価値観の多様性!モラハラ!スピリチュアル

・価値観の多様性!モラハラ!スピリチュアル

・|価値観の多様性|モラハラ|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

|価値観の多様性|!|モラハラ|!|スピリチュアル|

|価値観の多様性|!|モラハラ|!|スピリチュアル|から見る話をさせていただきますが、いくつかの、「アメーバニュース」を見る中で、必然的な「矛盾」が現れている内容がありまして、この話も含めて、話をさせていただきます。

モラハラ」の話については、部下に対して、「モラハラ」では無いと思っていた内容が、「モラハラ」だと認定される話があり、今までの指導が通用せず、部下に指導することに恐れている上司が増えている話もありました。

先に、このブログで何度も話をさせていただいている、「魂の成長」から、話をさせていただいた方が良いかもしれません。

魂の成長、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である、「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」です。

『価値観の多様性』!『モラハラ』!『スピリチュアル』

『価値観の多様性』!『モラハラ』!『スピリチュアル』

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

価値観の多様性」について、「霊格の成長」を考えれば、様々な価値観の気づきが現れやすくなる中で、望ましくあります。

「アメーバニュース」で取り上げていた別の話題で、「オリンピック選手」に対する、「ジェンダーの問題」の話が取り上げられていました。

肉体が男性であり、心が女性の選手に対し、どう扱うかの考えです。性器に対し手術をしたと言っても、男性の肉体に近い体つきでもあり、「オリンピック」では、ホルモンによって基準があるそうですが、「ホルモン」だけで区別できる話でもないでしょう。

実際に、「肉体」が男性であり「心」が女性の「オリンピック選手」、女性の大会に出場し、優勝した話もあるそうです。

価値観の多様性」、普通に受け入れている社会でありますが、その「価値観」を人に受け止めてもらう「価値観」の「矛盾」もあるでしょう。

よくよく考えてみてください。「価値観の多様性」、これは、分裂であり、「価値観」を受け止めてもらう、同じ「価値観」を持ってもらう、これは、統合であり、「矛盾」を感じないでしょうか。

「アメーバニュース」で、別の話ですが、「陰謀説」を、人々に広げる、その「価値観」を使命だと思い込んでいる男性の話もありました。

価値観の多様性」の中には、「価値観の多様性」を否定する「価値観」の考え方もあるかもしれません。

スポンサー

 

|モラハラ|に対する部下の扱い方に悩む人々、|スピリチュアル|

『モラハラ』に対する部下の扱い方に悩む人々、『スピリチュアル』

『モラハラ』に対する部下の扱い方に悩む人々、『スピリチュアル』

「モラハラ」に対する部下の扱い方に悩む人々、「スピリチュアル」から見ると、私が思っている以上に、社会に大きな歪みが現れやすくなっている様に思われます。

「アメーバニュース」の番組内では、厳しく、指導した人、された人、それを第三者が見て、恐怖を感じたことによって、第三者に対し、「モラハラ」である話もされていたのです。

人によっては、厳しく指導して欲しい人もいる中で、たとえ、上司と部下が、良い関係であったとしても、第三者が、恐怖を感じた中で、「モラハラ」行動との話でもありました。

番組内では、専門家の話として、「価値観の多様性」を受け入れている若い世代であり、「価値観」をオープンにすることで、それをみんなで共有し合うのが望ましいのではないかと話をされていたのです。

ただし、会社とは、仲良しクラブでもなく、組織としての「価値観」を共有する必要性もあり、「価値観」がバラバラだと、生産性も弱まる懸念の話もありました。

この話について、誰が悪いと思われるでしょうか。

番組内では、「モラハラ」に対する意識が強い中で、逆に上司が、細く優しく伝える上司もいまして、ダラダラと長く、ズバット言って欲しい、若者の話もあったのです。

上司の中でも、若者に対する、「価値観の多様性」、「矛盾」を抱え込み、接し方に悩まれている人もいらっしゃるでしょう。

現在の若者は、生まれながら、インターネットと繋がっている世代でもあり、些細な注意点が「モラハラ」だと受け取られ、ネット上で、その話が強く伝わり、注意をした本人のみならず、会社にも悪影響を与えてしまいかねません。

この話について、過去に学校でよく行われていた、「学級崩壊」に近い話であり、社会の組織も、「学級崩壊」の様な崩壊など現れやすくなってくるかもしれませんよね。

スポンサー

 

|価値観の多様性|モラハラ|霊格が低い|スピリチュアル|

『価値観の多様性』、『モラハラ』、『霊格が低い』、『スピリチュアル』

『価値観の多様性』、『モラハラ』、『霊格が低い』、『スピリチュアル』

「価値観の多様性」、「モラハラ」の話は、全て、「霊格が低い」ことで起きている内容だと、「スピリチュアル」から見えてきます。

「霊格の成長」による話をさせていただきました。

「霊格が低い」とは、逆に、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の「気づき」が少ない分、視野が狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく、精神的な意味で「自己中心的な子供」です。

精神的な意味で存在力が弱いと、「ストレス」も現れやすく、その結果、自分自身の「存在感」を求める気持ちも現れやすくなります。

人格を否定される内容に、強く傷も起きやすく、ここが部下に対して指導する悩み事でもあるでしょう。

「霊格が低い人」の中(社会)で、「価値観の多様性」が現われれば、自分の「価値観」を人に押し付ける、自分の「存在感」を求める「矛盾」も現われやすくなるのです!!!。

