スピリチュアル7[2021年版]

「霊視」「スピリチュアル」「霊感」「占い」「霊格」「守護霊対話」「電話占い」「沖縄のユタ」「恋愛」「婚活」「人間関係」「子育て」「結婚」「浮気」「嫁姑」・・・

占い師への向き不向き!あなたの適正は?

占い師」/「向き不向き」/「適正(主.キーワード関連記事)

『占い師』への『向き不向き』!あなたの『適正』は?

『占い師の向き不向き』、あなたの『適性』は、ほとんどの多くの方が、「占い師」への興味に関わらず、「適性」が高くはない話だと思われます。プロの占い師、性格的なものを含め、どこか普通の一般の人と違う様に思われないでしょうか。「占い師の向き不向き」、いくつかの要因があり、基本的な話として、話をさせていただきたいと思います。

占い師の向き不向き」、ここでの話は、統計学的な占いや、手相など、何かしらの教本を見比べれば判断できる占いではありません。これは知識さえ、身に付ければ、誰にでも対応することができますよね。

評判の人気が高い「占い師」は、「霊感が強い」と言う言葉もあるのではないでしょうか。「占い師の向き不向き」、「霊感」があるのかないのかで、話をしてしまえば、ここで終わってしまう話になってしまうでしょう。

『占い師』への『向き不向き』!あなたの『適正』は?

『占い師』への『向き不向き』!あなたの『適正』は?

「霊感」とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力です。そして、人々の心の奥底は、全て繋がっている考え方がありまして、その先は、高次元の存在が存在している心の世界である、霊的な世界とも繋がっている話になるのです。

占いで当たる力とは、高次元の存在の力が関わっているものであり、高次元に認められなければなりません。

占い師の向き不向き」、心に対して意識を強く持ち合わせているのかどうか、見えない存在に対しての信憑性を持ち合わせているかどうか、ここが大前提として大切な話になるのです。

私が冒頭で、「占い師」としての「適性」が高くは無い人が多いと言ったのは、日本の教育は心に対する教育も弱く、目で見える内容に意識も強く、科学的に解明されていない高次元の存在の信憑性について、否定的な考え方を持つ人がほとんどの話になります。

『占い師の向き不向き』、気づきの価値が『適性』を左右する

『占い師の向き不向き』、気づきの価値が『適性』を左右する

『占い師の向き不向き』、気づきの価値が『適性』を左右する

「占い師の向き不向き」、性格的に気づきに価値を持つのか持たないのかが、「適性」を大きく左右します。「占い師」になる、そのものは、知識を身に付ければ、誰にでも、占い的な真似事をすることができるでしょう。

ただし、ほとんどの多くの方が、相談者を集めることができず、「占い師」として成り立っていないのがほとんどです。

このブログでは、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきの話をさせていただいています。

霊格が高まれば、精神的な意味で、存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ、物事を見る視野も広がりやすくなるのです。この話は難しい話ではなく、精神的な意味で大人になる話です。

「占い師」として必要な素質、人を集めるだけのカリスマ性としての存在力が高くなくてはならず、相談者の心を満たす創造力も高くてはならず、相談者にアドバイスをするための、物事の視野も広くなくてはなりません。

割と、接客業や、コンサルティングなどの仕事を行っていた人が、心からの一つ一つの気づきの多さによって、「占い師」に向いている「素質」が身に付き、人を集めるだけの占い師として、成功を収めている人が見られます。

占い師を目指されている人の中には、占いの知識だけに意識が強く、心の気づきに価値を見いだしていない方々が割と多い様に見られるのです。

高次元の存在は、霊格が高い存在であれば、波長があいやすくなり、何かしら当たる力を授けやすくなります。

心の気づきは人それぞれ違うため、評判の高い占い師は、割と個性が強く、自分自身の考えを持ち合わせており、この姿も「カリスマ性」として高く見られやすくなるのです。

『占い師の向き不向き』、『適性』は誰にでも持ち合わせている

『占い師の向き不向き』、『適性』は誰にでも持ち合わせている

『占い師の向き不向き』、『適性』は誰にでも持ち合わせている

「占い師の向き不向き」は、天性による話ではなく、潜在的に言えば、誰にでもその「適性」は持ち合わせているのです。

知識の一つ一つの気づきと、心の成長である霊格の成長、心からの一つ一つの気づきには終わりがありません。ほとんどの多くの方が、同じ様な毎日を過ごす中で、知識の一つ一つの気づきと、心からの一つ一つの気づきが止まったままではないでしょうか。

「占い師」としての能力は、霊格が高い方が望ましくありますが、欲を言えば、知識の一つ一つの気づきも大切であり、知識が多ければ、相談者に対するアドバイスの幅も広がりやすくなりますよね。

私がお勧めする話としては、心を扱った内容に、興味を持ち合わせ、それに触れてみることから始められると良いでしょう。

大学並みの心理学は、必要ではありませんが、家庭向けの心理学、ウィキペディアにある神話、心に意識を向けることで、飛躍的に、心を感じる霊感が強まりやすくなり、また、その気づきから、自らの霊格も高まりやすくなるはずです。

心の気づきには変化が伴うものであり、「占い師の不向き」として、常識的価値観や、固定観念が強すぎる方は「占い師」として向いていません。

潜在的に言えば、男性よりも女性の方が、基礎的な内容として、多くの女性の方が「占い師」の「向き」を持ち合わせています。

心を感じる「霊感」は男性よりも強く、女性は、赤ちゃんの予想もつかない動きに対応するために、変化に対する対応力も、男性以上に持ち合わせているでしょう。

しかしながら、女性は意識したいよりも意識されたい気持ちが強く、自分自身の価値を高めたい気持ちも割と強く現れやすくなります。

その結果、物事を好きと嫌いに分けて判断する傾向もあり、嫌いな内容からの気づきの力が弱まりやすくあるはずです。

様々な心からの気づきだけに価値をおけば、飛躍的に占い師に必要な霊格も高まりやすく、多くの女性の方が、占い師としての力も発揮されやすくなるかと思われます。

ただ、「占い師になるには」、自分の職業を導く指導霊が大きく影響与えているため、一度、「霊視」と「守護霊対話」のある先生に相談を行い、私とは違う個別に合ったアドバイスを求められるのもお勧めです。

私自身、過去に霊感占い師として、人の相談に応じていましたが、そもそも占い師になるつもりはなく、様々な霊能力者の方に言われる中で、様々な出来事があり、宿命を感じ、占い師に至った話でもあります。

仮に、「占い師」としての宿命を背負っていないとしても、知識の一つ一つの気づきと、心からの一つ一つの気づきに価値を置いておけば、人々が自分の力を必要とする職業に導かれる可能性もあるはずです。

 

占い師 お勧め!関連記事

⇒ 占い師になるには 独学

 

黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ 霊能力者への相談(プロフィール)