いじめが親に言えない理由とは!?子供のいじめ!

・いじめが親に言えない理由とは!?子供のいじめ!

いじめが親に言えない理由スピリチュアルから見た考察

いじめは、子どもの心身に大きなダメージを与える深刻な問題です。しかし、いじめに遭っている子どもの多くは、親に相談することができません。その理由は、さまざまですが、スピリチュアルの観点から見ると、以下の3つの理由が考えられます。

  1.  いじめが親に言えない理由、スピリチュアルな視点は、子どもの魂が、親に助けを求めることを拒否している

いじめに遭っている子どもの魂は、すでに深い傷を負っています。その傷を癒すためには、子ども自身が乗り越えなければならない課題です。親に助けを求めることで、その課題を避けようとしているのかもしれません。

  1.  いじめが親に言えない理由、スピリチュアルな視点は、子どもの魂が、親に負担をかけることを恐れている

いじめは、子どもにとっても親にとっても辛い経験です。親に相談することで、親も同じように辛い思いをするのではないかと、子どもは恐れているのかもしれません。

  1.  いじめが親に言えない理由、スピリチュアルな視点は、子どもの魂が、いじめを乗り越えることで成長しようとしている

いじめを乗り越えることで、子どもは強さや勇気を身につけることができます。子どもの魂は、その成長の機会を逃したくないと考えているのかもしれません。

もちろん、これらの理由はあくまでもスピリチュアル的な考察です。いじめに遭っている子どもが親に相談できない理由は、子どもの性格や家庭環境など、さまざまな要因が考えられます。

しかし、スピリチュアル的な観点から見ると、いじめに遭っている子どもの魂が、親や周囲の人に助けを求めている可能性も考えられます。親や周囲の人たちは、子どもの魂の声に耳を傾け、子どもの成長をサポートしてあげたいものです。

具体的には、以下のことに心がけてあげるとよいでしょう。

  • 子どもが安心して話せる環境を整える
  • 子どもの話を否定せず、受け止めてあげる
  • 子どもが自分で解決できるように、アドバイスやサポートをする

いじめが親に言えない理由スピリチュアルな視点は、もし、子どもがいじめに遭っているのではないかと心配な場合、子どもの様子をよく観察し、子どもに話を聞いてあげてください。そして、子どもが親に相談しやすい環境を整えてあげましょう。googleのAI bardに尋ねました(by google AI bard)

|いじめ|(主.キーワード関連記事)

いじめが親に言えない理由とは!?子供のいじめ!

320-50-18

ijime-jp.org

いじめ親に言えない理由』とは!?その子供の心について、インターネット上で、なぜ?「子供のいじめは、親に言えない理由」について、Yahoo!知恵袋にその話がありました。

いじめが親に言えない理由」は、様々な要因があると思われる中で、男の子と女の子の、「いじめが親に言えない理由」が少し違い、その点についても話をさせていただきたいと思います。

私自身、小学時代に「いじめ」に遭っていた話ではありませんが、小学校で嫌な存在がいました。この子供は、黒板に書いてある内容を、ノートに書き移さなければならない話において、それを自分で行う事はなく自分よりも力が弱いと思われる人に書かせていたのです。

私自身も、たまに言われる話もあり、それを拒否すると態度が変わり急に上から目線で、きつく言ってくる子供でもありました。その子供が、違う子供に「いじめ」られて泣いている姿を見たときには、少し開放感を感じていた話になります。

いじめが親に言えない理由、スピリチュアル<

街中で出会う場合も、会いたくない存在でもあり、会った場合、できるだけ関わらない様に避けていたのです。

この話は、私自身、「いじめ」ではありませんが、親に言うほどもなく、もしかすると、「いじめ」られている子供の中には、「親に言えない理由」の中に、危険地帯と安全地帯を分けている子供もいるかと思われます。

自宅に「いじめ」の話題を、持ち込みたくない話であり、自宅がオアシスだとすると「いじめ」られている環境は、砂漠の様な話です。

いじめが親に言えない理由」ではありませんが、大人であろうとも過去の辛い経験を思い出したくない中で、口にせず墓場まで持って帰ろうとしている方もいらっしゃいますよね。

仮に「親」に対して「いじめ」の話をしてしまうと、自宅の中でも「いじめ」について意識をしなければならず、心が苦しい状況を自宅でも作り出してしまう話にもなるでしょう。

スポンサー

 

子供のいじめ、親に言えない理由とは?強いストレス状態

320-50-18

子供の『いじめ』、『親に言えない理由』、強いストレス状態

子供の『いじめ』、『親に言えない理由』、強いストレス状態

子供の「いじめが親に言えない理由」とは?「強いストレス」状態を子供が感じている可能性もあるかもしれません。

軽いストレス状況は、ストレスを与えている存在に対して対応するために、攻撃かもしくは、逃避の選択状態に置かれ、ストレスに対応するために、心身に強いエネルギーを生み出す反応を引き起こします。

ストレスを与えている対象が解決されなければ、次は、攻撃に備えるために、強い防衛本能が引き起こされやすくなるのです。

これは、まるで、ネズミが、人から隠れて、居場所を察知されないような状況と近いです。

強敵から身を隠すためには、石ころのように身を隠すのが最も大切であり、体は本能的に、動きを封じる反応を引き起こしやすくなります。

大人であろうとも、強すぎるストレスが急に現れれば、言葉が出ない、言葉に詰まる、また、体が重たく感じる状況もありますよね。

この、強いストレス状態によって、「子供」の「いじめが親に言えない理由の状況は、自宅に戻っても強い防衛本能が残っている場合もあり、疲れた様子や、客観的に学校で何かしら「いじめ」られているのではないかと察知できる場合もあるでしょう。

