学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応!google AI  gemini

子供が学校に行きたくない:スピリチュアルな視点からのアプローチ

子供からの「学校に行きたくない」というSOSは、親にとって非常に心配なものです。一般的な対処法に加え、スピリチュアルな視点を取り入れることで、子供の心と魂のケアに寄り添い、根本的な解決策を見つける糸口となる可能性があります。

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応!google AI  gemini

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応!google AI  gemini

1. 共感と受容:子供の気持ちに寄り添う

まず大切なのは、子供の話をしっかりと聞き、共感することです。学校で何があったのか、どんな気持ちなのか、じっくりと耳を傾けましょう。子供の気持ちを受け入れ、否定したり、無理に励ましたりせず、ありのままの感情を認めてあげることが重要です。

2. 魂のメッセージを受け取る:サインを見逃さない

子供は大人よりも直感力に優れている場合が多く、魂からのメッセージを感じやすいと言われています。学校に行きたがらない理由の中には、目に見えない問題や、親が気づいていない潜在的な悩みがあるかもしれません。子供の言動や行動をよく観察し、何か訴えようとしているサインを見逃さないようにしましょう。

3. 信頼関係を築く:安心できる場を作る

子供にとって、親は最も安心できる存在であるべきです。日頃から子供とオープンにコミュニケーションをとり、信頼関係を築いておくことが大切です。子供が何でも話せる環境を作ることで、心の奥底にある悩みや不安を引き出しやすくなります。

4. 本来の輝きを取り戻す:魂の目的を探求する

子供は一人ひとりに個性と才能、そして魂の目的を持って生まれています。学校に行きたがらない理由は、もしかすると、本来の自分自身を活かせる場所が学校ではないと感じているのかもしれません。子供の興味や関心を尊重し、その子らしさを存分に発揮できるような環境を与えてあげることが大切です。

5. 癒しと浄化:心の平穏を取り戻す

学校生活や人間関係のストレス、あるいは過去のトラウマなどが原因で、子供が心身に深い傷を抱えている可能性もあります。アロマテラピーや瞑想、ヨガなど、子供に合った方法で癒しを取り入れ、心の平穏を取り戻すサポートをしてあげましょう。

6. スピリチュアルなサポート

子供自身が望むのであれば、エンジェルカードリーディングやヒーリングなどのスピリチュアルなサポートを取り入れるのも一つの方法です。子供にとって必要なメッセージやアドバイスを受け取ることで、心が軽くなり、前向きな気持ちになれる可能性があります。

7. 専門家のサポート

子供の不登校が長引いたり、深刻な悩みを抱えている場合は、専門家のサポートを受けることも大切です。カウンセラーやスクールソーシャルワーカー、臨床心理士など、子供の状況に合った専門家に相談することで、より具体的なアドバイスや支援を受けることができます。

8. 親自身の癒し

子供と向き合う中で、親自身が癒されていない部分があると、子供との関係に悪影響を及ぼす可能性があります。親自身も心のケアを行い、自分自身と向き合うことで、子供とのより良い関係を築き、子供の成長をサポートしやすくなります。

9. 家族全体で取り組む

子供の問題は、子供だけの問題ではありません。家族全体で協力し、解決に向けて取り組むことが大切です。家族会議を開いたり、それぞれの役割分担を決めたりすることで、子供に安心感を与え、支えてあげることができます。

10. 希望を持ち続ける

どんな状況であっても、希望を持ち続けることが大切です。子供は本来、無限の可能性を秘めた存在です。親の愛情とサポートがあれば、必ず困難を乗り越え、自分らしい道を歩んでいくことができるでしょう。

スピリチュアルなアプローチは、子供の心と魂に寄り添い、根本的な解決策を見つけるためのヒントとなります。 焦らず、子供のペースに合わせながら、様々な方法を試してみることで、親子共に成長できる機会となるでしょう。

以下に、参考となるスピリチュアルな情報源をいくつか紹介します。

  • エンジェルカードリーディング
  • ヒーリング
  • スピリチュアルカウンセリング
  • 前世療法
  • チャクラワーク

大切なのは、子供と心を通わせ、その子にとって最善の方法を見つけることです。 上記の情報が、子供の笑顔を取り戻すためのヒントとなることを願っています。by google AI  gemini

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応!

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,から見る話について、スピリチュアルから見ると従来よりもその傾向が高まりやすくなってくる可能性があります。

これは、いくつかの要因がありまして、絶対的にこれらの話が当てはまるとも言い切れず、そのためあくまでも参考程度にしてください。

まずは、学校に行きたくない子供が増えている原因の1つに、子供が外で遊ばなくなった原因が挙げられます。

従来の子供は、外で走り回りながら遊ぶ姿があり、その経験が外部への適応力を高めてくれる働きがあったのです。

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応!

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応!

