維新の代表選を考察!スピリチュアル

・維新の代表選を考察!スピリチュアル

・|維新|代表選|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

|維新|の|代表選|を考察!|スピリチュアル|

|維新|の|代表選|を考察!|スピリチュアル|から見る話をさせていただきますが、「アメーバニュース」に候補者の方3人が番組に出演されていた出来事がありました。

最も有力なのが、馬場さんと呼ばれる方であり、議員としての推薦人が300人集まっていまして、他の2人は最低限必要な30人ほどでもあったのです。

そしてこの3人の1人に、女性の方が出演されていまして、割と頭の回転が速く、状況を理解し、論理的に落ち着いた姿として話す姿がありました。

「維新」の「代表選」は、自民党と違い、自民党では、政治家の1票の重みが強く、党員の人々の重みが弱い傾向にあるのです。

|維新|の|代表選|を考察!|スピリチュアル|

|維新|の|代表選|を考察!|スピリチュアル|

「維新」については、党員も同じ一票であるそうで2万人ほどいる話がありました。

日本人の性格的な風潮として、全員右向け右を言われれば全員が右を向く傾向がありまして、普通に考えれば大阪の「維新」の結成から関わっている「馬場」さんが最も可能性として高いかもしれません。

今回の代表選は、「馬場」さんである可能性が高くありますが、「スピリチュアル」から見るとやがて番組に出演されていた女性の方が日本の総理大臣として現れる可能性があるかもしれません。

この女性の方は、若い人に対しての政治を心がけているものであり、若者から支持される可能性もあるかもしれません。

「大阪都構想」の選挙については、若者の方が賛成の傾向が高くあり、年配の人の方が反対する姿がありました。

その姿があるとするならば、可能性として、今回の選挙の結果、可能性としてあるものではないでしょうか。

toyokeizai.net

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|維新|の|代表選|を考察、|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|維新|の|代表選|を考察、|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

|維新|の|代表選|を考察、|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

「維新」の「代表選」を考察、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」から見ると見えてくる姿があります。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から、徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」として現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」、「既存の知識」、「既存の価値観」、「期待性」に価値を求める傾向が現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は、「目に見えない心」、「未知の知識」、「新たな価値観」、「意外性」の姿として現れやすくなります。

「プーチン大統領」のウクライナ侵攻、「上島竜兵」さんの自殺、「安倍元総理」の銃殺による死去された出来事、驚く意外性として現れたものでもありますよね。

もしかすると、「維新」の「代表選」、心に意識が強い女性として意外性の姿として現れるかもしれません。

ただ、私自身が考えさせられる話として、「女性的優位のエネルギー」はまだ始まりの序章にしか過ぎず、ここが、考えさせられる話として考えさせられます。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|維新|の|代表選|を考察、|スピリチュアル|から見る見えてくる話

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|維新|の|代表選|を考察、|スピリチュアル|から見る見えてくる話

|維新|の|代表選|を考察、|スピリチュアル|から見る見えてくる話

「維新」の「代表選」を考察、「スピリチュアル」から見る見えてくる話について、いつの出来になるか分かりませんが、あくまでも「スピリチュアル」の話として考えられる話があります。

私自身、高校まで大阪出身でありまして、その後、東京で働くこともあり、東京から見ると大阪は地方の1つにしか過ぎない、肩を並べるものではないと思われる傾向にあるのです。

全員とは限りませんが、特に、従来からいる東京の江戸っ子と呼ばれる様な人よりも、茨城県や東北などの地方から東京に訪れている東京に憧れを抱く人がその傾向が強い傾向にあります。

そのため、「維新」の「代表選」に関心がない、「大阪人」に対して抵抗感がある人もいらっしゃるのです。

「女性的優位のエネルギー」が徐々に高まり、「男性的優位のエネルギー」が徐々に弱まってくる話をさせていただきました。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」に価値を求める傾向が現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は「目に見えない心」に価値を求める傾向が現れやすくなる話もさせていただきました。

東京の文化と大阪の文化では、文化的に大きな違いがありますよね。

東京は、目で見て楽しむ着飾る文化であり、大阪は目に見えない心を楽しませるお笑いの文化でもあるでしょう。

日本の首都は、東京から大阪に変わる可能性が「スピリチュアル」から見ると考えさせられる話なのです。

京都と言う話もありますが、京都も東京と同じく、プライドが高く見た目を重視する傾向があり「男性的優位のエネルギー」の力について見えて来ます。

考えられる話としては、東京に大きな地震、東京ではなく、関東一帯に大きな崩壊が現れる可能性があり、大地震を伴う富士山噴火が考えられるかもしれません。

オカルトや「スピリチュア」ル的な話の中では、様々なことが当たっていると言われている、私が見た未来と呼ばれる漫画、2025年7月、もしかするとあるかもしれません。

bunshun.jp

この年は、大阪万博が行われる年であり、何かと大阪が世界から注目される可能性もあるでしょう。

この様な考え方もあるかもしれません。関東伴う東京一体に、政治の機能が機能しないほどの災害が現れた場合、大阪万博で建てられている施設を政治的な機能として活用する話についても小説的な話として書けそうです。

大阪人に抵抗感がある人もいますが、全国、高校無償化は、「維新」が大阪で初めて取り組んだものでもありました。これが、全国に広がっていったものでもあります。

この様な大阪独自の政策が、全国に広がり、大阪人の価値観に変化が現れるかもしれません。

ただ、大阪が首都になる話、大阪人の気質として難しい話があるのです。

従来よりも割と柔らかくなっていますが、大阪の人は、プライドが高く、特に関東の人を排除する傾向があります。

大阪が首都になれば、様々な人が集まってくるものであり、その抵抗感について難しく考えさせられるのです。

大阪から見ると、東京は、東京都民として一括りで見る姿がありますが、全員とは言い切れなくても地方出身者がかなりいる、その子孫の人々もかなりいるものでもあります。

そのため、テレビの司会者も地方出身者が現れやすく、今の大阪人では、少数派の江戸っ子になる様な事に対し抵抗感があるものでもないでしょうか。

ただ、富士山噴火、大地震によって、関東の人々が地方に疎開する可能性もあり、関西でも仕方なく受け入れる状態が現れ大阪弁にも変化が現れる可能性もあるかもしれません。

「女性的優位のエネルギー」による、柔らかい力と外に開放する力は、地震や噴火、災害なども現れやすく、少なからず、「男性的優位のエネルギー」による時代よりも数が増える事でもあります。

実際に今回の、「維新」の選挙は、「女性的優位のエネルギー」によるまだ始まりの序章として分からない話でもありますが、「岸田総理」が国民に対して不満を与える姿の可能性も高く、政治が乱れて自然と連動し災害が起きてからの話の方が可能性として高くあるかもしれません。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

⇒ |安倍昭恵夫 スピリチュアル|

⇒ |医療崩壊 スピリチュアル|

⇒ |風の時代 日本だけ|

⇒ 夫婦喧嘩で謝りたくない

⇒ |夫婦喧嘩 お互い無視|

⇒ |シンクロニシティの本当の意味|