スピリチュアルが嫌い!否定する夫について

・スピリチュアルが嫌い!否定する夫について

・|スピリチュアル|嫌い|否定||(主.キーワード関連記事)

|スピリチュアル|が|嫌い|!|否定|する|夫|について

|スピリチュアル|が|嫌い|!|否定|する|夫|について、この話が、ネット上の話としてありました。

割と、現在、その傾向の「夫」の方が多くいらっしゃるものではないでしょうか。

この方は、それほど深く「スピリチュアル」について興味があったものではなく、一般的な女性の方が占いに興味がある程度のものであり、「夫」からは、科学的根拠がない「スピリチュアル」に対して1円たりとも使って欲しくない話をされていたのです。

そのため、自分自身で稼いだお金を使って、セミナーに参加してみた所、理解できないことを話す人もいれば、心の知能指数が高い人など、様々な人がいることに「気づき」が現れ、人それぞれであると感じた話をされていました。

従来は、男尊女卑的な価値観があったものであり、「夫」の発言は絶対と言う家庭も合ったことであったでしょう。

|スピリチュアル|が|嫌い|!|否定|する|夫|について

|スピリチュアル|が|嫌い|!|否定|する|夫|について

現在は、女性の立場も高まっているものであり、「スピリチュアル」に興味を持ち始める女性の方と、そのことに対して、「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」の関係などが現れやすくなっているかもしれません。

「スピリチュアル」から見ると、「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」の心の内も分からない話でもなく、現在においては、「スピリチュアル」から見るとその関係自体、必然的に現れやすくなってるのかもしれません。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|スキーマ|と|存在感|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|スキーマ|と|存在感|について、|スピリチュアル|

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|スキーマ|と|存在感|について、|スピリチュアル|

「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」、「スキーマ」と「存在感」について、「スピリチュアル」から見る見方があります。

「スキーマ」とは、心理学用語で枠や図の意味がありまして、人は、自分自身が持ち合わせている「スキーマ」の情報を扱って世の中を認識しているのです。

例えば、目の前にあるコップ、コップは固い、コップは水を入れる容器など関連する「スキーマ」の情報と現実世界にある情報が一致することによってそれをコップだと認識しています。

当たり前の話だと思われるかもしれませんが、決して、当たり前の話ではなく、この情報が一致しなければ、自分自身に危害を与える可能性があるものとして警戒心が高まり「ストレス」が生じやすくなるのです。

動くはずもないコップが、ガタガタと動けば、「ストレス」によって警戒心が高まるものではないでしょうか。

つまり、「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」の中には、「スピリチュアル」に対する「スキーマ」の情報を持ち合わせていない中で「ストレス」を与える存在として警戒心が高まりやすくなる場合もあります。

この、「スキーマ」の働きは、頭の考え方をスムーズに働かせる目的として、自分自身が持ち合わせている「スキーマ」の情報と無理やり一致させる姿として現れやすくなる場合もあるのです。

例えば、「スピリチュアル」に対して、オーム真理教のようなものと同じだと考える心理的な働きなどが挙げられます。

アメリカ人が、中国人と日本人と韓国人の区別がつかず、同じ国のアジア人として思ってしまう心理的な働きと同じです。

日本人においても、フランス人とドイツ人の区別がつきにくくあるものではないでしょうか。

「存在感」について、心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば、強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるものではないでしょうか。

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなります。

つまり、「スキーマ」の原因についての話もありますが、自分自身の「存在感」を感じられない者として「ストレス」が現れ、避けたい気持ちなどが現れやすくなるのです。

過去の話でありますが、何十年も会ったことがない小学校時代の友人が、大人になった際に突然、現れたことがありました。

喫茶店に誘われて、話をしていたところ、その友人に、電話がかかってきて、そのやりとりを聞くと違和感を感じ、創価学会の勧誘の話でもあったのです。

みんなで幸せになろう!!!と言う言葉を聞き、強い違和感と警戒心が現れまして、後に、自分が持ち合わせている「スキーマ」との違いに感じさせられた経験でもありました。

そのため、「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」の気持ちも分からない話ではなく、多分、私が感じた感情に近い感情を抱いているものでもあるでしょう。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|左脳|と|右脳|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|左脳|と|右脳|霊格|について、|スピリチュアル|

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|左脳|と|右脳|霊格|について、|スピリチュアル|

「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」、「左脳」と「右脳」、「霊格」について、「スピリチュアル」から見る見えてくる特徴的な姿があります。

「左脳」は、言葉の組み立て、論理的な認識、計算や比較など、どちらかと言えば「目に見える現実世界を認識」する力に長けており、「男性」的、「理系」的な働きをする傾向があるのです。

「右脳」は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば「目に見えない心を感じる力」に長けており、「女性」的、「文系」的な働きをする傾向があります。

本来、バランスが整っている方が望ましくありますが、人は価値を求める生き物であり、その結果偏りも現れやすく、物事の考え方や価値観に違いが現れやすくなるのです。

私自身、父親が、木工彫刻家でもありまして、普通のサラリーマンとは違う家庭で成長してきたものでもありました。

絶対的な話ではありませんが、「スピリチュアル」に興味のある男性、理解している男性の傾向は、何かしらの「心」に対して意識を向ける傾向があり、その中で、「スピリチュアル」に対して興味が現れたり理解できる姿が現れやすくあると思われます。

