東洋思想の価値が高まる時代とは

・東洋思想の価値が高まる時代とは

・|東洋思想|(主.キーワード関連記事)

|東洋思想|の価値が高まる時代とは

|東洋思想|の価値が高まる時代とは、「スピリチュアル」から見ると、その姿が見えてきます。

「東洋思想」と言えば、「陰陽」の考えを元にしている考えでありまして、占いや世の中の出来事、東洋医学も扱われている考えです。

ただ、現在に至っては、多くの方が迷信的なものだと思い込んでいる傾向がありますよね。「スピリチュアル」から見るとそれさえも、「陰陽」の話から見えてくるものでありまして必然的だったと考えられます。

|東洋思想|の価値が高まる時代とは

|東洋思想|の価値が高まる時代とは

「東洋思想」の「陰陽」では、全ての出来事が「陰陽」の気の組み合わせだけで成り立っていると考えられているのです。

「陰陽」とは、「陰陽」と呼ばれるものがあるわけではなく、例えば男性と女性、晴れと雨、天と地、繁栄と衰退、プラスとマイナスなど相反する内容を象徴として表したのが陰陽の漢字になります。

何が「陰陽」なのかは、全ての出来事が「陰陽」の気の組み合わせだけで成り立っているため、全ての出来事をここで説明しなければなりません。

まずは押さえておくべき話として、「男性心理」と「女性心理」の違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのです。

これも、「陰陽」の話として考えることが出来るでしょう。

男性は、自分の趣味や仕事と女性も意識したい、「目に見える現実世界」に意識が高まりやすくなるのです。

女性は、意識されるために自分自身の「価値」を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の目に見えない「心」にも意識が高まりやすくなります。この話も、「陰陽」の姿が見えてきますよね。

ここで押さえておくべき話は、男性は、目に見える現実世界に意識が高まりやすい、女性は、目に見えない心に意識が高まりやすいポイントです。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|東洋思想|の価値が高まる時代とは、|ガイアの法則スピリチュアル|

f:id:tukishiromia:20220118060911p:plain

|東洋思想|の価値が高まる時代とは、|ガイアの法則スピリチュアル|

|東洋思想|の価値が高まる時代とは、|ガイアの法則スピリチュアル|

「東洋思想」の価値が高まる時代とは、「ガイアの法則」、「スピリチュアル」から見る働きがあります。

「ガイアの法則」とは、「千賀」氏と呼ばれる方が、文明の発祥と言われている「シュメール遺跡」に訪れた際に、そこで幻覚にあい、そこに現れた「シュメール神官」から文明の法則を伺った法則です。

「シュメール」を起点に、西側に、物質的な文明が現れまして、繁栄の約800年の時代を昼の時代と呼び、衰退の約800年を夜の時代と呼びます。

そして次に、東側に、精神的な文明が現れまして、同じ様に文明が繁栄と衰退を繰り返すのです。

この話についても、「陰陽」の力が見えてくるものではないでしょうか。

そして、更に離れた西側に物質文明が現れまして、それが交互に現れる話になるのです。

私の説明は、簡単に説明した話でありまして、興味がある場合は以下の動画で確認してください。


www.youtube.com


今までの文明は、イギリスとアメリカを中心とした、アングロサクソン人の文明であり、それは目に見える物質でありまして、次に現れるのが、日本の淡路島を中心とした精神的な文明の始まりでもあるのです。

戦前までは、日本国内においても東洋医学がありまして、敗戦によりアメリカのGHQの政策によって、迷信的であるとレッテルを貼られ東洋医学を元にした薬の販売が禁止されたものでもあったのです。

アメリカの目に見える物質に価値を置く考えは、男性的な考えとして考えることができまして、そのエネルギーによって、女性的な「東洋思想」が抑えられた姿が「スピリチュアル」から見えてきます。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり、心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり、心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があるのです。

この、「男性的優位のエネルギー」による抑える力によって、女性的な「東洋思想」の価値観が封じられた姿が見えてきます。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

|東洋思想|の価値が高まる時代とは、|左脳|と|右脳|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

|東洋思想|の価値が高まる時代とは、|左脳|と|右脳|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

|東洋思想|の価値が高まる時代とは、|左脳|と|右脳|女性的優位のエネルギー|スピリチュアル|

「東洋思想」の価値が高まる時代とは、「左脳」と「右脳」、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」から見ると見えてくる姿があります。

「左脳」は、言葉の組み立て、論理的な認識、計算や比較など、どちらかと言えば「目に見える現実世界を認識する力」に長けており、「男性」的、「理系」的な働きをする傾向があるのです。

「右脳」は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば「目に見えない心を感じる力」に長けており、「女性」的、「文系」的な働きをする傾向があります。