子供への犯罪が増えてから、子供を外で遊ばさない姿が増え、またテレビゲームの普及により自宅に引きこもり子供が現れやすくなっています。

これは、大人がいきなり、1人で、見知らぬ場所に行くような心理状態でもあり、人によって話が変わってきますが、なじめないで早く自宅に帰りたいと言う気持ちが現れやすくなる場合もあるのではないでしょうか。

子供が外で遊ぶ経験と言うのは、複数の子供との関係から、社会的な複数の人々が集まる場所への第一歩としての適応力を高めてくれる場合もあるのです。

スポンサー

 

 

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、左脳と右脳

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、左脳と右脳

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、左脳と右脳

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、左脳と右脳から見るとこの話も押さえておかなければなりません。

左脳は、言葉の組み立て、論理的な認識、計算や比較など、どちらかと言えば目に見える現実世界を認識する力に長けており、男性的、理系的な働きをする傾向があります。

右脳は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば目に見えない心を感じる力に長けており、女性的、文系的な働きをする傾向があるのです。

本来、バランスが整っている方が望ましいですが、人は価値を求める生き物であり偏りも現れやすく、その結果物事の考えや価値観に違いが現れやすくなります。

本来、幼少期は、右脳の働きが働きやすく、徐々に現実世界に適応していくことによって左脳の働きが高まりやすくなってくるのです。

昔の母親は、子供に対し、童話などの本を読む姿がありましたが、現在は、その傾向が減っているのではないでしょうか。

つまり、左脳が十分に成長していない中で、小学校まで歩んでしまうと、学校に馴染めない、学校に適応できない、学校に行きたくない子供が現れやすくなってくるのです。

スポンサー

 

 

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、女性的優位のエネルギー

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、女性的優位のエネルギー

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、女性的優位のエネルギー

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、女性的優位のエネルギーから見るとこの働きについても見えてきます。

スピリチュアルでは、地球の全体的なエネルギーの質が男性的優位のエネルギーから、徐々に女性的優位のエネルギーに変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり、異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

女性的優位のエネルギーは、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような相反するエネルギーとして現れやすく、これが社会に対し二極化や矛盾、朝令暮改、波のような形として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを抑えてコントロールする傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを外に開放してコントロールする傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、女性的優位のエネルギーによって変化の激しい時代の始まりです。

男性的優位のエネルギーは、目に見える物質、既存の知識、既存の価値観、期待性を求める姿として現れやすく、女性的優位のエネルギーは、目に見えない心、未知の知識、新たな価値観、意外性のある姿として現れやすくあります。

今後男性的優位のエネルギーが弱まってくることによって、左脳の力が弱まりやすくなり、逆に右脳の働きが働きやすくなることによって、学校に適応できない、学校に行きたくない子供が増えるのも必然です。

スピリチュアル的な考えになれば、現在の教育は、男性的優位のエネルギーが作り出してきた価値観であり、これが衰退していく姿も現れやすくなってきます。

例えば、計算など、デジタルに任せればすぐに計算できるものであり、どうでしょうか、計算するのに、わざわざ、小学校で習ったような計算の仕方をする人などはいるでしょうか。

スポンサー

 

 

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、魂の成長

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、魂の成長

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、魂の成長

学校に行きたくない子供,スピリチュアル,への対応、魂の成長から見る見方があります。

魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいてますが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきです。

霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人になる話です。

霊格が低いとは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の気づきが少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も難しい話ではなく精神的な意味で子供です。

学校に行きたくない子供への対応について、私自身は、無理に学校に行かす必要性はないと思います。

ただし魂の成長から見れば、何もしないのはあまり良くないものであり、変化としての成長については大切だと考えます。

私がお勧めする話は、YouTubeに、子供向けのアニメの歴史を学ぶアニメがありまして正直な話、このアニメを3回ほど見るだけで、小学生の歴史については十分だと思います。

現在は、YouTubeなど様々なコンテンツがあるので、まずは様々なものを見る、自分自身の興味があるものを能動的に自分自身で見つける、能動的な精神を求めていくのもポイントです。

なぜならば、自分自身における能動的な気持ちは、自分自身の中で様々なことについて気づかされる出来事も現れやすく、心の成長である霊格の成長も高まりやすくなるからです。

お金に余裕があるのであれば、霊格の成長に繋がる漫画、例えば、手塚治虫先生のブラックジャック、ブッダなどを与えれば、学ぶことの大切さに気づきが現れ学校に行きたい気持ちが芽生えやすくなるかもしれません。

スポンサー

 

 

ご相談の受けつけを開始しました。

私は、過去に霊感占い師として人の悩みの相談に応じていました。10年以上の前の話です。不特定多数の方に伝えたほうが良いと考え、個人の相談に応じる事を控える事に決めました。

 

実際の話しは、ある相談者との出会いであり、私のアドバイスによって、ある女性とお付き合いする事が出来まして、相手の女性の方がスナックで働く女性であり、当時のスナックは、朝の5時まで営業が出来る時代でした。その男性の相談者から深夜の3時にメールをしても返って来ない。どうしてでしょうか!!!。との不安げな話があり、え?常識的に考えても・・・・、私は、この人から考える力を奪っているのでは?と思い、相談に応じる事を控え、不特定多数の方に、このブログを通して伝わってくる感覚を伝える事に致しました。

 

その後にも、ご要望が多数寄せられまして、つい最近、一人の悩みに答えるのも大切だとある事をきっかけに感じさせられる出来事がありました。

 

ただ、昔の様に、様々な事が当たる!奇跡的な展開が起きる、霊感が蘇るか・・・、その後に指導霊が変わった可能性が高く、私自身も分からず、そのため、匿名可参考になった場合に限り、メールにおいての相談、2500円で始める事に致します。

 

ご相談ご希望は、こちらのスピリチュアルリスト、月代(つきしろ)ご相談フォームからお申し込みください。

 

⇒ 月代(つきしろ)ご相談フォーム

 

このブログの画像の大半は、私自身がAI画像生成サイトを利用して作成しています。興味があれば、アクセスをしてください。

⇒ AI画像講座(完全無料)

 

スポンサー

 

 

 

スピリチュアル 関連記事!外部サイト