時代が求められる人材!スピリチュアル

・時代が求められる人材!スピリチュアル

・|人材|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

時代が求められる|人材|!|スピリチュアル|

時代が求められる|人材|!|スピリチュアル|から見る話をさせていただきますが、「アメーバニュース」でこの話が取り上げられていました。

私が、このブログで、ス「ピリチュアル」から見る話でして何度も話をさせていただいている話が、そのまま現れてるように感じさせられたのです。

出演されていた、専門家のコメンテーターの話として「ヘッドハンティング」する人の話がありまして.企業が求める人材の傾向について話をされていました。

この方の著書の中で、社会が求める人材として「悪ガキ」の人材を求める傾向がある話はされています。

時代が求められる|人材|!|スピリチュアル|

時代が求められる|人材|!|スピリチュアル|

この「悪ガキ」とは、反社会勢力としての不良的な話ではなく、意外性を生み出す意外性を受け入れるイーロンマスクのような存在的「人材」です。

このコメンテーターの方が話をされている内容として、従来通りに真面目に当たり前に同じ姿をしていくことで、このままみんな一緒に滝に落ちていくのか、それとも、新たな変化を起こし荒波であったとしても、そこから学べるものを学び時代を生き残るのかの選択状態にある話をされていました。

日本人は.「農耕民族」であり、周りと同じ価値感を共有する傾向もありまして、出る釘は打たれる傾向もあり、全てとは言い切れませんが割と、従来の価値感、仕事のスタイルを継続する新しい変化にはリスクが生じるものであり避ける気持ちが現れやすくなる人々も多くいらっしゃることであるでしょう。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

時代が求められる|人材|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

時代が求められる|人材|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

時代が求められる|人材|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

時代が求められる「人材」、「女性的優位のエネルギ」、「スピリチュアル」から見ると必然的な姿として見えてくる姿があります。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチの様に急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響を与えてくれる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」、波のような形として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身共に硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

つまり、これからの時代は、時代が変化しやすい時代であり、今までの当たり前の常識的な仕事の内容が、変化に対応できない姿として現れやすくなります。

これは、硬いパズルとよくも悪くも形が変化するパーツの違い、変化する時代の形に噛み合う可能性も高まりやすくなる方が時代に適応できる可能性もあるでしょう。

私自身少し、考えさせられる話として、「アメーバ」の動画では割と「女性的優位のエネルギー」による価値観が現れやすくなっていると感じさせられるのです。

実際の「アメーバ」も、柔らかい要素でできているものでありまして、様々な場所に組み合う姿も現れやすく、番組としての「アメーバ」そのものが「女性的優位のエネルギー」の影響を受けているのかもしれません。

また、「アメーバブログ」も、男性よりも女性の方が利用者が多い傾向があり、この働きについても少しばかり見えてくる姿が存在します。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

時代が求められる|人材|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

時代が求められる|人材|霊格|について、|スピリチュアル|

時代が求められる|人材|霊格|について、|スピリチュアル|

時代が求められる「人材」、「霊格」について、「スピリチュアル」から見るとこの「人材」に対する需要も高まってくるかもしれません。

このブログでは、何度も話をさせていただいていますが、魂の成長として、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格」が高いと「能動的」な気持ちが現れやすく、「霊格が低い」と「受け身的」な気持ちが現れやすくなります。

「左脳」と「右脳」について、「左脳」は、言葉の組み立て、論理的な認識、計算や比較など、どちらかと言えば「目に見える現実世界を認識する力」に長けており「理系」的、「男性」的な働きをする傾向があるのです。

「右脳」は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば、「目に見えない心を感じる力」に長けており、「文系」的、「女性」的な働きをする傾向があります。

本来であれば、バランスが整っている方が望ましくありますが、人は「価値」を求める生き物であり偏りも現れやすく、その結果物事の考えや「価値観」に違いが現れやすくなるのです。

従来の価値観とは、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値をが高く、「理系」的な働きに価値を置く傾向が高く、ペーパーテストの点数が高ければ人として価値が高いとの思い込みも強く、割とこの価値観に縛られている日本人の方々が多くいらっしゃいます。

そもそも、学校で教わる内容のほとんどが、新たなアイディアではなく、既存の知識を刷り込む形で勉強する傾向がありますよね。

変化の激しい時代は、新しい考えや価値観を生み出す直感の力が力を発揮する姿として現れやすくなるのです。

「アメーバニュース」で出演されていた、ある女性のコメンテーターの方が、連続性のあるものではなく、飛び飛びに現れる考え方に価値が高まる話もされていました。

左脳は、1 +1 = 2のように、連続性がある組み立てに力を発揮するものでありまして、直列型の処理方法だと言われているのです。

右脳は、1 +1=3の様な、一度に感覚的に処理をする、並列型の処理方法と言われていまして、理系よりの働きの多くがAIに置き換えることが容易だと言われています。

「AI」には、人の心を理解する力が弱く、人間にしかできない人間が求める人間のための直感の働きが時代が求める人材として現れやすくなってくるかもしれません。

ついでに、この話もさせていただくとして、「霊感」とは、本来誰にでもあり、幽霊にも心がありまして、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり「心を感じる力」です。

そして、人々の心の底が全て繋がっている考えがありまして、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっています。

「霊感」とは、例えば他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思いますが、それが心を感じる小さな「霊感」の働きです。

