スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

霊視 亡くなった人から見る!現実の世界

霊視 亡くなった人から見る!現実の世界

霊視 亡くなった人から見る!現実世界の存在について、この話は、多方面から見ると様々な見え方があり、これが全てとは言い切れませんが、私自身が考える中での話をさせていただきたいと思います。

霊視 亡くなった人から見る!現実世界の存在、スピリチュアル的な話の中でよく言われている話として、魂の成長の目的が現実世界の存在意義として存在する話があります。

例えば、現在、大人であろうとも、新しい出来事にチャレンジすれば、それは小学1年生からの話でもあり、そこから、様々な経験を得る中で、魂を成長させていける話でもあるでしょう。

では 霊視 亡くなった人がいる世界では、その経験が出来ないのかの話もあるはずです。一般的に亡くなった人の世界では、様々な内容が叶いやすい世界であり、特に、自身を中心とした満たしたい欲求を満たせる世界でもあるのです。

霊視 亡くなった人!の世界から見る現実社会

霊視 亡くなった人!の世界から見る現実社会

しかしながら、よくよく考えてみてください。自身が満たしたい欲求とは、それは、自分自身が既に持ち合わせている知識や経験の中での満たしたい話になりますよね。

例えば、1度も味わったことがないキャビア、それはどこかで、知識を得た話であり、知らない話ではありません。

生まれてくる目的の中には、魂が1度も経験したことがない、経験を求めて、現実世界に生まれてくる話でもあり、これが現実世界の存在意義の1つでもあるのです。

霊的な世界からすると、現実世界の様子が、見て取れるとも言われています。それはまるで、映画館で、現実世界の内容を見ているような話であり、極端な話、現実世界は、舞台とも呼べるかもしれません。

どうでしょうか?魂だけで言えば、実際に、何かしらの物語を体験として演じている魂と、ただその様子を見ている魂、どちらの方が、心の成長に繋がる話でしょうか?

テレビゲームを行っている場合、横からただ眺めている人と、実際にゲームを行っているプレイヤー、プレイヤーの方が、その世界にのめり込み、より多くの心の体験をしている話でもあるでしょう。

霊視 亡くなった人がいる世界、それは心の世界

霊視 亡くなった人!の世界、心のエネルギーの世界

霊視 亡くなった人!の世界、心のエネルギーの世界

霊視 亡くなった人がいる世界、それは心の世界でもあります。物事を生み出すために、先に物事が必要なのか、考えるための心が必要なのかと考えた場合、当たり前の話として、心が先に必要になりますよね。

この世の仕組みの中には、生まれたエネルギーは、必ず何かしらの形で消費される法則があります。極端な話、太陽でさえ、エネルギーを消費しまして、いずれ消費し切ります。

霊視 亡くなった人がいる世界、心の世界も同じく、生まれた心のエネルギーは、何かしらの形で消費される話になるのです。

現実世界とは、まさに、心のエネルギーが、消費するために用意された世界かもしれません。

例えば、生まれる前の生まれてくる目的の心的エネルギーが、現世を体験する中で、消費される話です。

探偵ナイトスクープと呼ばれる番組に、生まれた時から水が怖く、25メートルを泳ぎ切ることができない女性の依頼として、番組に依頼がありました。どうしても、25メートルを泳ぎ切りたい話でもあります。

元オリンピック選手の指導のもと、練習を行ったのです。番組を見てる方は、見れた様子ではなく、今にも溺れそうな姿でもありました。私はこれを見たときに、ピンと来まして、もしかすると、前世で、水難事故にあい、岸まで泳げずに、溺れて亡くなってしまったのではないかの感覚を感じました。

生まれてくる目的は、この泳ぎ切る、心的エネルギーの消費の目的であり、そのようにも思ったのです。最終的には、今にも溺れそうでしたが、見事、25メートルを泳ぎ切りまして、とてつもない涙で溢れていたのです。指導した先生にも涙が溢れ、見てる方も強く感動させられました。

生まれてくる人、全ての人は、よくも悪くも、現実世界で目的としての心的エネルギーを持ち合わせた中で生まれてくるのかもしれません。

よくも悪くもとは、ある特定の種族に恨みを持っていたり、倫理的に相反する心のエネルギーも存在している可能性も考えられる話からです。

霊視 亡くなった人がいる世界、役割を終えた魂

霊視 亡くなった人!現世での役割が終わった魂!?

霊視 亡くなった人!現世での役割が終わった魂!?

霊視 亡くなった人がいる世界、現世に対して多少の後悔など持ち合わせている魂もあるかもしれませんが、現世での役割はある程度、終えた魂かもしれません。

臨死体験をされた方の話の中に、あの世の入り口まで足を運んだ中で、亡くなった父親の様な方が現れ、まだここに足を運ぶ時期では無いと言われて、引き返す中、臨死体験から目覚める話もあるのです。

芸能人の武井壮さん、学生時代に兄が癌で亡くなり、その兄が夢枕に現れた話をされていました。兄がいる世界では、亡くなったプロ野球選手の方と、好きな野球をして楽しんでいる、だから心配する必要性は無い。現世では、後悔しないようにしっかりと生き抜くことを伝えられたそうです。

私は、この2つの話の内容から、現実世界の現世で、人は何かしらの目的、使命を担っているのではないかと考えました。

もしかすると、このブログで話をするのも、使命の1つかもしれません。

未だに、私自身の中で、これだ!と言うような確信的、考えがまとまらない話として、現実世界にあって、霊的な世界に存在しないもの、霊的な世界に存在して、現実世界に存在しないもの内容です。

少なからず、霊的な世界では、体験することができない何かが、現実世界に存在するものであり、霊的な世界からすると、現実世界に、何かしらの価値のある話でもあるでしょう。

そのため、後悔しない様に生きることも大切であり、霊視 亡くなった人がいる世界だけに価値を求めるのではなく、現実世界の気づいていない価値に気づきを求めるのも、大切な話だと思われます。

お知らせ!

この度、このブログ!スピリチュアル7の記事を元にして、YouTube動画を2020/7/4に立ち上げさせていただきました。

立ち上げたばかりで、再生数は、?に近くありますが・・・

多くの方が、気づきを得ていない気づきの価値ある情報の動画を心がけています。

ぜひ!アクセスをしてください!チャンネル登録をしていただくと、便利であり、チャンネル登録といいね!ボタンを押していただくと、有難く幸いです。

⇒ YouTube動画 スピリチュアル7

 

ピックアップ動画 4選!

⇒ 霊格って何?

⇒ 男性心理と女性心理の基本的な違い

⇒ 陰陽の法則 陰陽のマーク 大局図の意味

⇒ 霊能力者のCHIEちゃんが私を霊視で見ていた?

 

霊視 亡くなった人 お勧め!関連記事

霊視 亡くなった人 芸能人

 

霊視 亡くなった人 お勧め!外部関連記事

霊視 亡くなった人

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com