ただ、長く「いじめ」られ続けられていると、これが子供の性格だと、親が錯誤してしまう場合もあり、言葉の「覇気」ついて注意していなければなりません。

スポンサー

 

子供のいじめ、親に言えない理由とは!?男の子と女の子の違い

320-50-18

子供の『いじめ』、『親に言えない理由』、男の子と女の子の違い

子供の『いじめ』、『親に言えない理由』、男の子と女の子の違い

「子供」の「いじめ親に言えない理由」とは!?若干、男の子と女の子には、違いがあるかと思われます。このブログでは、割と多く話をさせていただいている内容として、男性心理と女性心理の基本的な違いの話をさせていただいているのです。

男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情は、磁石のように引き合いやすくなり、異なった異性が結ばれやすくなります。

そして、意識したいよりも意識されたい女性は、意識されるために、本能的に、自分自身の価値を高めたい気持ちも高まりやすくなるのです。

男の子の「いじめ」は、意識して楽しめる「いじめ」になりがちであり、女の子の「いじめ」は、意識するだけの価値が無い女性として「無視」の「いじめ」になりがちになります。

子供の「いじめ」、男の子が親に言えない理由、男性は意識されるよりも意識したい気持ちが強いという話をさせていただきました。世の中には意識ができる対象が数多くあり、自分の意識できる意識したい内容を意識して、その気持ちを満たし「いじめ」を意識しない環境を作り出すこともできるのです。その状況の逃避と言える話かもしれません。

女の子は、意識したいよりも意識されたい気持ち、自分自身の価値を高めたい気持ちを持ち合わせていると話をさせていただきました。

両親からしっかりと意識されている女の子、親に自分自身が「いじめ」られていると話をしてしまうと、親が心配してしまい、親が心配する事で態度が変わり、親からの自分自身の価値を落としてしまう「不安」もある理由があるかと思われます。

女の子は、学校で、意識したいよりも意識されたい気持ちも満たされずに、心の負担は男の子よりも強く現れやすく、家庭内で明るい女の子が命を絶ってしまう話も割と多くあるでしょう。

スポンサー

 

子供のいじめ、親に言える子供の特徴とは!?

320-50-18

子供のいじめ、親に言える、子供の特徴

子供のいじめ、親に言える、子供の特徴

もちろん、子供の「いじめ」の中には、しっかりと、親に伝えて親が「いじめ」を把握する姿もあります。

では?子供の「いじめで親に言えない子供」と「親に言える子供」何に違いがあるのでしょうか。

このブログでは、魂の成長として、知識の成長が一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきの話をさせていただいています。

霊格が高まれば、精神的な意味で、存在力が高まり、他者の心を満たす創造力が高まり、心の気づきが多い分、物事を見る視野も広がりやすくなるのです。この話は難しい話ではなく、精神的な意味で大人になる話です。

子供の「いじめ」親に言えない理由の子供の特徴は、霊格が低く、視野も低く自分自身の「存在力が弱い」と感じやすい子供であり、親に話してしまうと自分の存在力がより危機に陥る気持ちを抱きやすい子供になります。

子供の「いじめ」親に言える子供の特徴は、精神的な意味で霊格が高く、精神的な意味で存在力が強く、視野も広く持ち合わせているため、親に話をして対応してもらう考え方も現れやすくなるでしょう。

何に違いがあるのかと言えば、家庭内でしっかりと「子供」と「コミュニケーション」を図っているのか「心に対する価値」を置いているのか、親の違いによっても状況が変わってくるかと思われます。

子供の「いじめ、親に言えない理由」の中には、親に話したところで、何も状況が変わらないと諦めムードで思っている子供もいるはずです。

実際の話、子供が置かれている環境も様々であり「子供」に対する「いじめ」において、自分の子供が「いじめ」られている可能性のみならず、逆に人を「いじめ」ている可能性もあり「いじめ」について気になる場合は、「霊視」と「守護霊対話」の力がある先生に相談行い「守護霊」から話を伺うのもお勧めです。

「守護霊」が見ているのは、現実世界における物理的な状況のみならず、心の状態も見ている場合もあり、子供の心の内について知ることができる可能性もあるかと思われます。

私の話についてあくまでも一般論であり、個別の内容は個別の環境によって話が変わってくるものでありまして、お悩みを抱えている方は、電話占いに所属されている霊視の力を持つ先生に相談されると良いでしょう。

私と違ったアドバイスを別の角度から伺うことによって、新たな視点や新たな考えが現れてくるかもしれません。

私は、過去に霊感占い師として人の相談に応じていましたが、現役で活躍されている先生方は、より多くの相談内容に応じているものであり、私よりも質の高い話を伺うことも可能として挙げられます。

 

電話占いの霊視鑑定が当たる仕組みと理由とは!?

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

ディスティニー

ディスティニー

●お勧めは、電話占いサイトのディスティニー

スピリチュアルの中で、現在、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。ディスティニ―は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いでしょう。

口コミでも人気が高いのが、江原啓之さんの様な守護霊対話能力を持つローズ先生、上之嬢先生、美鳳先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

ただ、相談内容によっては、必ず適しているとも言い切れず、プロフィールや得意分野などをチェックし、相談内容に適応する先生に相談されるのも大切です。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

先生方への相談希望、電話占いサイト ディスティニ― へはこちらのリンクから

いじめ(主.キーワード関連記事)

スポンサー

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ 霊能力者への相談(プロフィール)

 

いじめが親に言えない理由 関連記事!外部サイト

スピリチュアル 関連記事!外部サイト

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花