女性が宗教に拠り所を求める理由

・女性が宗教に拠り所を求める理由

・|女性|宗教|(主.キーワード関連記事)

|女性|が|宗教|に拠り所を求める理由

|女性|が|宗教|に拠り所を求める理由について、「スピリチュアル」から見ると見えてくる姿があります。

「安倍元総理」が「銃殺」によって死去された話の中で、犯人の母親が「安倍元総理」との関連性が高いとされている宗教団体の旧統一教会に多額に寄付をした中で家庭が破損してしまい、人生において転落していく中でそのことについて強く恨みを抱えていた話がされていました。

これが、高校3年生での出来事であり、進学高でもありまして他の同級生のほとんどが大学に進学するものであり、頭が賢いでありながら大学進学を諦める状況は、一般の人に理解できない辛い恨みについて理解できる話でもあります。

|女性|が|宗教|に拠り所を求める理由

|女性|が|宗教|に拠り所を求める理由

多分、この状況から、大学に進学していた友達とは疎遠になり、そこから、孤独な人生が始まったについても見えてきそうです。

確かな話は分かりませんが、ネット上では、父親が自殺してから母親が入信した話もあれば、父親が現存の時から入信し、父親が脱会させられずその悩みによって自殺された話も見受けられます。

男性からすると、心の拠り所を「女性」が「宗教」に求める気持ちについて、理解できない男性の方がほとんどではないでしょうか。

「スピリチュアル」から見ると、とても理解できる話でもありまして、その原因は、男性に原因がある場合もあれば、社会の価値観に原因がある姿でもあるのです。

母親の実家は、何かしらを経営している実家で裕福であり、高い教養を受けた中で生活を行っていたかもしれません。

また、父親は、国立の大学を卒業していたものであり、建設業を営んでいた話も見受けられます。

ただ、ネット上では、酒癖が悪く、家族に対してDVを行っていた話もあり、その姿が近所からよく見られていたものでありまして、父親が外で寝る姿も度々、見受けられた話についてもあるみたいです。

父親は、「アスペルガー症候群」であった可能性もあり、よく現れる、「アスペルガー症候群」の夫の嫁に現れる、「カサンドラ症候群」の姿についても見えてきます。もしかすると、母親は、「カサンドラ症候群」の状態で教団の言いなりになっていたかもしれません。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|女性|が|宗教|に拠り所を求める理由、|男性心理|と|女性心理|の違い、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|女性|が|宗教|に拠り所を求める理由、|男性心理|と|女性心理|の違い、|スピリチュアル|

|女性|が|宗教|に拠り所を求める理由、|男性心理|と|女性心理|の違い、|スピリチュアル|

「女性」が「宗教」に拠り所を求める理由、「男性心理」と「女性心理」の違い、この違いが原因として挙げられます。

「男性心理」と「女性心理」の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、「女性」は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのです。

男性は、基本的に自分の趣味や仕事と「女性」も意識したい、「目に見える現実世界」に意識が高まりやすくなります。

「女性」は、意識されるために自分自身の「価値」を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の「心」にも意識が高まりやすくなるのです。

「心」に携わる恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり理解と納得がしていただけるものではないでしょうか。

絶対的な話ではありませんが、「宗教」には「心」に対して意識を向ける姿があり、内容はともかく自分よりも価値が高い霊的な内容からの教えとして、女性心を満たす惹きつけられる力が「宗教」に存在するのです。

この様な考えもあるかもしれません。絶対的な話ではありませんが、一般的な「女性」は、「宗教」に対してあまりにも高く、手に届かない目に見えない姿として現れやすく、裕福として高い教養を受けてきた出来事が、目に見えそうな場所として映る話についても見えてきます。

男性向けの漫画、そこに現れる「女性」のヒロイン、主人公の男性を意識して喜ぶ姿が割と多く描かれていまして、日本の男性の中には、「女性」が、価値ある姿として意識されたい心理が強いことに疎く、「女性」も男性と同じく同じ価値観で世界を見ていると思われている男性の方が割と多くいらっしゃるのです。

これでは、「女性」心が満たされないものであり、浮気や不倫、「女性」が「宗教」に拠り所を求める理由についても分からない話ではありません。

この様な姿についても見えてきます。信者同士で意識し合う姿によって、「女性」心が満たされる姿についても見えてくるものであり、立場的にそこに存在感としての競争なども現れやすく、より、自分自身の「価値」を高めたい気持ちなどもあるでしょう。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|女性|が|宗教|に拠り所を求める理由、|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|女性|が|宗教|に拠り所を求める理由、|霊格|について、|スピリチュアル|

|女性|が|宗教|に拠り所を求める理由、|霊格|について、|スピリチュアル|

「女性「が「宗教」に拠り所を求める理由、「霊格」について、「スピリチュアル」から見るとこの話が大きな原因として挙げられるかもしれません。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が高い」と「能動的」な気持ちが現れやすくありますが、「霊格が低い」と「受け身的」な気持ちとして現れやすくなります。

