日本と欧米!世界のいじめの違い

・日本と欧米!世界のいじめの違い

・|日本|欧米|世界|いじめ|違い|(主.キーワード関連記事)

|日本|と|欧米|!|世界|の|いじめ|の|違い|

|日本|と|欧米|!|世界|の|いじめ|の|違い|について、「スピリチュアル」から見ると見えてくる姿があります。

「いじめ」と言うのは、どの国でも起きるものでありまして、ただし、「日本」の「いじめ」は、他の国々と比べると「陰湿」だと言われているのです。

この話をさせていただく前に、先に、「いじめ」の基本的な性質について話をさせていただいておきます。

心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからず、そこに「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができますよね。

|日本|と|欧米|!|世界|の|いじめ|の|違い|

|日本|と|欧米|!|世界|の|いじめ|の|違い|

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなります。

つまり、「いじめ」とは、自分の「存在感」と「快感」を求めて、「いじめ」が現れやすくなるのです。

よくある話としては、学校の休憩時間、することがなく、暇な状態が「存在感」を感じられず「ストレス」となり、それをきっかけに攻撃的な「いじめ」が現れやすくなります。

「男性心理」と「女性心理」の違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であれば、この相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのです。

男性は、基本的に自分の趣味や仕事と、女性も意識したい「目で見える現実世界」に意識が高まりやすくなります。

女性は、意識されるために自分自身の「価値」を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の「心」にも意識が高まりやすくなるのです。

「心」に携わる恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり理解と納得がしていただけるものでもないでしょうか。

男性の「いじめ」は、「いじめ」られる人が弱々しい動きを見て「いじめ」を楽しむ、目で見て楽しむ傾向として現れやすくなるのです。

女性の「いじめ」は、「いじめ」られる女性に対して女性として価値を落とす姿として「いじめ」が現れやすくなります。よくある話としては、無視の「いじめ」でありまして、意識されるだけの価値がないレッテル感を与える、逆に自分たちの方が相対的に価値が高い優越感を求める「いじめ」も現れやすくあります。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|日本|と|欧米|世界|の|いじめ|の|違い|農耕民族|と|狩猟民族|の|違い|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|日本|と|欧米|世界|の|いじめ|の|違い|農耕民族|と|狩猟民族|の|違い|スピリチュアル|

|日本|と|欧米|世界|の|いじめ|の|違い|農耕民族|と|狩猟民族|の|違い|スピリチュアル|

「日本」と「欧米」、「世「」の「いじめ」の違い、「農耕民族」と「狩猟民族」の違い、「スピリチュアル」から見るとこの違いが挙げられます。

絶対的な話ではありませんが、インターネット上では「日本」の「いじめ」の特徴として、「いじめ」られる人、「いじめ」る人、はやしたてる観衆、無関心な傍観者に分かれる特徴の話がされているのです。

日本は、「農耕民族」であり、割と周りと同じ価値観を共有する傾向がありますよね。

その結果、「いじめ」られている人を集団から排除する姿として、「いじめ」が現れやすくなるのです。

この様な考え方もあるかもしれません。日本では、「いじめ」てはいけないとの社会的な建前の風潮がありますよね。

個人に対して指導すると言うよりも、全員に対して価値観を強要する傾向があるでしょう。押さえられれば、バランスを取るために反発としての、「いじめ」たい気持ちが現れやすくなる考え方もあるでしょうか。

絶対的な話でありませんが、「いじめ」られる人の特徴、日本の「農耕民族」の共通する価値観を求める中で、周りと少し違った状況の中で現れやすくなります。

現在の学校の特徴について、私自身、分かりませんが、昭和の時代は、アニメオタクなどが少数的価値観を持つ者として、「いじめ」られやすい傾向がありました。

「狩猟民族」の「いじめ」の特徴は、集団よりも個性を大切にする傾向があり、肉体的に力強くなければ、獲物を狩ることができなかったものでありまして、自分自身の力強さを誇示する目的として「いじめ」が現れやすくなるのです。

インターネット上では、この例えとして、ドラえもんのジャイアンを例えとして話をされています。

現在、学校の環境が、様々なことに対して問題視されています。例えば、あだ名を禁止する学校、髪型や服装について厳し過ぎる問題などもあるでしょう。

私自身も、どちらかと言えば、多くの方が問題に思われている内容に対して、賛同的に共感するものでありますが、「農耕民族」の価値観の日本人に対し考えた場合、果たして、「狩猟民族的」な価値観を受け入れられるか、「スピリチュアル」から見ると考えさせられる話です。

現在、マスクについて様々な意見や考えがありますが、現在において、マスクをしていない人に対しどう思われるでしょうか。

排除したい気持ちが現れたとするならば、もしかすると、それは、「いじめ」を起こしている人と心情的に変わらない話かもしれません。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|日本|と|欧米|世界|の|いじめ|の|違い|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|日本|と|欧米|世界|の|いじめ|の|違い|霊格|について、|スピリチュアル|

|日本|と|欧米|世界|の|いじめ|の|違い|霊格|について、|スピリチュアル|

「日本」と「欧米」、「世界」の「いじめ」の違い、「霊格」について、「スピリチュアル」から見ると潜在的にこの話が大きな話として挙げられます。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、ストレスも現れやすく、「存在感「」を求める気持ちが現れやすくなる中で、「霊格が低い」と、「いじめ」も現れやすくなります。