「霊格」が高まれば、「霊格が高い」「高次元の存在」の波長を受け取りやすくなり、直感なども含め人類にとって必要な情報、自分にとって必要な情報などが頭の中に現れやすくなってきます。

Yahoo!ニュースのコメントを見ると、「男性的優位のエネルギー」による価値観に縛られている人々も割と多くいる姿が見られる傾向もあり、「アメーバニュース」に出演されていた専門家が求める人材、その人材の価値に理解が現れやすくなるのも、まだまだ先の話かもしれません。

これも「アメーバニュース」で過去に話をされていた内容として、学生が求める自分をPRする価値観と企業が求める人材の価値観に違いがある話もされていまして、社会と閉鎖的な教育環境との価値観にズレがある、当然の話でもあるでしょうか。

これも「アメーバニュース」で話をされていた内容として、企業で働くサラリーマンが、高校の授業に社会のアドバイスとしての講義をする話がありました。

これも賛否両論がありまして、教員免許を持たない素人のサラリーマンが、高校生に対して教育を施すことができるのかの疑問的な話です。

そもそも、社会で働くための、働けるための人材を教育によって養う目的があるものであり、社会人になって社会に適応できない人もいまして、矛盾するような話だと思われないでしょうか。

企業の中には、社会人になってから、コミュニケーションの研修などを取り入れている企業の話も耳にします。

欧米の中には、小学校、中学校、高校などで社会人になって利用する、ビジネスツールのソフトやPhotoshopなどグラフィック関係のソフトを扱わさせる教育を行っている国もあり、その国の方が、社会に適応しやすい人材が現れやすくなるものでもあるでしょう。

私自身の考えになりますが、過去の天才である、「レオナルドダビンチ」や、「ミケランジェロ」などは、自分が学びたいものだけを学んで極めたものでもあり、漢文や自分にとってどうでも良い知識などが義務教育として強制的に学ばされたとするならば、この様な偉人が現れなかったものでもありますよね。

発明家で有名な、トーマスエジソンも同じく、高校は通っておらず、自宅で母親から買い与えられた科学的な道具を使って勉強していた話もあるのです。

先にも話をしましたが、「アメーバニュース」で出演されていた専門家の話として、従来と同じ価値観で、このまま、全員、滝の中に落ちてしまうのか、荒波にチャレンジしそこからの「気づき」によって成長していく生き残りの道を求めるのか、日本の立場が大きな岐路にただされていることでもあるでしょう。

この専門家は、「ヘッドハンティング」業界で、有名な方でありまして、「人材」や経済を大きく上から見渡した中での姿であり、「スピリチュアル」を抜きにして日本経済がかなり危機的な姿について共感的に見えてきそうです。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

黄金の蝶
ダイヤ

 

以下のリンク先は、過去記事からのピックアップ50記事です。興味がある場合は、ぜひ、ご参照してください。

 

  1. |霊視占い|外れた|

  2. |嘘|スピリチュアル|

  3. |沖縄|スピリチュアル|

  4. |嫁姑問題|相性が悪い|

  5. |スピリチュアル|風の時代|二極化|

  6. |人生|悩み|意味|スピリチュアル|

  7. |占い|信じる人|信じない人|の違い|

  8. |好きな人の気持ち|分からない|男性|

  9. |霊格|成長させる方法|

  10. |電話占い|離れている当たる|信憑性|

  11. |スピリチュアル|信じる|幸せになる|

  12. |守護霊|厳しい|性格|

  13. |霊感が強い|女性|特徴|

  14. |子育て|イライラ|スピリチュアル|

  15. |スピリチュアル|転職|決断|

  16. |家族|霊感が強い|

  17. |婚活|成功しない|スピリチュアル|

  18. |無視する人|スピリチュアル|

  19. |男女差別|男女区別|スピリチュアル|

  20. |結婚したい|彼氏がいない|

  21. |スピリチュアル|占い師になるには|

  22. |リモートワーク|過ごし方スピリチュアル|

  23. |好き|嫌い|女性|心理|

  24. |江原啓之|偶然は無く|必然|

  25. |スピリチュアル|卒業|意味|

  26. |霊感|強まる|時期|

  27. |人間関係|コツ|スピリチュアル|

  28. |霊格が低い人|特徴|破滅|

  29. |子育て|うつ|スピリチュアル|

  30. |守護霊|喧嘩を止めない|

  31. |嫁姑|価値観の違い|

  32. |霊格|強い|メリット|特徴|

  33. |霊感|鍛える方法|瞑想|

  34. |人間関係|出会いと別れ|スピリチュアル|

  35. |霊感|効果|

  36. |スピリチュアル|批判||心理|

  37. | 守護霊が| 助けてくれる人|特徴|

  38. |霊格が低い|老ける|

  39. |南海トラフ地震|スピリチュアル|

  40. |赤ちゃん|霊感|

  41. |美しい|オシャレ|心理|

  42. |デマ||騙される|心理|

  43. |男女差別|男女平等|スピリチュアル|

  44. |罪悪感|感じる人||感じない人|

  45. |スピリチュアル|お勧めデートコース|

  46. |占い|信じない|特徴|

  47. 生まれて来る目的|意味|スピリチュアル|

  48. |結婚しない人|スピリチュアル|

  49. |霊感|苦手な場所|

  50. |子育て|夫|手伝わない|スピリチュアル|