スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、霊格、占い師になるには、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

霊格を高める!霊格を高める方法は側にある!?

霊格(主.キーワード関連記事)

霊格を高める』!『霊格を高める方法』は側にある!?

霊格を高める』、『霊格を高める方法』は、スピリチュアルに興味のある方にとって、自らの「霊格」を高める方法について、お探しになられている方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと、「霊格を高める」、「霊格を高める方法」は、インターネットで探したとしても、「霊格を高める方法」としての、情報は、簡単に見つかる事は無いでしょう。

このブログでは、知識の成長は知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も、心からの一つ一つの気づきと話をさせていただいています。

霊格を高める!霊格を高める方法は側にある!?

霊格を高める!霊格を高める方法は側にある!?

これは、心からの一つ一つの気づきによって、精神的に子供から大人になる話であり、この一つ一つの気づきには順序がありまして、小学1年生の「霊格」の持ち主が、いきなり、中学生の「霊格」を持つ事は不可能な話でもあるのです。

そして、人々の「霊格」の高さもそれぞれ違い、「霊格を高める」、「霊格を高める方法」も、個人によってそれぞれ違いが現れやすくなる話になります。

ただし、全く存在していないとも言い切れず、「霊格」の成長における成長に意識を持てば、「霊格を高める方法」の話も見えてくる話でもあるでしょう。

固定観念に縛られている人は、考え方が固着しているものであり、心の一つ一つの気づきには、心の成長における変化がありまして、頑固で、常識に縛られやすく、周りの意見が正しいと思っている内容に対して、それを理解せずに正しいと思い込んでいる性格の方は、「霊格」を高めることができません。

なぜならば、「霊格」の成長である、心の一つ一つの気づきは、他者と違う気づきを得るものであり、そこには、心の気づきが少ない一般的な他者とは違う考え方と、違った魂になっていく話でもあるためです。

ちなみに、「霊格を高める方法」によって、「霊格」が高まれば、自らの精神的な存在力が高まり、他者の心を満たす創造力が高まり、心の気づきが多いだけ物事を見る視野が広がりやすくなります。

この話は難しい話ではなく、精神的に、大人になる話と言えば、多くの方が理解できる話ではないでしょうか。つまり、「霊格を高める」話は、自らの魂だけの存在力を高めるだけではなく、精神的に大人になり、愛の力を持ち合わせ、他者のために、そのエネルギーを使う話になるのです。

愛とは、人を好きになるのではなく、心から頭で考えて、実際に足を使い、他者のために行動に移る話になります。

霊格を高める方法』、心の気づきは側にある

『霊格を高める方法』、心の気づきは側にある

霊格を高める方法』、心の気づきは側にある

霊格を高める方法」、その「方法」の心の気づきは側にある話になります。シンクロニシティーと言う言葉をご存知でしょうか、自分自身が考え込んでいる内容や、たまたま偶然に起きる出来事、そこには意味のある偶然の一致として、心の気づきを得るための情報が、その人の目の前に現れやすくなる話です。

霊格を高める方法」における、心の気づきを得るには、自分自身の中で考え、自分の中で疑問に思ったり、しなければ、そもそもの話として、心の気づきを得ることができません。

割と「霊格が高く」、スピリチュアルを導いている人は、自分自身で考える力がありまして、自分自身の中で疑問に思い、新たな心の気づきによって、自らの霊格を高めている話でもあります。

シンクロニシティーが働きやすくなる状況とは、考えてる内容を、忘れた頃に、偶然の一致としてシンクロニシティーが働きやすくなる特徴があるのです。

考え込んでいる状況で与えるよりも、忘れた頃に与えた方が、まるで、サプライズのように、印象を強く与えやすく、「霊格を高める方法」としての、心の気づきは、忘れることもポイントの1つになります。

世の中は、各々の「霊格」の成長として、知らず知らずに、自身に合った環境が与えられている話しであり、この点に意識を持てば、シンクロにシティーが起きる頻度も高まり、世の中が必然的に動いている状態もより実感されるでしょう。

霊格を高める』、『霊格を高める方法』は存在する

『霊格を高める』、『霊格を高める方法』は存在する

霊格を高める』、『霊格を高める方法』は存在する

霊格を高める」、「霊格を高める方法」は、存在しないと言いましたが、存在すると言えば存在します。私が話す存在しないとは、多くの方が共通して、この行動を行えば、同じレベルまで、「霊格」が高まる話としての存在しない話です。

霊格を高める方法」は、心の気づきを得ている人から、話を伺い、自分自身が今まで気づかなかったことに、気づきを得る話になります。これは、頭で理解するのではなく、心から気づくことが大切であり、その人の話を、自分よりも精神的に高い人だと思い込めば、その人の言葉が心に刻まれやすく、自らの「霊格」が高まりやすくなります。

霊格」の特徴として、「霊格」が低い人の姿から「霊格」が高い人の価値観には気づきにくく、「霊格」が高い人から「霊格」が低い人の姿がよく見える特徴もあるのです。この話も、子供と親の関係と言えば理解しやすく、理解できる話でもあるでしょう。

そのため、自分自身よりも「霊格が低い人」に対して、ただ、「霊格」が低いと考えるのではなく、なぜ、そのような行動を起こすのかについて考えれば、そこから心の気づきも現れやすく、「霊格」が低い人の心の精神もよりよく見えてくる話でもありますよね。

霊格が低い人」に対して、ただ「霊格」が低いと思い込んでいるのは、相対的に自分自身が「霊格が高い」と錯覚を起こしているだけに過ぎず、承認の欲求が強い証でもあり、さらに高い「霊格」から見れば、「霊格が低い」存在に映る話でもあるはずです。

霊格を高める方法」について、心からの一つ一つの気づきである話は、スピリチュアルを語っている人の中でもそれほど多く認識している話ではありません。

まずは、知識の成長が知識の一つ一つの気づき、霊格の成長である、心の成長も同じく、心からの一つ一つの気づき、この話について持ち合わせていれば、「霊格を高める方法」として、飛躍的に、「霊格」が高まりやすくなるでしょう。

人は、それぞれ違う人生を歩んでいます。そのため多くの方が自分自身には知らない、心の気づきを持ち合わせているものであり、様々な人が自分自身の「霊格の成長」に役立つ、心の気づきを持ち合わせている可能性もありまして、ある特定の人の言葉だけを聞くのではなく、幅広く様々な人の心について意識を持ち合わせておくのもポイントです。

最後の話として、「霊視」や「霊感占い」などの当たる話は、あくまでもパフォーマンスであり、メッセージには、高次元の存在からの、個人に合った心の気づきのメッセージが含まれている場合もありまして、客観的に見ている霊的な存在から、メッセージを伺い、自分自身の「霊格の成長」に繋がる様な話を伺うのもお勧めの話として挙げられます。

 

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com