スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

霊感の強い人と霊感が弱い人の違い!多くの方が弱い?

霊感の強い人と霊感が弱い人の違い!多くの方が弱い?

霊感の強い人と霊感が弱い人の違い、このブログでは割と、霊感について、多くの話をさせていただいています。多くの方が勘違いされている話、霊感とは特別な能力ではなく、誰しもが持ち合わせている力であり、幽霊にも心がありまして、高次元の存在にも心がありまして、人々の心にも心がありまして、心を感じる力です。このページでは、霊格が強い人と弱い人の違いから、現世に顕在化する内容の違いについて話をさせていただきたいと思います。

霊感が強い人と弱い人の違い、このブログでは割と多く話をさせていただいている左脳と右脳の違いについて話を知っていただくと、話の内容が見えやすくなるでしょう。

霊感の強い人と霊感が弱い人の違い

霊感の強い人と霊感が弱い人の違い

左脳は、計算や言葉の組み立て、論理的な認識、理系的な働きとして、現実社会に適応力の高い力が発揮されやすくなります。右脳は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、心に携わる働きが強い傾向にあるのです。そして心の奥底は全て繋がっていると考えられており、そしてその先は心の世界である霊的な世界と繋がっている話になります。右脳は、文系的な働きをするのだと言われる話もあるでしょう。

私達の意識は、現実世界と心の世界である霊的な世界の中心に位置していると言っても過言ではなく、どちらかに偏っているかの違いによって、物事の考え方に違いが現れやすくなるのです。本来であれば、バランス感覚が整っているのが望ましく、現在人は割と、現実世界に適応するための教育も強くあり、左脳に傾きやすい人が現れやすい状況でもあります。

左脳の働きは、既存する知識の吸収する働きにも働きやすく、左脳の力が強い人は秀才になりやすくなるのです。右脳は、心の世界である霊的な世界から、新たな価値観を直感的に授かりやすく、天才になりやすくなります。

左脳よりの教育の中で、テストの点数が高い人、これは秀才であって天才ではありません。天才と秀才を履き違えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

霊感が強い人とは、右脳に傾きやすい人であり、霊感が弱い人は、左脳に傾きやすい人でもあるのです。多くの方が、文系的な内容に興味がなく、勉強一筋で、左脳の教育を強く受けた中では、心を感じる霊感が弱い人が多いのも必然的な話でもあるでしょう。

霊感の強い人と、霊感が弱い人のインターネット上で見られる内容

ネットでの霊感が強い人と弱い人の違い

ネットでの霊感が強い人と弱い人の違い

霊感の強い人と、霊感が弱い人のインターネット上で見られる内容が、顕在化して存在します。Yahoo!ニュースのコメントを見ると、割と似たようなコメント、誰かの言葉を聞いた中で、そのままその言葉をコメントに残されている人が多い様に思われます。

自分自身で考えた言葉ではなく、誰からか聞いた言葉のコメントの内容です。たまに、自分自身の言葉で書いているコメントも見られまして、他の人とは違い、新たな価値のある情報としての、霊感の強い人のコメントだと思われるのです。

私が発信している情報は、自分自身の知識として吸収していただいても構いませんが、私自身の言葉をそのままコピーし、それをあたかも、自分の言葉であるかの様に、ホームページ上に載せているホームページが過去にありました。

全てをコピーした訳ではないので、深く気にはしませんが、自分の言葉で置き換えて、載せていただければと思った次第でもありました。

霊感の強い人のホームページは、オリジナリティーが高く、そこに新たな価値を知る内容もあります。霊感の低い人のホームページは、どこかで聞いたことがある言葉、言葉の起承転結が、あまり見られない、内容なども見受けられます。

先にも言いましたが、人々の心の奥底は全て繋がっています。霊感の強い人の言葉は、不特定多数の第三者の心を感じる中で、第三者に向けられている傾向が強くあり、霊感の弱い人の言葉は、自分の話について意識が高い、まるで自分自身についてのプロフィールの姿もあるでしょう。

特にブログなどは、この2つの傾向に大きく分かれており、霊感の低い人の特徴は、旦那の話や、今日の出来事の話、などと、霊感が高い人の特徴は、検索エンジンで求められている情報を提供している情報の違いです。

私自身過去には、霊感占い師として、人の相談に応じていた身でもあり、電話占いサイトを拝見すると、占い師でさえ、2つの傾向に分かれている様にも思われます。

霊感の強い人と霊感の弱い人の違い、正しさの違い

霊感が強い人と弱い人、正しさの違い

霊感が強い人と弱い人、正しさの違い

霊感の強い人と霊感の弱い人の違いについて、正しさの認識の違いもあるかと思われます。霊感の強い人は、新たな価値観を直感的にメッセージとして受け入れやすく、どちらかと言えば意外性を好む傾向にあるのです。

霊感の弱い人、現実社会に適合力を求める気持ちは、周りと同じ価値観の常識的価値観に意識が集まりやすく、意外性とは逆の期待性を求める傾向にあります。

どちらが望ましいとは一概には言い切れず、これもバランスが大切になる話になるのです。意外性ばかりであれば、周りが適用できなくなり、社会に混乱を与えやすくなるでしょう。期待生ばかりでは、世の中に新たな変化が現れにくく、社会の成長に弊害を与えてしまいます。

霊感の弱い人の中には、霊的な内容に否定的であり、人の中には嫌悪感を感じる人もいるのではないでしょうか。

私自身、矛盾する話として、世の中の発展は、霊的な世界から直感的に情報を伺った中で、文明が発達しているものであり、恩恵を受けながら、批判しているような話でもあるはずです。それはまるで、親に育ててもらっているのに、親を否定していると言っているのと変わりません。

心に意識が薄いのも致し方がなく、人の心の奥底は全て繋がっている、その先は心の世界である霊的な世界と繋がっている話を知らない中では、その様に思われてしまうのも致し方がない話でしょう。

左脳は、白黒と割り切れる内容を好む傾向もあり、割り切れない心、アナログの心に対して、価値が見いだせない話でもあります。

右脳は、女性的な脳、左脳は男性的な脳と言われる話もあり、霊感の強い人と霊感の弱い人の違い、女性と男性の違いとも言えるかもしれません。

今後AIの普及によって、理系的な内容の多くが、AIに置き換わる話もあるのです。人の心にしか表現ができない内容に価値が高まる話もあり、今後、女性的な教育に価値が高まり、霊感の強い人と霊感の弱い人の違いに変化が現れます。

ただ、従来の価値観に縛られている人々、霊感が弱く、心に価値を見出せない人々、現在、多数派ですが、徐々に少数派に置き換わる可能性もあり、スピリチュアル的な内容が全く理解できず、時代に取り残されてしまう可能性も考えられるのではないでしょうか。

霊感 お勧め!関連記事

spiritual7.hatenablog.com

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com