スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、霊格、占い師になるには、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

占い師になるには 占い師になれない占い好き

占い師になるには/占い好き(主.キーワード関連記事)

『占い師になるには』『占い師になれない』『占い好き』

『占い師になるには』『占い師になれない』『占い好き』の話において、割とこの傾向の、「占い師」を目指されてる方が、割と多いように思われます。ある、「占い師」を養成している学校のホームページにおいても、真実として正直に話をされているサイトがあり、私自身も、同感できる話でもありました。

「占い師になるには」 占い師になれない」「占い好き」の話において、もっぱら、女性の方に見られる傾向があり、いくつかの特徴があるかと思われます。

その一つとして、このブログでは割と多く話をさせていただいてる内容の、男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情は、磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのです。この話が、背景にあるかと思われます。

占い師になるには 占い師になれない!占い好き

占い師になるには 占い師になれない!占い好き

女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、人を愛したいよりも、愛されたい気持ちが割と高まりやすくなるのです。

また、意識したいよりも意識されたい気持ちの女性の気持ちは、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちも現れやすくなります。

「占い好き」の方の中には、華やかに見えまして、自分自身の女性としての価値が高まる気持ちで占い師に憧れている人もいるでしょう。本来「占い師」は、人の相談に対して与える役割があり、意識されたい授かりたい気持ちと、相反する内容でもあるのです。

『占い師になるには』『占い師になれない』女性、説明力が弱い

占い師になるには 占い師になれない!説明力の弱さ

占い師になるには 占い師になれない!説明力の弱さ

「占い師になるには」「占い師になれない」女性の特徴として、説明力が弱い傾向もあるかと思われます。「占い好き」の女性は、割と内向的でありまして、一般の人々とコミュニケーションを図るのが苦手な傾向も見受けられるかと思われます。

割と、成功さめている「占い師」の方は、「占い師」以外の社会人の経験をされている傾向もあり、その中でコミニケーション能力を身に付け、その後、「占い師」になられている傾向があるかと思われるのです。

「占い好き」同士で集まり、その中での会話とは、それ以外での新たな情報に出会いも現れにくく、人の相談に応じるだけの言葉の数が足りない話でもあります。

「占い師になるには」と思われている方の中に、人付き合いが苦手で、にも関わらず、自分の華やかな人が集まる世界を夢見ている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、「占い師」に憧れている人の中には、恋愛だけの相談だと思い込んでいる方もいらっしゃるでしょう。恋愛の相談は、割と多く存在しますが、仕事の悩み、会社の経営の悩み、学校の先生の悩みなどなど、悩み事は数多くあり、恋愛だけの話ではありません。

少なからず、相談者が話す言葉の数よりも、多く話す心構えも大切であり、ただ占って、結果は、こうです。などの話は、占い師として力量を疑われてしまいます。

『占い師になるには』『占い好き』は、好き嫌いが激しく自分に意識が高い

占い師になれない女性!好き嫌いが激しい

占い師になれない女性!好き嫌いが激しい

「占い師になるには」「占い師になれない」、「占い好き」の傾向として、自分に意識が高い傾向もあるかと思われます。

女性は、意識したいよりも意識されたい気持ちが強く、自分自身の価値を高めたい気持ちが高まりやすいと話をさせていただきました。

自分自身の価値を高めるために、割と男性と比べると、物事を好きと嫌いに分ける傾向があり、好きと嫌いに分けた中で、自分自身に価値のある内容を取り入れようとする気持ちも現れやすくなるのです。

また、女性は、感情が男性よりも高まりやすく、この感情は喜怒哀楽の感情を見出し、喜怒哀楽の感情は相反する感情でもあり、物事を好きと嫌いに分ける気持ちの原因にもなっています。

「占い」の本質は、他者の心を感じ取り、その心のエネルギーを「占いの道具」に転換させ、「占いの力を発揮」させています。好きと嫌いが激しければ、他者の心を受け取る気持ちも、自分の都合で好き嫌いになりやすく、これが、「占い師」としての力に悪影響を与えるのです。

全ての女性の方が、「占い師になるには」向いていない話ではなく、様々な人とコミニケーションの経験をされた女性の方や、精神的に母親となり母性を持ち合わせている女性は、この話に該当致しません。

先に話した、「占い師」を要請している学校のサイト、割と受け身的な「占い師」に憧れる人が多い話もされており、「プロの占い師」として長く継続できない「占い師」の方を数多く見てきた話もされています。

「占い師」は、「占い師」そのものになるのは、高い壁ではなく、しかしながら、生活ができるほどの収入を得ている「占い師」は、それほど多くは無く、継続に自ら努力されている「占い師」の先生方がごく一部で活動されている話もされているのです。

占い師の道はそれほど甘くはなく、自らが自営業者であり、自ら腕を磨き、自ら宣伝活動していく行動力も大切になる話でもあります。

他者に頼らない気持ちも大切であり、しかしながら、ほとんどの、「占い師になるには」、と思われている方、「占い」の知識さえ身に付ければ、自然と相談者が集まると思われている方がほとんどでしょう。

「占い」の知識を身に付けられている方は、自分以外にも数多く存在し、その力が発揮できない行き詰まった方も多くいまして、自ら人脈を広げていく、心構えも大切な話になるのです。

ただ、私個人としては、「占い師」を目指されるのは、それほど悪い話ではなく、その経験は、何かしらの力に変わる可能性があり、心を成長させる話として、お勧めの話だとも思われます。

 

お知らせ!

この度、このブログ!スピリチュアル7の記事を元にして、YouTube動画を2020/7/4に立ち上げさせていただきました。

立ち上げたばかりで、再生数は、?に近くありますが・・・

多くの方が、気づきを得ていない気づきの価値ある情報の動画を心がけています。

ぜひ!アクセスをしてください!チャンネル登録をしていただくと、便利であり、チャンネル登録といいね!ボタンを押していただくと、有難く幸いです。

⇒ YouTube動画 スピリチュアル7

 

ピックアップ動画 4選!

⇒ 霊格って何?

⇒ 男性心理と女性心理の基本的な違い

⇒ 陰陽の法則 陰陽のマーク 大局図の意味

⇒ 霊能力者のCHIEちゃんが私を霊視で見ていた?

 

占い師になるには お勧め!関連記事

占い師になるには

占い師になるには 独学

 

占い師になるには お勧め!外部関連記事

占い師になるには

占い 当たるか

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com