スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

霊能力の開発、開花は、宿命の有無で大きな違い

霊能力の開発、開花は、宿命の有無で大きな違い

霊能力の開発、開花は、実際に行っている人がいるとすれば、ほとんどの多くは、開発を行っても開花されることがほとんどないでしょう。仮に、霊能力の開発、開花が、マニアルによって力を発揮できるのであれば、割と現代、力を発揮されてる人が大いに活躍されているはずです。

霊能力の開発、開花につて、テレビに出演されていた霊能力者の方の多くが、その取り組みを行って力を発揮されたわけではありません。江原啓之さんは、幼少時代から様々なものを見る姿もあり、自分自身の修行は、見る見ないをコントロールするための内容だともおっしゃっていました。

霊能力の開発、開花

霊能力の開発、開花

木村藤子さんは、OL時代に突然、同僚の頭の上に、家庭内で夫婦喧嘩している映像が突然見えたと話されていました。スピリチュアル女子大生で活躍されていた、chieちゃんは、学生時代に事故にあい、夢に現れた人との出会いによって力が発揮されるようになったとおっしゃっています。

霊能力の開発、開花を求められてる人の多くは、それが目的であって、霊能力を身につけるのが最終的な手段だと思われてる人も多いのではないでしょうか。力を身につければ、上から目線で、弱きものを手助けてあげる気持ちなどを持ち合わせてる人もいるでしょう。

このような気持ちは、お金がある人には力を発揮し、お金がない人には切り捨てる考え方も現れやすくなるのではないでしょうか。霊能力の開花は、人々を手助けるためのあくまでも手段であり、目的であってはならないのです。

霊能力の開発、開花は、なぜ、開花がされないのか

霊能力の開発で開花されない

霊能力の開発で開花されない

霊能力の開発、開花で、現代人における一般の人が行なえば、ほとんどの多くの人が開花されないでしょう。

このように考えてみてください。自分自身が霊的な世界にいる中で、高級霊の立場から見る状況です。高級霊のいる立場からは、様々な人の心の様子がよく見えます。

霊能力の開発、開花を求められている人の多くは、心が自分自身に意識が高まりやすくなっており、自分に力を入れることに力を注いでいる様子も見えるでしょう。

大切なのは三つの意識がポイントであり、一つは高級霊と繋がるための高い気持ちを持ち合わせる思いです。二つ目は、人々に対する愛情であり、人々支えたい気持ちを持つ思いです。三つ目は、自分自身の霊的な感性を高める思い出あり、この三位一体の気持ちが、霊能力の開発や開花に力を発揮されやすくなります。

ここでの大切な意識は、第三者への愛情であり、それが、結果的に高級霊の波動とシンクロしやすくなり、開発に力を注がなくても霊的な感性が高まる場合もあります。

花を咲かせるのも、花の気持ちに立てば、天からの日差しや雨、土壌の栄養分も必要であり、繁栄させるためには、ミツバチなどの昆虫類が、花粉を様々な場所に運んでもらう必要性もあるでしょう。

霊能力の開発、開花は、すでに決まっている、ただし、無駄ではないかもしれない

霊能力の開発で開花は決まっている

霊能力の開発で開花は決まっている

霊能力の開花は、生まれる以前に、宿命的に決められている話がスピリチュアルの話の中に存在します。霊能力が現れる運命は、生まれる以前から、開花されることが既に決められている内容です。

私達は、時間軸において、同じ時を過ごしていますが、霊的な世界から見ると、現世における時間軸は、既に決められている内容であり、未来について知れる内容でもあります。

スピリチュアルの世界の考え方の中には、パラレルワールドが存在し、未来は不確定の考え方もありますが、私はパラレルワールドの存在に否定的であり、無限に広がる様々な世界があるとするならば、誰一人、確かな未来を言い当てる人は現れないでしょう。

私自身、霊能力者の方から未来を言われ、当てられた内容もあり、パラレルワールドが存在していれば、様々な世界の中で偶然に当たったとも考えられません。私が当たったのが偶然だとしても、他にも未来が言い当てられた人も割と多くいまして、未来は決められていると考えるのが妥当ではないかと思っている次第でもあります。

霊能力の開花、開花には、パートナーとなる高級霊のような存在が不可欠です。イタコの修行の中には、神降ろしと言う儀式もあり、個人だけの力で霊能力の開発、開花で開くことはほとんどありません。

ほとんどなく、少なからずある話としては、高い霊的な力を持ち合わせており、自分の力の霊能力だけで、時間軸を移動したり、霊体の力を使って、霊能力を顕在化させてる人もいる話も存在します。ただしこの場合においても、霊的な世界から管理された中で力を発揮されている話でもあり、このような力ももしかすれば、生まれる前から決まっていた内容かもしれません。

一般の人が行う、霊能力の開発、開花は、危険である話がネット上に多く存在します。悪霊に憑依されやすくなったり、自分自身の精神がコントロール効かなくなり、精神が崩壊してしまう恐れがある可能性などもあるためです。

ただ、私自身は、多くの人は、そこまでの内容に至らないのではないかとも思っています。現実世界においても、実際に犯罪を起こすのはごく1部の人であり、多くの人は健全な心を持ち合わせているはずです。

何よりも、現在は理系よりの学問の影響もあり、感性が弱い人々も増えています。霊能力の開発、開花を目指す取り組みは、実際、顕在的に力が発揮されなくても、心の底での繋がりが強くなる中で、感じる力も高まりやすくなるでしょう。

他者の気持ちも把握しやすくなり、自分自身の視野も広がっていくことだと思います。ただし、セミナーによる霊能力、開発、開花は、少し問題がありまして、参加者の中には、特別な能力を身につけたいだけの想いを持ち合わせてる人もいるため、その影響を受けてしまえば、悪霊に憑依されやすくなる可能性も高まってしまいます。

セミナー自体が悪いのではなく、講師がしっかりとした人格者であれば、問題ではありませんが、力のみだけを言葉に出して人は要注意であり、その点に対して意識を高めておくのも大切です。

私個人の考え方とすれば、霊能力は、人が亡くなった後に目覚める内容であり、生まれる前にも身につけていた内容であり、特別な内容ではなく、宿命を背負ってなければ、霊能力を持ち合わせていない自分自身に与えられた生き方を考え、それに力を注ぐ方が大切ではないかとも思う次第です。

先にも言いましたが、霊的な世界からは、現世の人々の心がよく見えるものであり、その認識を忘れてはなりません。

自分自身にある程度霊感が高い自覚があり、今までの人生が普通では無い自覚を持ちあわせているとするならば、一度、守護霊対話ができる霊視の力がある先生に相談行い、宿命を背負ってるかどうかの確認をされるのもお勧めです。

宿命を背負ってるのであれば、霊能力の開発、開花に向かっての取り組みは無駄ではなく、その行為によって力が現れなくても、その影響が違う時期に力を顕在化してくれる可能性も存在します。

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com