スピリチュアル7[2021年版]

「霊視」「スピリチュアル」「霊感」「占い」「霊格」「守護霊対話」「電話占い」「沖縄のユタ」「恋愛」「婚活」「人間関係」「子育て」「結婚」「浮気」「嫁姑」・・・

江原啓之さんが語る!夫婦の問題

江原啓之」/「夫婦の問題(主.キーワード関連記事)

江原啓之』さんが語る!『夫婦の問題』

江原啓之』さんが語る、『夫婦の問題』の話は、インターネット上に、「江原啓之」さんの話として話が上がっていまして、これについて思い当たる内容があり、「江原啓之」さんの話も含めその話について触れさせていただきたいと思います。

もしかすると、「江原啓之」さんが語る、「夫婦の問題」の話は、潜在的に、日本の中で広がっているかもしれません。

江原啓之」さんへの「夫婦の悩み」の話について、女性からの相談内容でありまして、思いやりのない旦那のことが嫌い、モラハラなども言ってくるそうです。

言葉の命令口調であり、あれしとけなどの言葉遣いでもありまして、料理を作ると、必ず愚痴を言って来る話になります。

『江原啓之』さんが語る!『夫婦の問題』

江原啓之』さんが語る!『夫婦の問題』

子供も高校生以上の子供が3人いまして、子供との関係はうまくいっている女性からの相談内容です。

江原啓之さんは、難しい相談内容として、この女性の方は、生活もできているから、その感謝しているそうでもありますが、結局そこに依存していると話をされています。

世の中にはできることとできないことがありまして、一番変えられないのが、人の心とも話をされているのです。

ただ、旦那さんを擁護する話として、旦那さん自身、淋しい気持ちを抱いており、奥さんの方が、旦那さんを立てない所があり、そのためそこに不満がある中で、攻撃的な愚痴を言葉にしているのではないかと話をされています。

もう一つの、「江原啓之」さんへの夫婦の問題の話は、お見合いで知り合い、年齢的にも焦って結婚された女性の方からの夫婦に関する相談内容です。

この女性の方も、栄養考えて作ったのにまずいと言われたり、女が料理や家事をするのは当たり前との考え方の旦那になります。買ってきた惣菜は、だめ、時間の使い方が悪い、など言われるのもよくある話をされています。

この旦那の方が、子供時代にかかった難病が、再発をし、入院されたそうです。見舞いに行くと、あれこれと頼まれ、帰りはぐったりするとの話もされています。

通院治療になるそうで、自宅で2人きりになり、ストレスによって喧嘩が耐えなくなるのではないかと気分が落ち込むとの相談内容になります。

江原啓之」さんは、旦那に対してもっと薄情になった方が良いアドバイスをされており、人生はドラマでありまして、ドラマには感情が付きもので、時にはあなたが好きと言ってみたり、楽しくやったらいいのにとアドバイスをされているのです。

他にも、「江原啓之」さんへの「夫婦の問題」における相談がありますが、旦那さんの方が、共通する内容が全てに見らる内容が私なりに見えてきます。

江原啓之』さんへの『夫婦の問題』、基本的に男性は霊格が低い

『江原啓之』さんへの『夫婦の問題』、基本的に男性は霊格が低い

江原啓之』さんへの『夫婦の問題』、基本的に男性は霊格が低い

江原啓之」さんへの「夫婦の問題」において、基本的に男性は、「霊格が低い」姿が現れやすくなります。

このブログでは、魂の成長として、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である「霊格」の成長も同じく心からの一つ一つの気づきについて何度も話をさせていただいているのです。

霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす、他者の心を満たしたい創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

男性心理と女性心理の基本的な違い、男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であれば、この相反する心情は、磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなります。

男性の、意識されたいよりも意識したい気持ち、世の中には意識ができる対象が数多くあり、基本的に男性は、自分の趣味や仕事と女性も意識したい両方の気持ちを持ち合わせやすくあるのです。

女性は、意識したいよりも意識されたい気持ちが強いため、意識される自分自身の「」についても意識が高まりやすくあります。

逆に、男性は、目の前に映る意識ができる対象に意識が奪われ、自分自身の「」に対して意識をする気持ちも弱まりやすく、心からの一つ一つの気づきについて、女性と比べれば、力が弱まりやすい傾向にあるのです。

全ての男性とは言い切れませんが、半分以上の男性は、自分自身の「」に対して意識をする気持ちも弱く、心からの一つ一つの気づきについて意識も弱く、精神的な意味で、「子供」と変わらない、「子供のまま止まったまま」になりやすくあります。

