スピリチュアル7[2021年版]

「霊視」「スピリチュアル」「霊感」「占い」「霊格」「守護霊対話」「電話占い」「沖縄のユタ」「恋愛」「婚活」「人間関係」「子育て」「結婚」「浮気」「嫁姑」・・・

人間関係がうまくいかない病気から!スピリチュアル

人間関係」/「病気」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

『人間関係』が『うまくいかない病気』から!『スピリチュアル』

『人間関係』が『うまくいかない病気』から、『スピリチュアル』的に見えてくる話があります。このページにおいては、「スピリチュアル」に興味がある方の中でも、ご参考として頭の中に入れていただければと思います。

ここでの、「人間関係」が「うまくいかない病気」、「スピリチュアル」から見える話は、脳の損傷による話ではなく、精神的な話から見える話です。

「人間関係」が「うまくいかない病気」と聞くと、どの様な「病気」を思い浮かべるでしょうか。この話をさせていただく前に、先に、このブログで何度も話をさせていただいている、左脳と右脳の話をさせていただくと、より理解されやすくなるでしょう。

『人間関係』が『うまくいかない病気』から!『スピリチュアル』

『人間関係』が『うまくいかない病気』から!『スピリチュアル』

左脳は、言葉の組み立てや論理的な認識、計算など、どちらかと言えば、理系よりの働きであり、現実社会を認識するのに長けた働きがあります。

右脳は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、文系的な働きがありまして、どちらかと言えば、心に携わる傾向が強くあるのです。

そして、「スピリチュアル」では、人の心の奥底は、全て繋がっていると考えられていまして、その先は、心の世界である、霊的な世界とも繋がっている話になります。

余談として、「霊感」について、多くの方が特別な内容だと思われがちですが、誰にでも「霊感」あり、幽霊にも心がありまして、高次元の存在にも心があり、もちろん人々にも心があり、心を感じる力です。

私達の意識は、現実世界と心の世界の中心に立っていると言っても過言ではなく、どちらかに偏っているかによって、物事の価値観に違いが現れます。

「人間関係」が構築できる、「うまくいく人」の傾向は、この、左脳と右脳のバランスが整っており、左脳に傾きやすい人がほとんどですが、「病気」と言えるほどの話ではありません。

『人間関係』が『うまくいかない病気』、『スピリチュアル』、偏りすぎる病気

『人間関係』が『うまくいかない病気』、『スピリチュアル』、偏りすぎる病気

『人間関係』が『うまくいかない病気』、『スピリチュアル』、偏りすぎる病気

「人間関係」が「うまくいかない病気」は、「スピリチュアル」から見る話として、偏りすぎる症状として病気が現れやすくなります。

「人間関係」に限らず、肉体がバランスで成り立っているものであり、バランスが崩れると病気になりやすい内容については、受け入れる話ではないでしょうか。

まずは、左脳に傾き過ぎる病気として、「アスペルガー症候群」が挙げられます。「アスペルガー症候群」は、知能が高く、左脳の強い働きによって現実世界に適応力が高いと思われがちですが、心を感じる力が弱く、心の空気が読めない状況も現れやすくなるのです。

まるで、マニアルに沿って行動に起こすような性格になりがちでもあり、そこから外れると、どのように対応すれば良いのか分からず、心が不安定になりやすくもなります。

それはまるで、完璧主義のロボットのような性格でもありまして、心で判断する、柔軟性が現れにくい状況も現れやすくなるのです。

動画で流れていた内容の中には、ある夫婦の奥さんが、「アスペルガー症候群」であり、旦那が、今日遅くなるからと言って出かけたところ、食事を作り夜遅くまで待ち続けていた、奥さんの話がありました。

旦那は、今日夜遅くなるから、食事はいらないとの「ニュアンス」の言葉であり、その意味が、全く分からなかったのです。

逆に右脳に傾き過ぎると、正常に現実世界を認識する力が弱まり、様々な心に意識が奪われやすく、統合失調症」を抱える中で、「人間関係」が「うまくいかない病気」が現れやすくなります。

左脳は、多くの方が共通して持ち合わせている知識を身に付ける力があり、「アスペルガー症候群」では、知識の上ではお互い理解しあうだけの力があるため、「病気」だと顕在化しにくい特徴もあるのです。

「人間関係」が「うまくいかない病気」の、「統合失調症は、多くの方が、持ち合わせている共通する情報でない内容が多く、「統合失調症」だと確認しやすくなるでしょう。

幼少期の頃から、一人っ子、一人で勉強ばかりさせられた子供は、潜在的に、「アスペルガー症候群」になる可能性を抱えており、十分注意しなければなりません。このページに訪れる方は、心に携わる「スピリチュアル」に関心が高い人も割と多く、「アスペルガー症候群」については心配する必要性はないかもしれません。

『人間関係』が『うまくいかない病気』?コロナの注意事項

『人間関係』が『うまくいかない病気』?コロナの注意事項

『人間関係』が『うまくいかない病気』?コロナの注意事項

「人間関係」が「うまくいかない病気」と言えるかどうか分かりませんが、現在、コロナウィルスによって、リモートワークや、自粛が増えており、気をつけなければならない話が「スピリチュアル」から存在します。

「人間関係」で必要なコミニケーションは、相手に話しかける能動的な内容と、相手から話を伺う受け身的な内容によって、「人間関係」がうまくいくためのコミニケーションが成り立つのです。

それが行えるのは、それを行うための神経がしっかりと発達し、存在しているために、当たり前にできる内容になります。

ただし、引きこもりの状態のようになってしまうと、その神経が衰え、「人間関係」において、会話したい気持ちに衰えが現れやすくなり、「人間関係」がうまくいかないを飛び越えて、「人間関係」における「対人恐怖症」の原因にもなりかねません。

ヤマアラシのジレンマ」と言う言葉をご存知でしょうか。ヤマアラシは、トゲがついたネズミでありまして、相手と体をより寄せたいけども、お互いのトゲが邪魔となり、そこに葛藤を生み出してしまう心理学用語です。

「スピリチュアル」では、心の内容を大切にしますが、実際の話としては、現実世界も大切であり、このバランス感覚がとても大事な話になります。

ただ、現在は、「病気」と言えずとも左脳に傾きすぎている人々が割と多くいまして、「スピリチュアル」が、心の大切さについて引き戻しているイメージとして呼べるかもしれません。

 

人間関係 お勧め!関連記事

⇒ 「人間関係 断捨離

 

⇒ 「人間関係 リセット症候群

 

スピリチュアル お勧め!関連記事

⇒ 「スピリチュアル 霊視

 

黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ 霊能力者への相談(プロフィール)

 

 霊視 関係 外部お勧め!記事

⇒ 霊視が当たった経験