指示待ち人間!指示待ち症候群が増えている

・指示待ち人間!指示待ち症候群が増えている

・|指示待ち人間|(主.キーワード関連記事)

|指示待ち人間|!|指示待ち症候群|が増えている

|指示待ち人間|!|指示待ち症候群|が増えているについて、「スピリチュアル」から見ると、社会にその傾向が現れやすくなっている可能性が高くあり得ます。

数年前に、このブログで、話をさせていただいたかどうだか忘れましたが、過去に、警察犬の犬を育成する女性の話の動画がありました。

女性2人の新人の部下がいまして、言われた事はしっかりと行動起こすことができるが、何も、質問してこない姿に対して、情熱を感じず、強く注意をしていた出来事でもあったのです。

この女性2人は、個人的な特別なものではなく、社会的に現れやすくなっているものでありまして、社会的にここに「気づき」が現れなければ、日本が大きく衰退していくかもしれません。

『指示待ち人間』!『指示待ち症候群』が増えている

『指示待ち人間』!『指示待ち症候群』が増えている

現在の若者の特徴として、責任感を背負うリーダーに憧れる人々が減っている傾向もありまして、もちろん、いずれ、下の者を引っ張っていくものであり、そこを避ける人間が多い中では企業の組織そのものが成り立たない姿も現れやすくなるでしょう。

少年革命家の「ゆたぼん」が、小学生時代に同級生に対し、全員が同じ行動、全員が言われた行動を取る行動に対しロボットの様な感じをした話をされていまして、「スピリチュアル」から見ると間違った話ではありません。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|指示待ち人間|指示待ち症候群|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

『指示待ち人間』、『指示待ち症候群』、『霊格』について、『スピリチュアル』

『指示待ち人間』、『指示待ち症候群』、『霊格』について、『スピリチュアル』

「指示待ち人間」、「指示待ち症候群」、「霊格」について、「スピリチュアル」から見ると必然的な結果として見えてきます。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が高い」と、「能動的」な気持ちが現れやすくなりますが、「霊格が低い」と「受け身的」な気持ちとして現れやすくあります。

日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値を置く傾向が高く、ペーパーテストの点数が高ければ人として価値が高いと思われている傾向がありますよね。それは、あくまでも、問題を与えて、テストの点数で評価ができる既存の知識であり、問題を与えなければ行動が取れない姿として現れやすくなるのです。

また、日本の教育は、中世に現れた「教刷術」と呼ばれる教育方法でありまして、子供の頭を白い紙に例え、印刷していく中で、きれいに印刷できた子供をテストの点数で高く評価する教育方法でもあります。

中世は、産業革命によって、流れ作業が支流でもあり、自分自身で考える必要性がなく、考える必要性があったとしても、工場の機械が壊れた場合など、既存の知識を使って解決することができたことでもあったでしょう。

この様な考え方もあるかもしれません。

「左脳」と「右脳」、「左脳」は、言葉の組み立て、計算、論理的な認識、比較など、どちらかと言えば「目に見える現実世界を認識する力」に長けており「理系」的な働きをする傾向があるのです。

「右脳」は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば「目に見えない心を感じる力」に長けており「文系」的な働きをする傾向があります。

本来、バランスが整っている方が望ましくありますが、人は、価値を求める生き物であり偏りも現れやすく、その結果、物事の考えや価値観に違いが現れやすくなるのです。

日本の教育は、目に見える知識に価値を置く傾向が高く、その結果、「左脳」よりに傾きやすい傾向があります。

つまり、「指示待ち人間」、「指示待ち症候群」、右脳の全体的な雰囲気を感じる力が弱く、言われたこと以外の行動を感じる力が弱くなる可能性もあるかと思われます。

そのため、命令以外の行動に対し、自分自身が何を行えば良いのかすら、それすら!!、感じない、分からない、その状況が自分にとって当たり前としてあることでもあるでしょう。

現在は、インターネットの普及に伴い、自分自身で考える力が従来よりも弱まっていますよね。

また、「教育改革」によって、ある程度、文系の大切さが見直されている傾向にありますが、文系は、生産性が弱い、理系の方が大切との価値観から、独創的な考え、新たな価値観を生み出す発想力が弱まっている傾向にあるのです。

現在の若者の特徴として、全員とは言い切れませんが、周りの目を気にして、みんなと同じでそれで良い価値観としても現れやすくなっています。

この様な考え方もあるでしょうか。インターネットの普及は、特にSNSなど、大人が大人を批判する姿を目にする環境もあり、特徴的な姿は叩かれやすい、指示を待つ方が身の安全との考え方についても伝わってきそうです。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|指示待ち人間|指示待ち症候群|、懸念する話とは、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

