宗教!旧統一教会の2世信者を考察

・宗教!旧統一教会の2世信者を考察

・|宗教|旧統一教会|2世信者|(主.キーワード関連記事)

|宗教|!|旧統一教会|の|2世信者|を考察

|宗教|!|旧統一教会|の|2世信者|を考察について「スピリチュアル」から見ると考えさせられる話として考えさせられます。

現在、「スピリチュアル」的な話になれば、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化し始めている話がありまして、これが原因で様々な場所で「二極化」が現れやすくなっているのです。

「旧統一教会」の「2世信者」についても「信者」の中で二極化として現れやすくなっています。

「安倍元総理」が銃殺によって死去された話の中で、「山上徹也容疑者」の母親が多額の献金を行い家庭が崩壊した話がありましたが、家庭環境においてそれとは少し違う状況が見受けられます。

|宗教|!|旧統一教会|の|2世信者|を考察

|宗教|!|旧統一教会|の|2世信者|を考察

この、「旧統一教会」の「2世信者」は、両親が韓国で行われている合同結婚式で結ばれた中で生まれてきたものであり、献金そのものがありますが家庭内で受け入れている中での出来事です。

「旧統一教会」の「2世信者」が「アメーバニュース」に出演されていまして、「安倍元総理」が死去された中でそれも含めて現在、どの様に思われているのか、様々な質問を投げかける話がありました。

強制でなくても、給料の10分の1を教会に収める話があり、これに至っては「旧統一教会」でなくても一般的なキリスト教で行われている傾向がある話です。

この「2世信者」の方々は、従来の様な高額的な半強制的な献金は、教会内で減っている話がされていました。

「旧統一教会」を追い続けるジャーナリストの方も出演されていまして、韓国にお金が流れる金額がそれほど変わっておらず現在でも見受けられる可能性について話がされていたのです。

「旧統一教会」では、多額のお金を集めて献上した人が出世する話があり、全ての教会を管轄する人が野心を持ち合わせている訳でもなく、中には野心的な人がいる話もあるかもしれません。

出演されていた、「旧統一教会」の「2世信者」の方々は、脱退する意思は全くない話をされていたのです。ただ、過去にアメーバニュースで「元2世信者」の方が出演されていた際、家庭の崩壊や苦労されてきた人生の話もあり、「旧統一教会」の「2世信者」の中で二極化の姿が見えてきます。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|宗教|旧統一教会|の|2世信者|を考察、|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|宗教|旧統一教会|の|2世信者|を考察、|霊格|について、|スピリチュアル|

|宗教|旧統一教会|の|2世信者|を考察、|霊格|について、|スピリチュアル|

「宗教」、「旧統一教会」の「2世信者」を考察、「霊格」について、「スピリチュアル」から見ると見えてくる姿があります。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も難しい話ではなく、精神的な意味で「子供」です。

「旧統一教会」の、一世と呼ばれる親の世代は、霊格が多少高い人と霊格が低い人に分かれる傾向があるかもしれません。

「旧統一教会」の教義の中には、韓国に大きな教会を建てそれを中心に世界の家庭が1つとなり幸せになる考え方があるのです。

多少「霊格が高い人」の中には、他者の心を満たす気持ちの中で共感する姿が現れ信者となり自分の財産を全て投げきった人もいるでしょう。

「霊格が低い」信者の中には、受け身的に授かりたい強い存在感を授かりたい気持ちの中で全て財産を投げきった人もいるはずです。

「アメーバニュース」で出演されていた2人の「2世信者」の1人は、両親が「山上容疑者」と同じく1億円を献上し破産したものでもありました。

ただ、霊感商法として物品を買った際に、子供に対して自慢げにしていた出来事があり子供に対して意識を向ける姿勢が見受けられます。

もう1人は、奨学金の1部を親が勝手に献上し、理由を聞いた際、世界平和のため致し方がないと納得されたものでもあったのです。

多少、「霊格が高い」姿についても見受けられます。

脱退をした「元2世信者」の話は、両親が心の視野が狭く「旧統一教会」のみにしか存在感を与えてもらえる姿がなく、心の視野が狭いため精神的に子供の中で子供に対し強い不満を与える出来事などもあったことでもあるでしょう。

