スピ系が嫌い!スピリチュアル

・スピ系が嫌い!スピリチュアル

・|スピ系|嫌い|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

|スピ系|が|嫌い|!|スピリチュアル|

|スピ系|が|嫌い|!|スピリチュアル|について、私自身、「スピリチュアル」に関わる情報を配信しているものでありますが、「スピ系」が「嫌い」、「スピ系」の言葉自体が「嫌い」でもあります。

矛盾するかもしれませんが、「スピリチュアル」の価値観は、「スピ系」と言う様に何々系としてくくれるものではなく、精神的な意味で人類に大切な価値観でもあるためです。

ただ、「スピリチュアル」から見ると、「スピリチュアル」も含め、「スピ系」が「嫌い」と思われる人の気持ちも「スピリチュアル」から見て理解できない話でもなく、また、「スピ系」と呼ばれる人の傾向として本当の「スピリチュアル」について理解できていない姿もあるためです。

「スピ系」と呼ばれる人々の傾向、パワースポットやパワーストーン、浄化などに意識が高く、絶対的な話ではありませんが、儀式的なものに興味がある傾向もあるでしょうか。

まずは、「スピ系」が「嫌い」になる話について、「スピリチュアル」から見ると潜在的にこの働きが働いている事も見えて来ます。

|スピ系|が|嫌い|!|スピリチュアル|

|スピ系|が|嫌い|!|スピリチュアル|

心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができますよね。

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなります。

「スピ系」が嫌い、その心情は、自分自身が理解できず、自分自身の「存在感」を失わせる存在として「ストレス」が現れ、排除したい「攻撃」的な気持ちが現れやすくなるのです。

これは、「スピ系」に限った話ではなく、自分自身が理解できない興味がない内容に対して現れやすくなります。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|スピ系|が|嫌い|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|スピ系|が|嫌い|霊格|について、|スピリチュアル|

|スピ系|が|嫌い|霊格|について、|スピリチュアル|

「スピ系」が「嫌い」、「霊格」について、「スピリチュアル」から見ると見えてくる姿があります。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、ストレスも現れやすく、存在感を求めるエネルギーが、誹謗中傷、子供の虐待、いじめ、モラハラ、モンスター○○○、毒親、ストーカー、凶悪犯罪など社会に弊害を与える人々も現れやすくなります。

「霊格が低い」人々が多く現れれば、極端な話、この地球上の自然界も崩壊してしまいかねません。

「スピリチュアル」では、魂の成長を大切にしている考え方がありまして、当たり前の話として、精神的に子供が子供を育てることができませんよね。

ただし、実際の話として、社会にその傾向が現れやすくなっているのです。

実際の話、「霊格が低い」人が、「スピリチュアル」と言う言葉を振り回している姿はあります。絶対的な話ではありませんが、「スピ系」と呼ばれる人々は、「他者の心満たすよりも自分たちの心が満たされる気持ちを優先」にする気持ちが見受けられる傾向もあるでしょう。

「霊格」の特徴として、「霊格が低い人」から「霊格が高い人」の価値観に、心の気づきが少ない分「気づき」が現れにくく、「霊格が高い人」から「霊格が低い人」の様子が精神的に幼いように感じる気持ちとして現れやすくなるのです。

ちなみに、「霊格」の高さとは、絶対的な高さなど人類に存在せず、あくまでも相対的な話の中での話になります。

「スピ系」が「嫌い」については、2つの見方があるかもしれません。1つは、「霊格が低く」、精神的に幼く感じる気持ちです。もう一つは、自分よりも「霊格」が高く、この価値観に「気づき」が現れず、ただ理解できないものとして、「スピ系」が「嫌い」になる見方です。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|スピ系|が|嫌い|スピ系|の言葉、|男性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|スピ系|が|嫌い|スピ系|の言葉、|男性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

|スピ系|が|嫌い|スピ系|の言葉、|男性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

「スピ系」が「嫌い」、「スピ系」の言葉、「男性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」から見ると、「スピ系」の言葉が現れやすくなっているのも理解できます。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から、徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり、異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」、波のような形として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり、心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」に価値を求める傾向が現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は「目に見えない心」に価値を求める傾向が現れやすくなります。

「左脳」と「右脳」、「左脳」は、言葉の組み立て、論理的な認識、計算や比較など、どちらかと言えば「目に見える現実世界を認識する力」に長けており「男性」的、「理系」的な働きをする傾向があるのです。

「右脳」は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば「目に見えない心を感じる力」に長けており「文系」的、「女性」的な働きをする傾向があります。

「理系」は、割り切れる内容を好む傾向があり、心に携わるような割り切れない内容に対して葛藤などが現れやすくなるのです。

つまり、「理系」から見ると、「スピリチュアル」に対して割り切れる様に箱の様な「スピ系」と言う言葉があると割り切れて便利であり、理系よりに価値を置く人にとって扱いやすい言葉でもあるのです。

つまり、「男性的優位のエネルギー」の価値観に縛られている人々から見た言葉であり、「スピリチュアル」から見ると、必然的な話として挙げられます。

日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」だけに価値を置く傾向があり、心からの一つ一つの「気づき」が弱く全員とは言い切れませんが「霊格が低い」人々が現れやすくなっているのです。

