山上徹也容疑者の同情!スピリチュアル

・山上徹也容疑者の同情!スピリチュアル

・|山上徹也容疑者|同情|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事) 

|山上徹也容疑者|の|同情|!|スピリチュアル|

 |山上徹也容疑者|の|同情|!|スピリチュアル|から見る話をさせていただきますが、この話は、公に話せる話ではなく「スピリチュアル」から見る話として受け止めていただければと思います。

「山上徹也容疑者」の「同情」の話がネット上にありまして、刑を軽減してほしい話が集まっている話もあるみたいです。

旧統一教会が、「山上徹也容疑者」の家族に与えてきたもの、また、自民党との闇の繋がりからすれば、その心情が現れやすくなるのも当然かもしれません。

「山上徹也容疑者」の話について、「山上徹也容疑者」が思っていた内容がSNSで発言されており、犯罪を起こすまでフォロワー数0であったものが、犯罪後急激に数を増やしまして凍結された出来事がありました。

|山上徹也容疑者|の|同情|!|スピリチュアル|

|山上徹也容疑者|の|同情|!|スピリチュアル|

その言葉の内容が、Yahoo!ニュースに取り上げられていまして、頭が賢い、しっかりと自分の心情に対して自己分析をしている姿があり、この情報によって擁護する人々が現れやすくなっています。

「霊感」について、「霊感」とは、本来誰にでもあり、幽霊にも心がありまして、「高次元の存在」にも心があり人々にも心があり「心を感じる力」です。

そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考えがありまして、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっています。

「霊感」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思いますが、それが心を感じる小さな「霊感」の働きです。

つまり、霊的な世界である「高次元の存在」がいる立ち位置からは、人々が見ている姿のみならず心の内の姿まで見ているものであり、この、「安倍元総理」の銃殺によって死去された出来事は、「高次元の存在」の計画として見えてくる姿があります。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|山上徹也容疑者|の|同情|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|山上徹也容疑者|の|同情|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

|山上徹也容疑者|の|同情|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

「山上徹也容疑者」の「同情」、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」から見る姿があります。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり、異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような相反するエネルギーも現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」、波のような形として顕在化されやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」、「既存の知識」、「既存の価値観」、「期待性」を求める姿として現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は、「目に見えない心」、「未知の知識」、「新たな価値観」、「意外性」の姿として現れやすくなります。

「安倍元総理」の銃殺による死去した出来事、「意外性」のある姿として驚かされた出来事でなかったでしょうか。

また、人々の意識が「山上徹也容疑者」のに集まっている、そして「同情」する姿も現れやすくなっているでしょう。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|山上徹也容疑者|の|同情|霊格|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|山上徹也容疑者|の|同情|霊格|について、|スピリチュアル|

|山上徹也容疑者|の|同情|霊格|について、|スピリチュアル|

「山上徹也容疑者」の「同情」、「霊格」について、「スピリチュアル」から見ると「高次元の存在」の「計画」の姿が見えてきます。

「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいてますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、ストレスも現れやすく、存在感を求めるエネルギーが誹謗中傷、子供の虐待、いじめ、モラハラ、モンスター○○○、毒親、ストーカー、凶悪犯罪など社会に弊害を与える人々も現れやすくなります。

「霊格が低い」人々が多く現れれば、極端な話、この地球上の自然界も崩壊してしまいかねません。

「霊格」の特徴として、「霊格」が高まれば、「霊格が低い人」が抱きやすい欲求に卒業が現れ精神的に大人へとの欲求が現れやすくなるのです。

「女性的優位のエネルギー」による影響もありますが、「高次元の存在の計画」とは、人々に対し心の「気づき」を気づかさせる計画であり、精神的に「大人」へと導く姿でもあります。

今回のこの出来事によって、心からの「気づき」に気づかされた出来事などもあったのではないでしょうか。

これも、公に話せる話ではありませんが、「コロナウィルス」は、「高次元の存在」が人を操り意図的に広げている話が「スピリチュアル」の中で存在します。

その目的は一概には言い切れず、活動し過ぎている人類を抑制させる目的、目に見えるものに意識が奪われ、に対して意識が薄くに対して意識を向けさせるなど様々な波状効果を考えての出来事です。

