南海トラフ地震とは!?いつ?スピリチュアル

・南海トラフ地震とは!?いつ?スピリチュアル

南海トラフ地震、スピリチュアルから見る話とは

南海トラフ地震、スピリチュアルから見る話とは、駿河湾から日向灘沖にかけてのフィリピン海プレートとユーラシアプレートが接する海底の溝状の地形である「南海トラフ」沿いで発生する巨大地震です。

南海トラフは、フィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込む沈み込み帯です。この沈み込みによって、フィリピン海プレートはユーラシアプレートの下に押し込まれ、そのエネルギーが蓄積されていきます。蓄積されたエネルギーが限界に達すると、地震が発生します。

南海トラフ地震、スピリチュアルから見る話とは、概ね100~150年間隔で繰り返し発生してきました。前回の南海トラフ地震は、1944年12月21日に発生した昭和東南海地震と1946年1月17日に発生した昭和南海地震です。この2つの地震は、合わせて約1,000万人が被災し、約20万人が死亡するなど、甚大な被害をもたらしました。

気象庁の推計によると、今後30年以内に南海トラフ地震が発生する確率は、70~80%とされています。

南海トラフ地震の被害想定

南海トラフ地震が発生した場合、以下の被害が想定されます。

  • 震度7以上の激しい揺れ
  • 高さ10mを超える津波
  • 海岸部の浸水
  • 火災
  • 道路や鉄道などの交通機関の被害
  • ライフラインの断絶

南海トラフ地震への備え

南海トラフ地震、スピリチュアルから見る話とは、以下の点に注意が必要です。

  • 地域の防災計画を把握する
  • 避難経路や避難場所を決めておく
  • 防災グッズを備蓄しておく
  • 地震や津波の知識を身につける

南海トラフ地震、スピリチュアルから見る話とは、いつ発生してもおかしくない巨大地震です。日頃から備えをしておくことが大切です。googleのAI bardに尋ねました(by google AI bard)

|南海トラフ地震|いつ|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

南海トラフ地震とは!?いつ?スピリチュアル

320-50-18

www.data.jma.go.jp

南海トラフ地震とは!?いつ?スピリチュアルから見る話は、私自身、多少、心を感じる「霊感」が強くても具体的に知っているわけでもなく、私が持ち合わせている知識の中から話をさせていただきたいと思います。

話は、少し脱線して「南海トラフ地震」について「霊視」などの力があれば、確認できるのではと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、映像は、「高次元の存在」が、検閲した中で「霊媒師」に届けるものでありまして、たとえ、「霊視」の力が強くあったとしても、自分の意思で好きな様に確認できる話ではありません。

南海トラフ地震」「いつ」?の話は、「スピリチュアル」から考えると、私自身、10年以内に起きるのではないかと思われます。

スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーが、男性的優位のエネルギーから、徐々に、女性的優位のエネルギーに変化を始めている話があるのです。

男性的心的エネルギーは、心的エネルギーを抑えてコントロールしようとする働きが現れやすく、その結果、硬くなりやすく、女性的心的エネルギーは、心的エネルギーを逆に外に開放してコントロールする傾向があり、逆に「柔らかい要素」として働きやすくなるのです。

『南海トラフ地震』!『いつ』?『スピリチュアル』

『南海トラフ地震』!『いつ』?『スピリチュアル』

昭和の時代の、20代の若者と、現在の20代の若者を比べた場合、割と現在の20代の若者は、若々しく、肌も柔らかい印象が強く、同じ20代と思われないと思われないでしょうか。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が起きやすく、「スピリチュアル」では、この力の影響で、「二極化」が現れやすくなると考えられているのです。

割と、精神的に幼い女性は、物事を好きと嫌い、あっちとこっちに分ける傾向があり、これは、喜怒哀楽の感情が意識の高まりやすくなる中で、「二極化」の様な意識も高まりやすくなっています。

