霊感を信じない!認めない!人々の心理

・霊感を信じない!認めない!人々の心理

 

霊感を信じない!認めない!人々の心理

霊感とは、肉体的な感覚器官以外で、超常的な事象を感知する能力のことである。霊感の存在を信じる人は多く、霊感商法や霊感鑑定など、霊感を扱ったビジネスも盛んに行われている。しかし、霊感を信じない人や、認めない人も少なくない。

霊感を信じない人や、認めない人は、どのような心理を抱えているのだろうか。その理由は、大きく分けて以下の3つに分類できる。

  1. 科学的な根拠がない

霊感の存在を信じられない理由として、まず挙げられるのが、科学的な根拠がないということである。霊感は、科学的に証明されていない超常的な現象であるため、信じない人にとっては、信じる根拠がないことが一番の理由となる。

  1. 騙されているのではないか

霊感商法や霊感鑑定などのビジネスでは、霊能力者を装った人々が、巧みな話術や心理操作によって、人々を騙しているのではないかという疑念も、霊感を信じない人の心理に影響を与えている。

  1. 自分の価値観に合わない

霊感の存在を信じない人は、霊感を信じる人の価値観を理解できない、または受け入れられないということもある。例えば、科学や理性に基づいた思考を重視する人は、霊感のような超常的な現象を受け入れることが難しい傾向がある。

霊感を信じない人や、認めない人は、決して霊感の存在を否定しているわけではない。ただ、科学的な根拠や、自分の価値観に合致しないために、信じることができないだけである。

霊感の存在を信じている人と、信じない人が、お互いを理解し合うためには、それぞれの立場や価値観を尊重することが大切である。googleのAI bardに尋ねました(by google AI bard)

・|霊感|信じない|認めない|(主.キーワード関連記事)

霊感を信じない!認めない!人々の心理

320-50-18

ja.wikipedia.org

霊感信じない認めない、人々の心理は、このページにおいて、見下すような話ではなく「霊感」を「信じない」「認めない」人々が現れるのも、必然的な話として話をさせていただきたいと思います。

私自身、Yahoo!ニュースなどで、たまに、頭に直接降りてくることを、コメントの言葉として書かせていただいていまして、このコメントに「霊感」と言う言葉を扱うと、多くの方々から批判的な言葉が返って来るものだとも思います。

その心理についても、理解できる話でもあり、攻撃的な言葉が現れやすくなる話についても触れさせていただきましょう。

まず、大前提として「霊感」について、多くの方が、誤った認識に立っています。ウィキペディアでも、特別な能力として説明されており「霊感」について、有る無いなどと判断する傾向も強くありますよね。

霊能力者の「江原啓之」さんは、誰にでも「霊感」があると話をされており、また、過去の霊能力者であった、ルドルフシュタイナーも、誰にでも「霊感」があり「霊感」は育てることができまして、それを取り入れているのが「シュタイナー教育」でもあります。

『霊感』を『信じない』!『認めない』!人々の心理

『霊感』を『信じない』!『認めない』!人々の心理

従来よりは、受け入れる人々も増えていますが、現在でも「シュタイナー教育」に対しオカルト的な内容、文系に力を入れすぎる教育、理系の力が弱まると誤った考え方をされている言葉も見受けられます。

「霊感」とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力です。そして、人々の心の奥底が全て繋がっていると考えられていて、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっています。

「霊感」が心を感じる力の話については、「霊感」を「信じない」「認めない」人でも、なんとなく理解していただけるのではないでしょうか。

例えば、他人と握手をした際、個人的な独特な雰囲気が感じられると思いますが、それが、心を感じる小さな「霊感」の働きです。

スポンサー

 

霊感を信じない、認めない、その心理、当たり前の話

320-50-18

『霊感』を『信じない』、『認めない』、その心理、当たり前の話

『霊感』を『信じない』、『認めない』、その心理、当たり前の話

「霊感」を「信じない」「認めない」その心理は、必然的に当たり前の話として、現れる話になります。

このブログでは、何度も話をさせていただいていますが、魂の成長として、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である「霊格」の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきです。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

ついでに、この話もさせていただくとして、左脳と右脳、左脳は、言葉の組み立てや、計算、比較や論理的な認識など、どちらかと言えば理系的であり、目で見える現実世界を認識するのに長けた働きがあります。

右脳は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば、文系的であり、心に携わる傾向が強くあるのです。

本来であれば、魂の成長として、知識の成長の知識の一つ一つの気づき、心の成長である霊格の成長、心からの一つ一つの気づきの両方が大切になります。

現代人は、教育の影響によって、点数などで評価できる評価しやすい目で見える理系よりに力と価値観を求める傾向が強くありますよね。

小学1年生の知識しか持ち合わせない人が、中学生の知識について、理解するのは難しいでしょう。

心の成長である「霊格」も同じく、心からの一つ一つの気づきが少ない中では、「霊感」について理解するだけの力も現れにくく「霊感」を「信じない」「認めない」気持ちも現れやすくなるのです。

また、理系の特徴として、物事を白と黒に分ける考え方も働きやすく「霊感」について、「有る無い」などと思われてしまう原因になっているかもしれません。

スポンサー

 

霊感を信じない、認めない、その心理、スキーマ

320-50-18

『霊感』を『信じない』、『認めない』、その心理、スキーマ

『霊感』を『信じない』、『認めない』、その心理、スキーマ

「霊感」を「信じない」、「認めない」、その心理の中には、「霊格」と似たような話になるかもしれませんが、「スキーマ」による考え方もあるかと思われます。

「スキーマ」と呼ばれる言葉、初めて耳にする方もいらっしゃるかもしれませんが、「スキーマ」とは、枠や図などの意味がありまして、人は、自分自身が持ち合わせている記憶の「スキーマ」と、現実世界の内容が一致することで、物事を正しく判断しているのです。

