私個人の女性的優位のエネルギーによる影響とは

・私個人の女性的優位のエネルギーによる影響とは

・|女性的優位のエネルギー|(主.キーワード関連記事)

私個人の|女性的優位のエネルギー|による|影響とは

私個人の|女性的優位のエネルギー|による|影響とは、「スピリチュアル」から見る話について、私個人の備忘録を含む話として話を残させていただきます。

私個人の出来事として、墓場まで持ち帰ろうと思う出来事もありまして、それを残すかどうか悩んでいる次第でもあり、このページにおいては、それを少し溶け明かす話として話をさせていただきます。

まず先に、「女性的優位のエネルギー」による特徴について、「スピリチュアル」では地球の全体的なエネルギーの質が、「男性的優位のエネルギー」から徐々に、「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり、異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

私個人の|女性的優位のエネルギー|による|影響|とは

私個人の|女性的優位のエネルギー|による|影響|とは

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対して、「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」として現れやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり、心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」、「既存の知識」、「既存の価値観」、「期待性」を求める姿として現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は、「目に見えない心」、「未知の知識」、「新たな価値観」、「意外性」の姿として現れやすくなります。

私の人生を振り返った場合、何かと一般の人とは違う「意外性」のある出来事が多くありまして、通常の人生では考えられない、生まれながら「女性的優位のエネルギー」による影響を受けていると感じさせられるのです。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

私個人の|女性的優位のエネルギー|による|影響|、その内容とは、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

私個人の|女性的優位のエネルギー|による|影響|、その内容とは、|スピリチュアル|

私個人の|女性的優位のエネルギー|による|影響|、その内容とは、|スピリチュアル|

私個人の「女性的優位のエネルギー」による影響、その内容とは、「スピリチュアル」から見る姿があります。

私は、小学生4年生まで、大阪市内の都会に住んでいまして、父親は、だんじりなどを彫る、木工彫刻家であり、普通のサラリーマンとは違う家庭で育ちました。

仕事場と暮らしをするマンションが少し離れており、仕事場では扉を開けたまま畳の上で彫刻をするものでもあったのです。

当時としては、それが当たり前でしたが、今から思うと外から丸見えであり、恥ずかしい姿だったと思います。

建設会社の大林組との繋がりがありまして、私の父の師に対し大林組から、初めて日本にローマ教皇ヨハネパウロ2世が日本に訪れる際、長崎の教会で教皇が扱う椅子の飾りの彫刻の依頼がありました。

父親の師は、既に引退をしており、私の父親がそれを引き受けたものでもあったのです。

また違った仕事内容には、北朝鮮の金日成の祝い、北朝鮮連盟の日本の各支部、大阪の支部から彫刻の依頼などもありました。

難波八阪神社

難波八阪神社

ちなみに、大阪でも有名な大阪難波八坂神社の舞台は、私の父の師の後藤さんがデザインをしたものです。

仕事場の前は、散髪屋がありまして、その散髪屋、ここに引っ越すする前はアホの坂田がすぐ近所であり知り合いでありまして、子供時代、台湾でお金持ちであり親が旅館を営んでいまして、蒋介石が何度も訪れた後の話です。

私の兄は、子供時代から手作りのラジコンを作るのが好きでありまして、ラジコンのミニ四駆を作って欲しいと、プラモデルのタミヤに手紙を送ったものでもありました。

タミヤから、手書きの手紙の返事が返ってきまして、その後、ラジコンの形をモチーフしたミニ四駆が販売されて、ブームを引き起こしたものでもあったのです。

兄以外にも、手紙を出した人がいたかもしれません。

小学生4年生以降、大阪の郊外に引っ越しをすることになり、自宅は、大学まで行かせる余裕がない家庭でありまして、高校卒業後、就職する必要性があり、大阪で初めての情報技術科に通うことになったのです。

今から思えば父親ですが、職人の木工彫刻家としてそれに時間を費やしてきた、一般的なサラリーマンと過ごした環境が違い、時間が止まったまま、金の卵の昔の時代、大学まで行く意義について分からない姿が見えてきます。

そして高校、情報技術科に入りましたが、学校には情報技術について教えることが出来る先生がいない!!!、電子科から情報技術科に変わった学部であり、電子科の先生が勉強中と言う事で、1年間、電子化の勉強をさせられました。

そこには、どうでもよい製図などもあり、今から思えば、「意外性」として詐欺でもありますよね。

学校は、工業高校でもありまして、全国から求人が集まり、今はどうなってるか分かりませんが、当時のルールで、1人1社しか面接を受けることができなかったのです。

自宅を出たいと思う気持ちが強くありまして、寮のある会社の求人票で、40人ほどの会社に応募して採用されました。

ここでも「意外性」な話として、試験、今から答え合わせするから、間違った所は書き直して提出してくださいと言われたのです。はぁ?・・・・。

面接では、大阪を出たいという話をしまして、京都でも良いのかと言われ、京都でも良いと答えました。

会社から学校に連絡がありまして、当分の間、警備をして欲しい、警備とは求人票には一切書いておらず、学校の先生から、この様なな求人票は二度と学校にはよこさない!!!、3年間我慢しろと言われたのです。

