ユング心理学の批判について!スピリチュアル

・ユング心理学の批判について!スピリチュアル

・|ユング心理学|批判|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

|ユング心理学|の|批判|について!|スピリチュアル|

|ユング心理学|の|批判|について!|スピリチュアル|から見る話をさせていただきますが、「スピリチュアル」に割と興味がある人の中では、「ユング心理学」についてご存知の方も多いことであるでしょう。

私自身も、「ユング心理学」に価値を置き受け入れているものでありますが、このページにおいては、あえて、「ユング心理学」の批判について話をさせていただきたいと思います。

「ユング心理学」は、「分析心理学」とも言われていまして、深層心理学を扱った学問を中心にしている学問です。

「ユング心理学」の有名な話としては、個人の下には個人が抱く「無意識」があり、その奥底には人類が共通して共有する「集合的無意識」と呼ばれる意識が存在すると考えられています。

|ユング心理学|の|批判|について!|スピリチュアル|

|ユング心理学|の|批判|について!|スピリチュアル|

ちなみに、「無意識」とは、止まった状態の「無意識」ではなく、あくまでも、意識している意識から意識できない「無意識」であり無機質なものではありません。

また意味のある偶然の一致としての「シンクロニシティー」、男性の心の中にも小さな女性の心、女性の心にも小さな男性の心がある、「アニマ」と「アニムス」の話も有名な話として存在します。

実は、世界的に見れば、「ユング心理学」は受け入れられている心理学でもなく、どちらかと言うとマイノリティーの少数的な学問でもあるのです。

日本においても、精神科や心療内科で大きく扱われているものでもなく、科学的エビデンスとして人を機械的に見る「行動心理学」や「認知心理学」がメインの話として受け入れられています。

経験不足の大学生に、「ユング心理学」の「分析心理学」である学問を教えるのが難しく、経験を要するものでもあるのです。

日本の教育スタイルは、中世に現れた教刷術と呼ばれる学問でありまして、黒板などを扱って、1人の教師が一斉に多くの人に同じ内容を教えるのに効率が良い教育方法を採用しています。

そのため、誰にでも同じ結果が得られる、評価しやすい、「行動心理学」や「認知心理学」、「理系」よりの心理学にシフトが強く現れやすくあるのです。

日本国内においても、この価値観に価値を置いている人からすると、科学的エビデンスを得ることが難しい、「ユング心理学」のみならず「深層心理学」そのものに否定する人もいます。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|フロイト|ユング|アドラー|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|フロイト|ユング|アドラー|について、|スピリチュアル|

|フロイト|ユング|アドラー|について、|スピリチュアル|

「フロイト」、「ユング」、「アドラー」について、「スピリチュアル」から見る話があります。

「フロイト」以前に、神経症やヒステリーなど研究する学者がいましたが、言葉を与えて連想させる、夢の中に原因を探る夢判断を提言されたのが「精神分析学」創立者の「フロイト」です。

「ユング」と「アドラー」は、「フロイト」のこの考えに共感を感じ、「フロイト」の弟子になりました。

「フロイト」は、心の内容を、「自我」と「エス」と「超自我」の3つの区分に分ける考えを致したのです。

自我は、今意識している自分の「意識」であり、「エス」とは本能的なエネルギーであり、、「超自我」とは、社会に適応する、意識と自我の見張りやすく理性とも呼べるかもしれません。

「フロイト」は、これを、人が持っている馬に例えていまして、人が「意識」、馬が「エス」、あるべき姿としての見張り役が「超自我」になります。

必ず、馬が言うことを聞くわけでもなく、そこに葛藤などの病が現れる考え方をされていました。

また、「フロイト」は、様々なエネルギーを性的(快感)な内容と結びつけるようになりまして、「フロイト」と「アドラー」は、この考えを受け入れることができず、「アドラー」は去っていったのです。

「ユング」は、「集合的無意識」の考えを提言され、「フロイト」が、この考えを受け入れられず、お互い、意見の対立から分かれてしまいました。

「アドラー」は、深層心理そのものを捨て去り、人は、あるべきものを求めて成長していくものであり、それが権威と考えるようになりまして、「個人心理学」の考えとして活動していくのです。

例えば、お金があるために物を買う権利が現れるものであり、人から認められたいのも価値ある姿としての権利でありまして、この考えは、「狩猟民族」の「個人主義」を大切にする欧米で受け入れられる傾向がありました。

特に、権力に対して意識が高い、「アメリカ」で受け入れる姿が現れたのです。

「フロイト」はユダヤ人でありまして、「フロイト」と「ユング」はドイツで活動している中、ヒットラーが現れるとアメリカに亡命をしました。

「ユング」は、一時期、ヒトラー政権時代に、ドイツの精神科をまとめる会長についていた時期がありました。ただ、ヒットラーが行っている内容に疑問を持つようになり、会長職を辞職するものでもあったのです 。

フランスやドイツでは、「ユング」についてあまり好印象の姿ではなく、「フロイト」と「ユング」が決別した話について、「ユング」が「フロイト」を追いやったイメージとしてありまして、「ユング心理学」に対し「批判的」な傾向を持ち合わせています。

