人生の生き方!ヒント!スピリチュアル

・人生の生き方!ヒント!スピリチュアル

人生の生き方」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

『人生の生き方』!ヒント!『スピリチュアル』

『人生の生き方』!ヒント!『スピリチュアル』から見る話は、つい最近、このブログで、「干支」の話をもとに、子供の子育ての話をさせていただきましたが、実は、「干支」の話は、様々な内容に当てはめることができまして、このページでは、人生の生き方、そのヒント、「スピリチュアル」から見る、「干支」の話を使った話として話をさせていただきたいと思います。

その前に、前段階として、「人生の生き方」、ヒント、「スピリチュアル」から見るお勧めの話があります。

兵法家の「孫子」の言葉に、風林火山と呼ばれる言葉があります。早きこと風の如く、静かなる事、林の如し、攻める事、火の如く、動かざること山の如し、と言う言葉です。戦に対する心構えの言葉ですが、「孫子の兵法」は、現在のサラリーマンにも通じる話もありまして、過去にベストセラーとなったこともありました。

『人生の生き方』!ヒント!『スピリチュアル』

『人生の生き方』!ヒント!『スピリチュアル』

「孫子」は、古代中国の人であり、日本で卑弥呼が生まれる以前の人の話です。ソフトバンクの「孫正義」さんは、「孫子」の子孫である話もあるそうです。

私が影響受けた中に、古代中国の、「史記」と呼ばれる話がありまして、私は、三国志で有名な、横山輝光の漫画で「史記」を拝見し、人の心理を知るのにとても参考になりました。

このブログでは、魂の成長として、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である「霊格」の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきについて何度も話をさせていただいています。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

古代中国は、戦も耐えなく、人心を掌握する必要もあり、何かと心からの一つ一つの気づきを大切にし、現代人よりも、「霊格が高い」人々が現れやすい時代だったと思われます。

ちなみに、現在の中国は、文化大革命によって、今までの文化を捨て去り、決して、「霊格が高い」とも言い切れません。「霊格」を捨て去ったとも言えるでしょうか。

私が価値を置く、「干支」の話にも関わる、「陰陽」は、「孫子」が現れる以前から、存在している考え方であす。特に有名なのが周の時代にまとめられた、「周易」の話になります。

易は、トカゲの様子を表している考え方と月と日、「陰陽」の意味がある考え方があり、私自身、両方の意味を持つものだと思われます。「陰陽」では、世の中は常に変化している考え方がありまして、トカゲも、脱皮をして変化をする生き物でありまして、その意味を持ち合わせています。

「陰陽」の話は、無学の人に伝えるのに理解しにくい内容であり、そこで選ばれたのが、イメージとしてわかりやすい動物の「干支」の動物です。

他のページでも説明していますが、干は、少ないを現す一と多いを現す十の意味があり、支は、区分する、支店や枝にも使われてるように分ける意味があり、「干支」は、「陰陽」を表す、別の意味の漢字になります。

「陰陽」は、難しいように思われますが、「易しい」と言う漢字にも扱われているように、実は、世の中は、小学生でも理解できる至って「簡単」にできているのです。

このページでの話は、誰でも理解しやすいように、「干支の動物」を扱って「人生の生き方」、ヒント、「スピリチュアル」から見る話をさせていただきます。

スポンサー

 

『人生の生き方』、ヒント、『スピリチュアル』、子年、丑年、寅年、卯年、辰年、巳年

『人生の生き方』、ヒント、『スピリチュアル』、子年、丑年、寅年、卯年、辰年、巳年

『人生の生き方』、ヒント、『スピリチュアル』、子年、丑年、寅年、卯年、辰年、巳年

人生の生き方、ヒント、スピリチュアルから見る、まずは、「子年」、「丑年」、「寅年」、「辰年」、「巳年」の6つから話からです。

「子年」は、頭でっかちの赤ちゃんの様子、または子供を表した漢字の意味があり、何事も初めは、存在力が弱いため、情報収集に努めるのが望ましくあります。人によっては、興味が湧いた内容に直ぐに手を出し、情報量が足りなく、失敗してしまう方もいらっしゃるでしょう。

「丑年」は、紐にも扱われているように、確実にコツコツと前に進むことが望ましくあります。人によっては、目的と手段を履き違い、例えばブログなど、アクセス数として目的が達成されず、三日坊主で終わってしまう方もいらっしゃいますよね。

「寅年」は、弓矢を堂々と引いた象形文字から来ており、堂々とした動物の虎と当てはまる内容として選ばれた動物です。

「丑年」のこつこつ前進をした内容が、達成できたのかどうか、ある程度満足できたのかどうか、ここにその姿がなければ、その内容について諦めるのも選択肢の1つとして挙げられます。

