沖縄のユタとは?!戦後の歴史、ユタが多く現れた原因

・沖縄のユタとは?!戦後の歴史、ユタが多く現れた原因

 

沖縄のユタとは?!戦後の歴史、ユタが多く現れた原因

沖縄には、古くから「ユタ」と呼ばれる霊能者が存在します。ユタは、霊界と交信し、霊の声を聞くことができる能力を持ち、沖縄の人々の生活に深く根付いた存在です。

ユタの起源は、琉球王国時代にまで遡ります。琉球王国では、王や貴族の占い師としてユタが活躍し、王国の政治や外交にも関わっていました。

戦後、沖縄はアメリカ統治下に置かれ、沖縄社会は大きな変化を遂げました。その中で、ユタは、沖縄戦で亡くなった人の浮遊霊を成仏させるために、重要な役割を果たしてきました。

沖縄戦では、多くの人々が命を落としました。その中には、戦争の犠牲者だけでなく、行方不明者や強制疎開によって家族と離れ離れになってしまった人もいました。

浮遊霊とは、あの世に行けず、この世に留まっている霊のことです。沖縄戦で亡くなった人の浮遊霊は、戦争の悲しみや怨念を抱えて、この世にとどまっていました。

ユタは、これらの浮遊霊の声を聞き、彼らの思いを家族や親族に伝えることで、浮遊霊を成仏させる手助けをしました。

また、ユタは、浮遊霊から受けたメッセージをもとに、戦争の悲しみや怨念を癒すための儀式を行いました。これらの儀式は、沖縄の人々の心の傷を癒し、平和への祈りにつながりました。

戦後、沖縄では、ユタの数が急増しました。その理由は、沖縄戦で亡くなった人の浮遊霊を成仏させるために、ユタの力が求められたからです。

現在でも、沖縄には多くのユタが活躍しています。ユタは、沖縄の人々の心の支えであり、沖縄の文化を継承する存在として、重要な役割を果たしています。

ユタの能力

ユタは、霊界と交信し、霊の声を聞くことができる能力を持っています。その能力は、生まれつき持っているものと、後天的に身につけたものがあります。

生まれつきユタの能力を持っている人は、幼い頃から霊感があり、霊の存在を感じることができます。また、夢や幻覚を通じて、霊の声を聞くこともあります。

後天的にユタの能力を身につけた人は、何かのきっかけで、霊界と交信する能力を開花させます。そのきっかけは、病気や事故、あるいは、沖縄戦の体験など、さまざまなものがあります。

ユタの役割

ユタは、さまざまな役割を果たしています。主な役割は、以下の通りです。

  • 浮遊霊を成仏させる
  • 病気や悩みの原因を探る
  • 未来を占う
  • 儀式や祭りを行う

浮遊霊を成仏させるのは、ユタの最も重要な役割です。ユタは、浮遊霊の声を聞き、彼らの思いを家族や親族に伝えることで、浮遊霊を成仏させる手助けをします。

病気や悩みの原因を探るのも、ユタの重要な役割です。ユタは、霊界と交信することで、病気や悩みの原因を霊的な観点から探り、解決策を提示します。

未来を占うのも、ユタの役割の一つです。ユタは、霊界と交信することで、未来の出来事や、その対処法を知ることができます。

儀式や祭りを行うのも、ユタの役割です。ユタは、儀式や祭りを通じて、霊界と人々のつながりを深め、平和や幸福を祈ります。

ユタの存在意義

ユタは、沖縄の人々の心の支えであり、沖縄の文化を継承する存在として、重要な役割を果たしています。

沖縄の人々は、ユタの能力を信じ、ユタに相談することで、心の安らぎや、問題の解決を求めてきました。また、ユタの儀式や祭りを通じて、沖縄の伝統文化を継承してきました。

ユタの存在は、沖縄の歴史や文化と深く結びついており、沖縄社会に欠かせない存在と言えるでしょう。googleのAI bardに尋ねました(by google AI bard)

沖縄のユタ」/「歴史(主.キーワード関連記事)

沖縄のユタとは?!戦後の歴史、ユタが多く現れた原因

320-50-18

ja.wikipedia.org

沖縄のユタ』とは?戦後の『歴史ユタが多く現れた原因は、ある動画において「沖縄」の特集がされており、その話の中に、戦後の「歴史」の中で、悪い意味で「ユダ」が多く現れた話がされており、思い当たる内容があるためその話をさせていただきたいと思います。

沖縄のユタ」については、県外の方において、スピリチュアルに興味がある方、霊的な内容に寛容な方、肯定的に受け入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この話については、違うページでも話をさせていただいていますが「沖縄」の琉球時代、第一王朝と第二王朝があり、第一王朝の時代は、「沖縄」の文化的な内容として「沖縄のユタ」が受け入れられていた時代があったのです。

『沖縄のユタ』!戦後の『歴史』、ユタが多く現れた原因

『沖縄のユタ』!戦後の『歴史』、ユタが多く現れた原因

そして、第二王朝が始まり、ノロ制度と呼ばれる、王族の女性を頂点としたピラミッド型の制度が整えられ、祭祀を含めた霊的な内容がノロによって管理されることになりました。

地域によっては、ノロの発言と「沖縄のユタ」の発言に食い違う状況もあり、ノロにおける権威の信頼性にひびが入ることを恐れた王家は、社会を乱す存在として「沖縄のユタ」に対し弾圧を行ってきたのです。

琉球王朝が、なくなる中で、このノロ制度も解体され、王族の影響もあり「沖縄」の中でも「沖縄のユタ」に対し、受け入れる人と受け入れられない人が存在します。

これは「沖縄」に限った話ではなく、全国的に見ても、科学的な文明が発達する中で、霊的な内容について否定的な人もいれば、霊的な内容を受け入れる人々の姿もあるでしょう。

