スピリチュアル7[2021年版]

「チャネリング」によって、情報を配信!今!人気のスピリチュアル情報!!!「霊視」「スピリチュアル」「霊感」「占い」「霊格」「守護霊対話」「電話占い」「沖縄のユタ」「恋愛」「婚活」「人間関係」「子育て」「結婚」「浮気」「嫁姑」などなど・・・

ルドルフ・シュタイナー!スピリチュアル

ルドルフ・シュタイナー」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

ルドルフ・シュタイナー』!『スピリチュアル』

ルドルフ・シュタイナー』!『スピリチュアル』から見る話をさせていただきますが、「ルドルフ・シュタイナー」と言う方をご存知でしょうか。

スピリチュアル」や「オカルト」の中では割と有名であり、哲学者、教育学者としても、知られている人物でもあります。

ルドルフ・シュタイナー」は、「霊能力者」だったとも言われ、「江原啓之」さんの様な「霊能力者」ではなく、「透視」の力を持ち合わせていた人物だとも言われています。

まずは、「ルドルフ・シュタイナー」の、性格的な話からさせていただきます。

ゲーテ」と呼ばれる自然科学論者の影響を受けており、この「ゲーテ」とは、ドイツの詩人、劇作家、自然科学者、法律家です。

「ロマン派」の影響受けており、この「ロマン派」とは、合理主義などに対し、「感受性を」大切にしている価値観を持ち合わせています。

『ルドルフ・シュタイナー』!『スピリチュアル』

ルドルフ・シュタイナー』!『スピリチュアル』

当初、「アナキズム」の傾向を持つ人々と交流をしていましたが、「神秘思想」の講演者に転身し、自ら「人智学」を提唱する次第に至りました。「アナキズム」とは、国家の強制的な、形態を否定し、自由な精神を尊重し、極端な話、国家など必要がない価値観の思想です。

ブラヴァツキー夫人

ブラヴァツキー夫人

ルドルフ・シュタイナー」が現れる、それ以前に、霊的な内容、「心霊主義」を世の中に普及させた上の、霊能力者である「 ブラヴァツキー夫人」がいます。この方は、「霊媒師」であり、近代の「神智学」の創始者であり、ここから、「心霊主義」が始まったものでもありました。

ただ、「ルドルフ・シュタイナー」は、この、「神智学」に対して否定的であり、「インド哲学」に価値を置く傾向がありまして、「霊媒師」にしか、知覚できない価値観に、否定的な考えを持ち合わせていたのです。

あらゆる情報が詰まっている、「アカシックレコード」、これは、「インド哲学」である、「アーカーシャ」、と呼ばれる言葉から来た言葉であり、この「霊媒師」の方が、提唱した言葉でもあります。

ちなみに、発明家の「エジソン」は、この霊媒師の方に出会う中で、自分の発明は自分で考えてないようではなく、与えられた情報であることを悟り、霊的な世界からメッセージを伺うため、晩年、「霊界通信機」の開発に没頭した逸話が残されているのです。

ルドルフ・シュタイナー」は、自分自身の、「透視」は、何も特別な能力ではなく、だれでも、1日15分、瞑想することで、開花できる話をされています。


私は、これを拝見し、「仏教」とよく似た考えだと考えさせられました。

「仏教」にも、色々な宗派がありますよね。それは、「仏教」に対する、考え方に、違いがあるためです。

例えば、「密教」など、霊的な世界、仏の精神に近づくことを大切にしている考え方があります。「仏陀」が、悟った様に、「悟る」ことを大切にしている「曹洞宗」もあれば、霊的な世界が存在していることを知るだけで十分、「浄土宗」などもあるでしょう。

ルドルフ・シュタイナー」は、「密」教の様な、霊的な世界について、学ぶのではなく、「感情」を持つ人が与えられた肉体、それを最大限に力を発揮する、その力によって、気づける「気づき」を学ぶことに価値を置く考えの持ち主です。つまり、神を知る「神智学」では、無く、人の力によって知る、「人智学」を提言された人でもあります。

ルドルフ・シュタイナー」は、最大の敵は、傲慢な霊、「堕天使ルシファー」と物質主義に価値を置く、ゾロアスター教の悪魔、「マフリマン」であると考えていたそうです。

ルドルフ・シュタイナー」のこの考えは、「スピリチュアル」とよく似た考えであり、霊的な内容を知ることが大切と言うよりも、「魂の成長」を大切にしている考え方でもあるでしょう。