精神的な意味で、存在力が弱いため、何かと、力強い行動を起こすことによって、男性としての気持ちを保つような行動を起こされる方もいらっしゃるでしょう。

江原啓之』さんが語る『夫婦の問題』、その対応の仕方とは

『江原啓之』さんが語る『夫婦の問題』、その対応の仕方とは

江原啓之』さんが語る『夫婦の問題』、その対応の仕方とは

江原啓之」さん語る「夫婦の問題」、私なりに、その対応の仕方が見えてきます。改善する方法は、いくつかの方法がありますが、選択次第では結末に違いが現れてくるかもしれません。

男性は、意識されたいよりも意識したい気持ちが強い傾向にあると話をさせていただきました。逆に、強い感情によって、意識されることに対し慣れておらず、特に、女性の攻撃的な強い感情に抵抗感を持ち合わせていない男性の方も割と多くいらっしゃるのです。

江原啓之」さんは、怒ってみることに対して話をされています。ここでのポイントは、強い感情を、旦那に向けるつもりで話をしまして、できるだけ、「早口」で言葉を話す行動になります。

男性は、感情よりも、理性に傾きやすく、「攻撃的な言葉の早口」で話をされてしまうと、理性の考えがまとまらず、「理性が崩壊」し、頭が真っ白状態となり、何も動けなくなってしまう状況も現れやすくなるのです。

この、意外性のある内容によって、冷静さが現れ、自分自身を省みる気持ちも現れやすくなるかもしれません。

ただ、男性によっては、その状況において、怒りで返してくる可能性もあるでしょう。

男性は、心的エネルギーを抑えてコントロールする傾向があり、女性は、心的エネルギーを外に開放してコントロールする傾向があるのです。

男性の、心的エネルギーを抑えてコントロールする傾向、エネルギーが解放されず、エネルギーが貯蓄していく中で、「疲労」が現れやすくなります。男性と女性との喧嘩、長期戦であれば、女性の方が優位に働きやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを抑えてコントロールする傾向がありまして、人の肉体と精神は、お互い影響与え合っているものであり、割と、抑える力の働きによって、「顔がひきつった様な姿」も現れやすくなります。

これに耐え切れなくなると、ほとんどの男性は、「白旗を揚げ」、その場から逃げるかのように、自宅を出て行ったり、自分の部屋に戻ったりする姿も現れやすくなるでしょう。

ただ、この話について知っていただきたい内容もありまして、「霊感」とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力です。

そして、人々の心の奥底が、全て繋がっている話でもありまして、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっている話になります。

心の奥底が全て繋がっている中で、夫婦が形成されるのは、お互い足りない要素、まるで、磁石のプラスマイナスの様に引き合う形で、「夫婦が形成」されやすくあるのです。

つまり、夫婦の問題における、旦那の姿は、自分自身に足りない要素である場合もよくある話になります。

心理学者のフロイトは、人が食事をとるにしても、睡眠をとるにしても、用を足すにしても、少なからずそこには快感が生じるものであり、人は快感を求める生き物として、それを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感=快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば、強い存在感と、強い快感を同時に感じられますよね。

存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり、精神的に存在感を感じられないのは、命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

初期のストレス反応は、ストレスを与えている対象に、攻撃か逃避の選択状態に置かれまして、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり、「心身にエネルギー」を生み出しやすくなります。

江原啓之」さんが話をしていた、旦那さんが淋しいのではないのか、奥さんの方が旦那さんを立てない姿もある話において、旦那さんが、旦那さんとしての存在感が感じられず、ストレスが生じ、ストレス反応によってエネルギーが現れ、それが攻撃的な言葉として姿を変えている姿もあるでしょう。

それが、旦那にとって、快感となり、そこに、自分の存在感を補っている方もいらしゃるかと思われます。ポイントは、快感であり、一緒にお笑い番組を見たり、旦那が興味がある内容に共感したりするのもお勧めです。

最終的には、数日、家を出る選択肢もありまして、快感を得れない状況は、そこに、自分の存在感を失い、心理的に強い「喪失感」が現れやすくなります。ここに、「夫婦としての有難み」を感じる場合もあるかもしれません。

違った方法としては、暴力をすれば、警察を呼ぶと書いた紙を渡し、無視、快感を与えない罰則的な方法などもあるでしょう。

全ての旦那のモラハラが、これに当てはまるとは限りませんが、ただ、「夫婦の問題」の中には、奥さんに原因がある場合もありまして、「基本的に男性は、精神的に子供である」ことを踏まえて、この認識をしっかりと持ち合わせておくのも大切として挙げられます。

 

江原啓之さん お勧め!関連記事

⇒ 「江原啓之 2021年 予言

 

黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール


⇒ 当ブログ 霊能力者への相談(プロフィール)

 

お勧め!PR情報

⇒ 「浦添」「土地売買」