ちなみに、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、霊感とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力です。そして、人々の心の奥底は、全て繋がっている考え方がありまして、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっている話になります。

スポンサー

 

沖縄のユタとは?戦後の歴史、その時代背景

320-50-18

『沖縄のユタ』、戦後の『歴史』、その時代背景

『沖縄のユタ』、戦後の『歴史』、その時代背景

「沖縄のユタ」とは?戦後の「歴史」において、「ユタ」が多く現れたのは、スピリチュアル的な考え方が、適応しているのかもしれません。

スピリチュアルに影響が深い、ネット上でも一部公開されているシルバーバーチの霊訓には、この様な話が存在するのです。

第一次世界大戦前の時代は、科学的な発展が高まり、霊的な存在を認めない現実主義者が増えたそうです。

実際に第一次世界大戦が始まり、そこで多くの命が奪われ、多くの亡くなった魂が、自分自身の死を受け入れず、浮遊霊になった話がされていました。高次元の存在は、霊的な世界に連れ戻すのにとても苦労したそうです。

肉体がないため強制的に連れて戻すことができず、一人一人の魂に話をかけ、悟らせる必要性があります。現実社会で生きている人も、頑固な人の性格やその人の考えを変えるのは容易ではなく、それと似たような話になります。

「沖縄のユタ」が、戦後の歴史において、増えた可能性は、「沖縄」で、多くの魂が浮遊霊となり、現世に執着する中で、成仏できない魂が増えたからかもしれません。

戦争の中には、東京大空襲、広島の原爆があり、亡くなった人で言えば、多くの人が同じようにいた話でもあるでしょう。

「沖縄」との違いは、あらかじめアメリカ軍が襲ってくる状況と、短期間の間で突然、多くの命が奪われる状況の違いもあるかと思われます。

また、東京大空襲や広島の原爆においては、家族の多くが命を奪われている状況もあります。「沖縄」でもその姿がありますが、親族の中で、特定の人が戦争で亡くなった話も割と多く、親族を現世に残したまま成仏できない魂が割合として多い違いなどもあるかもしれません。

スポンサー

 

沖縄のユタとは?戦後の歴史、経済的な理由

320-50-18

『沖縄のユタ』、戦後の『歴史』、経済的な理由

『沖縄のユタ』、戦後の『歴史』、経済的な理由

「沖縄のユタ」とは?戦後の「歴史」において、その存在が増えた原因は、経済的な理由が最も大きな要因です。「沖縄のユタ」と聞けば、霊能力者としての力を発揮する存在として有名ですが、「沖縄」の中には、拝み屋と呼ばれる、力のない自称「沖縄のユタ」が多く現れました。

私自身は、実際に本当に力のある「沖縄のユタ」に会ったことがありますが、当時の「沖縄」を含め、1度も会ったことがない人からすれば、力がある人かどうか、その確認をする手段もなかったでしょう。

貧困な女性の方の中には、学歴も持ち合わせておらず、生きる目的として、力のあるユタに弟子入りし、力のないまま、自称「沖縄のユタ」として活動する方も多く現れたのです。

そして、不幸なのは、先祖に対する供養が足りない、亡くなった人に対する供養が足りない決まり文句で、人の相談に応じる、まさに現在で言う霊感商法の様な内容も増えました。

その結果、現在においても、「沖縄」の中で「沖縄のユタ」に対し、否定的な考え方を持つ人も割と多く存在し、従来と比べると経済的に豊かになり、現在はほとんど、減っている傾向にありますが、年配の人たちの中に否定的な人も割と多く存在します。

ただ、霊的な大きな意味で考えた場合、力のない自称「沖縄のユタ」の役割、少なからず、亡くなった人に対して心を向ける意識もあり、亡くなった人が成仏しやすくなる役割はあったかもしれません。

沖縄のユタ」の話は、「沖縄」の人の中でも、未だに、忌み嫌う人も存在し「沖縄」の中でも話題としてはタブー視されている内容である場合もあり、県外の方が「沖縄」に訪れて「ユタ」を探される場合、この認識を持ち合わせていただければと思います。

接客業を行っている方や、タクシーの運転手、肯定的に受けている人もいる中で、県外の人と接触しやすい人に尋ねてみると良いでしょう。

私の話についてあくまでも一般論であり、個別の内容は個別の環境によって話が変わってくるものでありまして、お悩みを抱えている方は、電話占いに所属されている霊視の力を持つ先生に相談されると良いでしょう。

私と違ったアドバイスを別の角度から伺うことによって、新たな視点や新たな考えが現れてくるかもしれません。

私は、過去に霊感占い師として人の相談に応じていましたが、現役で活躍されている先生方は、より多くの相談内容に応じているものであり、私よりも質の高い話を伺うことも可能として挙げられます。

 

電話占いの霊視鑑定が当たる仕組みと理由とは!?

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

ディスティニー

ディスティニー

●お勧めは、電話占いサイトのディスティニー

スピリチュアルの中で、現在、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。ディスティニ―は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いでしょう。

口コミでも人気が高いのが、江原啓之さんの様な守護霊対話能力を持つローズ先生、上之嬢先生、美鳳先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

ただ、相談内容によっては、必ず適しているとも言い切れず、プロフィールや得意分野などをチェックし、相談内容に適応する先生に相談されるのも大切です。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

先生方への相談希望、電話占いサイト ディスティニ― へはこちらのリンクから

沖縄のユタ お勧め!関連記事

⇒ 「沖縄のユタ

スポンサー

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ 霊能力者への相談(プロフィール)

 

沖縄のユタ 関係サイト!外部サイト

 

 

霊視 関係 外部お勧め!記事

⇒ 霊視が当たった経験

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花