日本の教育は、目に見える教育に力を入れる傾向が高く、それほど、心を意識した教育というのは高くある訳ではありませんよね。

その結果、目に見える現実世界を認識する力に長けている、理系よりに価値を求める傾向も現れやすく、目に見えない心のあり方に対し、「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」が現れやすくなるのも当然の話ではないでしょうか。

「魂の成長」について、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

基本的に男性は、現実世界に対して意識が高まりやすく、その結果、心からの一つ一つの「気づき」が弱く、「霊格が低い」男性も現れやすくあります。

「霊格」の特徴として、「霊格の低い人」から「霊格が高い人」の価値観が、心の「気づき」が少ない分、理解することができず、「霊格が高い人」から「霊格が低い人」の姿が精神的に幼く感じる気持ちが現れやすくあるのです。

つまり、現実世界に対して意識が強い「霊格が低い」男性からすると、「スピリチュアル」に対しての価値観に「気づき」が現れにくく、「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」も現れやすくなるでしょう。

この様な話についても、あるかもしれません。「霊格」が高まれば、精神的な意味でカリスマ性が高まり、価値を高めたい女性の心を引き寄せる力が現れやすくなる姿です。

過去に、「江原啓之」さんの講演について、女性がほとんどであった話などもありました。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|男性心理|と|女性心理|の違いについて

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|男性心理|と|女性心理|の違いについて

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|男性心理|と|女性心理|の違いについて

「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」、「男性心理」と「女性心理」の違いについて、この話も大きな話として挙げられるでしょう。

男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのです。

男性は、基本的に、自分の趣味や仕事と女性も意識したい、「目に見える現実世界」に意識が高まりやすくなります。

女性は、意識されるために自分自身の「価値」を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の「心」にも意識が高まりやすくなるのです。

「心」に携わる恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり、理解と納得がしていただけるものではないでしょうか。

「スピリチュアル」は、「心」に携わる話であり、新たな価値観を与えるものとして心の成長を高めるものとして、女性の心に引き寄せる要素が含まれています。

「霊格が低い」原因もありますが、男性自身が、「目に見える現実世界」に価値を求めることにより、見えない「心」に価値を見いだすことが弱く、「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」が現れやすくなるのも致し方がありません。

ただ、「スピリチュアル」的な話になれば、よくできた関係だと実感させられます。

なぜならば、古代男性は、動くマンモスを食料として追いかけてきたものであり、子供と家庭を見守るのが女性の役割でもありました。

マンモスを追いかけるには、目に見える現実世界に意識が高くある必要性があり、また、女性が家庭で子供を育てるには、精神的に母親としての母性を持ち合わせておかなければなりません。

もしかすれば、「女性」が「スピリチュアル」に興味を持ち合わせやすい、男性が、「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」の話も本能的な話として考えられる話です。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

|スピリチュアル|が|嫌い|否定|する|夫|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

当たり前の話として、「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する気持ちが現れるのは、その存在があっての事でもありますよね。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から、徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」、波のような形として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり、心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり、心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」、「既存の知識」、「既存の価値観」、「期待性」を求める姿として現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は、「目に見えない心」、「未知の知識」、「新たな価値観」、「意外性」の姿として現れやすくなります。

つまり、「スピリチュアル」が「嫌い」、「否定」する「夫」とは、「男性的優位のエネルギー」に縛られている人として考えることができるでしょう。

目に見えるものしか信じない、既存の知識しか信じない、既存の価値観しか信じない、理系的な期待通りの結果を求める傾向について見えてこないでしょうか。

まだ、「女性的優位のエネルギー」は、始まりの序章にしか過ぎないため、家庭内で対立する姿などが現れやすくなってくるかもしれません。

「旧統一教会」の信者を脱退させるのが難しい話などもありまして、「男性的優位のエネルギー」の価値観に縛られている人の考えを変えさすのも難しい話であり、人が肉体的に痛みを生じると意識を向ける出来事も現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は「心」に意識が高くあるため、心の痛みによって気づかされる「気づき」が現れやすくなってくる可能性についても少し見えてきそうです。

 

何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生 っている?

 

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

子育て スピリチュアル

左肩が痛い スピリチュアル

結婚できない スピリチュアル

霊視 嘘 スピリチュアル

いじめ スピリチュアル

霊感 スピリチュアル

 

黄金の蝶
ダイヤ
外部リンク⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

f:id:tukishiromia:20220118064402p:plain

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ |霊感がある人の特徴|

⇒ |江原啓之|コロナの収束|

⇒ |毒親をチェック|

⇒ |人間関係|ストレス|

⇒ |スピリチュアルメッセージ|

 

スピリチュアル 

人工知能 スピリチュアル

占い師になるには 霊感

若く見える人 スピリチュアル

ADHD スピリチュアル

チャネリング スピリチュアル

声が出ない スピリチュアル

 

電話占い お勧め記事 (口コミ 人気 電話占い

⇒ 「電話占い 当たる仕組み」 ・「電話占い 悪い結果」 ・「電話占い チャネリング」 「電話占い 守護霊対話

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ |金縛りの体験|

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

 

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ |三重で当たる霊視相談|

⇒ |下関で当たる霊視|

⇒ |愛媛で当たる霊視|