スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

婚活に疲れたは、やめたい!けど、やめれない

婚活に疲れたは、やめたい!けど、やめれない

婚活に疲れたは、やめたいけど、やめられない女性の方が割と多くいるのではないでしょうか。疲れたのであれば、やめた方が望ましくありますが、ここではその話の理由と、やめられない心情について話をさせていただきたいと思います。

婚活に疲れたは、男性の方が現れにくい理由として、恋愛に対する価値感が異性の違いとして挙げられます。このブログでは、ほとんど毎回話をさせていただいている内容に、男性心理た女性心理の基本的な違いについて話をさせていただいています。

男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したよりも意識されたい傾向が強く、この相反する心情は、磁石のプラスマイナスのように引き合いやすくなり、本来であれば異なった異性が結ばれやすくなるのです。

婚活に疲れた

婚活に疲れた

男性の意識されたいよりも意識したい気持ちは、恋愛などの婚活に限らず、世の中には様々な意識ができる対象が数多くあります。そのため、男性は気持ちを満たしやすくなり、女性は、意識してくれる人の心を求める傾向が高まりやすくなります。

話は脱線するかもしれませんが、老後、孤独死する傾向は男性に現れやすく、女性の方が長生きする話があるでしょう。男性は、意識したい気持ちがある中で、強い孤独感は女性よりも感じにくく、意識される内容に慣れていない状況で、新たな人間関係を求める気持ちに抵抗感が現れやすくなるのです。

意識したい男性と意識されたい女性の話をすると、男尊女卑だと言われる話もありますが、心を求める女性は、新たな人間関係も作りやすく、女性の方が長けている話でもあります。

話は戻して、婚活に疲れるのは、逆に言えば、男性よりも婚活に対して価値を置いているものであり、それが実らないために、存在を見失ってる場合もあるのではないでしょうか。

婚活に疲れたは、やめたいけど、やめられない理由

婚活に疲れた、やめられない

婚活に疲れた、やめられない

婚活に疲れたは、やめたいけど、やめられない話を男性が聞けば、意識を違う内容に向けて、気分はリフレッシュしたらどうだとアドバイスされるでしょう。

先にも言いましたが、女性は意識したいよりも意識されたい気持ちに高まりやすい傾向があります。

意識されるためには、自分自身は磨き上げる必要性もあり、婚活を行う行動の中には、自分自身を磨き上げる気持ちも高まりやすくなります。

女性は男性以上に、同性にも意識が高まりやすく、どちらが好意を抱く男性から意識されるのかと見比べる気持ちの高まりやすくなるのです。この話をしても、男女差別だと言われるかもしれませんが、男性は道を歩いている際、すれ違う女性に意識が高まりやすく、女性は同じ同性に意識が向かいやすい心理的な調査結果もあるのです。

男性と女性とでは心が違うものであり、差別と聞けば、女性の方が劣ると考える傾向もあり、女性としての価値が落ちる不満から、男女差別だと発言する人がいる女性の方もいるのではないでしょうか。男女区別と言えば、分りやすい内容ですが、この言葉はそれほど社会に浸透している言葉ではないでしょう。

婚活に疲れたは、やめたいけど、やめられない理由として、女性としてのプライドが傷つくものであり、他の女性が婚活で頑張ってる中で、自分自身の方が魅力が落ちる不安を抱えてる人もいるでしょう。

また、婚活の際は、異性を求める気持ちも高まりやすく、恋愛感情も現れやすく、自分自身の存在力が高まってる場合もあるはずです。存在力を失う不安感、などもあるかもしれません。

少なからず婚活の際は、結ばれなくても異性と出会い、異性から意識される環境もありまして、それを失ってしまう葛藤などもあるのではないでしょうか。

ちなみに、男性からすれば、女性の意識されたい気持ちが、そこまで深刻だと思われないかもしれません。例えば、意識されたいよりも意識したい男性が、パソコンが映らなくなったり、スマホを失ってしまうような心の打撃であり、女性の気持ちを理解できる話でもあるはずです。

婚活に疲れたは、やめたい気持ちを受け止めて

疲れた婚活は、やめるのが大切

疲れた婚活は、やめるのが大切

婚活に疲れたならば、恋愛感情を求めるのを打ち消し、やめたい気持ちをそのまま受け止めるのも大切です。

やめられない女性の気持ちは、所詮、自分の中での価値観であり、男性から見る価値感ではありません。

婚活に疲れた状況は、大きなストレスを生みだし、心身に乱れが現れやすく、うつ病を患いやすくさせる可能性を高めてしまいます。自分の意思に反して、婚活そのものが危険だと本能が判断すれば、異性そのものに興味を失ってしまいかねません。

避けたい気持ちは、防衛本能も働きやすくなり、身を守るために活動を抑え、新陳代謝が低下し、美容にも悪い影響を与えてしまいます。

何よりも、婚活の疲れは、無意識の状況で、疲れた表情が現れやすく、異性から魅力的に見られない状況も現れやすくなるでしょう。

特に婚活サイトなどは、ライバルとなるような女性も多く現れやすく、同性を意識してしまう傾向も高くなります。また、女性の意識したいよりも意識されたい気持ちは、女性は子宮が一つしかなく、魂を宿らせるのは1人からの男性であり、質の高い特定の男性を多くの男性から求めてしまう状況も現れやすくなります。

まるで椅子取りゲームのように、質の高い特定の男性を選び勝ち取るような内容でもあり、婚活に疲れた状況も現れやすくなるはずです。

更に言えば、奪い合う状況は、攻撃的な気持ちも高まりやすくなり、男性ホルモンを増やし、これもまた美容に悪影響を与えてしまいかねません。女性としての優しさも見失いやすくなり、自ら結ばれない結果を作り出してしまうでしょう。

ここでお勧めなのは、婚活を目的としない、男性との出会いを求められる内容です。例えば、ボランティアや趣味の集い、カルチャースクールなどもあるかもしれません。

異性から意識されれば、少なからず意識されたい気持ちは満たされるはずです。違った目的は、婚活に対する考えを薄めさせ、心の疲れを癒してくれます。

もしかすれば、その様な場所に、求める男性との出会いが待っているかもしれません。異性と結ばれる中には、お互い足りない要素を補い合い、心のバランスを整える仕組みはあります。強すぎる心の思いは、異性を遠ざけてしまう可能性も高く、その点について注意しなければなりません。

心の奥底が全て繋がってる話もあり、異性に与える心的エネルギーが、潜在的に異性が感じとり、結ばれさせなくさせている可能性も考えられます。

どうしても、婚活に疲れて、やめたい気持ちがあるが、麻痺をした様に、やめられない場合は、一度、霊視ができる先生に相談を行い、アドバイスを求められるのもお勧めです。

もしかすれば、未来に結ばれる男性が存在している可能性もあり、意識していない自分自身の性格的な内容に問題がある可能性もあるでしょう。性格的な問題に対しては、自分自身の守護霊からアドバイスを伺うのもお勧めであり、この場合は守護霊対話能力のある先生に相談されるのがポイントです。

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com