例えば、目の前にコップがあった場合、頭の中にあるコップの枠の記憶と、現実世界にあるコップの形が一致することによって、それをコップだと認識しています。

「スキーマ」の働きは、現実世界にある物質に限らず、物事の考え方や価値観としても現れるのです。

この「スキーマ」は、人によって、柔軟性もあれば、硬い力として働くなど、人の性格によってその性質の違いが現れやすくなります。

よくよく考えてみてください。心からの一つ一つの気づきによる「霊格」の成長は、心の中で変化も現れやすく、心からの一つ一つの気づきに価値を置く人は、「スキーマ」に対しても、柔軟に働きやすくなるのです。

また、これが枠に収まらないと、それが、よく分からないものとして警戒心も高まりやすくなり、命の危機として「ストレス」反応も引き起こされやすくなるのです。

「ストレス」は、「ストレス」を与えている対象に対し、攻撃、もしくは、逃避の選択状態に置かれまして、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり、心身に高いエネルギーを生み出しやすくなります。

これが、心的エネルギーの解放を求め、攻撃的な言葉として、誹謗中傷などの言葉として現れやすくなる原因です。

誹謗中傷を発言する人の傾向は、私生活で、存在感を感じられず、ストレスから現れているのもよくある話になります。

「霊感」を「信じない」、「認めない」、人の中には、既に、その認識として「スキーマ」が作られている可能性も十分に考えられます。

現代人は、「霊格」の成長である、心からの一つ一つの気づきに、価値を高く持ち合わせているとは、言い切れず、「霊格」の成長も弱く働きやすく、「霊感」を「信じない」、「認めない」人々が現れるのも、「スピリチュアル」から見た目線で、必然的な話です。

「霊格」の話になれば、「霊格」の特徴として、「霊格が低い人」から「霊格が高い人」の価値観に気づきにくく、「霊格が高い人」から「霊格が低い人」の様子が具体的に把握しやすい特徴もあります。この話も難しい話ではなく、精神的な意味で「子供と大人」の関係と言えば理解できるでしょう。

理解できない存在は、警戒心も高まりやすく、これが引き金となって、「霊感」を「信じない」、「霊感」を「認めない」のみならず、「霊感」と関わりが強い「スピリチュアル」に対して批判的な言葉も多く現れてくるかと思われます。

ただし、魂の成長として、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である「霊格」の成長も同じく心からの一つ一つの気づきについては、自然界における絶対的な法則です。

AIの普及などによって、今後、人の「心」でしか表現ができない内容などに価値も高まるという話もあります。心を感じる気持ちに、意識が高まる人々が増えれば、心を感じる「霊感」を「信じる」「霊感」を「認める」人々も増えてくることでもあるでしょう。

そもそもの話として、社会のサービスは、人の心が求めて利用するものでありまして、人の心に気づきが多い人ほど、人の心を満たす力も現れやすくなりますよね。

文系は生産性が弱いと言われる話もありますが、社会が、心に満足できる様な文系的な力を求めている傾向もありまして、テストの点数が高いからと言って、必ず人々の心が満たせる力があるとも言い切れず、現代の社会、ここに「矛盾」を感じるものではないでしょうか。

ちなみに、昔の日本人は、自然に魂が宿る考え方も強く持ち合わせていたものであり、心を感じる「霊感」が強く働く人々も現れやすく「霊格」が高い人も現れやすく、日本の独特な文化は、日本人としての「霊感」と深く関わっているものでもあったと思われます。

多くの方々が「霊感」とは、心を感じる力の認識を持ち合わせていないため「霊感」を「信じない」「認めない」気持ちが現れやすくなるのも、分からない話でもありません。

心が物を生み出すのか?物が心を生み出すのかを考えた場合、多くの方が、前者を選ぶのではないでしょうか。心を感じる「霊感」とは、難しい話では無く、至って簡単な話です。

私の話についてあくまでも一般論であり、個別の内容は個別の環境によって話が変わってくるものでありまして、お悩みを抱えている方は、電話占いに所属されている霊視の力を持つ先生に相談されると良いでしょう。

私と違ったアドバイスを別の角度から伺うことによって、新たな視点や新たな考えが現れてくるかもしれません。

私は、過去に霊感占い師として人の相談に応じていましたが、現役で活躍されている先生方は、より多くの相談内容に応じているものであり、私よりも質の高い話を伺うことも可能として挙げられます。

 

電話占いの霊視鑑定が当たる仕組みと理由とは!?

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

ディスティニー

ディスティニー

●お勧めは、電話占いサイトのディスティニー

スピリチュアルの中で、現在、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。ディスティニ―は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いでしょう。

口コミでも人気が高いのが、江原啓之さんの様な守護霊対話能力を持つローズ先生、上之嬢先生、美鳳先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

ただ、相談内容によっては、必ず適しているとも言い切れず、プロフィールや得意分野などをチェックし、相談内容に適応する先生に相談されるのも大切です。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

先生方への相談希望、電話占いサイト ディスティニ― へはこちらのリンクから

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

 

霊感 お勧め!関連記事

⇒ 「霊感が強い」 ・「学歴と霊感」 ・「子供の霊感

スポンサー

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ 霊能力者への相談(プロフィール)

 

霊感 関連サイト!外部サイト

 

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花