女性は、感情的に働きやすくもあり、地球全体のエネルギーは、異性を問わず、男性にも影響与えるものでありまして、コロナ以前に比べれば、何かと社会に「感情的な話題」が顕在化している事でもあるでしょう。

ちなみに、肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり、肉体と社会は、影響与え合っているものでもありまして、地球全体のエネルギーの質の変化は、社会にも目に現れる形として、その姿が現れやすくなるのです。

南海トラフ地震」との関係について、実践は、硬い要素よりも、柔らかい要素の方が起きやすく、現実に、女性的エネルギーの影響が目に見える形として現れてきているものであり、「大きな地震」がいつ起きてもおかしくはない状況だと思われます。

スポンサー

 

南海トラフ地震とは!?陰陽から見る、スピリチュアル

320-50-18

『南海トラフ地震』、『陰陽』から見る、『スピリチュアル』

『南海トラフ地震』、『陰陽』から見る、『スピリチュアル』

南海トラフ地震」とは!?「陰陽」から見える話が「スピリチュアル」の話として見えてくる話があります。

「陰陽」については、このページにおいてメインの話ではないため、詳しく話は致しませんが、「陰陽」は、東洋思想の考えであり、「陰陽」では、全ての出来事、全ての事象は、「陰陽の気」のみで成り立っていると考えられていまして、その働きには、法則があります。

今年は、「辛丑」と年と言われており、辛は、陰陽五行の金、金の中で、弟の陰に傾いている、もっとも陰の要素が強く働きやすくなるのです。

辛は、辛い言葉にも扱われているように、この漢字の成り立ちは、刺青をする際の痛みを表す感じでもありまして、社会に何かしらの「痛み」が現れやすくなります。

「丑」は、動物のうしが当てられた当て字でもあり、紐にも扱われているように、確実の意味もありまして、遅くても、確実にゆっくりと前に進む意味もあるのです。

「辛丑」は、種の芽が、地上へと顔を出そうとしている様子であり、まだ芽が地上に出ていない状況でもありまして、そこには、土の中に石があったり、前進するのに妨げるものもあり、されど、それを避けてでもゆっくりと地上を目指している時にエネルギーの質になります。

今年は、無理に、オリンピックを開催する話もありまして、まさに、「辛丑」と全く同じ姿ではないでしょうか。

そして、次の年の、エネルギーの質は、「壬寅」でり、読み方は、「みずのえとら」と呼びます。

「壬」は、水の中でも、活動的な陽に傾きやすいエネルギーの質です。それと組み合わせて、寅のエネルギーも強く現れやすくなります。

一般的に、「寅」は、動物の「とら」を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、「寅」の漢字の成り立ちは、「弓矢を堂々と引いた」、象形文字から来ている漢字の意味になるのです。

動物の「とら」が、選ばれた理由は、動物の、とら、も堂々としている姿から当てはまる動物として選ばれました。

もうこの時点で、悟られた方もいらっしゃると思いますが、来年は、陽の水が、弓矢を堂々と弾く姿として現れやすくなる年であり、来年が、「南海トラフ地震」、起きる可能性が最も高い話として「スピリチュアル」では考えられるのです。

ちなみに、次の年は、「癸卯」でありまして、水の陰に傾くエネルギーと、うさぎ年のエネルギーが高まりやすくなる年になります。ゆるやかな水は、様々な場所に流れる力があり、うさぎは、優しさを持ち合わせているものでありまして、災害を機会に、人々の絆が高まり、人々の中で優しさの大切さに目覚めやすくなるかもしれません。

「壬寅」は、「南海トラフ地震」が起きるとも限りませんが、何かと水害が現れやすくなるとも言われていまして、洪水も含め、「水害に対する意識」を向けておく必要性も少なからずあるでしょう。

違った考え方とすれば、壬は、水の中でも陽に傾きやすい事から、海面の温度が高まり、巨大で強い台風が現れやすくなるという考え方もあるかもしれません。

スポンサー

 

