スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、霊格、占い師になるには、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

芸能人のドラッグ(麻薬)は、なぜ?多いのか!

芸能人/ドラッグ(主.キーワード関連記事)

『芸能人』の『ドラッグ』(麻薬)は、なぜ?多いのか!

『芸能人』の『ドラッグ』(麻薬)は、割とニュースとして取り上げられる話などもあり、「芸能人」の「ドラッグ」(麻薬)が多いと思われるのではないでしょうか。「芸能人」としてニュースとして取り上げられるため、「芸能人」だけに目が奪われる原因などもありますが、ここでは「芸能人」と「ドラッグ」の関係について話をさせていただきたいと思います。

「芸能人」の「ドラッグ」は、2つのタイプに分かれるでしょう。一つは、才能など天から降りる感覚を求めて扱ってしまう人です。もう一つは、ただの快感だけを求めて扱ってしまうタイプです。

私はこのブログで何度も話をさせていただいていますが、人は睡眠をとるにしても食事をとるにしても、用を足すにしても、少なからず、そこには快感が生じるものであり、快感=存在感、存在力が過言ではない話は何度もさせていただいています。

芸能人とドラッグ(麻薬)

芸能人とドラッグ(麻薬)

つまり、芸能人がドラッグを扱う目的の中には、自分自身の「存在感」を求めて走ってしまう姿が現れやすくなるのです。

私はこのページにおいて、何も「ドラッグ」(麻薬)を扱う、内容について、肯定的な内容として話してるのではなく、まずはその心理について、知っていただく話として話しをさせていただいています。

「芸能人」が「ドラッグ」(麻薬)を扱う目的は、天から降りる感覚を求めるのも含め、自分自身の「存在感」を求めて走るのです。逆に言えば、自分自身の存在感が失われる心を持ち合わせているものであり、これは大きく分けて2つのタイプに分かれます。

一つは、過去と比べるとそれほど一目置かれない存在となり、過去に感じた「存在感」を求めて、「ドラッグ」に走る内容です。もう一つは、芸能活動は、自分自身の本心を隠して、人々から評価を受ける仮面をかぶらなければなりません。この仮面が強すぎると、本来の自分の存在が消え去る不安を感じやすくなり、存在感を求めて「ドラッグ」に走るのです。

私が少しかわいそうだと思うのは、三田佳子さんの次男が、「ドラッグ」で捕まったニュースです。私が感じる中では、仕事が忙しく母親としての愛情のある姿が少ない中で育てられた可能性もあり、幼少期に感じてなければならない、母親からの存在感を認める姿がなく、いまだにそれを求めて「芸能人」の「ドラッグ」(麻薬)に走っている可能性もあるためです。

『芸能人』が、『芸能人』の『ドラッグ』(麻薬)を辞められない理由

芸能人がドラッグを辞められない原因

芸能人がドラッグを辞められない原因

「芸能人」が芸能人の「ドラッグ」(麻薬)を辞められない理由は、全ての「芸能人」でありませんが、「芸能人」の多くが、周りから注目され、自分自身の「存在感」を求めて芸能界に入った人も多いでしょう。

このような考え方があります。人は仕事を行うために生きているのか、生きるために仕事行ってるのかの考え方の違いです。

全ての芸能人でありませんが、注目をされるために、自分の「存在感」を強く感じたいために、芸能界を目指されてる人も割と多いのではないでしょうか。

芸を行うために芸能界に入られた人は、たとえ人気が落ちたとしても、芸の方に価値を置いているため、そこに自分自身の「存在感」を求められる話でもあります。

人の「存在感」を感じる内容の中には、人が行ってはいけない内容を、行うことで、他人に行えない内容を行えた、特別に価値のある存在感を自分の中で生まれる場合もあります。

「ドラッグ」(麻薬)で捕まった、沢尻エリカさんは、コメントで、まやかしの人達と付き合い、現実から逃避していた話がされていました。「芸能人」の「ドラッグ」(麻薬)での快感は、一時的な存在感を強く感じられる内容でもあり、本当に感じる存在感では無いため、「芸能人」の「ドラッグ」(麻薬)を行ってる人の多くが、心の底から満たされている内容では無かったのではないでしょうか。

「芸能人」の多くは、ファンがいてこそ、周りから意識されて、自分自身の存在感が初めて現れる話です。このような環境にいる人は、なかなか一般的な生活の中で自分自身の存在感を見出しにくく、心が不安定にもなりやすくあるのです。

「芸能人」の「ドラッグ」(麻薬)の快感の強さは、時と場合において、周りから注目される時の快感以上に強い存在感を生み出す場合もあります。

先にも言いましたが、「芸能人」は一般の人よりも、「自分自身の存在感を求める傾向も強く」、これが、「ドラッグ」を辞めるのが難しいと言われている所以の一つです。「芸能人」の「ドラッグ」(麻薬)を求める「芸能人」は、薬を求めてるのではなく、強い存在感を求めているのです。その気持ちが変わらない限り、再び走ってしまう傾向が表れやすくなるでしょう。

『芸能人』の『芸能人』の『ドラッグ』(麻薬)は、もしかすれば今後増えるかもしれない

芸能人のドラッグ(麻薬)は、今後、増える?

芸能人のドラッグ(麻薬)は、今後、増える?

「芸能人」の「ドラッグ」(麻薬)は、もしかすると今後増える可能性も十分に考えられます。なぜならば、現代の芸能人は、昭和の時代に比べると入れ替わりも割と多く、テレビから消え去る姿も現れやすい時代でもあるためです。

堀江貴文さんの動画において、ネットの普及が原因において、今年でテレビ業界は消え去るだろと話をされていました。今年は消え去ることはないと思いますが、今後もしかすれば、消え去るかもしれません。

人々の価値観の多様化によって、各々が見る、動画にも多様化が現れています。また一般の人でも、ユーチューバーとして人気を集めてる人もいるでしょう。

「芸能人」に対する関心が、人々の中で徐々に薄れていく可能性もあり、自分の存在感が失われていく芸能人が増える可能性もあるのではないでしょうか。

先にも言いましたが、全ての「芸能人」が、「ドラッグ」に走る訳ではありません。自分で存在感を作り出していける芸能人は、自分の居場所を自分で作っていける力もあります。

この様な方は、インターネットの世界でも十分に活躍していけるでしょう。ただし「芸能人」の中には、私を見て、だけの人もいる中で、「芸能人」の「ドラッグ」(麻薬)を行う増える可能性の要因をこれから先、現れてくると考えられます。また共通する話としては、「芸能人」の「ドラッグ」(麻薬)に走る特徴の一つとしてプライドが高く、このプライドの高い気持ちが「存在感」を求める気持ちを作り出している可能性もあるかもしれません。

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com