動画内では、現在の若者、メンタルが弱いとの話もありました。叱られずに育ち、大人になった若者、一般的には、精神的な意味で「抑制力」が身に付いていないと思われている傾向もありますよね。

確かに、その力の話はあるかもしれませんが、心からの一つ一つの「気づき」の教育を、ほとんど受けてこなく、「スピリチュアル」で言えば、精神的に「子供」、肉体だけが「大人」の若者を、「社会が生み出してきた結果」でもあるのです!!!。

現在は、従来よりも、塾に通わせる子供も増えており、大人へと導く、心の交流、心の「気づき」も弱まっていることであるでしょう。

「霊格が低い」のは、若者ではなく、「霊格が低い」年配の人々です。

「霊格が低い」大人が、まいた種が、育ち、「霊格が低い」若者を生み出している結果にしか過ぎません。

もちろん、知識の一つ一つの「気づき」も大切でありますが、子供に、その点だけを追いかけさせる、「霊格が低い」大人も多くいる様に思われないでしょうか。

「アメーバニュース」の、「モラハラ」を改善する専門家の元で参加している、過去に「モラハラ」を行っていた人の話もありました。

部下に対し、「使えない」、「やめてしまえ」、「人としてどうにかしている」、などの言葉を使っていたそうで、今までその様に指導して来た中、「モラハラ」だと感じていなかったそうです。

強豪校の体育系には、よくある、言葉のやりとりでもありますよね。

これは、自分の方が偉い、自分のほうが正しい、自分の方が正常だと考える、「霊格が低い人」の言葉です。

この様にな強い言葉を使わなければ、自分が保てない存在であり、精神的に、ジャイアンであり、「子供」と変わりません。「霊格が低い」、反社会性力の人々と同じです。

「学級崩壊」を立て直した、腕利きの先生の話がありまして、子供達に、お互い良い点を話し合い、お互いの存在感を感じられる「教育方針」を取り入れています。

そして、心からの一つ一つの「気づき」も大切にしており、子供達、好きに動き回り、わかる人が、わからない人に対し教える取り組みを行っているのです。

その結果、「学級崩壊」を立て直したのみに限らず、このクラスの生徒は、「学力」も高まり、「絆」も高く持ち合わせています。もちろん、先生は、注意する事はしっかりと注意をし、子供を叱ることも忘れていません。

実は、このページの問題、難しい話ではなく、とても簡単な話です。

人は、自分の「存在感」を認めてくれる存在の言葉、その人に対し信頼性も高まり、叱られる内容も、価値ある言葉、「気づき」の言葉として、受け入れる働きも現れやすくなります。

自分自身に「気づき」を与えてくれるヒーロー、悪い内容に対し、怒られれば、その言葉を受ける入れるのと同じです。

そのため、8割ぐらいは褒める、2割ぐらいは、注意をする、これは、「子育て」にも当てはまる話です。

簡単な内容と言いましたが、よくよく考えれば、難しい話かもしれません。

「霊格が低い」年配の人々、視野が狭いため、ここに、「気づき」が現れることも弱くあるでしょう。

何よりも、相手を褒めるには、自分の心に「存在感」としてのゆとり、余裕がある必要性もあり、ある程度、「霊格が高く」なくてはなりません。

スピリチュアル」では、今後、新しい時代として、「心」に意識も高まりやすく、「霊格の成長」が高まる時代の始まりと考えられています。

幼い子供、二本足で立つには、何度も倒れて立てれる様になるものであり、「霊格の成長」、この、心の傷、心の闇も必要になってくることでもあるでしょう。

ただ、特に、男性は、「心」に対し意識が弱く、「霊格が低く」なりがちです。そのため、「スピリチュアル」についても興味が現れにくく、この話、ここに「気づき」が現れるのが、いつのことやらの話でもあり、「心」に悩みを抱える、「心」を病んでしまう人々も今後、現れやすくなってくることでもあるでしょう。

「因果応報」と言う言葉がありますが、まさに、自分でまいた種、子供に対し心からの一つ一つの気づきの教育を疎かにして来た結果でもあり、「自業自得」と言えば、それまでの話かもしれません。

 

スピリチュアル お勧め!記事

 

⇒ 「スピリチュアルカウンセラー」 ・「夫婦喧嘩」 ・「スピリチュアル 離婚したい」 ・「子育て ストレス発散」 ・「婚活 うまくいかない」 ・「子育て うつ

スポンサー

 
黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花

 

 

スピリチュアル 裏人気! 一押し記事

 

⇒ 「江原啓之 2021年 予言」 ・「ゆたぼん 性格」 ・「蓮の花 スピリチュアル」 ・「ワクチン接種 スピリチュアル 」 ・「霊感が強い 芸能人」 ・「霊感が強い人

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ 「金縛り体験談

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

* 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で当たる電話占いの先生

* 世の中の仕組み 真実 ⇒ 「そう思う所もあれば、そう思わない所

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「札幌 当たる 」 ・「仙台 当たる」 ・「神奈川 当たる」 ・「大阪 当たる」 ・「名古屋 当たる