スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、霊格、占い師になるには、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

夫が子育てしないは、自信の無い夫が増えている原因

/子育てしない(主.キーワード関連記事)

『夫が』『子育てしない』は、自信の無い夫が増えている原因

『夫』が『子育てしな』いは、この話をしようとしたきっかけについて、環境大臣である小泉進次郎さんが育児休暇を取る話題の番組において、実際に育児休暇を取った男性の4割ほどが、育児を行っていないデータがあると紹介されていたためです。

「夫」が「子育てしない」は、個人的な問題ではなく、社会的な背景と男性の本能的な原因が背景に隠さてる可能性もあり、その点について話をさせていただきたいと思います。

この文章を母親や女性が読まれている場合、男性について理解を示してもらい、夫が子育てしやすい状況の作り方についてもアドバイスさせていただきたいと思います。

まず先に、社会的な背景による、「夫」が「子育てしない」は、もしかすると、自信の無い夫が増えている可能性からについての内容です。従来の大人は、子供が参考になるような、憧れになる大人像を持ちながら大人へと成長を歩んでいました。

子育てしない夫

子育てしない夫

クレヨンしんちゃんで見れば分かる話ですが、クレヨンしんちゃんのお父さんはどこか便りの無い姿をしてるのではないでしょうか。目標となる大人像が無い中で、大人へと成長した男性は、自分自身が父親としての強い自覚も現れにくく、父親としてどう振る舞えば良いのか分からない夫が増えている社会背景があるのです。

夫である旦那さんの中には、まるで子供たちと兄弟のような振る舞い行っている旦那さんもいるのではないでしょうか。中には、子供の方が精神年齢が高く、どっちが親なのか分からない人もいるでしょう。

ここでの話は、夫が一般的なサラリーマン、奥さんが専業主婦として話をさせていただきます。奥さんは子供たちと接する機会も多くあり、奥さんの方が、子育ての専門的な立場として、様々な情報や経験が多く、持ち合わせてる場合もあるでしょう。

夫は、その経験があまり多くはなく、小学一年生レベルと変わらない状況などもあるのです。女性の方でも、初めてパートなどで仕事を行う場合、少しなりともストレスを抱えるのではないでしょうか。特に夫にとって自宅は、仕事の癒しを与える場所でもあり、精神的な負担を下ろしてる中で、ここでの話はあくまでも子育てをしない夫として、仕事と子育ての負担を継続的に維持したくない状況などもあるのです。

『夫』が『子育てしない』は、男性の本能的な話かも

 

夫が子育てしないは、本能

夫が子育てしないは、本能?

「夫」が「子育てしない」は、男性の本能的な話かもしれません。虎ノ門と呼ばれるネットでのニュース番組においては、武田邦彦先生が、母乳のある哺乳類は、母親が子育てをするものであり、男性には、母乳がないため、育児がしたい気持ちが高まりにくい話がされていました。それも一理あるかもしれませんが、ここでの話はそのような話でありません。

このブログでは何度も、男性心理と女性心理の違いとして、男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したよりも意識されたい傾向が強い話は何度もさせていただいています。この相反する心情は、本来であれば、磁石のプラスマイナスのように働きやすくなり、異なった異性の心が結ばれやすくなるのです。

意識されたい女性は、意識されやすくなるために自分自身の価値を高めたい気持ちも高まりやすくなります。意識されるのは、家族単位で周りから意識されることもあり、子育ても含め、子供の教育に力を入れる気持ちも男性以上に高まりやすくなります。

意識されたいよりも意識したい男性は、意識したい気持ちも高まりやすく、意識されることに苦手な男性も存在するのです。

このような話をすれば、意識されたいよりも意識したいのであれば、「子育て」にしっかりと意識して欲しいと思われるでしょう。

「夫」が「子育てしない」人の男性の特徴として、自宅にいても自分の趣味やテレビばかりに意識を向け、男性心理の意識したい気持ちが満たされ、普段の生活において自分自身が意識されている環境が少ない場合もあります。

子供の年齢にもよりますが、「子育て」は、子供からも奥さんからも強く意識されやすくなり、意識されるのに慣れていない男性からすると、人によっては強いプレッシャーとして精神的な波が押し寄せてくる人もいるのです。

もしかすると、現代は、「夫」が「子育てしない」、子育てそのものが苦手な夫が増えてるかもしれません。社会のコミュニケーションの低下は、自分に向けられる客観的な視点が薄まる可能性も高くなり、またネットなどの発達によって、意識できる対象も数多く増えており、意識されるのに慣れていない夫が、従来よりも増えている可能性もあるためです。

このページでの話は、何度も言いますが、あくまでも子育てをしない夫の話であり、夫の中でも子どもが大好きで、子育てにしっかりと関わる男性も数多くいます。

『子育てをしない』『夫』を、『子育て』させるための方法とは

夫を子育てさせる方法

夫を子育てさせる方法

「子育てをしない」「夫」は、奥さん側にも多少問題がある可能性もあり、言葉の口調に注意しなければなりません。

夫よりも、早い口調は、夫を興奮状態を引き起こし、ストレス反応が警戒心を高め、防衛本能が働き、体の動きを封じ込めようとする働きが引き起こしやすくなります。遅い口調での手伝っては、逆に冷静な気持ちも現れやすく、その快感が、子育ての手伝う気持ちを高めてくれやすくなります。

先にも言いましたが、肉体的に夫は大人であったとしても、経験のなさで言えば小学生一年生と変わりません。そのため、共同で手伝ってもらうのから始めるのがポイントであり、夫婦なのだから手伝ってと言葉を言えば、多少は親としての自覚も現れやすくなるのではないでしょうか。

大切なのは、ありがとうなどの、言葉を言う気持ちも大切です。ありがとうの言葉は多少なりとも、快感が生じるものであり、自分自身が必要されていたと思われる満足感が現れる場合もあるはずです。

このブログでは何度か話をさせていただいていますが、人が食事をするにしても、睡眠に入るにしても、多少なりとの快感が生じるものであり、快感=存在感と言っても過言ではありません。

男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強くあると話をさせていただきました。

共同で行う場合は、共同で行うための目的が現れやすくなり、そのことについて一緒に意識する気持ちなども高まりやすくなり、多少なりとも男性特有の意識したい気持ちが満たされやすくなるかもしれません。

これらの話はあくまでも、普遍的な一般論です。個人的な内容は、何かしら「夫」が「子育てをしない」原因が隠されている場合もあり、どうしても改善できない場合は、一度、「霊視」が出来る先生に相談を行い、アドバイスを伺うのもお勧めです。この場合は、しっかりと私生活を見ている「守護霊対話」能力のある先生からのアドバイスが最適であり、守護霊からメッセージを伺ってみるのも良いでしょう。

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com