5類相当引き下げと、コロナ禍の経済

・5類相当引き下げと、コロナ禍の経済

・|5類相当引き下げ|コロナ禍|経済|(主.キーワード関連記事)

|5類相当引き下げ|と、|コロナ禍|の|経済|

|5類相当引き下げ|と|コロナ禍|の|経済|について、「スピリチュアル」から見る話をさせていただきますが、Yahoo!ニュースにあるニュースが取り上げられていました。

そのニュースとは、ある飲食店において、現在の「コロナ禍」の現状が原因で客足が離れている話です。

現在においては、国が強い行動制限を行っているものではなく、飲食店を自由に営業ができる状態であり、給付金がなくて苦しい話がありました。

Yahoo!ニュースのコメントには、飲食業界だけが苦しんでいるものではなく、それはそれでフェアな業態としての話があったのです。

「5類相当引き下げ」による、「コロナ禍」の「経済」について、今後人の行動様式がどのように変わってくるのかによって、大きく変わってくるのではないでしょうか。

|5類相当引き下げ|と、|コロナ禍|の|経済|

|5類相当引き下げ|と、|コロナ禍|の|経済|

ニュースの見方と呼ばれる番組には、元厚生労働省の医療技官の女性の方が出演されており、「コロナ禍」はただの風邪、「5類相当に引き下げ」れば、指定の病院以外の一般的な病院でも「コロナ禍」を対応することができるものであり、医療の負担と保健所の負担が軽減される話がされていました。

多くの方が、その様に思われているのではないでしょうか。

Yahoo!ニュースのコメントの中で、兄がクリニックを開業しており、例え「5類相当に引き下げ」ても、発熱、「コロナ」の疑いがある人は見ない話もされていたのです。

かかりつけのお年寄りを抱えているものであり、お年寄りに対してリスクが高い「コロナ」は避けたい気持ちの話がされていました。

医療を拒むことができない法律等もありまして、ただ、この条文には、正当な理由があれば拒否をすることができる条文です。

ここの正当な理由が社会的に問われる話が出てくるものではないでしょうか。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|5類相当に引き下|げ、|コロナ禍|の|経済|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|5類相当に引き下|げ、|コロナ禍|の|経済|霊格|について、|スピリチュアル|

|5類相当に引き下|げ、|コロナ禍|の|経済|霊格|について、|スピリチュアル|

「5類相当に引き下げ」、「コロナ禍」の「経済」、「霊格」について、「スピリチュアル」から見ると見えてくる考えがあります。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も難しい話ではなく、精神的な意味で「子供」です。

「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、ストレスも現れやすく、存在感を求めるエネルギーが誹謗中傷、子供の虐待、いじめ、モラハラ、モンスター○○○、毒親、ストーカー、凶悪犯罪など社会に弊害を与える人々も現れやすくなります。

「霊格が低い」人々が多く現れれば、極端な話、この地球上の自然界も崩壊してしまいかねません。

日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値を置く傾向が高く、ペーパーテストの点数が高ければ人として価値が高い社会的な風潮もあり、心からの一つ一つの「気づき」が弱く、全員とは言い切れませんが「霊格が低い」人々も現れやすくなっているのです。

つまり、「5類相当に引き下げ」、「コロナ禍」の「経済」は、「霊格が低い」人々がどのような行動を起こすのかについて考えれば見えてくるものではないでしょうか。

「5類相当に引き下げ」れば、保健所が感染者数を把握する必要性がなくなり、確かな公表数について把握する必要性がなくなるはずです。

それを見た人々の中では、人が集まるイベントや、経済活動を優先的に働く姿も現れやすくなるでしょう。

現在は、「コロナ」に感染した人と接触した人、「濃厚接触者」として隔離される姿がありますよね。

それはそれで、今の自分の状態について確認できるものとして、安全としての情報が把握できたものでもなかったでしょうか。

それがなくなる、周りに感染者が現れた中で、自分自身の確認に不安が現れる人もいるかもしれません。

現在、大阪では、お年寄りに対して、行動制限を要請している姿があります。何を基準にされてるのか分かりませんが、感染者数や現在の状況における医療の逼迫でもあるでしょう。

「5類相当」とは、普段の経済活動に近い状況です。「他者の心満たすよりも自分の心が満たされることを優先」にする人々、強制力がなくなることによって、より、経済活動に不安になる人々が現れやすくなる可能性について考えられないでしょうか。

欧米は、「狩猟民族」として個人と他人の意識が強く、他人を他人と言う考え方があります。そのため、他人が「コロナ」に感染していたとしても、命を失ったとしてもそれほど気にならない人種でもあるのです。