日本の中にも、「オカルト」に価値を置く人がいますが、「神智学」と、「スピリチュアル」に価値を置く、「人智学」の違いとして見ることもできるかもしれません。

ルドルフ・シュタイナー』、『高次元の存在の計画』、『スピリチュアル』

『ルドルフ・シュタイナー』、『高次元の存在の計画』、『スピリチュアル』

ルドルフ・シュタイナー』、『高次元の存在の計画』、『スピリチュアル』

ルドルフ・シュタイナー」、「高次元の存在の計画」、「スピリチュアル」から見ると、その姿も見えてきます。

私自身、「ルドルフスタイナー」について、「ヒットラー」との関係の話がありまして、第一次世界大戦後に活躍された方だと思っていましたが、ウィキペディアを読んでみると、生存中に、「第一次世界大戦」が勃発した出来事の様でもあります。

シルバーバーチの霊訓」に、「第一次世界大戦が」始まる、前の時代は、産業革命などの影響によって、「物質主義者、現実主義者」が多く現れた話があるのです。

そして、「第一次世界大戦」が始まり、多くの命が失われる中で、霊的な内容を認めない「現実主義者」の人々、「浮遊霊」となり、多くの、「高次元の存在」が、霊的な世界に連れ戻すのに苦労された話がありました。

「高次元の存在」と言えば、強制的に連れ戻すことができると思われがちですが、霊的な世界は「心」の世界であり、「心」で悟らせる必要性があるのです。

私は、「ルドルフ・シュタイナー」について、霊的な世界を、予め伝えるために、「第一次世界大戦」後に現れた人と思っていましたが、もしかすると、「高次元の存在」は、始まる以前から、既に未来の姿が見えていまして、霊的な内容を、人々に予め、信じる人を増やすために、「ルドルフ・シュタイナー」を、「第一次世界大戦」以前の中で出現させたものであったかもしれません。

第一次世界大戦」後は、霊的な世界を、生きている間に知ってもらうために、「サイキックパフォーマンス」を人々に見せた話もありまして、現代と比べれば、霊的な内容が強く社会に現れていた時代だった可能性も考えさせられます。

ルドルフ・シュタイナー』と『女性的優位のエネルギー』、『スピリチュアル』

『ルドルフ・シュタイナー』と『女性的優位のエネルギー』、『スピリチュアル』

ルドルフ・シュタイナー』と『女性的優位のエネルギー』、『スピリチュアル』

ルドルフ・シュタイナー」と「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」から見る見える話があります。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が、「男性的優位のエネルギー」から、徐々に、「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチの様に急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係の様に徐々に変化していく力であり、異性を問わず、地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは、喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが、社会に対し、「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」として現れやすくなるのです。

現に、その傾向が社会に現れているものでもありますよね。

「男性的優位のエネルギー」は、目に見える物質に意識が高まりやすく、「女性的優位のエネルギー」は、心に意識が高まりやすくあります。「コロナ以前」と比べれば、何かと、人々の「心」に対し意識を向けさせられる傾向も高まっているでしょう。

「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」です。

霊格」が高まれば、精神的な意味で、存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話も、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

「女性的優位のエネルギー」が、更に高まれば、「霊格の成長」が、高まりやすくなってくる時代の始まりです。

霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心を満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分、物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく、精神的な意味で「子供」です。

「男性的優位のエネルギー」は、心に対する意識が弱くなりがちであり、「霊格が低い」状況も現れやすくなります。

ルドルフ・シュタイナー」が、開いた、「シュタイナー教育」、心の教育として「文系」に価値を置く傾向があり、今後、「シュタイナー教育」が、日本にも広がっていくかもしれません。

ルドルフ・シュタイナー」は、霊的な内容が否定され続いた後の世界は、霊的な世界を受け入れる人々が増えだし、また心を感じる「霊感が強い」人も増えて、霊的な世界から、人類の文明を発達させる情報を伺い、「人類の文明が飛躍的に高まる」話を残されているのです。

霊的な内容が否定され続く時代、まさに、それは、「男性的優位のエネルギー」による話でもあるでしょう。「女性的優位のエネルギー」、それが、心を感じる「霊感が強い人」も増える話でもありまして、今後、霊的な世界から、人類の文明を発達させる知識を受け取る人々が現れてくる可能性についても考えさせられます。

 

スピリチュアル お勧め!記事

 

⇒ 「ガイヤの法則」 ・「夫婦喧嘩 スピリチュアル」 ・「スピリチュアル 信じる人」 ・「霊視 当たった体験」 ・「電話占い 当たる確率」 ・「霊視 離婚する

 

黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ (プロフィール)