スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、霊格、占い師になるには、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

占い師になるには?今後、占い師が増えるかも

占い師になるには/占い師(主.キーワード関連記事)

『占い師になるには』?今後、『占い師』が増えるかも

『占い師になるには』?今後、『占い師』になる人が増えてくるかもしれません。細かく言えば、「占い師になる」人が増えるのではなく、「占い師になる様な力」を持つ人が同等に現れやすくなる話です。

「占い師になるには」?今後、「占い師」になる人が増える可能性について、このブログでは何度も話をさせていただいている左脳と右脳の話が大いに関わってきます。

左脳は、言葉の組み立てや計算、論理的な認識など現実社会に適応するために長けている働きがあるのです。右脳は、イメージによる認識、音楽のリズム、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば心に携わる働きがあります。そして、心の奥底が全て繋がっていると考えられており、その先は、心の世界である霊的な世界と繋がっていると考えられているのです。

占い師になるには?占い師が増えるかも?

占い師になるには?占い師が増えるかも?

本来で言えば、「占い師になるには」、この左脳と右脳のバランスが大切になってきます。多くの現代人は、左脳に意識が高く、左側を見ながら車を運転している様な話です。もちろん左顔見ながら運転をしているため、後の様子は全くと言って分りません。

ちなみに、右側を見すぎると、逆に左側が見えなくなり、心の世界に存在する幻覚に悩まされ、統合失調症を患ってしまいやすくなるのです。

一見、現実社会の適応力の強い姿、望ましい様に思われるかもしれませんが、世の中はバランスで成り立っているものであり、バランスこそが最大の力を生み出します。

農作物に対して、晴れが強すぎても、雨が強すぎても、農作物はうまく育てず、多くの方がバランスが大切の認識について理解できるのではないでしょうか。

『占い師になるには』?『占い師』になる人が増える左脳の崩壊

占い師になるには?左脳の崩壊

占い師になるには?左脳の崩壊

「占い師になるには」?「占い師」になる人が増える可能性として、左脳の崩壊が背景に隠されていると思われます。

先にも言いましたが、左側を見過ぎてる姿は、右側の心の姿が見えない話になるはずです。心の姿が見えないとは、他者に対する心が見えない話であり、これが様々な崩壊を生みやすくなるのです。

自然の法則で言えば、例えば、木の実、木が動物の心を見えず、果物の実を自分のエネルギーのために使えば、動物は食べることができなくなり、やがて動物は、消え去ってしまうでしょう。動物が実を食べて、種を落としてくれる活動もなくなり、やがて、木も消えてなくなってしまうかもしれません。

現在で言えば、地球環境について考えず、割と、そのことについての認識が弱い人も多くいるのではないでしょうか。例えば、エアコン、暑い中ではどうしても、つけたくなってしまう衝動もありまして、その中で、地球温暖化に対する意識のない人がほとんどなはずです。

地球温暖化によって、地球上が暑くなれば、さらに、エアコンの力を強く働かせなければならなくなり、利用する人も増えまして、さらに地球上は熱くなっていくはずです。日本では、人口減少にありますが、世界的に見れば人口が増えているものであり、必然的な話になってくるでしょう。

地球温暖化がもたらす災害、実際に災害に遭った人からすると、この世には神がいないのかと思われるかもしれません。いえいえ、人が生み出した因果応報の結果でもあり、現実社会にある目に見える内容がより崩壊していく可能性も高まっていくはずです。

結果的に、左脳に価値を置く姿、価値を置く時代は終わり、地球環境も含め心に対して意識を向ける時代、右脳の時代ではなく、左脳と右脳がバランスよく働きやすい時代も訪れやすくなるかと思われます。

『占い師になるには』?『占い師』の様な人々が増える社会とは

占い師になるには?占い師の様な人々が増える世界

占い師になるには?占い師の様な人々が増える世界

「占い師になるには」?「占い師」の様な人々が増える社会とは、「占い師」からその様子が見えてくるのではないでしょうか。

「占い師」の役割は、悩みを抱える相談者に対して、悩みを解決するための気づきを与える役割もあるはずです。

現実世界に対しては、物事に対して正しいと正しくないに分かれる傾向があるでしょう。心の世界は、正しいと正しくないに分かれている世界ではなく、気づいていないことを気づいていく心の成長でもあります。

左脳と右脳のバランスが整えれば、心の世界である霊的な世界と繋がりやすくなる人も増えまして、自分の中で気づきを得る人もいれば、他者が気づいていない内容に気づきを与え合う姿も現れやすくなるでしょう。

全ての気づきを得ている存在とは、全ての魂が1つとなった、高い次元、最高の次元に存在する意識体です。逆に言えば、それ以外の存在は、気づいていない内容を持ち合わせているものであり、お互いで気づいていない内容について気づきを与える、まるで、仏教で言う問答に価値が高まる時代になるかもしれません。

私は、全ての心が一つになった最高の次元に存在する意識体について、誰からも意識されずに、存在感を失い、存在感が最も高い存在でありながら、存在感が最も低い存在である話について話をさせていただいています。これは私の考えではなく、仏教にある話の1つです。

心が不安定になり、そして心が混沌となりまして、そこから分裂が始まり、統合と分裂が無限に繰り返される話も仏教に存在します。この世は無限に繰り返されているため、今の時とは、無限に繰り返されている一時であり、既に未来も無限に繰り返されているため、霊能力者は存在するはずもない未来についても知ることができる話でもあるのです。

この話は過去に、話をさせていただきましたが、全てを気づいてしまった存在、私は霊格の成長について、心からの気づきと話をさせていただいています。つまり、最も高い存在になった存在は、それ以上成長する力もなく、もしかすると、今まで気づいた内容について、気づきを捨て去ったのかもしれません。

私達の気づきとは、捨て去った気づきを、再び、気づき拾うとしている姿である可能性もあるでしょう。違う哲学的な考え方の中では、全ての知識は既に存在し、私達の脳では全ての情報を納める容量が無く、1部の知識を思い出してるのに過ぎない考え方もあるのです。

全ての知識、イデアでもあり、アイデアの語源でもあります。

「占い師になるには」?と少しかけ離れましたが、この認識を持ち合わせていれば、相談者が気づいていない内容に対して、直感的に、霊的な世界から気づきを得られる可能性もあり、「占い師になるには」、大切な要素の1つになるでしょう。

 

占い師になるには? お勧め関連記事

spiritual7.hatenablog.com

 

spiritual7.hatenablog.com

 

 占い師になるには? お勧め!外部関連記事

ameblo.jp

 

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com