モンスター部下!増える?スピリチュアル

・モンスター部下!増える?スピリチュアル

モンスター部下」/「スピリチュアル(主.キーワード関連記事)

『モンスター部下』!増える?『スピリチュアル』

『モンスター部下』!増える?『スピリチュアル』から見る話として、つい最近、たまたまYouTubeで目にとまった動画を拝見すると、とうとう、私自身、恐れていたことが社会に現れ始めていると実感させられました。

モンスター」上司、モラハラの話は、上司が部下に対して行うものでありますが、「モンスター部下」とは、部下が上司に対し「モラハラ」の様なことを行う状況です。

上下関係のある会社に勤めている人であれば、他人事ではなく、もしかすると、今後、当事者として現れてくる話かもしれません。

『モンスター部下』!増える?『スピリチュアル』

『モンスター部下』!増える?『スピリチュアル』

モンスター部下」が現れる原因は、一概には言い切れませんが、その1つに、「クレヨンしんちゃん」世代の話もあるでしょう。

「クレヨンしんちゃん」がアニメとして放送されたのは、1992年4月13日とウィキペディアで説明があり、今から、29年前頃の話でありまして、現在の20代の若者が子供時代の話です。

大人から見たら、ただふざけている、子供のアニメとして楽しむことができるかもしれませんが、子供にとっては、「大人の価値観が知らない中」で、それを目にする内容であり、その行動が、社会に必要な価値観だと子供の中で植え付ければ、大人を見下す、子供が現れるのも当然です。

その子供が、大人になり、当たり前の話として、自分より年上の人に対し、価値ある人間だと思う気持ちも弱く、立場的には上だと言う気持ちが未だに消えず、「モンスター部下」が増えるのも当たり前の話になるではないでしょうか。

確か、「クレヨンしんちゃん」の作者は、崖から落ちて、命を亡くしたと思われます。私はこれを聞いたときに、霊的な力が働いていたのではないかと強く感じた次第でもありました。

スポンサー

 

『モンスター部下』が増える、『スピリチュアル』から見るその内容と『霊格』

『モンスター部下』が増える、『スピリチュアル』から見るその内容と『霊格』

『モンスター部下』が増える、『スピリチュアル』から見るその内容と『霊格』

「モンスター部下」が増える、「スピリチュアル」から見る、その内容と「霊格」について、その関係性もあるかと思います。

YouTubeの動画の内容、些細な注意をした中で、これは「モラハラ」だと感じる中、上司に対しSNSで吊り上げる話がされていました。

また、大切に育てられている傾向もあり、自分が求める内容としての評価を誰も与えてくれず、そこに不満が現れ、会社に対して、「ブラック企業」だとSNSで吊り上げる話などもあるそうです。

また、能動的な力が弱く、積極性も弱く、コミニケーションの能力も弱く、お互い、意思疎通にズレも現れやすい状況との話でもありました。

この動画内では、何人かの、学識あるコメンテーターが集まって、話し合いをされていたのです。その中には、「モンスター部下」と言う言葉自体が良くない話であり、そもそも、「モンスター部下」との自覚もなく、それよりも、意思の分かち合いを考えるのが大切であるとの言葉を話されている方がいました。

違う意見の中には、「モンスター部下」と言う言葉が、現れたおかげで、問題として取り上げることができたものであり、実際に、心身を弱らせる上司の方もいる中で、社会的に問題として取り上げるために必要である話もありました。

どちらの、考えも大切でありますが、そもそもの話として、私自身、「スピリチュアル」から見ると、「霊格」について意識がなければ、問題など解決できないものだと思われます。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の視野が狭い分、物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく、精神的な意味で「子供」です。

モンスター部下」の特徴、まさに「霊格が低い」状況と同じであり、「存在力」が弱いため、何かとストレスも現れやすく、また、「存在感」を求める気持ちも高まる中で「承認の欲求」の気持ちも現れやすく、視野が狭いため、客観的に自分の姿を見たり、上司が持つ「価値観」に理解する力もありません。

