矢野監督のスピリチュアル発言が怖い

・矢野監督のスピリチュアル発言が怖い

・|矢野監督|スピリチュアル発言|怖い|(主.キーワード関連記事)

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|について、少し矛盾するかもしれませんが、「スピリチュアル」から見ると、「矢野監督」の「スピリチュアル発言」が「怖い」話について理解できる話として見えてきます。

「矢野監督」の「スピリチュアル発言」については、過去に話をさせていただきました。

その話とは、過去の中日に、「落合英二」さんと呼ばれる霊感が強い人がいまして、様々なエピソードがあった出来事があったのです。

もともと、「矢野監督」は、中日から阪神に来たものであり、中日時代、同じ時代を歩んできた可能性がありまして、「矢野監督」の中で霊的な内容に対し肯定的に考えている可能性がある話をさせていただきました。

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|

知人に、文字職人の方がいまして、この方は、様々な漢字が入った365種類の木札を巾着袋に入れており、そこから1枚取り出してもらい、その漢字から伝わってくるものを言葉として色紙に書くものであったのです。

「矢野監督」は、連敗をする中で、この方を甲子園に呼び、この方の力が必要と言うことで実際に行いました。と言う漢字を引いたのです。

そしてその日は、連敗から抜け出し、最後のインタビューでこの色紙について話をされました。

ドン引きする人が現れまして、NHKにおいてはこの試合が流れていた中で、宣伝行為に当たるとして強く批判する出来事でもあります。

ネット上では、「矢野監督」の「スピリチュアル発言」が「怖い」などの言葉があり、「スピリチュアル」から見ると必然的な話として見えてきます。

dnomotoke.com

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|存在感|と|スキーマ|について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|存在感|と|スキーマ|について、|スピリチュアル|

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|存在感|と|スキーマ|について、|スピリチュアル|

「矢野監督」の「スピリチュアル発言」が「怖い」、「存在感」と「スキーマ」について、「スピリチュアル」から見る見える話があります。

心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言されました。

極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができますよね。

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し、「攻撃」、もしくは、「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなります。

つまり、「矢野監督」の「スピリチュアル発言」が「怖い」、その言葉について理解ができないことによって、ファンの方々が「存在感」を「失い、「ストレス」を与えるものとして「怖い」気持ちが現れやすくなっているのです。

「スキーマ」について、心理学用語で枠や図の意味がありまして、人は、自分自身が持ち合わせている「スキーマ」の情報を使って世の中を認識している働きがあります。

例えば、目の前にコップがあった場合、コップの形状、コップは固い、コップが水を入れる容器など関連するスキーマの情報と現実世界にあるコップが一致することによって、それをコップだと認識しているのです。

当たり前だと思われがちですが、決して当たり前ではなく、動くはずもないコップがガタガタと動けば、自分自身に危害を与える可能性があるものとして、警戒心が高まり「ストレス」が高まりやすくなります。

つまり、「矢野監督」が持ち合わせている、「スピリチュアル」に対する「スキーマ」の情報があるため言葉や行動として現れている話でもあるのです。

そして、ファンの多くが、「スピリチュアル」に対する「スキーマ」の情報を持ち合わせていないものであり、自分自身に危害を与える可能性があるものとして警戒心が高まり「怖い」ものだと現れやすくなっています。

これが、「スピリチュアル」ではなく、仏教などの護摩行、阪神時代「新井」選手が行っていましたが、「矢野監督」がこれであれば批判を受けることがなかったことであるでしょう。

ちなみに、護摩行とは、炎の前でお経を唱える修行のことです。日本人は、仏教と神道に対する「スキーマ」を持ち合わせている傾向もあり、これであれば、批判されることがなかったものではなかったでしょうか。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|霊格|と|男性心理|と|女性心理|の違い

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|霊格|と|男性心理|と|女性心理|の違い

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|霊格|と|男性心理|と|女性心理|の違い

「矢野監督」の「スピリチュアル発言」が「怖い」、「霊格」と「男性心理」と「女性心理」の違い、「スピリチュアル」から見ると見えてくる考え方があります。

まずは、「霊格」について、このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格が高い」と、「能動的」な気持ちが現れやすくありますが、「霊格が低い」と「受け身的」な気持ちとして現れやすくなります。

プロ野球のファンとは、全員とは言い切れませんが、与えたいよりも勝利を享受されたい受け身的な傾向が強く、心からの一つ一つの「気づき」に意識が弱く、「霊格が低い」人々もファンとして現れやすくあるのです。

心の視野が狭いため、「矢野監督」の「スピリチュアル発言」を理解する視野もなく、「怖い」と思われるのも当然の話でもあるでしょう。

また、「霊格」の特徴として、「霊格が低い人」から「霊格が高い人」の価値観に「気づき」が現れにくく、「霊格が高い人」から「霊格が低い人」の姿が精神的に幼い気持ちとして現れやすくなるのです。

「霊格」の高さとは、絶対的な高さではなく、あくまでも相対的な話になります。

「霊格」が高ければ、「矢野監督」の「スピリチュアル発言」、どのような反応が現れるのか「気づき」が現れるものであり、「矢野監督」、決して、「霊格が高い」とも言い切れません。