コロナの広がりによって、会社の飲み会が消え去り、家族と一緒に食事をする姿が現れたのではなかったでしょうか。

「山上徹也容疑者」の出来事も同じく、家庭を顧みないとこのような結果を招く姿に「気づき」を与えたものであり家族の絆を取り戻した人々もいらっしゃるでしょう。

先にも言いましたが、「高次元の存在」の立ち位置から、人々の心の様子が見えています。

人は、目に入ってくる情報の8割以上頼っている話もあり、霊格が低く、心の視野が狭いため致し方がありませんが、「安倍元総理」が行ってきたこと、それによって、命を失った人、政治の責任として「スピリチュアル」から見ると考えられる話として挙げられるのです。

また、自民党は、保守系であり、特に、「安倍元総理」はその意識が強い傾向があり、これは、「男性的優位のエネルギー」による価値観でもありましてその力が弱まってくる姿として、「安倍元総理」が銃殺によって死去される出来事について必然的な姿として見えてきます。

旧統一教会を創立した教祖は、霊的な世界でのキリストから世界を救うメシアとして授かった話をされているのです。

旧統一教会によって、苦しめられていきたい人々、その心を救った意味では、「山上徹也容疑者」がメシアとして考えられるかもしれません。

これは、過去に話をさせていただきましたが、旧統一教会では、資本主義が神が作った世界であり、共産主義を作ったのが悪魔のサタンとしての考え方があります。

悪魔のサタンとは、「堕天使ルシファー」のことであり、「堕天使ルシファー」は自由意志を尊重する存在でもあるのです。資本主義は、割と自由意志を尊重するものであり、悪魔のサタンが「資本主義」を作り出したと考えることもできまして、旧統一教会の矛盾について考えさせられる話です。

自由意志には、堕落する自由意志、世界を支配する自由意志、独裁としての自由意志もあり、キリスト教ではサタンが世界を滅ぼすと考えられています。

「堕天使ルシファー」の弟である、大天使ミカエルは、創造主が、人々を導く方法として「愛」の精神の価値を置いているのです。

この「愛」とは、人を好きになる「愛」ではなく、心から頭で考えて足を使い精神的に支える力になります。難しい話ではなく、当たり前の話として、子供を育てるには「愛」の精神がなければなりませんよね。

「山上徹也容疑者」の家庭は、旧統一教会によって破綻したものであり、旧統一教会は、悪魔のサタンがキリストの仮面をかぶった宗教として考えられるかもしれません。

また、他のキリスト教からは、旧統一教会について、キリスト教と認めていない話もあり、「スピリチュアル」から見るとこの考え方についてあるものではないでしょうか。

もしかすると、「山上徹也容疑者」について「同情」する人々は、新たな価値観としての「女性的優位のエネルギー」の影響受けた人々である姿についても見えてきそうです。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

⇒ |好きな人の気持ち|

⇒ |洗脳の解き方|

⇒ |人間関係の違和感|

⇒ |夫婦喧嘩で謝りたくない|

⇒ |占い師になるには|

⇒ |ケンタウロス|

黄金の蝶
ダイヤ
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

f:id:tukishiromia:20220118064402p:plain

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ |霊感がある人|

⇒ |江原啓之|コロナ|

⇒ |毒親|

⇒ |人間関係|ストレス|

⇒ |スピリチュアルメッセージ|

 

スピリチュアル 

 

⇒ |令和|

⇒ |女性同士の仲が悪い|

⇒ |安倍元総理|江原啓之|

⇒ |孤独|

⇒ |カサンドラ症候群|

⇒ |ポジティブ|ネガティブ|

⇒ |本当の意味|

 

電話占い お勧め記事 (口コミ 人気 電話占い

⇒ 「電話占い 当たる仕組み」 ・「電話占い 悪い結果」 ・「電話占い チャネリング」 「電話占い 守護霊対話

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ |体験談|

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

* 霊視 参考記事 ⇒ 「|何も質問しない|霊視|電話占いの先生|

 

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ |三重|霊視|

⇒ |下関|霊視|

⇒ |愛媛|霊視|

 

 

アメブロ

⇒ |霊視|悩み相談|

⇒ |妊娠|スピリチュアル|

⇒ |浮気をする男性の特徴|