スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

子育ての子供の反抗期は、幼児と小学生、中学生の違い

子育ての反抗期は、幼児と小学生、中学生の違い

子育ての子供による反抗期は、幼児と小学生、中学生によって多少の違いがあります。反抗期と聞くと、悪いイメージがありますが、人の成長には不可欠な要素である場合もあり、ほとんどの多くの家庭で現れる話でもあるのです。

子育ての子供の反抗期について、話をさせていただく前に、このブログでは何度も話をさせていただいている、睡眠をとるにしても食事を取るにしても、用を足すにしても、少なからず、そこには快感が生じるものであり、快感=存在感と言っても過言ではない話は何度もさせていただいています。

心理学者のフロイトは、人は快感を求める生き物であり、それを快感原則と名付けました。

子供の反抗期は、幼児と小学生、中学生の違い

子供の反抗期は、幼児と小学生、中学生の違い

つまり、子育ての反抗期における、共通する、幼児と小学生、中学生の内容は、その多くが自分自身の存在感を求めて、そこに快感があり、反抗的な内容を引き起こすのです。

子育ての子供の反抗期は、幼児と小学生、中学生の違いについて、先に、私が他の記事で紹介している、スピリチュアルによる子供の子育ての記事を先に読まれてみる方が良いかもしれません。

以下のリンク先がその内容になります。

 

spiritual7.hatenablog.com

 


幼児期の反抗期は、イヤイヤ期とも言われる話もあり、親の言う通りに行動を取らない姿が現れやすくなります。子供にとっては、自分がこれから住む世界の情報を知りたがっている状況でもあり、親が予想もつかないような意外な行動を取りたがる行動も現れやすくなります。

これを分かりやすくイメージすれば、例えば、全くと言って違う星に旅だったとしましょう。そこにあるものは危険なものなのか、安全なものなのか、どの様な働きがあるのかなど、調べるために、様々なことを行ってみるような内容でもあるのです。

特に幼児は、本能も強く、それを行うことによって強い快感、自分の中での知る気持ちとしての強い存在力も高まりやすくなります。それが行なわれなくと、自分の存在感も失いやすくなり、心が不安定にもなりやすくなるのです。

大人であろうとも、スマホが無く、知らない場所に訪れるよりも、スマホがあり、様々な情報を知った中で足を運んだ方が、安心感を得れる様な内容と同じです。

全ての幼児が反抗期におけるイヤイヤ期が現れるとは限らず、どちらかと言えば、ある程度柔軟性が高く、心が広い両親の元は現れにくく、子供を型にはめ様とする両親の家庭に起こりやすくなります。

また、幼児期の反抗期は、両親もストレスを抱えやすく、ついつい、口調の強い言葉で子供を叱りつける姿も現れやすくなるはずです。これもまた、子供にとっては自分自身の存在感を失う内容であり、存在感を求めて、様々な行動を引き起こす可能性を高めてしまいます。

子供に対して躾として注意は必要ですが、注意のみならず褒める言葉も必要であり、子供にとって存在感を感じてもらえる子育ての在り方も大切です。

子供の子育ての、小学生における反抗期とは

小学生の反抗期

小学生の反抗期

子供の子育てにおける、幼児での反抗期は、脳の知識欲も高く、環境を知る目的として、様々な情報を集める中で行われると話をさせていただきました。

小学生の反抗期において、幼児との違いは、社会で適応できる様に個性を養う中で反抗期が現れます。独立して1人で生きていけるようになるための、成長による歩みです。

そのため、個を求める中で、親との考え方に違いが現れたり、自分自身の考えを持つようになります。子供同士の中で、親が言ってるから俺も私も思うなど、友達同士で話し合えば、友達同士の中で浮いた存在となり、笑われてしまう話でもあるのではないでしょうか。

小学生になると、小学校での世界と、家庭内での世界に大きな分かれが生じます。

日本の小学校での内容は、ほとんどの多くが同じ内容や、同じ価値観を同時に教え込む教育であり、子供同士の中で、特に存在感を強く求められない状況も現れやすくなるでしょう。

小学校への存在感と言えば、テストの点数が高かったり、特別な才能で引き立てたてられたりする、ごく限られた子供のみにしか現れにくくなります。

人は存在感を求める生き物であり、これが家庭内で、強く現れやすくなるのです。

よくある話としては、学校内で真面目でありながら、家庭内では、両親に反抗したり、自分の存在感を高めるような言動を言う様な状況です。

もちろん、家庭内で、子供の存在感をしっかりと認めて評価し、学校内で真面目な子供も現れやすくなります。ただしその違いは、満たされてる状況と満たされていない状況の違いであり、そこに大きな違いがあるのです。