「男性心理」と「女性心理」の違い、男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのです。

男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、「目に見える現実世界」に意識が高まりやすくなります。

女性は、意識されるために自分自身の「価値」を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の「心」にも意識が高まりやすくなるのです。

「心」に携わる、恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり理解と納得がしていただけるものではないでしょうか。

つまり、野球とは、男性心理を満たすものとして、目に見える現実世界を強く意識するスポーツです。

「スピリチュアル」とは、目に見えない心を扱ったものであり、多くの男性ファンが受け入れられないのも当然な話ではないでしょうか。

先に、「スキーマ」の話をさせていただきましたが、この「スキーマ」、細かく持ち合わせていない場合、既に獲得をしている似たようなものとして判断する働きがあるのです。

例えば、欧米人から見て、日本人と中国人と韓国人が、全て、同じ民族の様に見えてしまう生理的な話になります。

日本人でも、ドイツ人とフランス人、イギリス人の区別がつかない話と同じです。

そのため、「矢野監督」の「スピリチュアル発言」、既に獲得をしている「スキーマ」を使って判断する反応が現れやすくなる場合もあり、例えば、オーム真理教、現在で言えば旧統一教会と同じように思う心理作用が働きやすくなる場合もあります。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|、擁護できる話について、|スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|、擁護できる話について、|スピリチュアル|

|矢野監督|の|スピリチュアル発言|が|怖い|、擁護できる話について、|スピリチュアル|

「矢野監督」の「スピリチュアル発言」が「怖い」、擁護できる話について、「スピリチュアル」から見ると「スピリチュアル」的な話としてあります。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から、徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」、波の様な姿として現れやすくなるのです。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」、「既存の知識」、「既存の価値観」、「期待性」を求める姿として現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は、「目に見えない心」、「未知の知識」、「新たな価値観」、「意外性」の姿として現れやすくあります。

「プーチン大統領」のウクライナ侵攻、「上島竜兵」さんの自殺、「安倍元総理」の死去、「意外性」が強い出来事ではなかったでしょうか。

そして、「矢野監督」の「スピリチュアル発言」も、意外な出来事でもありましたよね。

「男性的優位のエネルギー」が弱まる事は、抑えている力が弱まってくるものであり、「女性的優位のエネルギー」による柔らかい力と外に開放する力によって公に現れやすくなった姿についてあったかもしれません。

過去に、ある音楽家が、「スピリチュアル」的な価値観に目覚め、それに没頭した出来事がありました。ただし、ファンは理解できないものであり、心配する出来事があったのです。

当時は、「男性的優位のエネルギー」が働いていた時代であり、その点からの出来事であったかもしれません。

「男性的優位のエネルギー」は、意識的に知識の一つ一つの「気づき」の価値に意識が高まりやすく、「女性的優位のエネルギー」は、絶対的な話では無い話として、潜在的な力によって心からの一つ一つの「気づき」に気づかされる出来事が現れやすくなってきます。

令和に入ってから、何かしら、心からの一つ一つの「気づき」に気づかされた出来事が現れやすくなっていると思われないでしょうか。

ただ、日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値を置く傾向が高く、ペーパーテストの点数が高ければ人として価値が高い社会的な風潮もあり、全員とは言い切れませんが、「霊格が低い」人々が現れやすくなっています。

また、「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、ほとんどの多くの方が従来の価値観である「男性的優位のエネルギー」による価値観に縛られている人々も多く、「矢野監督」の「スピリチュアル発言」、「怖い」と思われるのも致し方がありません。

また、日本人は、農耕民族でもありまして、周りと違った価値観、浮いた価値観に抵抗感が現れるのも話としてあるものでもないでしょうか。

 

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生 っている?

 

 

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

矢野監督 スピリチュアル

プーチン大統領 スピリチュアル

カサンドラ症候群 スピリチュアル

結婚相手を間違えた スピリチュアル

高次元の存在 スピリチュアル

チャネリング スピリチュアル

 

黄金の蝶
ダイヤ
外部リンク⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

f:id:tukishiromia:20220118064402p:plain

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ |霊感がある人の特徴|

⇒ |江原啓之|コロナの収束|

⇒ |毒親をチェック|

⇒ |人間関係|ストレス|

⇒ |スピリチュアルメッセージ|

 

スピリチュアル 

⇒ |解離性同一性障害 スピリチュアル|

⇒ |離婚しない 仮面夫婦 スピリチュアル|

⇒ |時間 スピリチュアル|

⇒ |電話占い 悪い結果|

⇒ |江原啓之 亀裂|

⇒ |家庭崩壊 スピリチュアル|

 

 

電話占い お勧め記事 (口コミ 人気 電話占い

⇒ 「電話占い 当たる仕組み」 ・「電話占い 悪い結果」 ・「電話占い チャネリング」 「電話占い 守護霊対話

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ |金縛りの体験|

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

 

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ |三重で当たる霊視相談|

⇒ |下関で当たる霊視|

⇒ |愛媛で当たる霊視|