スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

亡くなった人一周忌は、霊視と守護霊対話の先生へ

亡くなった人一周忌は、霊視と守護霊対話の先生へ

亡くなった人一周忌は、本来の話において、霊視と守護霊対話のある先生から、直接、亡くなった人の言葉を伺うのが望ましくあります。

亡くなった人一周忌は、霊視と守護霊対話のある先生から話を伺うのが望ましい話をさせていただく前に、ふと不思議に思われる話と思われないでしょうか。

この内容は仏教のしきたりの話になりますが、この法事の話は年忌と呼ばれていまして、一周忌の次は、三回忌、次の法事は、七回忌、そして次は、十三回忌、宗派などによっても、多少違いはありますが、徐々に、法事の年が、長くなっていく特徴があるでしょう。

亡くなった人のことを思えば、毎年行うのが、望ましいように思われるのではないでしょうか。

亡くなった人一周忌は、霊視と守護霊対話

亡くなった人一周忌は、霊視と守護霊対話

これは、亡くなった人が、現世に対する執着を忘れ、徐々に、心の世界である霊的な世界に馴染む取り組みであり、そして、亡くなった人が魂が次のステップに歩むための取り組みでもあるのです。

結婚されて、独立し、たまに、電話で話をするような話であり、人によっては何年も実家に帰らず、その土地で過ごされている人もいるでしょう。

この法事、亡くなった人に対して、必ず行うべきかどうかは、亡くなった人次第であり、私個人としては、霊的な知識を知っている、4次元の幽界に対する知識を持ち合わせている故人であれば、一周忌だけで十分かと思います。

ただし、亡くなった人の魂は様々であり、人によっては、現世で生きている人が気になり、忘れられることに寂しさを覚え、意識してほしいと思われている、亡くなった人もいるでしょう。

平均的な話として、法事は大切であり、亡くなった人の魂を供養する効果もあるのです。

亡くなった人一周忌は、霊視と守護霊対話のある先生が望ましい理由

亡くなった人一周忌は、守護霊対話が望ましい理由

亡くなった人一周忌は、守護霊対話が望ましい理由

亡くなった人一周忌は、霊視と守護霊対話のある先生が望ましい理由について、初めて旅立った人の中には、心の整理がついておらず、何かしら現世に思いを残されている場合もあります。

霊能力者の江原啓之さんの過去のテレビ番組、天国からの手紙で、亡くなった人が、生前生きていた人に対しての行為に後悔され、それを伝えている内容がありました。

また、違った話の内容には、ある親戚のところに、幽霊として現れ、ある親戚の姪の方に、双眼鏡とカセットレコーダーを渡して欲しいと伝える話もあったのです。カセットレコーダーの意味は、忘れてしまいましたが、霊能力者の江原啓之さんが話す内容として、双眼鏡の意味は、しっかりと亡くなったあの世から見ている意味が込められている話でもあったのです。

先にも話をしましたが、亡くなった人の魂は様々であり、一般の人の多くが、霊的な認識も薄く、何かしらの思いを残したまま、旅立ってしまう話がほとんどでしょう。

そのため、亡くなった人の一周忌は、霊視と守護霊対話のある先生から、直接話を伺い、亡くなった人の思いを受け取るのも望ましくあるかと思われます。

法事と言えば、お坊さんには悪いですが、3万円以上包むのが一般的であり、それも1時間ほどの話でありまして、霊視と守護霊対話のある先生に相談した場合、ほとんどの多くがそれ以上かかりません。

中にはそれほど仏教に対する認識もなく、亡くなった人の中には、直接、メッセージを伝えられた方が望ましいと思われるのも必然的な話ではないでしょうか。

自分自身が、逆の立場であれば、どのようにしてもらえば良いのか、話が見えてくるはずです。

私自身の話として、私のおばあちゃんは、私が行う占い的な内容に否定的であり、霊的な内容に対して、どちらかと言えば嫌悪感を感じている人でもありました。そのおばあちゃんが亡くなりまして、当初、写真立てを見ると、苦笑いしている感覚を感じていまして、今では、だいぶ心が落ち着き、あの世で、落ち着いて生活を送られていると感じます。

また私が行っている内容は、高次元からのメッセージをチャネリングのような形で行っており、ある程度自分が困ってる内容についても、理解しているかと感じるのです。

亡くなった人の一周忌、霊視と守護霊対話の特徴

亡くなった人一周忌!守護霊対話の注意点

亡くなった人一周忌!守護霊対話の注意点

亡くなった人の一周忌、霊視と守護霊対話の特徴として、霊視能力を持つ方がすべて、亡くなった人と会話ができるとも限りません。大切なのは、守護霊対話の力の持ち主です。

霊感が強いだけではなく、霊格もその次元に合う霊格を持ち合わせており、心の波長を上げ、そのレベルまで高めることも可能になります。

ただし、必ず、亡くなった人の一周忌、話をしたい、メッセージを伺いたい人から、絶対にメッセージを伺えるとも限りません。

その1つとして、先に話をした通り、霊的な世界について知識を持ち合わせていたり、生きている人への執着を捨てさったり、4次元の世界である幽界にも魅力を感じなかったりすれば、直ぐに次の次元に旅立つ魂も少なからずいるのです。

そしてもう一つ、亡くなった人の世界から見て、メッセージを伝えたい方は、必ず、一周忌による亡くなった人とも限りません。

もしかすれば、1度も会ったことがない、小さな時から側にいる先祖が、何かしらメッセージを伝えたいと思われている場合もあるのです。

亡くなった人と言っても、それほど大きく生きていた時と、変わらない場合もあります。生きている人でも、私はいい、あなたから、と譲り合う人もいれば、私が私がと、前へ前へと、ぶつかりながら前に出ようとする人もいますよね。

予め、心構えとして、亡くなった人の一周忌を前提に、霊視と守護霊対話のある先生に相談する気持ちを強く持ち、相談するにあたっても、しっかりと、その内容を先生に予め伝えれば、8割位は、当人からメッセージを伺いやすくなるかと思います。

ちなみに亡くなった人も様々であり、亡くなった人も、現世を見ている、ただ見てるだけではなく心の内も見ているため、しっかりとした人であるならば、生き方に対して注意を受ける可能性もあり、その点についてアドバイスとして、しっかりと受け取る心構えも持ち合わせておくのも無難です。

お知らせ!

この度、このブログ!スピリチュアル7の記事を元にして、YouTube動画を2020/7/4に立ち上げさせていただきました。

立ち上げたばかりで、再生数は、?に近くありますが・・・

多くの方が、気づきを得ていない気づきの価値ある情報の動画を心がけています。

ぜひ!アクセスをしてください!チャンネル登録をしていただくと、便利であり、チャンネル登録といいね!ボタンを押していただくと、有難く幸いです。

⇒ YouTube動画 スピリチュアル7

 

ピックアップ動画 4選!

⇒ 霊格って何?

⇒ 男性心理と女性心理の基本的な違い

⇒ 陰陽の法則 陰陽のマーク 大局図の意味

⇒ 霊能力者のCHIEちゃんが私を霊視で見ていた?

 

霊視 亡くなった人 お勧め!関連記事

spiritual7.hatenablog.com

 

霊視 亡くなった人 お勧め!外部関連記事

reishi04.hatenablog.com

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com