スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、霊格、占い師になるには、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

愛されたい女性心理は、愛されたいだけなのに理解されない

愛されたい/女性心理/愛されたいだけ(主.キーワード関連記事)

『愛されたい』『女性心理』は、『愛されたい』だけなのに理解されない

『愛されたい』『女性心理』は、『愛されたいだけ』だと思われている女性の本能として、多くの女性の方が抱えている内容かもしれません。男性の中には、愛されたい女性心理について、ウザイと思われてる人もいるでしょう。ここでの話は、愛されたいと思われる女性心理とウザイと思われる男性の心理について話をさせていただきたいと思います。

「愛されたい」「女性心理」は、「愛されたいだけ」の気持ちがほとんどの女性が抱く心情として、このブログでは何度も話をさせていただいている、男性心理と女性の心理の基本的な違いが大いに関わっています。男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい気持ちが強い傾向が強く、本来であれば、この相反する心情は磁石の様に引きやすくなり、異なった異性が結ばれやすくなるのです。

 

愛されたい女性心理

愛されたい女性心理

この話をすると、「愛されたい」「女性心理」から見れば、男性は意識したい生き物であるため、しっかりと愛してくれるのではと思われるかもしれません。

しかしながら、世の中には意識できる対象は、女性のみとは限らず、様々な意識ができる対象が数多くあるでしょう。男性は、自分自身が興味のあるものを意識したい気持ちと、女性を意識したい、「両方を意識したい」気持ちの持ち主でもあるのです。

男性心理が、意識されたいよりも意識したい気持ちが高まりやすいのは、古代において男性は、マンモスを追いかけたり、家族を外敵から身を守るために、様々なものを意識していた経緯が現在でも影響を受けている場合もあります。

『愛されたい』『女性心理』、現代でも男尊女卑の世界かも

愛されたい女性心理は、男尊女卑?

愛されたい女性心理は、男尊女卑?

「愛されたい」「女性心理」における、「愛されたいだけ」だと思われる気持ちは、男女平等の社会だと言われてるかもしれませんが、心の内では男尊女卑の働きがあるかもしれません。

なぜならば、女性特有の意識したいよりも意識されたい気持ちは、男性から好意を抱いてもらう必要性があるはずです。

そのため、「愛されたい」「女性心理」を求める気持ち以上に、男性から嫌われたくない気持ちが働きやすくなります。そのため、愛されたい女性心理を抑える気持ちも高まりやすくなり、ある程度、男性が喜ぶ内容に寛容になる気持ちも現れやすくなるでしょう。

多くの女性の方が、私だけを愛して、私だけに意識を向けて、「愛されたいだけ」の気持ちを男性に対して公に話しかける人はいないのではないでしょうか。このような言葉は、男性から嫌われるリスクもあり、嫌われてしまう可能性も高まってしまうためです。

意識されるための、男性の気持ちは優先的に考えやすいんくなる気持ちは、男尊女卑である可能性も高くあり、男性から嫌われたくない気持ちを抱きやすい女性がほとんどでもあるでしょう。

ちなみに、「愛されたい」「女性心理」に限らず、女性は、意識をされたいために自分自身の価値を高めたい気持ちも高まりやすくなります。男性が他の女性に意識をすれば、他の女性の方が価値が高い、自分自身の方が価値が低いと錯覚も抱きやすくなり、不満が表れやすくなる場合もあるのです。

『愛されたい』『女性心理』、『愛されたい』だけが理解できない男性

愛されたい女性心理を理解できない男性

愛されたい女性心理を理解できない男性

「愛されたい」「女性心理」、「愛されたいだけ」が理解できない男性は、9割以上の男性が理解できていない状況かもしれません。この原因は、いくつかの原因が考えられます。

最も影響が強いのは、男の子向けに扱われている漫画やアニメです。男の子向けの漫画やアニメは、意識されたいよりも意識したい傾向が強く描かれています。そして、そこに現れるヒロインの多くが、男性の意識されたいよりも意識したい物に対して、一緒に男性と意識している描きかたも多くあります。

そのため、男性自身は、女性自身も、自分自身のかっこいい姿や、男性が女性以外の意識したい対象にも興味を抱きやすいのではないかと、錯覚しやすくもあるのです。

女性向けの少女漫画の多くは、好意を抱く男性から意識される描き方で描かれているのではないでしょうか。

「愛されたい」「女性心理」、「愛されたいだけ」の理解のある男性は、兄弟に女の子がいたりして、少女漫画を読む機会もあり、その中で、女性心理について学ばれてる人もいます。

また現在は、子供の中で、出来るだけ男女平等の教育が行われているものであり、異性に対して、異性を強く認識する力が弱まってます。そのため、男性は従来よりも、女性も同じ認識で、世界を見ているのではと錯覚も起こりやすくなっています。

男性の中には、女性が化粧など着飾る姿に対して、意識されるための目的だとは知らず、女性として自己満足で自分自身の美に力をいれてるだけだと思い込んでる男性も増えているでしょう。

「愛されたい」「女性心理」、「愛されたいだけ」の気持ちを持つ女性に対して、男性がウザく思うのは、男性の他の意識したい内容が疎外される不満と、男性向けの漫画に現れるヒロインにおける女性像とのズレが大いに関わっています。

「愛されたい」「女性心理」、「愛されたいだけ」の気持ちを満たすためには、男性に理解をしてもらわなければなりません。最もとも効果的なのは、男性に少女向けの少女漫画を読んでもらう内容であり、女性心理について学んでもらう必要性もあるでしょう。

また、私が初めに言った、男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したよりも意識されたい傾向が強い、基本的な男性心理と女性心理の違いについて、男性に理解してもらう必要性もあります。

私個人的には、この簡単な内容が、多くの人の頭に無い社会でもあり、小学生でも理解できる内容について、教育に必要ではないかと思います。

個人的における恋愛に対しての悩みは、「霊視」能力のある先生に相談されるのもお勧めであり、個人的なアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

黄金の蝶