「アメリカ」では、これも、「ユング心理学」に対してオカルト的なイメージが強く、過去には、ニューエイジと呼ばれる、ドラッグを使った神秘体験を求める人々が現れやすかった時代もあり、その中で荒廃する人々も現れやすく、アメリカにおいても「ユング心理学」に対し「批判」する傾向にあるのです。

日本においても、目に見えない「集合的無意識」など、「オカルト」的な要素と結びついて見えている人もいるでしょうか。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

「ユング心理学」の「批判」について、「霊格」の話、「スピリチュアル」

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

「ユング心理学」の「批判」について、「霊格」の話、「スピリチュアル」

「ユング心理学」の「批判」について、「霊格」の話、「スピリチュアル」

「ユング心理学」の「批判」について、「霊格」の話、「スピリチュアル」から見ると見えてくる姿があります。

「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で心の視野が広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格」の特徴として、「霊格が低い人」から「霊格が高い人」の姿が、心の「気づき」が少ない分、理解することができず、「霊格が高い人」から「霊格が低い人」の姿が精神的に幼い姿として現れやすくなります。

つまり、「ユング心理学」を理解するには、ある程度、心の「気づき」の「霊格が高い」必要性があり、「霊格が低い」人からすると「ユング心理学」の「批判」も現れやすくなるのです。

日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」のみに意識が高く、ペーパーテストの点数が高ければ人として価値が高い社会的な風潮もあり、心からの一つ一つの「気づき」が弱く、全員とは言い切れませんが「霊格が低い」人々も現れやすくなっています。

私自身の心理学との出会いは、日本に「ユング心理学」を初めて広く伝えた、京大の名誉教授である「河合隼雄」先生の心理学入門でもありました。

当初、私は、心理学に対して、強い不快感があり、人の自由な心を何かしらの型にはめる考えに強い抵抗感があったのです。

ただし、本屋に足を運んだ際、ふと、気になって読んでみたのがその本であり、ぺらぺらとめくりながら当時の無学な私が読んだ際、この様な難しい本、一生理解することができないものだと思ったものでもありました。

ただ、「集合的無意識」と呼ばれる項目に目を置いたところ、今までの偶然の一致、意味のある幻覚の経験がありまして、そこだけこれだ!と理解することができたのです。

現在に至っては、小学校の勉強内容が簡単に理解できるように、全て、簡単に理解しているものでありまして、これも必然的な出来事だったと強く感じさせられます。

「スピリチュアル」的な話になれば、地球の全体的なエネルギーの質が、「心」に意識が高い「女性的優位のエネルギー」の影響受ける序章が始まっているものであり、人々の中で「霊格」が高まれば、「ユング心理学」について理解と受け入れる人々が現れやすくなってくるかもしれません。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

以下のリンク先は、過去記事からのピックアップ50記事です。興味がある場合は、ぜひ、ご参照してください。

 

  1. |親|霊格が低い|父親|

  2. |霊感|霊能力|違い|

  3. |スピリチュアル|イライラ|

  4. |霊感|科学|証明|

  5. |スピリチュアル|病気|意味|

  6. |霊感が強い|苦労|

  7. |スピリチュアル|江原啓之|2021年|メッセージ|予言|

  8. |スピリチュアル|第六感|

  9. |スピリチュアル|信じない人|霊格が低い|

  10. |スピリチュアル|生まれてくる意味|目的|

  11. |霊感が強い子供|霊感が弱い子供|

  12. |守護霊|影響||役割|

  13. |スピリチュアル|信じる|女性|

  14. |スピリチュアル|宗教|同じ|

  15. |江原啓之|嘘|

  16. |江原啓之|離婚相談|

  17. |江原啓之|021年|予言|破滅||地獄の入り口

  18. |江原啓之| 結婚できない人|

  19. |霊感が強い|女性|

  20. |江原啓之|オーラの泉が終わった理由|

  21. |霊感を信じない|

  22. |霊感がなくなる|

  23. |菅総理|菅政権||退陣|

  24. |占い師になるには|独学||メリット|

  25. |霊視の存在意義|

  26. |スピリチュアル|胡散臭い|

  27. |霊感が強い|感じ方|

  28. |スピリチュアル|コロナ|ストレス|

  29. |霊感|思い込み|

  30. |何も言わない|霊視当たる|先生|

  31. |霊視|好きな人の気持ち|質問|

  32. |占い|彼氏|浮気|確認|

  33. |婚活|うまくいかない|

  34. |スピリチュアル|人間関係|変化|

  35. |江原啓之|本当の幸せ|

  36. |スピリチュアル|信じる|信じない|陰陽|

  37. |浮気|女性|増えている|

  38. |守護霊|助けてくれない|

  39. |スピリチュアルとは|占い|

  40. |江原啓之|胡散臭い|

  41. |スピリチュアル|コロナ|意味|

  42. |スピリチュアル|霊感|

  43. |江原啓之|家族|毒親|

  44. |霊視|分かる内容|と|分からない内容|

  45. |スピリチュアル|婚活|

  46. |霊感を身に付ける|

  47. |スピリチュアル|心からの一つ一つの気づき|

  48. |守護霊が変わる|タイミング|

  49. |江原啓之| 運命の法則|8つの法則|

  50. |霊視|未来が変わる|