お笑い芸人の、ジャルジャル、大阪の吹田市市長を親に持つ後藤淳平さんは、小学時代からわりと裕福な家庭であり、大きな部屋で友達を呼んで、よく遊んでいた話がされていました。

家庭内で存在感を強く感じやすい環境でもあったでしょう。現在は、大人になっても、友人との付き合いよりも、妹の誕生パーティーを優先する話が、それっておかしくない?と周りから言われていた映像が何かの動画で流れていました。

相撲の元貴乃花の息子である、花田優一さんは、友達のパーティーに母親を呼んだり、離婚されましたが結婚していた際に、母親が良く自宅に訪れ、子供の世話を干渉し、それについてとても喜んでいたのです。

つまり、家庭内で反抗期が現れない状況は、意識的に家庭内から独立する意識も弱まりやすくなり、独立に対して心が不安定になりやすく、家族離れが起こりにくくなるのです。現在、このような傾向が増えてる傾向にあり、社会人になったとしても、子供の仕事に対する不安感について、親が会社に口を出してくる話などもあります。

この場合は、小学生において反抗期が現れたのであれば、そのことについてあまり触れず、家族の関係と子供自身の世界と分ける環境作り、1人の人間として認め、個性作りだと思われるのもお勧めです。

ちなみに、個を意識しやすくなる、小学三年生頃から、いじめる側といじめられる側の差としての個も現れやすくなり、いじめも、個を求める気持ちが原因かもしれません。

子供の子育ての反抗期、中学生は

子育てにおける中学生の反抗期

子育てにおける中学生の反抗期

子供の子育ての反抗期の中学生は、潜在的における精神レベルが大人になりやすくまあるためです。

私が他の記事で書いている、先にも紹介した、スピリチアルによる子供の子育てを読まれた方ならば、理解できるかと思いますが、精神年齢は12歳で大人になるのも不可能ではありません。

現在の社会に適応するためには、高校などでさらに知識は吸収する必要性がありますが、精神的な話だけで言えば、12歳で大人と変わらない精神を感じやすくなります。

自分自身に強い個の意識を持ちあわせやすい中学生は、肉体的な支えではなく、精神的な支えに対して強く拒否反応が現れやすくなるのです。

男の子の中には、子供に干渉してくる母親に対して、ババアと暴言を吐く男の子もいるのではないでしょうか。

大人であろうとも、働く職場において、両親がそばに来て、何かと口出しをすれば、ほとんどの多くが邪魔だから消えて欲しいと思われる人がほとんどなはずですよね。

もちろん、全ての子供の中学生が、反抗期が現れる訳ではありません。家庭の中には、両親が喜ぶ姿に自分自身の存在感を感じる子供もいます。また、中学校と家庭内での、自分自身の存在感の位置についてバランスよく構築している子供もいるでしょう。

ここでの話は、あくまでも、大人の精神を持つ中学生が、両親からの強い干渉を受け、そこに反抗的な気持ちが表れやすくなる話です。

ただ、家庭内のみに、自分自身の存在感を感じられない状況は、家庭を失った時に、強い、存在感を失う状況も現れやすくなります。個の精神が確立していない状況は、生き方も見失いやすくなり、人生の壁に乗り切れなくなる状況も現れやすくなるのです。

まとめると、子育ての反抗期は、反抗を起こしている内容に対して、そちらの方に快感が強く、存在感を感じられる状況です。存在感は、○○○と○⚫︎○を比べた場合、⚫︎の方が強く存在感が現れやすく、個を養う働きでもあります。個の精神を持つ物は、自分自身で考える力が現れやすく、自分自身で生きる力をも身に付きやすくなります。本当の意味で、大人への歩みでもあり、本当の大人になるには、必然的な話でもあるのです。

私が話す内容は、あくまでも反抗期としての一般論です。反抗の中には、何かしら満たされない欲求があり、それに気づいてほしく、故意に反抗的な態度を取る子供もいます。反抗する態度が、あまりにも継続が多く、理解できない内容であれば、何かしら言えないストレスの悩みを抱えてるかもしれません。

この場合は、一度、霊視の力がある先生に相談されるのもお勧めであり、この場合は心の状態と、私生活について、しっかりと見ている、守護霊からの守護霊対話能力のある先生に相談されるのもお勧めです。

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com