなった人は、会えやすい人々

「霊視」で「亡くなった人」は、ここでの話において、あくまでも、霊能力者の江原啓之さんの様な「守護霊対話」能力のある力のある内容です。「霊視」と言っても様々であり、未来を見通す力がある人もいれば、人の心の様子を見るのに長けているだけの力など様々な力があります。

霊能力者の木村藤子さんは、未来や神々からのメッセージを受け取る力はあるが、自分自身で人のオーラを見る力は無いとおっしゃっているのです。

最も「霊視」で「亡くなった人」と、会えやすいのは、子孫に意識を強くもち持ち合わせやすい、「親族の人々」です。

霊能力者の江原啓之さんが出演されていた、オーラの泉や、スピリチュアル女子大生で活躍していた、ちえちゃんなどは、ほとんどの多くが「親族からのメッセージ」でもありました。

先にも言いましたが、あの世は心の世界、心のエネルギーが高まりやすい状況が消費さる目的として、現実的にその姿が現れやすくなります。

「霊視」での相談においても、実は、「亡くなった人」がメッセージを伝えたい心的エネルギーが強く、そのエネルギーを消費される目的として、知らず知らずに、能力を持つ先生に導きかれる場合もあるのです。

この様な話をすると、熱狂のファンの方が、亡くなった芸能人の後追いをし、自らの命を絶てば、「亡くなった芸能人に会える」のかどうかと思われる人もいるでしょう。

この場合は、悲しむ人の心のエネルギーを知ることともなり、自分の人生を省みる中で、大きな後悔が現れたり、違った執着心に苦しんでしまう結果にもなるのです。

スピリチャルの普及に影響を与えている、シルバーバーチの霊訓によれば、「人が亡くなれば、自分が亡くなった後に、会えるのか」の質問に答えを出しています。

その答えとは、一概には言い切れず、会えるかもしれないし、会えないかもしれない話でもありました。亡くなった魂の思いは様々であり、霊格の違いによる、遠く離れた違う次元に直ぐに旅立つ場合もあれば、幽界の世界に長く留まる話もあるそうです。

現世で生きてる人でも、徐々に「亡くなった人」のことを忘れ、関心が薄まり、その姿をあの世から知る中で、現世に対して未練がなくなり、次の次元に旅立つ人もいるでしょう。

少なからず、身内や知人であれば、しっかりとその人のことを思っている限り、幽界に留まっている可能性も高く、「霊視」で「会える可能性が高くある」かと思います。

「霊視」で「亡くなった人」において、熱狂の「芸能人」に対するファンの方でも、数年たてば、心が収まり、忘れてしまう人がほとんどではないでしょうか。

 

霊視 亡くなった人 お勧め!関連記事

spiritual7.hatenablog.com

 

 亡くなった人 お勧め!外部関連記事

reishi04.hatenablog.com

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com