スピリチュアルと宗教の違い!勘違い

・スピリチュアルと宗教の違い!勘違い

・|宗教|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

|スピリチュアル|と|宗教の違い|!勘違い

|スピリチュアル|と|宗教の違い|!勘違いの話は、過去に話をさせていただきましたが、違った視点を加えて、再び、再度、話をさせていただきたいと思います。

私自身、「アメーバニュース」をよく見る方でありまして、初めて目にした「Z世代」と言う言葉を聞く中で、それについて、少し調べさせていただきました。

2007年から2010年に生まれた世代であり、生まれた時から、インターネットが存在している世代です。その特徴が、「スピリチュアル」で考えられている話に当てはまる話であり、これが、違った視点との話です。

スピリチュアル」と「宗教」、同じ心を扱った内容であり、一見、同じ内容として見てしまう方もいらっしゃるでしょう。そのため、「スピリチュアル」と「宗教の違い」につて、見えていない人もいらしゃるはずです。

『スピリチュアル』と『宗教の違い』!勘違い

『スピリチュアル』と『宗教の違い』!勘違い

宗教」には、特定の神々が存在しますが、「スピリチュアル」には、存在せず、各々が好きな神々について意識を持ち合わせている人もいる特徴もあります。そのため、「宗教」と同じ様に見られてしまう場合も致し方がありません。

スピリチュアル」に意識が高い人、全ての人が、同じ価値観を持ち合わせているとは限りませんが、「スピリチュアル」では、「魂の成長」を大切にしている考え方もあるのです。

スピリチュアル」と言う言葉を、日本に広げたのは、霊能力者の「江原啓之」さんであり、「江原啓之」さんは、割と、精神的に「大人」になることについて言葉を扱っている傾向もあります。ただ、人によっては、「パワースポット」や「パワーストーン」のみに意識が高く、異様な内容として見られてしまう場合もあるでしょう。

このブログでは、「魂の成長」として、何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

よくよく考えてみてください。

宗教」には、組織がありまして、ある程度、同じ「価値観」を共有する傾向もありますよね。

心からの一つ一つの「気づき」には、今まで気づかなかった「気づき」があり、そこに変化が現れやすく、今までの「価値観」と違う「価値観」が自分自身に現れやすくなる場合もあるのです。

それは、まるで精神的に「大人」になり、今までの内容が「卒業」する様な話です。

宗教」の組織に、この「スピリチュアル」の「価値観」を持ち合わせてしまうと、「宗教」の組織、そのものが崩壊してしまいかねません。

スピリチュアル」では、「神道」も「仏教」も受け入れる「価値観」がありますが、逆の内容であれば、「スピリチュアル」の「価値観」を受け入れる姿も弱くあるかと思われます。

スピリチュアル」では、心からの一つ一つの「気づき」である「霊格の成長」を大切にする考え方がありまして、「神道」にも「仏教」にも、心からの一つ一つの「気づき」を得る要素も持ち合わせていますよね。

ここが、「スピリチュアル」と「宗教の違い」、多くの方の「勘違い」の話になります。人によっては、「スピリチュアル」に対する意識を持つ中で、ギリシャ神話に価値を置く人もいれば、心理学などに価値を置く方もいまして、心に対する意識は共通的にある中で、興味の対象に違いも現れやすくなります。

私は、東洋思想の「陰陽」の考えに価値を置いていまして、「スピリチュアル」から見た「陰陽」による話について、割と多く、このブログで扱わさせていただいています。

人によっては、「占星術」に価値を置く人もいまして、私自身、あまり、そこに強みを持ち合わせていません。

スポンサー

 

|スピリチュアル|と|宗教|の違い、若者の傾向

『スピリチュアル』と『宗教』の違い、若者の傾向

『スピリチュアル』と『宗教』の違い、若者の傾向

「スピリチュアル」と「宗教の違い」、若者の傾向から、今後、その違いが、顕著に現れやすくなってくる可能性が考えられます。

「Z世代」の特徴、生まれた当初から「インターネット」の環境があり、世界金融危機を見て育った人も含まれていまして、あまり物質的による消費に対し積極的がない特徴があります。

そのため、ブランド品や高価な物質的なものに興味が現れにくく、情報を得る中で、心からの経験、体験する内容に価値を置く傾向がある特徴もあるのです。

昭和の時代は、お金持ちになって、高級な住宅に住み、高級な車を乗り回し、高級時計などを身に付けるのが、一種のステータスでもありました。

「インターネット」の情報に触れる中で、その「価値」を「インターネット」に求める姿も現れており、リアルな物質に対する価値も弱まってきている傾向にあるのです。

「霊格が低い人」の特徴として、「霊格が高い」とは逆に、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ、精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく、精神的に「子供」です。

スピリチュアル」と「宗教」について、同一視している人の中には、「霊格が低い人」が、自分の精神的な支えとなる心を埋めてくれる内容として、「宗教」と同じと思われている方もいらっしゃるのでもないでしょうか。