「霊格が低い」と、心の視野も狭くなりがちであり、「スピリチュアル」に対して理解ができず、「スピ系」が「嫌い」と思われる人も現れやすくなって当然であるでしょう。

ただ、「スピリチュアル」から見ると、今後、「男性的優位のエネルギー」は弱まってくるものであり、「男性的優位のエネルギー」による価値観が弱まってくることによって、「スピ系」を受け入れる人々が現れやすくなってきます。

当たり前の話として、「霊格が低い人」よりも「霊格が高い人」の方がカリスマ性として高まりやすく、人々の心を満たす力も現れやすく、社会にとって必要な人材として現れやすくなってくるのです。

先にも話をしましたが、当たり前の話として、子供を育てるには精神的に大人でなければなりませんよね。

ただ、「スピリチュアル」に興味がある人が全員、「霊格」に対する意識と心からの一つ一つの「気づき」に意識が高いとも言い切れず、「霊格が低い人」が光り輝く「スピリチュアル」だけに興味を持ち合わせているのも事実としてあるでしょう。

「スピリチュアル」から見ると、「霊格が高い」「スピリチュアル」に光り輝くカリスマ性があり、「霊格が低い人」がそこに魂が惹きつけられ、心からの一つ一つの「気づき」に意識が高まり始まる前段階として考えることもできるかもしれません。

少なからず、「スピ系」が「嫌い」と思われている人よりも、「心」に対して意識が高いものであり、「スピ系」が「嫌い」と思われる人よりも「霊格」が高まる可能性を秘めている姿も見て来ます。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

黄金の蝶
ダイヤ

 

以下のリンク先は、過去記事からのピックアップ50記事です。興味がある場合は、ぜひ、ご参照してください。

 

  1. |霊視|と|透視|の違いは?違いって何?

  2. |霊視|の能力、修行しても無駄!身につけられない理由

  3. |人間関係リセット症候群|で|うつ病|の原因は?

  4. |霊視|で|大地震|や|大災害|について見てくれるの?

  5. |スピリチュアル|!|子育ての悩み|!現代の特徴は?

  6. |霊視|で|菅総理|!次の総理も確認できるの?

  7. |スピリチュアル|!|風の時代|に起きる|出来事|は?

  8. |守護霊|、|占い|って何?|当たる|のか!

  9. |人間関係|!|おまじない|の効果!|スピリチュアル|

  10. |人間関係の悩み|!|解決|は?|スピリチュアル|

  11. |友達|の|霊感が強い|!あなたの|霊感|は?

  12. |スピリチュアル|の|本当の意味|!|簡単|な話

  13. |スピリチュアル |の|ちえ |ちゃんが! |嘘 |だと思う心理

  14. |政治家|の|霊格が低い|!|国民|の|霊格が低い|!原因

  15. |スピリチュアル|!|好きになる人|の特徴と|意味|は?

  16. |スピリチュアル|!|人間関係のイライラ|!現代人の特徴

  17. |霊感|と|霊格|の関係!今後、|霊感が強い|、|霊格が高い|人が増えるかも

  18. |霊視|が|外れた|!|外れた|相談者の特徴は?

  19. |スピリチュアル|!|結婚|の|意味|は?|結婚されない人|

  20. |嫁|(奥さん)の|霊感が強い|!|夫|の傾向は?

  21. |スピリチュアル|に興味がある人!|頭が悪い|?

  22. |結婚相手間違えた|!|スピリチュアル|!その特徴

  23. |美人|に|霊感が強い|人が多い?その理由

  24. |嫁姑|の|板挟み||孫|の気持ちを考えて

  25. |スピリチュアル|! |風の時代|の|生き方|!起きる出来事

  26. |女性|の|人間関係の悩み|!|スピリチュアル|

  27. |家族|の意味!|仲が悪い|!|スピリチュアル|

  28. |霊的世界|とは?|霊界|とは?|スピリチュアル|

  29. |ソウルメイト|と|結婚できない|!|ソウルメイト|の特徴

  30. |霊感|を|信じない|!|認めない|!人々の心理

  31. |森喜朗|!|女性|への|差別|的!発言、|スピリチュアル|

  32. 自分の|罪|や|非|を|認めない|!|スピリチュアル|

  33. |浮気をする男性の特徴|!|スピリチュアル|

  34. |当たる|!|占い師になるには|?当たらない!

  35. |人間関係のリセット|!|スピリチュアル|

  36. |高次元の存在|(高級霊)と|人間の違い|!|スピリチュアル|

  37. |コロナ感染|!|スピリチュアル|!特徴と意味は?

  38. |守護霊が強い|!|強い守護霊|っているの?

  39. |人は顔じゃない|、|嘘|!|スピリチュアル|

  40. |副業|を始めるポイント!|スピリチュアル|

  41. |好きな人の特徴|は?|スピリチュアル|

  42. |人間関係の希薄|!その原因!|スピリチュアル|

  43. |守護霊|が|影響|を与える!その仕組み

  44. |電話占い|の|料金|、|相談料|が高い!?参考になる?

  45. |霊感が弱い|!|霊感を鍛える方法|は?

  46. |人間関係が維持できない|!|スピリチュアル|

  47. |嫁姑問題|が増えている!?|霊格|が原因か!

  48. |スピリチュアル|を|信じる|は?|現実逃避|か?

  49. |占い|!|なぜ当たる|!その|仕組み|は?

  50. |人間関係の法則|!|スピリチュアル|