「ストレス」は、「ストレス」を与えている対象に対し、「攻撃」、もしくは、「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしても、「エネルギー」を必要とするものであり、「心身にエネルギー」を生み出しやすくなるのです。

「攻撃」を選択した場合は、そのエネルギーが消費を求めて、インターネットを使い、上司や会社に対し、誹謗中傷などのエネルギーとして消費されやすくなります。

逃避を選択した場合は、会社を辞める人も現れやすくなる場合もあれば、生活環境から逃げられない場合、最大の「防衛本能」が働きやすくなる場合もあるのです。

これは、近くに、「ストレス」となる「恐竜」がいる様なものであり、「恐竜」から身を隠すために、動きがだるい、重たい、声の覇気がなくなったり、目に輝きを失ったり、猫背のような状態なども現れやすくなります。「仕事の質も落ちてしまう」でしょう。

このまま続くと、心療内科などに通わなければならないほどの、「うつ病」を患う可能性も高まるのです。

どちらにしても、上司にとっては、「マイナスの評価を」受ける状況でもあり、上司も「ストレス」に遭う中で、企業の活動にも悪い影響を与えてしまいますよね。

スポンサー

 

『モンスター部下』、今後さらに増える、『スピリチュアル』から見ると誰が悪い

『モンスター部下』、今後さらに増える、『スピリチュアル』から見ると誰が悪い

『モンスター部下』、今後さらに増える、『スピリチュアル』から見ると誰が悪い

「モンスター部下」、今後、さらに増える可能性がある中で、「スピリチュアル」から見ると、誰が悪いと思われるでしょうか。

モンスター部下」、そのものが悪いと言う人もいれば、その様に育てた、両親が悪いと言う人もいらっしゃるでしょう。

私事ではありますが、私は子供時代、家庭は、どちらかと言えば、貧困であり、大学に行くゆとりはありませんでした。

父親が、だんじりなどを彫刻する木工彫刻師でもあり、大学の必要性に対する価値観もあまり強くなかったと思われます。

中学生頃、周りの同級生などは、大学を意識して、勉強している傾向もありまして、私自身、勉強する意義が見出せなくなり、勉強に対する熱意も失ってしまったのです。
高校は、就職を考え、これからの時代、まだインターネットも普及していなかった中で、これからの時代はパソコンだと思い、プログラム言語を学ぶ、「情報技術科」のある学校に通うことにいたしました。

大阪出身であり、大阪で初めての「情報技術科」の高校です。

その後、就職をしたのが、これも運命かもしれませんが、求人票には警備会社とは書いておらず、採用が決まった際に、学校に、連絡が入り、情報技術とは関係の無い警備として働いてとの話が来たのです。

そもそも、高校レベルの情報技術では、社会に通用しません。

学校の先生からは、もう二度とこの様な求人票は学校にはよこさない、社会人として認められるために最低3年は我慢しろと言われました。

「就職氷河期」であったため、それを承諾した中で、働き口が、寮生活の中、東京の渋谷にある「NHK放送センター」での警備でもあったのです。

警備での出来事で、脳が腐ってしまうかもしれないほど暇な場所もあり、5分ぐらい経ったかと思い、時計を再び見ると、20分ぐらい経って、とても驚きました。

脳が止まっていたのではないか、このままでは腐ってしまうんではないのか!!とてつもない恐怖!!!!を感じたのです。

そこから、何かしらを考える、ことを行うことを始めまして、この世の世界の出来事、大学生向けの心理学の本など読み漁り、そこから、考える癖を身に付けてきました。

スピリチュアル」から見れば、偶然ではなく、これも必然的だった話だったのかもしれません。ちなみに、NHKの警備の勤務、仮眠は、ありますが、24時間勤務、人がいなければ、更に8時間など当たり前でもあります。