「スピリチュアル」では、心の成長である「霊格の成長」、心からの一つ一つの「気づき」に価値を置く傾向があります。

「宗教」との違いは、「宗教」は、共通的な「気づき」を与える傾向が強く、それは箱に収めるようなものでありまして、生きている限り新たな心からの一つ一つの「気づき」に終わりはなく、ここが、「宗教」と「スピリチュアル」の大きな違いとして挙げられるのです。

この様な話もあるかもしれません。心からの一つ一つの「気づき」が多ければ、そこに精神的に存在感が高い姿としてカリスマ性が現れ魂を惹きつける力が現れやすくなります。

日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値を置く傾向が高く、ペーパーテストの点数が高ければ人として価値が高い社会的な風潮もあり、心からの一つ一つの「気づき」が弱く、全員とは言い切れませんが「霊格が低い」人々も現れやすくあるのです。

高学歴者であれば、お金を稼げる力も現れやすく、お金持ちになる姿も現れやすくなるでしょう。

物質的な欲望として、ほとんどの欲望を叶えてきたものの中でそれに飽きが生じ、次に精神的な成長を求める気持ちが現れやすくなる中で「宗教」に意識が高まる考え方についてもあると思われないでしょうか。

この様な話も見えてきそうです。日本の教育は、知識を授かる受け身的な傾向が強く、自分自身で考える力が弱く、価値あるものを授かりたい気持ちから「宗教」に意識が高まる話についてもあるでしょう。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|宗教|旧統一教会|の|2世信者|を考察、|存在感|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|宗教|旧統一教会|の|2世信者|を考察、|存在感|について、|スピリチュアル|

|宗教|旧統一教会|の|2世信者|を考察、|存在感|について、|スピリチュアル|

「宗教」、「旧統一教会」の「2世信者」を考察、「存在感」について「スピリチュアル」から見るとこれが全ての話かもしれません。

心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができますよね。

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなります。

つまり、「旧統一教会」の話は、全て、「存在感」と言うキーワードが含まれているのです。

「安倍元総理」と「旧統一教会」の関係、「自民党」の存在感と「旧統一教会」の存在感を結ぶ関係から見受けられますよね。

「アメーバニュース」に出演されていた「旧統一教会」の「2世信者」の2人の方々、「旧統一教会」に友人やイベントなどがあり自分自身の存在感としての居場所も見受けられるでしょう。

「元旧統一教会」の信者、家庭が壊される話について、自分自身の存在感を失う出来事でもあります。

「山上徹也」容疑者の母親、自分自身の存在感を「旧統一教会」に強く求める姿も見られますよね。

「アメーバニュース」で、「西村ひろゆき」さんが、一般社会でも友達を作ることができるものであり一般の人と結婚する選択肢もあるではないかと話をされていました。

私が感じる、あくまでも「スピリチュアル」から見た話として、少なからず信者は心に対して意識が強く、心の気づきに意識が全くない人と比べれば教義の中での「気づき」があるでしょう。

同じ霊格の波長として心が許し合う気持ちも現れやすく、一般の人々が「霊格が低い」中で魅力的として感じない話などもあるかもしれません。

これは、一般の人でもあり得る話であり、心の底から話せる人と話せない人がいるものではないでしょうか。

日本人の「霊格が低い」ため致し方がありませんが、「旧統一教会」の「元信者」の話として、元でありながら、仕事を辞めさせられる圧力や人間関係が壊れた話がネットニュースにありました。

もしかすると、居場所を求めて、再び「旧統一教会」に戻る人も現れるかもしれません。

また、日本人は、「農耕民族」として、同じ価値観を共有することもあり、過去に汚れている経験があればその人を排除する姿も現れやすく日本人としての国民性について見えて来ます。

これも「霊格が低い」ことが原因であり、個人の問題ではなく、心の気づきに意識が弱い日本の教育のあり方の問題として考える事が出来るかもしれません。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

⇒ |沖縄のユタ 本物|

⇒ |霊視 好きな人の気持ち|

⇒ |子育て スピリチュアル|

⇒ |霊視で浮気を確認|

⇒ |霊感が強い人|

⇒ |不思議な夢 スピリチュアル|