スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ こう起きる!

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ こう起きる!

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ こう起きる話は、実際に経験されたことがない方にとって、ただの思い込み、非現実的な話として、深く受け止めれない話ではないでしょうか。

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ この話は、誰しもが亡くなる話であり、片隅に入れていれば、亡くなった後、現世にメッセージを届けやすくなるかもしれません。

この話について、知っていただくためには、このブログで何度も話をさせていただいている、人の心の話について、知っていただく必要性もあります。

人の心の奥底は、全て心が繋がっている話であり、その先は、心の世界である、霊的な世界とも繋がっている話でもあるのです。

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ

霊能力者の江原啓之さんは、この話について、違った形、人のオーラは、頭の上が棒状になっており、それは、まるで電線の様に繋がっていまして、その先は、霊的な世界とも繋がっている説明をされています。

そして、霊感とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力でもあるのです。誰しもが、心を感じる霊感を持ち合わせていますが、日本の教育は心に対して価値も薄く、逆に心を感じる霊感を弱める教育でもあり、本来であれば、誰しもが、離れていようが他者の心を感じる力を潜在的に持ち合わせています。

もう、この時点で、霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ こう起きる話について、話が見えてきた方もいらっしゃるでしょう。

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ 心のエネルギーの解放

霊視で見る亡くなった人!虫の知らせ!心の開放

霊視で見る亡くなった人!虫の知らせ!心の開放

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ 心のエネルギーが、亡くなった同時に、よくも悪くも強く解放されやすくなります。体で抑えこんでいた、心のエネルギーが、その力を失い、強く解放されやすくなるのです。

ある臨死待機をされた方の話によれば、この方は、海外の美術科の先生であり病院のベッドで、立っていると、そこにいる人々に話しかけても、誰も気がつかず、途方に暮れて、部屋を出ようとしたそうです。

すると、目で見える内容が全て、より新鮮に見えまして、どう言う訳か視野が180度の姿で見える話をされていました。

体は物理的に、目の視野に限界がありますが、体を失った中で、視野が広がったと考えられる話ではないでしょうか。

よくよく考えてみてください。現世では体験されていない経験として、突然目の前に、今まで知らない世界が現れるのです。

心は、何かと、強い衝動も受けやすく、心的エネルギーだけで言えば、強いエネルギーが現れやすくなるでしょう。

生きている人のことを思い出せば、エネルギーが相手に伝わりやすく、霊視で見る亡くなった人の思いが、生きている人に、直に現れやすくなる話になるのです。

このエネルギーの性質は、様々であり、霊視で見る亡くなった人によっては、悲しみにおけるマイナスの心的エネルギーもあれば、亡くなったことを自覚し、直ぐに心の整理が整い、楽しかった思い出として、温かいエネルギーを、虫の知らせとして、伝える話もあるかと思われます。

スピリチュアル的な話になれば、物理世界と心の世界は、連動している考え方もあり、心における虫の知らせに限らず、例えば、亡くなった方の大切なものが壊れたり、危ない所を助けられる話なども考えられるかもしれません。

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ、生きているのに虫の知らせ

生きているのに!亡くなった人の虫の知らせ?

生きているのに!亡くなった人の虫の知らせ?

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせは、生きているのに虫の知らせも、実は存在する話です。先の話は、霊視で見る亡くなった人の、心的エネルギーが生み出す、虫の知らせと話をさせていただきました。

心のエネルギーとは、直に現れる話だけとは言い切れず、時間軸を前後に移動して働く場合もあるのです。

普通に考えれば、原因があって結果が現れる話でもありますよね。スピリチュアルの中には、先に結果が現れ、後にその原因が起きる考え方もあるのです。

イメージが掴みにくい話ですが、このような話があります。

ある男性の方で、自分自身が死ぬ年齢と、自分自身が死ぬ日について、予め感覚的に知っていました。その話を聞いた親族は、ただの冗談思い込みと思い込んでいましたが、実際に、その年齢と、その日に、突然の心臓麻痺によって、亡くなってしまいました。

この話は、先に結果を知っていたのであり、そして原因は、後に起きる心臓麻痺の話でもあるでしょう。

この話についても、イメージが掴みにくいかもしれませんが、病院で亡くなる方の中には、自分自身が死ぬ時期を悟られる方も割と多くいらっしゃる話もあり、亡くなった時の心的エネルギーが、過去の自分に影響与えている話として考えられるかもしれません。

霊能力者の江原啓之さんは、子供時代、父親の周りに黒いオーラが見えまして、その後に、亡くなった話をされていました。

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせ、この話は、生きている間に虫の知らせが届く場合も考えられるのです。

この話が事実だとするならば、もしかすると、何も、霊視で見る亡くなった人に限らない話かもしれません。未来の自分の心が、過去の自分の心に影響与える考え方もあるのではないでしょうか。

宇宙人のバシャール、現代人のダリルアンカを霊媒に、メッセージを届ける話があります。バシャールが話すには、ダリルアンカは、自分自身の過去生であり、ダリルアンカの未来人と話をされています。

未来の自分が、過去の自分に影響与えてる話であり、原因があって結果が現れる因果律を覆すような世界が存在してる可能性も考えられるはずです。

霊視で見る亡くなった人 虫の知らせとは、少し脱線しかけ離れた話になりましたが、虫の知らせ、起きる仕組みについて、なんとなく、理解していただけたでしょうか。

この知識があれば、実際に自分自身が亡くなった後、虫の知らせで、生きている人に気づきを与えられるかもしれません。

お知らせ!

この度、このブログ!スピリチュアル7の記事を元にして、YouTube動画を2020/7/4に立ち上げさせていただきました。

立ち上げたばかりで、再生数は、?に近くありますが・・・

多くの方が、気づきを得ていない気づきの価値ある情報の動画を心がけています。

ぜひ!アクセスをしてください!チャンネル登録をしていただくと、便利であり、チャンネル登録といいね!ボタンを押していただくと、有難く幸いです。

⇒ YouTube動画 スピリチュアル7

 

ピックアップ動画 4選!

⇒ 霊格って何?

⇒ 男性心理と女性心理の基本的な違い

⇒ 陰陽の法則 陰陽のマーク 大局図の意味

⇒ 霊能力者のCHIEちゃんが私を霊視で見ていた?

 

霊視 亡くなった人 お勧め!外部関連記事

霊視 亡くなった人と会話

 

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com