宗教団体の崩壊!スピリチュアル

・宗教団体の崩壊!スピリチュアル

・|宗教団体 |崩壊 |スピリチュアル |(主.キーワード関連記事)

|宗教団体|の|崩壊|!|スピリチュアル|

|宗教団体|の|崩壊|!|スピリチュアル|から見る話をさせていただきますが、今後、何かと「宗教団体」の「崩壊」が現れやすくなってくるかもしれません。

「旧統一教会」の内部の姿が公に現れた中で、「宗教団体」に対して不信感を抱く人々が現れやすくなっています。

日本での「宗教団体」の立ち位置は、公益社団法人に近い立ち位置であり、個人の利益を目的にするのではなく公の利益の意味合いがあり、税金がかからない話があります。

ちなみに、あくまでも、「宗教」的な内容においても税金であり、「宗教」的な意味合いが弱いものの物販販売などの活動においては税金が取られる前提の話としての話です。

|宗教団体|の|崩壊|!|スピリチュアル|

|宗教団体|の|崩壊|!|スピリチュアル|

「スピリチュアル」に影響与えている、「シルバーバーチの霊訓」には、「高次元の存在」の言葉として、以下の言葉が存在します。

 

その仕事の前途に立ちはだかるのは、誤った宗教的教義によって築かれた巨大な組織です。何世紀にもわたって続いてきたものを元に戻さなくてはなりません。誤った教義を土台として築かれた上部構造を取り壊さなくてはならないのです。


これはまた、「宗教」的な洗脳に近い話のように思われるかもしれませんが、心身に信仰することが大切である話を述べているのではなく、私達の魂として存在しているものであり、人として生まれてきたことに対するあるべき姿と真実について触れている話です。

偶然に生まれて偶然に消えていく存在でもなく、現実世界に存在する事はこれこと自体に意義と意味があり、その中に霊的真実である話でもあります。

ただ、これも一種の価値観としての価値観であり、全く興味がない人にとって洗脳と思われてしまうのも当然かもしれません。

spiritualism-books.jp

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|宗教団体|の|崩壊|魂の成長|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|宗教団体|の|崩壊|魂の成長|について、|スピリチュアル|

|宗教団体|の|崩壊|魂の成長|について、|スピリチュアル|

「宗教団体」の「崩壊」、「魂の成長」について、「スピリチュアル」から見ると見えてくる姿があります。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされることを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、ストレスも現れやすく、存在感を求めるエネルギーが、誹謗中傷、子供の虐待、いじめ、モラハラ、モンスター○○○、毒親、ストーカー、凶悪犯罪など社会に弊害を与える人々も現れやすくなります。

「霊格が低い」人々が多く現れれば、極端な話、この地球上の自然界も崩壊してしまいかねません。

絶対的な話ではありませんが、「宗教団体」には、信者同士で共通的に打ち合わせる価値観がありますよね。

それは、まるで、箱の中に収まっているようなものであり、その箱からさらに成長する力が弱く、「シルバーバーチの霊訓」が「宗教団体」に対して弊害だと発言しているのは、このことが大きく考えられるのです。

天国に行きたい地獄に落ちたくない、所詮、他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先にする姿が強く隠れているでしょう。

あくまでも「スピリチュアル」的な話として、全員とは言い切れませんが、人が亡くなると様々なことが叶いやすい「幽界」に旅立つと考えられていまして、そこで飽きが生じ第二の死を迎え、同じ波長が集まる改装の世界である虹の様な霊界に旅立つと考えられています。

よくよく考えてみてください。他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先にする人々が集まる世界、心を満たしてくれる存在が存在せず、それこそ苦しむ地獄のような世界でもあるはずです。

あくまでも、「スピリチュアル」から見た話として、地獄と言う場所に足を運びやすい人々とは、意外にも宗教家、政治家、権力者、などが集まりやすいと言われています。

YouTubeの動画にもありますが、臨死体験をされたもともと無神論者である「ハワード」さんの話の中で、亡くなった場所からある人々に連れられ、そこで、信心がもがき苦しむほどのリンチのようなことがされたそうです。

