スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

占い師になるには 四柱推命はもう古い

占い師になるには 四柱推命はもう古い

占い師になるには 四柱推命はもう古い話について、実際に、四柱推命で相談に応じられている方にとって、失礼極まりない話かもしれません。従来において、四柱推命は、占いの帝王と呼ばれていた時代もありました、しかしながら、現在はその地位が落ちているようにも思われます。

占い師になるには 四柱推命はもう古い話の話でもありますが、知識としては、押さえておくのも良いでしょう。

占い師になりたい方が、何を目指されてるかは分かりませんが、四柱推命は東洋占いの1つであり、東洋占いにおける陰陽の考え方から、生まれた話になるのです。

干支の性格と言う言葉をご存知でしょうか、この干支の干は、少ないを現す一と、多いを現す、十の漢字から成り立っており、この言葉の意味は、陰陽を現している別の漢字になります。

陰陽では、全ての出来事、事象は、陰陽の2つの気のみだけで成り立っていると考えられており、人々の本能的な性格も陰陽の気のみで成り立っていると考えられているのです。

占い師になるには 四柱推命はもう古い!?

占い師になるには 四柱推命はもう古い!?

干支は、大まかな意味で、年で、生まれてくる心のエネルギーを、くくった内容であり、四柱推命は、更に細かく分類した話でもあります。

この四柱推命の四の柱とは、生年月日、の3つと、生まれてくる時間の4つの柱の意味があるのです。少し難しい説明になりましたが、例えば、赤色にも様々な赤色があり、干支は、大きく、赤色、青色、黄色などに分けた内容になります。

そして、生まれてくる、月と日と時間は、赤色であれば、赤色の中での、細かな特徴の話になるのです。ご飯を炊く際も、柔らかいご飯、硬いご飯、その微妙な違いであり、四柱推命の中では、生まれてくる時間について、それほど強く考慮する話ではありません。

四柱推命は、人の性格と言うよりも、例えば、体の本能として、車を運転してる場合、その車の特徴と言ったほうが正しいかと思われます。

例えば、この車であれば、この道を渡りやすい、しかしながら、この車であれば、この道を渡るのは危険のような考え方です。

四柱推命は、人の心の持つエネルギーを表すのに、力を発揮する占いでもあり、その行方の方向性について予測するのも、ある程度見通しがつきやすい話でもあります。

占い師になるには 四柱推命が衰退していった原因

占い師になるには 四柱推命が衰退した原因

占い師になるには 四柱推命が衰退した原因

占い師になるには 四柱推命が衰退していった原因は、いくつかの、原因が背景に隠されているのです。四柱推命は、心を感じる霊感が強くなくても、知識さえ身に付けていれば、誰にでも相談に応じることができました。

霊能力者の、江原啓之さんの活動によって、霊的な内容の真実が、より明確化しまして、霊的な霊感を求める相談者が飛躍的に多く現れたのです。

江原さんの活動によって、今まで、四柱推命によって相談されていた方の多くが、廃業され、今まで、四柱推命で相談に応じていた方の中には、江原さんについて恨みを持ち合わせている方もいらっしゃるかもしれません。

昭和の時代は、霊能力者に対して、割とテレビ番組で、怖い演出が、よく流されていました。そのため、実際に霊感の強い人も、霊感と言う言葉はできるだけ控える傾向もあり、四柱推命を学んで、占い師として相談に応じていた方もいたのです。

霊感と言う言葉が、ある程度、社会が受け入れる中で、心を感じる霊感の強い方が、華やかに見えるタロットカードを扱う人々も増えだし、従来においては東洋占いの方が、割と多く存在しましたが、現在は、西洋占いに、シフトが変化しています。

霊能力者の江原啓之さんは、今まで霊的な内容に対して、暗いイメージを多くの人が持ち合わせている考え方を払拭させるために、華やかな演出を心がける行動に移り、この影響も、タロットカード占いに影響もあるでしょう。

そして何よりも、最大の衰退の理由は、四柱推命の考えは、プログラム言語で組み立てることも可能であり、四柱推命の考えを元にに、自動プログラムによる、無料で占える、占いがインターネット上に多く現れた話でもあるのです。

そのため、気軽に、自分自身が持つ本能の特徴について、インターネットを利用して、楽しむこともできます。本能だけで見れば、当たる傾向も高く、参考にされている人もいるかと思われます。

占い師になるには 四柱推命を学ぶのもお勧めの理由

占い師になるには 実は、四柱推命を学ぶのもお勧め

占い師になるには 実は、四柱推命を学ぶのもお勧め

占い師になるには 四柱推命を学ぶのもお勧めの理由として、四柱推命は、全くと言って参考にならない話ではなく、帝王と呼ばれていた時代もあり、その内容には価値もあります。

何よりも、占い師になるには 相談者の様々であり、時と場合によっては、四柱推命の力が、相談者への問題の解決に繋がる場合もあるためです。

占い師の中には、四柱推命とタロットカードなどを併用している占い師の方もいまして、より相談の幅を広げて、相談に応じられている先生もいます。

四柱推命を知れば、世の中の世界が見えてくる場合もあり、自分自身の視野も広がりを見せやすくなるでしょう。

現在、占い師になるには 四柱推命を学ぶ人もそれほど多くありません。インターネットのプログラム言語もその一つであり、相談者の多くが、タロットカードなどの占いを求めている需要も高まっているためです。

本能的な話で言えば、四柱推命には当てる力もあり、相談者の中でも、四柱推命について知らない相談者も増えてくる中で、本能的な内容を当てるだけで、当たる話として、信頼を得やすくなるかと思われます。

占い師になるには 四柱推命を学ぶに当たって、先に、簡単に説明している易学(えきがく)に目を通してから、四柱推命を学ばれると、より理解しやすくなるでしょう。ちなみに、この易、日と月の漢字で成り立っており、この漢字の意味も陰陽を現している漢字になるのです。

そして、難しく考える必要性はなく、易は、易しいと言う言葉にも扱われているように、簡単であり、内容が易しい話でもあります。

お知らせ!

この度、このブログ!スピリチュアル7の記事を元にして、YouTube動画を2020/7/4に立ち上げさせていただきました。

立ち上げたばかりで、再生数は、?に近くありますが・・・

多くの方が、気づきを得ていない気づきの価値ある情報の動画を心がけています。

ぜひ!アクセスをしてください!チャンネル登録をしていただくと、便利であり、チャンネル登録といいね!ボタンを押していただくと、有難く幸いです。

⇒ YouTube動画 スピリチュアル7

 

ピックアップ動画 4選!

⇒ 霊格って何?

⇒ 男性心理と女性心理の基本的な違い

⇒ 陰陽の法則 陰陽のマーク 大局図の意味

⇒ 霊能力者のCHIEちゃんが私を霊視で見ていた?

 

占い師になるには お勧め関連記事

spiritual7.hatenablog.com

 

占い師になるには 独学 お勧め!関連記事

spiritual7.hatenablog.com

 

占い師になるには お勧め!外部関連記事

ameblo.jp

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com