日本は、第二次世界大戦で敗戦し、戦争に足を運んだ原因の1つとして、日本神道を価値に置く教育にあると考えられました。

日本神道には、自然に「心」が宿る考えがありまして、子供に対して心の価値観を与えるのは望ましくない風潮が教員の中で現れやすくなったのです。

それでも、戦前の価値観の名残は残されていたものであり、政治に対して「心」の在り方を問う学生運動などが現れやすくなりました。

しかしながら、共産主義の過激派が人を殺める、ハイジャックなどを起こしまして、学生運動そのものが良くない社会風潮が現れたのです。

オーム真理教が起こした大きな社会的な問題は、「心」のあり方を求める考え自体が良くない社会的な価値観が現れやすくなったでしょう。

ちなみに、事件を起こす以前、オーム真理教は、特徴的なものとしてマスコミが大きく取り上げもてはやしていたことでもありました。

マスコミが、存在感を助長させたものであり、あの犯罪は、マスコミが原因として挙げられる話だと思われます。

絶対的な話ではありませんが、「欧米」では、子供時代から政治に対する話題や、心からの「気づき」についてしっかりと教える傾向があり、教育においても、答えがない答えに対して考える力を養っている傾向もあり、「霊格」が高まりやすくなるのです。

都市伝説で有名な、「なおきまん」さんの動画に、「なおきまん」さんは帰国子女でありまして、アメリカの話として、自分の学校以外のことがよく分からないが、自分がいた学校には「いじめ」がなく、仮に、「いじめ」があれば、正義感を持つ人々から逆に「いじめ」られる可能性の話をされていました。

アメリカ人は、割と分かりやすい存在であり、白と黒、正義と悪、自分にとって正義に対して意識が高くあるのかもしれません。

昭和の時代にも「いじめ」がありましたが、現在のいじめは、精神的に幼い「いじめ」として現れやすくなっているのです。

私の子供時代は、少年ジャンプと呼ばれる漫画が流行っていた黄金時代であり、正義や正しさなど、「霊格の成長」を導く影響がありまして、ドラマなども道徳に対して意識が高いドラマが流行っていた時代でもありました。

現在は、それらの影響が失っているものであり、潜在的に「いじめ」が現れやすくなっているかもしれません。

現在の「いじめ」の特徴、インターネット上で調べてみると、「いじめ」る方が人数が多い、集団リンチの傾向がある話が見受けられます。

日本のいじめの特徴、「農耕民族」と「霊格が低い」社会的な環境、その結果が、必然的に表れているものだと見ることができるでしょう。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

 

黄金の蝶
ダイヤ

以下のリンク先は、過去記事からのピックアップ50記事です。興味がある場合は、ぜひ、ご参照してください。

 

 

  1. |霊感|と|五感|を考察!|スピリチュアル|

  2. |いじめ|が起きやすい年齢と環境について

  3. |霊感|を受け入れる時代!|スピリチュアル|

  4. 日本が|分断|する未来!|スピリチュアル|

  5. |歴史|についての考察!|スピリチュアル|

  6. |スピリチュアル|を否定する日本人の原因

  7. 意味不明!|スピリチュアル|について

  8. 子供の|うつ病|を考察!|スピリチュアル|

  9. 子供の|ワクチン接種|について!|スピリチュアル|

  10. |婚活の高望み|!増えている?|スピリチュアル|

  11. |霊感|を鍛える!|嗅覚|について!|スピリチュアル|

  12. |岸田内閣|!|自民党|の崩壊を考察!|スピリチュアル|

  13. |お酒|が|スピリチュアル|的に悪いのか

  14. |自己肯定感|が低い日本人とは?|スピリチュアル|

  15. 情報社会と手放す力!|スピリチュアル|

  16. |スピリチュアル|って|やばい|?|やばい|!

  17. |歯周病|と|生姜|について!|スピリチュアル|

  18. |シンクロニシティ|の|本当の意味|!|スピリチュアル|

  19. |地球温暖化|が加速の災害!|スピリチュアル|

  20. |スピリチュアル|が|怖い|!その心理

  21. 現代社会を|スピリチュアル|から考察

  22. |性善説|と|性悪説|について!|スピリチュアル|

  23. |愛されたい|女性について!|スピリチュアル|

  24. 日本が世界の中心になる未来!?|スピリチュアル|

  25. ネットと心の成長について!|スピリチュアル|

  26. |スピリチュアル|を|信じない人|について!必然的

  27. |イメージトレーニング|の|効果|について!|スピリチュアル|

  28. |スピリチュアル|に|不信感|を抱く人々

  29. 人口増加の日本の未来を考察!|スピリチュアル|

  30. |いい子症候群|の|大人|の|原因|は?|スピリチュアル|

  31. コロナとストレス解消について!スピリチュアル

  32. |円安|の日本!日本が沈没?|スピリチュアル|

  33. |いい子症候群|の|大人|!他人が気になる!|スピリチュアル|

  34. |トランスパーソナル心理学|が|怪しい|!|矛盾|について

  35. |承認欲求|と|自己顕示欲|の違い!|スピリチュアル|

  36. |ババ・ヴァンガ|の|予言|を考察!|スピリチュアル|

  37. |霊性|と|霊格|と|人格|の違い!|スピリチュアル|

  38. |スピリチュアル|と|哲学|の違いは?

  39. |夫がゲームばかりで会話ない|!|会話がない||夫|

  40. |夫婦別姓|!|スピリチュアル|の賛否

  41. 夫がアスペルガー!アスペルガーの夫

  42. |スピリチュアル|って|洗脳|?|洗脳|の解き方

  43. |夫婦喧嘩 お互い無視|!|無視の原因|は?

  44. 女性にモテる!男性のタイプとは?その男性!

  45. |毒親|が多い原因は?|毒親|が現れる原因

  46. 結婚相手を間違えた後悔!女性に多い?

  47. |江原啓之|!|亀裂|は|戦争|のみでは無い!

  48. |離婚したい||男性心理|!その|男性心理|とは?

  49. |指示待ち人間|!|指示待ち症候群|が増えている

  50. |霊感が強い|!精神的に|疲れ|!|霊感|の特徴