スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

恋愛の嫉妬は、なぜ?起きる!嫉妬をしない方法は?

恋愛の嫉妬は、なぜ?起きる!嫉妬をしない方法は?

恋愛の嫉妬は、なぜ?起きるのでしょうか。現在、嫉妬を抱いている人は、嫉妬しない方法について探されているかもしれません。嫉妬を抱くのは何も悪い話ではなく、逆に言えば、相手の方が好きで、愛している姿でもあるでしょう。

恋愛の嫉妬は、なぜ?起きるのかは、男性でも嫉妬を起こす人もいますが、嫉妬と言う漢字は女偏が扱われている漢字でもあり、先に、女性の恋愛の嫉妬から話をさせていただきたいと思います。

恋愛の嫉妬、なぜ?起きる

恋愛の嫉妬、なぜ?起きる

この話は、何度も私がブログで話をさせていただいている、男性心理と女性心理の基本的な違いが大きく関わっています。男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であれば、この異なった異性の感情は、磁石のプラスマイナスのように引きあいやづくなり、異なった異性が結ばれやすくなるのです。

この話も含め、もう一つ、このブログで何度も話をさせていただいている、話をさせていただいた方が良いでしょう。このブログでは、睡眠をとるにしても、食事をとるにしても、用を足すにしても、そこには少なからず快感が生じるものであり、快感=存在感、存在力とは、何度も話をさせていただいています。

異性が結ばれる気持ちの中には、お互い足りない要素を求め合い、一つになることで、より存在感を強く求める力が働きます。

余談ですが、スピリチャル的な話の中には、一つの魂が、他者を求めて、2つに分裂し、失った要素を求める気持ちで再び一つになる気持ちが現れ、魂は分裂と統合を繰り返している考え方もあるのです。

女性は、意識したいよりも意識されたい気持ちが働きやすい傾向があるため、それが満たされれば快感が生じ、存在力を強く感じるはずです。逆に言えば、それが失われれば、自分の存在感を失い、強い不満が現れやすくなるでしょう。

特に女性は、子宮が一つしかありません。一人の男性からしか魂を宿らせることができないため、特定の男性に意識が集まりやすく、不満が現れやすくなります。

男性でも、意識されたいよりも意識したい気持ち、女性に対して意識ができなければ、女性と同じように不満が現れると思われるかもしれません。ただし、世の中には意識できる対象が数多くあり、違ったものを意識することで、不満を落ち着かせれる状況もあるのです。

嫉妬の漢字は、女へんに矢が付いている漢字と石が付いている漢字です。特定の男性に意識が高まりやすい矢がまっすぐ飛ぶ様な姿、そして、変化を起こしにくい固い石を表してる内容でもあるのです。

恋愛の嫉妬がなぜ起きるか?男性にも起きるが、女性との違い

恋愛の嫉妬は、男性も起きるが

恋愛の嫉妬は、男性も起きるが

恋愛の嫉妬は、なぜ起きるのか?もちろん、男性にも起きます。先ほどの、男性心理から言えば、意識したい女性を意識できず、自分自身の存在感を失い、存在感を失ったような気持ちも同じ様に高まりやすくなります。

この話については、別のページでも全く同じ話をさせていただいていますが、女性は心的エネルギーを外に開放してコントロールする傾向が高く、男性は、心的エネルギーを抑えてコントロールする傾向があるのです。

女性は、心的エネルギーを外に開放してコントロールするため、次から次へと湧いてくる嫉妬に対して、ある程度持続的に耐えれる力があります。それはまるでバケツゲームの様な内容です。

ただし男性は、火山のように、心的エネルギーを溜め込んでいく形となるため、ついには、爆発的なエネルギーになるのです。

ただし、ほとんどの男性は、その様な状態に置かれると、自分自身の中で危険を感じ、無意識に意識を遠ざける行動に走ります。

例えば、無視をしたり、ネットを見て違う情報を意識に取り入れたり、外に出ていたり、嫉妬与える女性から極力距離を取る行動を引き起こしやすくなります。

女性の嫉妬は逆に、意識されたい気持ちが奪われるため、嫉妬を起こさせている男性に対して、より意識が高まりやすくなるのではないでしょうか。

しかしながら、男性の中には、他の手段について方法が見つからず、抱え込んでいる心的エネルギーを開放する目的として、爆発し、女性に対して暴力を振る男性も少なからずいます。特にこのような男性は、趣味もそれほど持ち合わせておらず、人間関係も少なく、また、男尊女卑の考え方を持ち合わせている男性に起こりやすくなります。

恋愛の嫉妬において、嫉妬しない方法は

恋愛で嫉妬をしない方法

恋愛で嫉妬をしない方法

恋愛の嫉妬において、嫉妬しない方法は、まず、男性心理と女性心理の基本的な違いについて、知る必要性があります。

女性の方の中には、世の中が少女漫画に出てくる男性の様な存在こそが、本当の男性だと思われていませんか?。

先ほどにも言いましたが、男性は意識されたいよりも意識した生き物なのです。この様な恋愛に対するデータがあります。お互いのカップルがすれ違った場合、お互いの異性は、どちらに意識が高まるのかの話です。

男性は、相手のカップルの女性に意識が高まりやすく、女性は、同性の女性に意識が高まりやすい話でもありました。

この話については男女差別だと言われるかもしれませんが、そもそも、女性は意識されるために自らを着飾っている傾向も高く、男性が女性、女性が同性に意識が高まりやすくなるのも、自然的な話でもあるでしょう。ほとんどの男性が、道ですれ違う女性に対して、無意識に意識が高まりやすくなるのです。

嫉妬しない方法として、男性の意識したい他の内容に対して、しっかりと意識を向ければ、共感してる姿に、男性の心も喜んでくれるはずです。何度も言いますが、男性は意識されたいよりも意識した生き物であり、男性は、女性も意識したく、自分の趣味なども意識したい生き物なのです。両方を意識したい生き物です。

よくある話としては、男性が興味を持つ趣味、その趣味について語り合っている他の女性、その間柄を見ると、ついつい、自分が意識されていない姿に不満を持ち、嫉妬を抱く話です。

嫉妬深い女性の気持ちを抑えるために、ぬいぐるみなどをそばに置き、ぬいぐるみから意識されてる気持ちで、気持ちを満たしてみるのもお勧めです。

男性の、嫉妬しない方法は、パートナーが男性と楽しく話してるとするならば、兄弟と話されてると思われるとよいでしょう。

女性は、心的エネルギーを外に開放すると、話をさせていただきました。少しの嬉しさが、割と顔の表情に男性より現れやすくなります。一緒になりたいほどの気持ちではなく、男性の方が褒められて喜ぶのと同じような内容であり、あまり深く考える必要性は無いと思われます。

よくある話としては、女性の方が、好きな芸能人のコンサートに足を運び、普段の様子と違った様子を見せるものであり、嬉しい気持ちが、表情に表れてるだけに過ぎません。

男性に対しても同じく、男性の方が、女性心理について理解されていない人も多く、普段の生活の中で、女性としてしっかりと意識をし、女性の価値について褒める言葉を投げかけるのも大切です。特に日本人の男性は、女性を褒めるのを苦手としている人も多く、男性が嫉妬を抱いたとするならば、自分自身の原因について省みるのも大切です。

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com