ブラック企業だと思われるかもしれませんが、人がいなければ、誰かが埋めなければならないものであり、戦場で、時間が来たから帰るとは到底言えないでしょう。私は発想を変え、NHKを自宅だと考え、その様な気持ちの中で仕事を行っていたのです。

詳しい話は、この記事以下のリンク先のプロフィール、ブロガーブログに、詳細を書かせていただいているため、興味のある方は、プロフィールをご覧ください。

モンスター部下」との話と少しかけ離れてしまいましたが、私自身、「モンスター部下」の気持ちも分かる話でありまして、上司の立場の気持ちも、分からない話でもありません。

NHKでの出来事、考える、何かしらを「きづく」経験がなければ、私自身、「モンスター部下」と同じ気持ちにいたと思われます。

父親が木工彫刻家であり、私自身も、少しは芸術的な内容に自信がある中で、私の才能(グラフィック関係など)は、社会に必要にされる、社会から賞賛されると思い込んでいた若き日の頃もありました。

割と、美術系の学校に通われている方々は、この「承認の欲求」も強く持ち合わせているものだと思われます。

「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」、心の成長である「霊格」の成長も同じく、心からの一つ一つの「気づき」は、自然界のける「絶対的な法則」です。

現代の親は、子供に対して、目で確認できるテストの点数、知識の成長の知識の一つ一つの「気づき」だけに価値を置き、それを子供に対して求めさせる傾向もあるでしょう。

親の「霊格が低い」、子供の「霊格が低い」、社会全体の「霊格が低い」、これは「社会の問題」でもあります。YouTubeの動画の中でも、これは、個人の問題ではなく、「社会の問題」として話がされていました。

動画内では、あるコメンテーターの方が、「モンスター」とは、理解できない存在、「モンスター」の行動が理解できないのではなく、「モンスター」から見て、自分の姿が見えない、あるべき姿が理解できない話もされていたのです。

そして、少し笑ってしまいましたが、心身を患わすぐらいであれば、「モンスター」からは逃げるのが1番と話をされている方もいらしゃいました。確かに、「ストレス」を与える「恐竜」からは、一目散に逃げるのも良いかもしれません。

司会者かどうか忘れましたが、「モンスター部下」が、やがて上司になり、部下に対して、「モンスター」的な行動を起こしていくのではないかとの話もされていたのです。

確かに、それも、起きやすくなるでしょう。

これは、あくまでも、私の考えになりますが、「モンスター部下」が上司になった場合、その下につくのも「モンスター部下」でもありますよね。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たしたいよりも自分の心が満たしたい気持ちを優先になりがちであり、心の「気づき」が少ない分、物事を見る視野も狭くなると話をさせていただきました。

「霊格が低い」人々が集まる世界は、「存在感」を求め、犯罪、DV、ストーカー、子供の虐待、などの、社会を崩すような力も現れやすく、もしかすると、「モンスター上司」が、「モンスター部下」に殺される犯罪なども、社会に現れやすくなってくるかもしれません。

「霊格の成長」は、直に、大人に目覚める話ではなく、人が傷つくと、そこに意識が高まりやすくなりますが、日本社会において、心からの一つ一つの「気づき」の成長の大切さに「気づき」が現れるのは、当分、先の未来でもあるでしょう。

 

スピリチュアル お勧め!記事

 

⇒ 「霊格が低い女性」 ・「スピリチュアル 名前の意味」 ・「イライラ スピリチュアル」 ・「人間関係 めんどくさい」 ・「コロナの影響 離婚」 ・「洗脳 スピリチュアル

スポンサー

 
黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花

 

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ 「金縛り 体験

 

 

* 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「神奈川 当たる 霊視 」 ・「千葉 当たる 霊視 」 ・「京都 当たる 霊視」 ・「香川 当たる 霊視」 ・「沖縄 当たる 霊視