当時の考えで、3年働かなければ、社会人として信用されない次の就職先が見つからないものでもありました。また、就職氷河期であり、それを受け入れることにしました。

しっかりと調べなかった私も馬鹿ですが、当時は、インターネットもそれほど普及しておらず、当時の高校生は私も含めて馬鹿の集まりであり、就職できればどこでも良い傾向があったのです。

会社から、入社に対する案内が届きまして、それを見ると、京都ではなく、東京中央社!!!と書かれていたものもありました。

これも「意外性」であり、この会社は、関空空港の警備を受け持っていまして、何度も大阪で働かないかと電話がかかってきましたが、それを拒否し続けたものでもあったのです。

社員研修が、自衛隊体験入隊であり、富士山の麓でありまして、それほど高く感じるものではなく駐屯地が高い場所にあり、初めて見た富士山がそれでありました。

研修中に、派遣先が言い渡されまして、それが、東京にある渋谷「NHK放送センター」・・・でもあったのです。えっ?

そして、私が大阪を出たかった原因、自宅ではNHKしか見せてくれない家庭であり、バラエティーを全く知らず、芸能人などほとんど知らず、友達との会話が全く理解できず、この自宅にいれば精神的に殺されると思ったものでもありました。NHKに強く不満を持っていたのです!!!

その私が、東京にある「渋谷NHK放送センター」で警備員、単なる偶然だと思う方がおかしな話ではないでしょうか。

少し戻っさせていただくとして、高校時代、修学旅行、私の住まいが藤井寺市と言う場所にありまして、学校が、大阪市内の城東区、深江橋と言う場所にあり、クラスの中で最も遠い場所に住んでいたのです。

谷町線に乗っている際、谷町9丁目の駅、いつもと状態が違い、真っ暗な駅で今大きな地震があり停車していますとのアナウンスがありました。

私自身、何が起きているのか分からず、その駅から掘り出されて、学校まで走りました。電柱などが少し壊れていて、私の意識は、学校で修学旅行のバスが待っているとの意識に奪われ、重たい荷物を担いで学校まで走りました。

阪神淡路大震災でもありました!!!。

もちろん、修学旅行は中止であり、これも私の中で「意外性」のある出来事でもあったのです。

NHKでの警備員に戻させていただくと、主に外の駐車場と建物の入り口、中の警備は、NHKの関連団体、NHK総合ビジネスが受け持ちまして、更に上に防災と言う場所の管理下にあります。

当初、私が入った時は、会長が「川口」会長、副会長が「海老沢」福会長でありました。

この、「海老沢会長」、私がいた警備会社を強く嫌っている話がありまして、過去に「島会長」と言う人がいて、「海老沢」さんは、その部下でもあったのです。

私自身詳しい話は分かりませんが、過去の都知事選でNHKが不正を働き、その責任を「島」会長が「海老沢」さんに責任を押し付け、NHKの関連団体の社長に降格させられた出来事がありました。

結局は、「島」会長も、その座を追われることになりまして、次に選ばれたのが、「川口」会長でもあったのです。「川口」会長は、「海老沢」さんの手腕を買って副会長になったのです。

そして、「島」会長と私が働いていた警備会社の会長が、親しい間柄であり、左遷した「島」会長に恨みを抱く、「海老沢」さんにとって不快な存在でもありました。

現場に入った当初、「川口」会長よりも「海老沢」福会長に対して、しっかりと敬礼をする様にと指導を受けていたのです。

NHKでは、芸能部と報道部に分かれていまして、「川口」会長は芸能部出身であり、穏やかでほんわりしている性格であり、報道部出身の「海老沢」副会長は厳しい性格でもあります。

「川口」会長が退任し、次の会長に選ばれたのが、「海老沢」会長でありました。そして掲げたスローガンが、実行と改革です。

この言葉を聞いた際、改革されるのは、私が働いていた警備会社だと思っていたものでもありました。

私の同僚が、一般人に対して暴言を吐いている出来事があり、それをたまたま「海老沢」会長が見ていたのです!!!。

朝の朝礼で、防災の責任者が、慌てて訪れまして、「海老沢」会長がカンカンに怒っている!!!、この警備会社の存続に関わる出来事と!!!強い口調で話をされました。

周りの働く同僚達は、強く落ち込んでいる姿でありましたが、私自身、心の底から警備員になったわけではなく、誰か知らないけども、でかした!!!(笑い)と心の中で思っていたものでもあったのです。

 

渋谷NHK放送センター

渋谷NHK放送センター

上の写真は、NHK放送センターの入り口、この写真からは見えませんが、右側にボックスがあり、ちょうどボックスの前で勤務をしていた時に、上から無線が入ってきまして、会長車が出るための話が入ってきました。