南海トラフ地震とは!?いつ?スピリチュアル、意外性

320-50-18

南海トラフ地震、いつ?スピリチュアル、意外性

南海トラフ地震、いつ?スピリチュアル、意外性

南海トラフ地震」とは!?「いつ」、起きるのか、「スピリチュアル」から見た話として、意外性として現れやすくなる可能性もあります。

神々(高次元の存在)は、当たり前の話としての期待より、意外性を好む話があるのです。

意外性からは、新たな発見など、人々が考えるきっかけとしての、「魂を成長させる要素」も高くあり、神々が力を行使する時は、意外性の形として現れやすくなります。

現に、現在のコロナの影響、誰も、予測できたものではなく、意外な形として世界に広がった傾向もありますよね。

「東北大震災」においては、東北で大震災が起きるはずがないと、地震学者も含め多くの方々が、あまり、強い提言をされていませんでした。

スピリチュアル」の話になりますが、「私が見た未来」、(本当にあった怖い話)、と言われる漫画をご存知でしょうか。

インターネット上で、調べていただければ直に確認できますが、漫画の表紙、東北大震災の日付とぴったり合う内容が、それ以前の過去の漫画として描かれています。

この漫画の中では、まだ起きていない内容として、「横浜大津波」、「富士山爆発」の2つの出来事がまだ起きていなく、南海トラフ地震」、四国や和歌山、静岡沖に起きるのではなく、もしかすると、「関東沖」に起きるかもしれません。

オカルトの話の中では、未来を予測しているとされる、「イルミナティカード」の中に、横浜の崩壊と、銀座の時計台の崩壊の2つのカードがありまして、「スピリチュアル」から見て起きる可能性も高くあるかと思われます。

普通に考えればありえないと思われますが、霊的な世界からすると、「過去と現在、未来は同時に存在」する話もあり、未来の様子を直感的に受け取った中で、カードの中に表現として現れている可能性も考えられます。

アキラと言うアニメには、去年オリンピック中止の予言をされていたとの話もあり、創造物の中には、未来との関係性の中で表現されている内容もあるかと思われます。

ここでの話は、あくまでも「スピリチュアル」から見る、「南海トラフ地震」の話です。

スピリチュアル」から見れば、何かしら、「南海トラフ地震」が起きやすい要素も高まっているものであり、現在の人が、経験する可能性の高い話として、心構えを持つのも大切として挙げられるでしょう。

私の話についてあくまでも一般論であり、個別の内容は個別の環境によって話が変わってくるものでありまして、お悩みを抱えている方は、電話占いに所属されている霊視の力を持つ先生に相談されると良いでしょう。

私と違ったアドバイスを別の角度から伺うことによって、新たな視点や新たな考えが現れてくるかもしれません。

私は、過去に霊感占い師として人の相談に応じていましたが、現役で活躍されている先生方は、より多くの相談内容に応じているものであり、私よりも質の高い話を伺うことも可能として挙げられます。

 

電話占いの霊視鑑定が当たる仕組みと理由とは!?

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

ディスティニー

ディスティニー

●お勧めは、電話占いサイトのディスティニー

スピリチュアルの中で、現在、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。ディスティニ―は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いでしょう。

口コミでも人気が高いのが、江原啓之さんの様な守護霊対話能力を持つローズ先生、上之嬢先生、美鳳先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

ただ、相談内容によっては、必ず適しているとも言い切れず、プロフィールや得意分野などをチェックし、相談内容に適応する先生に相談されるのも大切です。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

先生方への相談希望、電話占いサイト ディスティニ― へはこちらのリンクから

スピリチュアル お勧め!記事

⇒ 「沖縄 ユタ」 ・「スピリチュアル 子育て」 ・「霊視 外れた」 ・「ソウルメイト 結婚

スポンサー

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

 

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

 

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com

 

南海トラフ地震 関連記事!外部サイト

スピリチュアル 関連記事!外部サイト

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花