日本人は、「農耕民族」として、周りの価値観に合わせる社会的な風潮があり、他人の目線が気になる他人の行動が気になる姿もありますよね。

過去に、ある飲食店で、高校生がマスクをせずにしゃべっている姿があり、お年寄りが、その姿を見て殴った出来事がありました。

「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたいことを優先」にする、このような出来事が現れやすくなってくるかもしれません。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|5類相当引き下げ|コロナ禍|の|経済|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|5類相当引き下げ|コロナ禍|の|経済|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

|5類相当引き下げ|コロナ禍|の|経済|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

「5類相当に引き下げ」、「コロナ禍」の「経済」、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」から見ると見えてくる力があります。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」、波のような形として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」、「既存の知識」、「既存の価値観」、「期待性」の姿として現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は、「目に見えない心」、「未知の知識」、「新たな価値観」、「意外性」として現れやすくなります。

「スピリチュアル」から見ると、「5類相当引き下げ」も、変化の力として十分に考えられる話です。

「コロナ禍」の中での「5類相当引き下げ」は、新たな出来事であり、新たな気づかされる「気づき」が待ち受けていることであるでしょう。

正直な話、従来の価値観に戻ることができません。それは、男性的優位のエネルギーによる価値観による経済活動であったものであり、「男性的優位のエネルギー」は今後弱まってくる姿が現れやすく、違った形での経済活動が現れやすくなるのです。

従来は、会社が終われば、飲み会などがよくあったかもしれませんが、これが消えたことによって家族と一緒に食事をする姿が現れやすく、家族の絆の大切さに気づかされた方々もいらっしゃるものではないでしょうか。

私自身、専門家ではないため、頭が悪くよく分かりませんが。

仮に、新たなコロナの変異株が現れた場合、「5類相当」の中で、感染率や重篤化のリスク、中等症のリスクなど、今と同じ様にしっかり情報を集めることができるものなのでしょうか。

「スピリチュアル」的な話かどうか分かりませんが、この様な姿についても見えてきそうです。過去に「コロナ」の影響で、お年寄りが医療機関を控える傾向が高まり、病院の経営が悪化した話がありました。

指定病院でない病院もコロナに対応できるとなれば、患者も含む病院でクラスターが発生する可能性がより高まるものでもないでしょうか。

この様な話が社会に現れれば、お年寄りが病院に足を運ぶ姿に抑制的な力が働き、病院がコロナに疑わしい発熱患者を見ない姿について素人ながら見えてきそうです。

実際に、現在その傾向が現れているものであり、より「コロナ」が広まれば、一般病院でもそれが現れる可能性についてもあるかもしれません。

「スピリチュアル」的な話になれば、人が亡くなっても魂が消え去るわけではなく、様々な経験を持ち帰り、自分自身が所属する「グループソウル」を成長させる話があります。

これは、本社から様々な地方に派遣され、様々な情報を本社に持ち帰り、本社の質を高める成長させる話と同じです。

そのためには同じ出来事よりも、違った出来事の方が様々な経験を行えるものであり、今までとは違う社会的な姿について見えてきます。

この様な考え方もあるかもしれません。「女性的優位のエネルギー」による「二極化」は、「交感神経」の様により活動を高める人々と、「副交感神経」の様に静かに抑制的に働く人々に分かれる話も見えてきそうです。

また、活動的な人は「目に見える物質」に価値を求める傾向が現れやすく、抑制的な人は「目に見えない心」に意識を高める姿について現れやすくなって来るかもしれません。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

黄金の蝶
ダイヤ

 

以下のリンク先は、過去記事からのピックアップ50記事です。興味がある場合は、ぜひ、ご参照してください。

  1. |霊格|流行り|

  2. |霊格が高い|きれい好き|

  3. |霊格|ツインレイン|

  4. |霊感が強い|勘違い|

  5. |霊感|嘘|うざい|

  6. |霊感|直感|第六感|違い|

  7. |霊感が強い人|役割|

  8. |霊感が強い|彼氏|

  9. |霊感|確かめる|確認方法|

  10. |霊感が怖い|

  11. |霊感の強い人|増える|

  12. |沖繩の本物のユタ|会うには|

  13. |占い師になりたい|霊感|

  14. |霊感|犬|

  15. |霊感|鍛える|危険|

  16. |霊感商法|スピリチュアル|

  17. |沖繩の本物のユタ|カミダーリ|

  18. |占い師になるには|タロット|

  19. |霊感が強い|憑依|

  20. |霊感が低い(弱い)人|特徴|

  21. |子供|霊感が強い|

  22. |沖繩のユタ|青森のイタコ|違い|

  23. |占い師になるには|人生経験|

  24. |霊格|霊感|

  25. |芸術家|霊感が強い|

  26. |霊格|が|試される|

  27. |自分の霊格を知る方法|

  28. |沖繩のユタ|嘘|偽物|

  29. |パワーストーン|効果|

  30. |離婚|霊格が低い|

  31. |占い師に向いていない人|

  32. |霊格が高い人|前世|

  33. |霊感の強い人|霊感が弱い人|違い|

  34. |高次元の存在|高級霊|霊格|

  35. |占い師になるには|カリスマ性|

  36. |女性|霊格が高い|霊格が低い|

  37. |沖縄のユタ|修行場|