会長車には、目の前で敬礼をしなければなりません。

上の方を見ると、「海老沢」会長が窓を開けて顔を出して、外の姿を見ている姿ではありませんか・・・。

このまま、怒りを抱えている「海老沢」会長のイメージがあったため、このままでは遭遇する、逃げたい・・・一瞬、後ろを向いて何か作業しているふりをすることを思いつき、少し行った所!突然、頭に強い罪悪感の雷が落ちてきまして!!!、とっさに車の方を向き、敬礼したと所、「海老沢」会長と目があってしまい、私を見て何かしら驚いている様子で唖然と見ていたのであったのです!!!。

この写真は、東側の正面玄関であり、西側に、西玄関と呼ばれる玄関口があります。

「海老沢」会長は、ほとんど、正面玄関から入ってくるもので、西玄関からほとんど入ってくることがありません。年に数回です。

西玄関で勤務中、無線で、たまたま、「海老沢」会長が入ってくる話があり、その場から逃げたい、恐怖に襲われまして、西玄関の勤務場所は動く事ができません。中にに入って来た瞬間、私の存在に気づき、ものすごい笑顔、何年も離れていた恋人が出会うような嬉しい表情で私を見ていまして、通り過ぎる際、笑顔で頭を下げてお疲れ様ですと言って、入っていたものでもあったのです。

私自身、ここでなぜ!!!!!!!!!!!と強い衝動が現れまして、そこで突然幻覚にあい、あるものを見せられまして、それで理解することができました。

私自身、両親が沖縄の人ですが、一般の人よりも色白でありまして、沖縄の人特有の目がパッチリした表情で、警備員でありながら、NHKでは目立つ傾向にあったと思われます。海老沢会長は、大の沖縄好きです。

この様な出来事もありました。駐車場で勤務していると、女性の方がじっと私の方を見ている。心もブルー、体の服装もブルー、なに?あの女の人、じろじろみやがって・・・。よく見ると、松嶋菜々子さん!!頭を下げると、軽く頭を下げてもらえました。

1階の食堂、1人で食事をしていると、たくさん空いている場所がありながら、森田剛さんが前に座って一緒に食事をした出来事がありました。

朝、「海老沢会長」さんが車で入ってくる際、後ろの席で大きく手を振ってくれる姿が現れたのです。心の中では、違うんです・・・。と言う気持ちになった自分がいました。

当時の「海老沢」会長は、エビジョンイルとも言われ、職員から強く恐れられていたものであり、建物の中に入ると私に対し目線を感じることもありまして、できるだけ中に入らないようにしていたものでもあったのです。

ちなみに、「海老沢」会長の部下に、「海老沢」会長に強く信頼を置く、「立花隆志」さんがいまして、もしかすると、当時、私の事を知っていたのかもしれません。

NHKの話は、尽きることがなく、まだまだ話せる話があり、また、墓場まで持っていくかどうかの話もありまして、文章量が多くなっていたため、NHKでの話は、とりあえずここまでとさせていただきます。

「意外性」のあることと言えば、近くに、ネット回線のジェイコムの会社があるにも関わらず、その地区で、私が住むアパートだけがネットを引くことができないなどありました。

つい最近の話になりますが、現在沖縄在住でありまして、立憲民主党の民主党時代、沖縄担当大臣であった馬淵さんが選挙応援を目的に私の自宅に足を運んでいただいた出来事があったのです。

馬淵さんは、奈良県の衆議院でありまして、私設秘書、私の兄貴の彼女の友達の息子が、私設秘書を行っていまして、沖縄の県知事選で応援するために、沖縄に知り合いがいないのかと言うことで、この秘書の方と強い面識があるわけではありませんが、わざわざ静かな田舎に足を運んでいただきました。

会話を交わさせていただいたのです。

ちなみに、私は、立憲民主党を応援してるのではなく、今後も応援する気はありません。

私自身、気づかされる「気づき」に価値を置いているものであり、この意識が、「女性的優位のエネルギー」を呼び込む働きとして見えてきそうです。

私の個人的な話は、また、別の機会にさせていただきます。

 

何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生とは っている?

 

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

スピリチュアルカウンセラーに向いてる人の特徴とは

スピリチュアル!二極化の時代、風の時代の特徴は?とは

嫁姑がうまくいかない理由は、うまくいく方法はとは

守護霊がいない!守護霊に守られない人とは

芸能人は霊感が強い!消える芸能人の特徴とは

スピリチュアル!運命は決まっている!しかしとは

 

黄金の蝶
ダイヤ
外部リンク⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなのが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

f:id:tukishiromia:20220118064402p:plain

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

Twitter 月代

Twitter 月代

 

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ |霊感がある人の共通点とは|

⇒ |江原啓之|コロナの収束とは|

⇒ |毒親をチェックとは|

⇒ |人間関係のストレスとは|

⇒ |スピリチュアルメッセージの能力とは|

 

スピリチュアル 

霊格が高い人とは

霊視 浮気とは

転職の決断 スピリチュアルとは

夫婦喧嘩で仲直りできないとは

2023年の予言 スピリチュアルとは

女性同士の仲が悪いとは

スピリチュアル 本当の意味とは

 

・私が体験した。金縛りの体験談

金縛りの体験談とは

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

 

 

*都道府県別 当たる?霊視

三重で当たる霊視とは

下関で当たる霊視とは

愛媛で当たる霊視とは