『指示待ち人間』、『指示待ち症候群』、懸念する話とは、『スピリチュアル』

『指示待ち人間』、『指示待ち症候群』、懸念する話とは、『スピリチュアル』

「指示待ち人間」、「指示待ち症候群」、懸念する話とは、「スピリチュアル」から見ると、懸念させられる話が存在します。

先に話をしましたが、「指示待ち人間」、「指示待ち症候群」、これらの人間が中年層になれば、日本の経済的な文化にイノベーションが起こりにくく、世界の経済力から置いてけぼりにされてしまうかもしれません。

私が、1番懸念する話は、現在、先輩や上司など、コミニケーション能力がしっかりとある働いている人の中で、「指示待ち人間」、「指示待ち症候群」の原因について、「気づき」が現れない懸念です。

もちろん、上の立場の人間からすれば、命令をじっと待つ人間よりも、自分で考えて能動的に動いてくれる部下の方が、自分にとって負担も少なく、信頼も現れ、自分の立場を後で引き継いで任せる気持ちも現れやすくなるでしょう。

心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができますよね。

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「スピリチュアル」的に見れば、この様な考え方、姿についても見えてきそうです。

現在の働いている人々、決して、「霊格が高い」とも言い切れず、「指示待ち人間」の先輩や上司からすると、その姿に不満、自分自身の存在感を落とす存在として、先輩や上司に「ストレス」が現れやすくなる姿が現れやすくなります。

もちろん、その状況から逃げることができないものであり、攻撃を選択し、「指示待ち人間」、「指示待ち症候群」の人々に対し強く攻撃的な言葉が現れやすくなる可能性が見えてきます。

この話は、先に話した、警察犬の育成の女性と同じ話として挙げられるでしょう。

もちろん、「指示待ち人間」、「指示待ち症候群」の人々にも心があるものであり、心が傷つくことによって、「ストレス」も現れやすくなるはずです。

ただし、この「ストレス」については、「攻撃」もできなければ「逃避」もできない状態であり、手に負えないストレスが身近にいるとして、最大の「防衛本能」が働きやすくなります。

この「防衛反応」は、「ストレス」を与えている対象から、身を守る姿として現れやすく、例えば、声が出ない、石に近づくように肩が落ちる姿として現れやすくなるのです。

これが長く続くと、精神病院や心療内科に足を運ばなければならないほどの、うつ病に患う可能性を高めてしまいます。

つまり、より、指示待ち人間、指示待ち症候群を悪化させてしまいかねません。

過去に、ある女性の話がありまして、会社に就職した際、キーボードが全く打てず、全く使えない、深夜遅くまで1人で仕事をする姿がありました。

過度な、ストレスによって、過食症に走り、ついには、スーパーなどで盗む窃盗まで起こしてしまったのです。まるで、依存症の様に、この窃盗が繰り返されまして、ついには、刑務所に入ることになったのです。

両親は、このことがショックで、自殺してしまいました。

この話は、ある女性記者が、刑務所内でインタビューした話でありまして、女性記者も驚くことに、ごく普通の、見た目が可愛らしい普通の女性でもあったのです。

「アメーバニュース」で、現在、若者の「うつ病」が増えている話もされており、若者に原因があるのではなく、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値を置く、ペーパーテストの点数さえ高ければ人として価値が高い、この価値観の被害者でもあるでしょう。

「指示待ち人間」、「指示待ち症候群」、私自身の中でも、改善する方法が難しくあると思われる中で、粘土遊びなどの創造力、自分にとってオリジナリティーが高い創作活動を行っていくことによって、少しは改善されるかもしれません。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

 

スピリチュアル お勧め!記事

⇒ 「ガイアの法則 淡路島」 ・「男性心理と女性心理の違い」 ・「チャネリング スピリチュアル」 ・「ADHD スピリチュアル」 ・「霊感タロット やり方」 ・「スピリチュアルカウンセラー

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

f:id:tukishiromia:20220118064402p:plain

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花

 

 

スピリチュアル 

 

⇒ 「天使と悪魔の戦い」 ・「スピリチュアル 怖い」 ・「夫婦喧嘩 お互い無視」 ・「スピリチュアル 本当の意味」 ・「2022年 江原啓之」 ・「子育て スピリチュアル

 

電話占い お勧め記事 (口コミ 人気 電話占い

⇒ 「電話占い 当たる仕組み」 ・「電話占い 悪い結果」 ・「電話占い チャネリング」 「電話占い 守護霊対話

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒  「金縛り体験談

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

* 霊視 参考記事 ⇒ 「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

* 世の中の仕組み 真実 ⇒ 「そう思う所もあれば、そう思わない所

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒  札幌 霊視鑑定 「札幌 霊視鑑定」 ・神戸 霊視鑑定「神戸 霊視鑑定」 ・三重 霊視鑑定 「三重 霊視鑑定」 ・仙台 霊視鑑定 「仙台 霊視鑑定」 ・名古屋 霊視鑑定 「名古屋 霊視鑑定