一般的に「女性」の方が「心」に対して意識が高く、男性の方が「心」に対して意識が低く、「女性」の方が精神的に「大人」、男性の方が精神的に「子供」として現れやすくなるのです。

ただし、日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値を置く傾向が高く、ペーパーテストの点数が高ければ人として価値が高い社会的な風潮もあり、「女性」であろうとも知識の一つ一つの「気づき」のみを追いかけ、「霊格が低い」精神的に子供として現れやすくあります。

絶対的な話ではありませんが、高学歴者の女性ほど、価値を求める中で「女性」が「宗教」に拠り所を求める姿が現れやすくなるかもしれません。

この様な考えもあるでしょうか。「霊格が低い」高学歴者の男性は、経済的に裕福になり、同じ裕福な「霊格が低い」高学歴者の女性と結ばれやすくなる考えです。

絶対的な話ではありませんが、「霊格が低い」高学歴者の男性ほど、知識の一つ一つの「気づき」のみだけを追いかける姿が現れやすく、心の視野が狭い状態が高まり、女性心に対して理解できない姿についてもあるでしょう。

社会的には、このような考え方も見えてきそうです。男女平等の社会と言っても、絶対的な話では無い話として、「女性」が男性の価値観に合わせることによる男女平等の傾向がありますよね。

それは、「霊格が低い」男性の価値観に合わせる考え方になりがちになりやすく、その結果、「霊格が低い」「女性」が現れやすくなる姿についても見えてきそうです。

「霊格が低い」原因でもありますが、男女区別男女平等でなければならない社会的な風潮もあります。

そもそも、男性と「女性」は、180度異なった異性であり、その男女区別を無理に男女平等として扱えば、歪みが現れやすくなるのも当然です。

男性は、世の中に対して意識ができる対象が数多くあり、男性心を満たす環境もあるでしょう。

女性同士の中では、価値ある姿として意識されたい気持ちから、「女性」同士の中で「価値観の多様性」が現れやすくなるため絶対的な話ではありませんが、満たされない「女性」心を「宗教」に拠り所を求める気持ちも分からない話でもありません。

このような考えも見えてきそうです。男女平等に対する考えが大切との考えがありますが、日本人は、「農耕民族」であり、周りの価値観を共有する傾向もありまして、潜在的に男尊女卑の価値観が消えておらず、男性の価値観に「女性」が合わせる話が男女平等として受け入れられている姿もあるのではないでしょうか。

「心」が満たされない「霊格が低い」「女性」が現れるのも、必然的であり、「女性」が「宗教」に「心」の拠り所を求めるのも必然的な話です。

「女性」心を満たす少女漫画の多くが、王子様のような男性から意識される描き方であり、男性向けの漫画に出てくる2枚目の男性は残念な終わり方も割と多く、男性が求める男性像は、目で見てかっこいい空気を読んでかっこいい男性として現れやすくなるのも、これも必然的であるでしょう。

このような出来事が現れると、「宗教」全体的に良くない、「スピリチュアル」に興味を持つのも良くない社会的な風潮も現れやすく、「霊格が低い」日本人が現れやすい教育環境であるため致し方がない話かもしれません。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

⇒ |宗教|

⇒ |霊感商法|

⇒ |安倍元総理|

⇒ ベーシックインカム|

⇒ |アスペルガー夫とカサンドラ症候群|

⇒ |毒親|

 

黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

f:id:tukishiromia:20220118064402p:plain

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ |霊感がある人|

⇒ |江原啓之|

⇒ |毒親|

⇒ |人間関係|

⇒ |スピリチュアルメッセージ|

 

スピリチュアル 

 

⇒ |日本だけ|

⇒ |淡路島|

⇒ |亀裂|

⇒ |安倍元総理|霊視|

⇒ |嫉妬|

⇒ |宮台真司|

 

電話占い お勧め記事 (口コミ 人気 電話占い

⇒ 「電話占い 当たる仕組み」 ・「電話占い 悪い結果」 ・「電話占い チャネリング」 「電話占い 守護霊対話

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ |体験談|

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

* 霊視 参考記事 ⇒ 「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

 

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ |三重|当たる|霊視|

⇒ |下関|当たる|霊視|

⇒ |愛媛|当たる|霊視|

 

 

アメブロ

⇒ |霊視|悩み相談|

⇒ |妊娠|スピリチュアル|

⇒ |浮気をする男性の特徴|