「卯年」は、動物のウサギ、寂しがり屋のイメージがありますが、興味と不安の間の葛藤を抱きやすく、冒険心も現れやすくなるのです。

登山が良い例えであり、登山のために、情報収集を行い、こつこつと足を使って頂上を目指し、頂上の上ですごい満足感、「寅年」の気持ちに至るような話であり、新たな、山にチャレンジしてみる様な考え方になります。

「辰年」は、唯一、干支の中で存在しない動物であり、漢字の意味は、蜃気楼を作り出す伝説の生物の意味があるのです。「蜃」の字にも扱われていますよね。一般の人が、あまり体験されていない体験にチャレンジしてみるのもお勧めであり、ある程度の、「成功体験」によって、他の内容にも生かせる状況も現れやすくなるはずです。

「巳年」は、動物の蛇、最高の毒と、手がない動物であり、他人の考えを必要とせずとも、最高だと思う自分で考える力で物事を乗り切る力が現れやすくなります。

ただし、それは、今までの様々な気づきがあってのことであり、「承認の欲求」が強い人は、気づきが少ない中で、その気持ちに立っている方もいらっしゃるかと思われます。

スポンサー

 

『人生の生き方』、ヒント、『スピリチュアル』、午年、未年、申年、酉年、戌年、亥年

『人生の生き方』、ヒント、『スピリチュアル』、午年、未年、申年、酉年、戌年、亥年

『人生の生き方』、ヒント、『スピリチュアル』、午年、未年、申年、酉年、戌年、亥年

「人生の生き方」、ヒント、「スピリチュアル」から見る、「午年」、「未年」、「申年」、「酉年」、「亥年」、最後の6つの話です。

「午年」は、最も、生命エネルギーが強く感じやすくなるエネルギーであり、遠くに旅行や、様々な経験をしたい気持ちが現れやすくなります。

「干支」の動物で言えば、虎や龍の方が力があるように思われますよね。昔の人にとって、馬は、身近な存在として力が強く、頼れる存在でもありました。馬力と言う言葉があるように、「干支」の中では、「午年」が、「最も生命が溢れる力」を持ち合わせているのです。

そもそもの話として、先にも言いましたが、「干支」の動物が選ばれたのは、無学の庶民に伝えるために、分かりやすくイメージとして選ばれたのが、「干支の動物」になります。身近な存在として、動物の馬が選ばれた理由、理解できるのではないでしょうか。

「未年」は、太陽が欠け始める状況の干支であり、まるで、木の先の枝が腐り始めるような内容でもありまして、自分自身を省みて、自分自身にとって不必要なもの、「断捨離す」るのも、「人生の生き方」としてお勧めです。

「申年」は、申すと言う意味があり、まるで、ボスザルが、集団の部下たちに、命令することを好む傾向があるエネルギーになります。今まで、自分のために生きていた糧、自分のノウハウをもとに、「他人に指導する」、「情報を与える」「人生の生き方」などもあるかもしれません。

これは、野球に例えると、良い例であり、野球で大活躍をし、それが「午年」の生き方であり、やがて、限りが現れ、自分とって不必要なものを省みて、その後引退してから、コーチなどの指導に当たる話です。

「酉年」は、本来、鶏を表す意味がありますが、動物の鳥は、空高く全体を見渡す力があり、物事の正しさや正しくない状況を判断できる精神的な位置にあります。そのため、「政治」に興味を持ったり、「社会全体の動向」について興味を持ち合わせてみるのも良いかもしれません。

「戌年」は、忠犬と言う言葉があるように、体を使って人に尽くすことを好む傾向が高く、人生の生き方、「スピリチュアル」から見ると、「ボランティア活動」などに参加してみる方法などもあるでしょう。

「亥年」は、他人と自分の心の境界線が薄く、他人を自分のように感じる気持ちが現れやすくなります。そのため「正義感」なども強く現れやすく、人が困っている、弱者などに対して守る活動などもお勧めです。

「戌年」と「亥年」の違いは、「戌年」が社会そのものに貢献したい気持ち、「亥年」は、困っている人に対して手を差し伸べたい気持ちの違いになります。

「人生の生き方」、ヒント、「干支」から見る話は、本来であれば、「子年」から順番に歩むのが望ましくありますが、その必要性は、絶対な話ではなく、参考として受け止めてください。

「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である「霊格」の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきの話をさせていただきました。

「スピリチュアル」では、「魂の成長」を大切にしている考え方がありまして、それを前提に、ご自身に当てはまる内容について考えていただければと思います。

 

スピリチュアル お勧め!記事

⇒「スピリチュアル 入門」 ・「スピリチュアル 宗教と同じ」 ・「スピリチュアル 霊視 嘘」 ・「スピリチュアル 子育て」 ・「人生の生き甲斐 スピリチュアル」 ・「スピリチュアル 生霊

スポンサー

 
黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花

 

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ 「金縛り 体験談

 

 

* 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「札幌 当たる 霊視」 ・「名古屋 当たる 霊視」 ・「神戸 当たる 霊視」 ・「下関 当たる 霊視」 ・「福岡 当たる 霊視