本来、バランスが整っている方が望ましくありますが、人は「価値」を求める生き物であり偏りも現れやすく、その結果物事の考えや「価値観」に違いが現れやすくなるのです。

従来までは、現在も見られる傾向にありますが、「男性的優位のエネルギー」の影響によって、目に見える現実世界に価値を求める傾向、理系的な科学的エビデンスなどに価値を求める傾向がありますよね。

「スピリチュアル」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのです。

これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になります。

「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対して「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」として顕在化されやすくなるのです。

もう既に、その傾向が現れていまして、「二極化」やコロナの波など「女性的優位のエネルギー」としての「陰陽」の力について感じることができるものではないでしょうか。

男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり、心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり、心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴があります。

物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりです。

「男性的優位のエネルギー」は、「目に見える物質」、「既存の知識」、「既存の価値観」、「期待性」を求める姿として現れやすく、「女性的優位のエネルギー」は、「目に見えない心」、「未知の知識」、「新たな価値観」、「意外性」の姿として現れやすくなります。

「男性的優位のエネルギー」の価値観に縛られている、「岸田総理」、自分にとって「期待性」を求める中で、ことごとく、「意外性」のある出来事が現れていますよね。

「東洋思想」の考えは、基本的に「陰陽」による考えです。「女性的優位のエネルギー」の波の力にも当てはまる話であり、徐々に高まっていく中で、「東洋思想」の「陰陽」の価値についても高まっていくことでもあるでしょう。

「スピリチュアル」から見ると、この様な考え方も見えてきそうです。

世界の中心が日本の淡路島になる話をさせていただきました。淡路島は、日本神道で、男の神と女の神のイザナギとイザナミが共同で初めて作った島としてあります。

日本には、「仏教」と言う考えもありまして、どちらかと言うと硬いイメージとして考えれば、日本神道が母親的な存在、仏教が父親的な存在としての「陰陽」の考えもあるのではないでしょうか。

「東洋思想」の「陰陽」は、固いイメージが強く、難しくなると思われるかもしれません。

「易(えき)」と言う漢字、日と月で成り立っている漢字であり、これも「陰陽」の意味がありまして、またトカゲから来ている考えもあり、トカゲは変化するものでありまして、そこから来ている考え方もあるのです。

私自身は、どちらが正しいと言う話ではなくどちらも正しい話であり、「陰陽」の二つの考え方があると考えることもできるでしょう。

「易」には、3つの基本的な考えがありまして、世の中は常に変化している、それを「変易」と呼び、生まれたものは必ず死を迎える、四季なども含めて変わらない法則、「不易」です。

たった「陰陽」の気のみで世の中ができている、世の中は難しくはない、簡単の意味で、「簡易」、もしくは「易簡」、これも「陰陽」として考えることができます。

そして、易しいにも扱われているものであり、東洋思想の「陰陽」は、難しい話ではなく簡単な話でもあるのです。

難しく思わせているのは、もしかすると、「男性的優位のエネルギー」の働きかもしれません。

スポンサー

 

 

f:id:tukishiromia:20220118061521p:plain

スピリチュアル お勧め!記事

霊視が外れた!その原因と理由は?とは

スピリチュアルカウンセラーに向いてる人の特徴とは

霊視で未来は、変わる?変わらない!どっちとは

人間関係の悩み!霊視や占いで解決できるの?とは

金縛りの体験談!恐怖の体験!スピリチュアルとは

若く見える人の理由!スピリチュアルとは

 

黄金の蝶
ダイヤ
外部リンク⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し
霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

f:id:tukishiromia:20220118064402p:plain

f:id:tukishiromia:20200317075823p:plain

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

守護霊対話の力を持つ中で、私が最もお勧めしている、口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

f:id:tukishiromia:20201111080120p:plain

  ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

 

f:id:tukishiromia:20201111080137p:plain

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

Twitter 月代

Twitter 月代

 

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ |霊感がある人の共通点とは|

⇒ |江原啓之|コロナの収束とは|

⇒ |毒親をチェックとは|

⇒ |人間関係のストレスとは|

⇒ |スピリチュアルメッセージの能力とは|

 

スピリチュアル 

霊格が高い人とは

霊視 浮気とは

転職の決断 スピリチュアルとは

夫婦喧嘩で仲直りできないとは

2023年の予言 スピリチュアルとは

女性同士の仲が悪いとは

スピリチュアル 本当の意味とは

 

・私が体験した。金縛りの体験談

金縛りの体験談とは

 

* 占い ⇒ 「霊視 対面と電話占い お勧め

 

 

*都道府県別 当たる?霊視

三重で当たる霊視とは

下関で当たる霊視とは

愛媛で当たる霊視とは