そこから、「高次元の存在」の力によって抜け出すことができましたが、よくよく考えれば、今まで自分が生きてきた自分と同じ人々の集まりだったと自覚が現れた話がされていました。


www.youtube.com


www.youtube.com

過去に、奈良県のマスコットキャラクターせんとくんが決まった際、坊主に鹿の角とはけしからない話が奈良県の仏教界の高僧の中で話があったのです。

私自身、これを拝見した際、仏教を開いたブッダは、執着することが望ましくは無いと悟ったにも関わらず、高僧の執着する姿に矛盾を感じたものでもありました。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|宗教団体|の|崩壊|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|宗教団体|の|崩壊|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

|宗教団体|の|崩壊|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

「宗教団体」の「崩壊」、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」から見るとその力について見えてきます。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」、波のような形として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり、心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」に価値を求める傾向が現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は「目に見えない心」に価値を求める傾向が現れやすくなります。

今後、「男性的優位のエネルギー」の力が弱まってくる姿が現れやすく、全ての「宗教」とは言い切れませんが、「男性的優位のエネルギー」の影響を強く受けている「宗教団体」は「崩壊」しやすくなってくることであるでしょう。

霊能力者の「江原啓之」さんは、「コロナ」の出来事に対し、新しい時代に向けて古き悪い価値観を更地にする目的があるとおっしゃっていました。

「スピリチュアル」から見ると、今回の、「旧統一教会」の出来事、更地に向けての始まりかもしれません。

絶対的な話ではありませんが、若者から人気を集めている「ひろゆき」さん、ベーシックインカム制度について賛同的な立場であり、背後に、「女性的優位のエネルギー」の影響を受けている可能性があり、「旧統一教会」を潰す話についても話がされています。

「ひろゆき」さんは、維新を押している傾向があり、今後、「スピリチュアル」から見ると日本の中心が関東から関西に移る可能性もありまして、その姿についても見えてきそうです。

この話は、「宗教団体」の「崩壊」とかけ離れている話であるため、違う機会に話をさせていただきますが、「女性的優位のエネルギー」による、変化を起こす力、様々な場所で「変化」が現れやすくなってくることであるでしょう。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

黄金の蝶
ダイヤ

 

以下のリンク先は、過去記事からのピックアップ50記事です。興味がある場合は、ぜひ、ご参照してください。

 

  1. |スピリチュアル|危険|

  2. |大阪人|偉そう|

  3. |虐待の心理|スピリチュアル|

  4. |必然|偶然|スピリチュアル|

  5. |二極化|見方|スピリチュアル|

  6. |コロナウイルス|目的|スピリチュアル|

  7. |毒親の元に生まれる理由|

  8. |霊格|効果|

  9. |そう思う所もあれば|そう思わない|

  10. |ストレス|虐待|スピリチュアル|

  11. |守護霊|農民がいない|

  12. |毒親|増える|

  13. |対人恐怖症|スピリチュアル|

  14. |霊格|成長|

  15. |女性が怖い|女性恐怖症|

  16. |貧困|いじめ|

  17. |霊格|老化|老ける|

  18. |毒親|アダルトチルドレン|

  19. |目に見える内容と目に見えない内容|

  20. |子供が親を選んで生まれて来る|

  21. |言葉|劣化|退化|

  22. |帰宅恐怖症|スピリチュアル|

  23. |人生の目的|生き方|スピリチュアル|

  24. |霊格が低い人|特徴|

  25. |蓮の花|スピリチュアル|

  26. |バッチ処理|リアル処理|スピリチュアル|

  27. |ゆたぼん|性格|未来|

  28. |未来|予言|スピリチュアル|

  29. |お坊さん|霊格|

  30. |ベーシックインカム制度|スピリチュアル|

  31. |二極化|風の時代|影響|スピリチュアル|

  32. |女性|二面性|スピリチュアル|

  33. |スピリチュアル||宗教の違い|

  34. |コロナの影響|霊格が低い|

  35. |デマ|スピリチュアル|

  36. |オリンピック|コロナ|大地震|

  37. |おじさん|うざい|

  38. |霊格が高い|芸能人|

  39. |誹謗中傷|スピリチュアル|

  40. |略奪愛|浮気|不倫|スピリチュアル|

  41. |コロナ|高次元の存在の計画|

  42. |科学の未来|文明の未来|スピリチュアル|

  43. |スピリチュアル|ヨガ|

  44. |ゆたぼん|くそがき|

  45. |Z世代|α世代|スピリチュアル|

  46. |オリンピック|女性|スピリチュアル|

  47. |キスに興味が無い|恋愛に興味が無い|

  48. |コロナ|矛盾|スピリチュアル|

  49. |コロナ|ワクチン|陰謀説|人口削減|スピリチュアル|

  50. |ゆたぼん|性格|くそがき|