「霊格の成長」は、心からの一つ一つの「気づき」、これは、自然界における「絶対的な法則」です。

「霊格が高い人」が、「スピリチュアル」の「価値観」に「気づき」を持つ中で、「宗教」との違いも今後、目に見える形として顕在化されやすくなって来るでしょう。

現に、「社長」や「経営者」の中には、「スピリチュアル」の「価値観」に価値を持ち合わせている方も増えている傾向にあるのです。

そもそも、会社の経営は、「霊格が高い」特徴を持ち合わせていなければなりませんよね。

昭和の時代における「宗教」、どちらかと言えば、心を支えてくれる埋めてくれる考え方が割と強くあり、「魂の成長」に対する意識について、それほど多くの方が持ち合わせていなかった事でもありました。

スピリチュアル」では、地球全体のエネルギーの質が、「男性的優位のエネルギー」から、徐々に、「女性的優位のエネルギー」に変化し始めている話がありまして、この影響受けた力で生まれてきた子供は、その影響の中で本能に現れやすく、そのエネルギーを背負って成長していく傾向も高まっていきます。

つまり、今後、「心」に対する意識が高い人々が増えだし、心からの一つ一つの「気づき」も現れやすく、「霊格が高い」、「霊格が高まる若者」も増えてくる可能性もあるのです。

現に、現在の若者、会社に求める要素、どれだけ、社会に貢献しているのか、「法人として精神的に大人のか!」そこに価値を置く傾向も高まっている話もあります。

スポンサー

 

|スピリチュアル|と|宗教|の違い、今後、現れる可能性の話について

『スピリチュアル』と『宗教』の違い、今後、現れる可能性の話について

『スピリチュアル』と『宗教』の違い、今後、現れる可能性の話について

「スピリチュアル」と「宗教の違い」、今後、現れる可能性の話は、スピリチュアルの目線から考えられるかもしれません。

「霊格の特徴と」して、「霊格が低い人」から「霊格が高い人」の価値観が気づきにくく、「霊格が高い人」から「霊格が低い人」の様子が具体的に把握しやすい特徴もあります。この話も、難しい話ではなく、精神的な意味で、「子供と大人」の関係です。

心からの「気づき」が「有るか無い」のかの話であり、当たり前の話でもあるのではないでしょうか。

ここでの話は、「宗教」そのものを否定している話ではなく、「スピリチュアル」と「宗教」について、同じだと思い込んでいる人の話です。

スピリチュアル」の価値観について、「気づき」が現れないとするならば、もしかすると、「霊格が低い」可能性もあるかもしれません。

「霊格が低い人」から、「霊格が高い人」の価値観について気づきが現れにくいため、ますます、「スピリチュアル」に興味を持つ若者に対し、理解できない状況も現れやすくなると思われないでしょうか。

「霊格が高い人」は、心からの「気づき」を基軸に、様々な心からの「気づき」を多くを持ち合わせる中で、精神的に「大人」になりやすくあります。

精神的な意味で、様々な困難を乗り切る力も現れやすく、「ストレス」にも強い力が現れやすくなるのです。この話も、当たり前の話として、「精神的」に「子供と大人」を比べれば、「大人」の方が精神的に強い事でもあるでしょう。

つまり、「スピリチュアル」と「宗教の違い」から見えてくる話として、精神的な意味で、時代に取り残される人と、時代の波に適応できる人の違い、年配の人と若者の中で、その差が顕在的に現れやすくなってくるかと思われます。

私自身、割とアメーバニュースを毎日、目を通す傾向があります。司会者の様な中心に立つ人が、日替わりで交代する傾向がありまして、その中で、お笑い芸人である、Exitの「兼近」さんが、出演される姿もあります。

私自身、心から感じる「霊感が強い人」であり、心からの気づきに価値を置く、「霊格も高い人」だと見受けられるのです。

物事の本質をつくことで、若者の中で、割と人気が高くあるそうです。

Yahoo!ニュースで、Exitの話が取り上げられていまして、そのコメントを見ると、つまらない、どこが面白いのか分からない、などのコメントが割と多くありまして、「若者」と「年配」の人々の中で、価値観にズレがあると感じさせられました。

これは、「霊格」にも繋がる話でありまして、若者と年配の人の中で、この差がより、目に見える形として「顕在化」されやすくなってくるものだと思われます。

先にも言いましたが、「スピリチュアル」の方が優れている、「宗教」の方が劣っている話ではなく、自然の法則の、精神的に「大人」になる、よくよく考えれば当たり前の話から見た話です。

そもそも、「宗教」を開いた人は、心からの一つ一つの気づきに意識が高く、「霊格が高い人」でもあったことでもあり、「スピリチュアル」の考えにも、共感して理解していただける話だとも思われます。

 

スピリチュアル お勧め!記事

 

⇒ 「スピリチュアル 宗教」 ・「転職 スピリチュアル」 ・「スピリチュアルにはまる人は知能が低い」 ・「運命が決まっている」 ・「子供が親を選んで生まれて来る」 ・「教育虐待

スポンサー

 
黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花

 

 

スピリチュアル 裏人気! 一押し記事

 

⇒ 「毒親の元に生まれる理由」 ・「子供の中絶 スピリチュアル」 ・「守護霊が強い」 ・「夫婦喧嘩 スピリチュアル」 ・「虐待 スピリチュアル」 ・「老ける スピリチュアル

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ 「金縛り スピリチュアル

 

* 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

* 世の中の仕組み 真実 ⇒ 「そう思う所もあれば、そう思わない所

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「札幌 霊視 」 ・「仙台 霊視 」 ・「神奈川 霊視」 ・「大阪 霊視」 ・「名古屋 霊視