スピリチュアル7[2021年版]

「霊視」「スピリチュアル」「霊感」「占い」「霊格」「守護霊対話」「電話占い」「沖縄のユタ」「恋愛」「婚活」「人間関係」「子育て」「結婚」「浮気」「嫁姑」・・・

霊感が強い家族とは?その特徴

霊感が強い」/「家族(主.キーワード関連記事)

『霊感が強い』『家族』とは?その特徴

『霊感が強い』『家族』とは、その特徴について、「霊感が強い」、「家族」に、ある特徴が存在します。この話を知っていただければ、自分自身に当てはまる話、または、「霊感が強い」知人などの姿もよりよく明確に見えて来やすくなるでしょう。

霊感が強い」、「家族」は、特殊な能力が与えられた、特殊な家族ではありません。

霊感」について、ウィキペディアでも、特殊な能力だとして説明されているため、そう思われてしまうのも致し方がない話ではありますが、「霊感」とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力です。

そして、人々の心の奥底は、全て繋がっている考え方がありまして、その先は心の世界である、霊的な世界とも繋がっています。

『霊感が強い』『家族』とは?その特徴

『霊感が強い』『家族』とは?その特徴

つまり、「霊感が強い」、「家族」とは、心を感じる力が強い家族であり、心に意識を向けている傾向が見られる家族と言うことになるのです。

例えば、音楽家や芸術家などを親にする子供は、その影響によって、割と心を感じる霊感が強い力が、一般の人と比べると現れやすく、アーティストは、「霊感が強い」話について、割と有名ではないでしょうか。

ただし、親が芸術家だからといって、必ず、「霊感が強い」、「家族」になるとは言い切れず、そこにはある特徴が見え隠れされているのです。

『霊感が強い』『家族』、意外性を好む傾向も強い

『霊感が強い』『家族』、意外性を好む傾向も強い

『霊感が強い』『家族』、意外性を好む傾向も強い

霊感が強い」、「家族」は、意外性を好む傾向にあります。「霊感が強い人」の、宿命として、霊的な世界から影響受ける中で、現実世界に対し、新たな価値観や変化を促す宿命を背負っている場合もあるのです。

例えば、毎日、テレビやインターネットも含め、同じ内容しか、存在していなければ、その世界そのものが成長致しません。

霊感が強い人」を通して、新たな価値観を世界に広め、世界そのものの成長を促しているのです。そのため、常識的価値観に縛られるよりも、意外性を好む傾向に傾きやすくあります。

霊感が強い人」の中でも、自分自身の価値観に意識がとらわれすぎる中で、世の中に対して関心が薄い方もいらっしゃるでしょう。

この様な方は、本人そのものは、心を感じる「霊感が強い」傾向にあるかもしれませんが、家族の心に関心が薄く、家族全員が「霊感が強い」状況として現れるとは限りません。

東京都知事石原慎太郎さん、物書きとして、心を感じる「霊感が強い」傾向にあるかもしれませんが、息子の、石原良純さんが話していた内容として、子育てに関心がなく、赤ちゃんを抱っこした経験がないともおっしゃっていました。

霊感が強い」、「家族」は、親が子育てにおいて、枠に収めない子育てをしている傾向があり、この柔軟な子育てが、心を感じる「霊感」の幅を広がりやすい子供として育つものだとも思われます。

『霊感が強い人』、親が真面目で頑固

『霊感が強い人』、親が真面目で頑固

『霊感が強い人』、親が真面目で頑固

霊感が強い」、「家族」ではありませんが、「霊感が強い人」の中には、親が真面目で頑固である傾向も少なからず存在します。

この話については、先ほど私が話した内容と、矛盾するように思われてしまうかもしれません。

人が生まれてくる傾向の中には、自分自身が足りない要素を、良くも悪くも、学ぶ目的で生まれてくる傾向がありまして、例えば、頼りない親には、しっかりした子供が授かりやすく、暗い親には、明るい子供が生まれやすい様な内容です。

ミュージシャンの、小室哲哉さんは、父親が、真面目で頑固であり、ミュージシャンになることを強く反対されていたそうです。

親が真面目で頑固の子供が、霊感が強い状況が現れやすくなる話の中には、父親の頑固の心に意識が高まりやすく、また、他人の親の心の様子を比べる姿も現れやすく、その結果、自ら、心を感じる「霊感が強い」状況が顕在化されている方もいらっしゃるでしょう。

霊感が強い」、「家族」について、遺伝であるかの考え方もあるのではないでしょうか。

多少なりとも、肉体の様子がDNAに書き込まれるとするならば、心を感じる「霊感が強い」状況も子孫に引き継がれやすくなるでしょう。

違った考え方では、この様な考え方があります。トマトが食べられない人、江戸時代まで、トマトは、日本において、食べ物ではなく、観賞用として育てられていました。

明治時代に入り、西洋の文化が入ってくることで、トマトが食べられるものだと知り、トマトを食べる人も増えたそうです。

ただし、観賞用だと思い込んでる方は、食べる事は一切せず、食卓に出ることも無かったでしょう。

それが、子孫に引き継がれれば、現在においても、トマトが食べられない人も現れやすくなるかと思われます。

私自身、生まれは沖縄ですが、18歳まで、大阪で育ちました。それまで、納豆を食べることができず、納豆は、関東人が食べる食べ物であり、食べることが、大阪人として裏切り行為の風潮もあったのです。

18歳過ぎてから、東京に住みまして、貧困状態の中で、節約を目的に、納豆にチャレンジいたしました。始めは、コーヒーが腐ったような、強烈な匂いを感じていましたが、体が慣れてきまして、その匂いがなくなり、逆においしいように感じられる様になったのです。

20代後半に、大阪に戻り、健康ブームもあって、大阪の人でも普通に、納豆を食べる人も増えています。

霊感が強い」、「家族」とは、人々の心に対する意識の価値観も大きく関わっている話であり、「霊感」とは、心を感じる力だとの認識が広がれば、「霊感が強い」、「家族」もより現れやすくなるでしょう。

スピリチュアルでは、今後、多くの人々の中で、心に意識を向け姿がより現れやすくなる話がありまして、現に、コロナの影響によって、去年と比べれば、人々の心の姿に対し、意識が高まっている人も増えているのではないでしょうか。

冒頭の方で話をしましたが、「霊感」とは、特別な話ではなく、心を感じる力は誰にでも持ち合わせています。例えば、人と握手をした時に、その人から、その人を表す独特の雰囲気が手から伝わってくる感覚を感じられる方がほとんどだと思われます。

それが、心を感じる小さな「霊感」の感じ方であり、ここに意識を持てば、心を感じる「霊感」が飛躍的に高まるりやすくなるでしょう。

 

霊感 お勧め!関連記事

⇒ 「霊感が強い

 

 

黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ 霊能力者への相談(プロフィール)

 

お勧め!PR情報

⇒ 「浦添」「土地売買」