スピリチュアル7[2020年版]

元霊感占い師TtukishiroMiaが、その経験を元に、霊格、占い師になるには、スピリチュアルを含め、様々な話題を提供

スピリチュアル!いじめのあるある話しとは

・「スピリチュアル いじめ」/「いじめ」/「あるある(主.キーワード関連記事)

『 スピリチュアル』!『 いじめ』の『 あるある』話しとは

『 スピリチュアル』!『 いじめ』の『 あるある』話とは、男性と女性とで話が少し変わってくるかもしれませんが、「スピリチュアル」から見る、「いじめ」における「あるある」話について、知っていれば、ある程度、対策なども見えてくるかもしれません。

「スピリチュアル」から見る「いじめ」の「あるある」話をさせていただく前に、なぜ、「いじめ」が起きるのか、基本的な話を押さえておく必要性があります。

「いじめ」が起きる原因は、主に2つの要因がありまして、1つ目は、いじめることによって快感が生じ、快感を求めていじめが生まれるのです。

心理学者のフロイトは、人は睡眠をとるにしても食事をとるにしても用を足すにしても、少なからず、そこには多少なりとも快感があり、人は、快感を求める生き物として、それを快感原則と提言されました。

スピリチュアル!いじめのあるある話しとは

スピリチュアル!いじめのあるある話しとは

極端な話、快感=存在感と言っても過言ではなく、人は幸せを感じれば、強い快感と強い存在感を同時に感じるのではないでしょうか。

存在感を感じられない状況は、ただ存在感を感じられないだけではなく、精神と肉体はお互い影響与え合っているため、存在感を感じられない状況は肉体にも影響与え、命の危機としてストレスも生じやすくなるのです。

つまり、「いじめる人」は、自分自身の存在感が感じられず、存在感を求めて、快感を求めて、「いじめ」を起こす話になります。もしかすると、この話も、「スピリチュアル」から言えば、「いじめ」の「あるある」話かもしれません。

もう一つは、精神的な幼い霊格の低さが原因です。このブログでは霊格について、割と多く話をさせていただいていまして、知識の成長は知識の一つ一つの気づきであり、心の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきでありまして、霊格が高まれば、精神的に存在力が高まりやすく、他者の心を満たす創造力も高まりやすく、物事を見る視野も広がりやすくなるのです。

よって、霊格が低い状況は、存在力が弱く、他者の心を満たす創造力も弱く、物事を見る視野も狭くなります。「いじめる側の人間」としては、まさにこれに当てはまる人物として、「あるある」話でもあるでしょう。

『 スピリチュアル』、男性が『 いじめ』を起こす『 あるある』話

『 スピリチュアル』、男性が『 いじめ』を起こす『 あるある』話

『 スピリチュアル』、男性が『 いじめ』を起こす『 あるある』話

「スピリチュアル」、男性が「いじめ」を起こす「あるある」話は、先に、男性心理と女性心理の基本的な違いについて、知っておかなければなりません。

男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情は、磁石のように引き合うやすくなり、異なった異性が結ばれやすくなるのです。

つまり、男性が「いじめ」を起こす、「あるある」話は、意識して楽しめる「いじめ」です。また、男性は、本能的に、静止している内容よりも動く要素に興奮しやすく、注意も高まりやすくなります。

その結果、「いじめ」を起こす、「あるある」話の中には、弱そうな、いじめられる人を対象に、普段見せない動きをさせることによって、興奮して、楽しんでる話になるのです。

快感=存在感と話をさせていただきました。「いじめ」ることによって、興奮から快感が生じ、「いじめ」てる側は強い存在感を自分自身に感じやすくなります。

では、全ての男性が、「いじめ」を起こすのでしょうか。割と男性は、意識したい傾向が強いため、同性と話をする場合、自分自身の趣味や興味など何かしらを意識しあいながら、会話を楽しむ傾向があるのです。

「いじめ」を起こす男性は、会話が弾むような、会話を持ち合わせておらず、どちらかと言えば、無趣味に近い傾向があります。

「スピリチュアル」から考える、「いじめ」を起こす特徴は、2つの傾向があるでしょう。1つは、貧困であり、同性同士で楽しむ会話になる内容が、あまり持ち合わせておらず、自分自身の存在感を感じられない中で、「いじめ」を起こす傾向です。

もう1つは、家庭が裕福であるにも関わらず、勉強などを強要されて、なかなか自分が行いたい内容について、手にすることができない環境の話になります。

どちらも共通する話として、自分自身で自分自身の存在感を感じにくい心の状況であり、自分自身の存在感を求めて、「いじめ」の行動を起こしやすくなるのです。


『 スピリチュアル』、女性の『 いじめ』による『 あるある』話

『 スピリチュアル』、女性の『 いじめ』による『 あるある』話

『 スピリチュアル』、女性の『 いじめ』による『 あるある』話

「スピリチュアル」、女性の「いじめ」による「あるある」話は、女性は意識したいよりも意識されたい気持ちが強い話をさせていただきました。

女性は、好意を抱く異性から意識されるために、自分自身の価値を高めたい本能を気持ちとして持ち合わせている傾向にあるのです。

女性の「いじめ」による、「あるある」話の中には、異性から注目をされやすい、ある特徴を持つ女性に対して、無視する姿が現れやすくなります。

女性の本能としては、同性から、そこそこ意識され、好意を抱く男性から、よりよく意識されたい気持ちが多くの女性に持ち合わせているのです。

女性として、同性から意識されない姿は、女性としての価値が低い気持ちも現れやすく、「いじめ」の方法として、割と無視が現れやすくなります。

また、無視をすると、無視をしている女性に対して低い評価が現れ、相対的に、自分自身の価値が高まる錯覚も起こりやすく、そこに女性としての価値ある姿による快感も生じやすくなるのです。

この話についても、女性の「いじめ」による、「あるある」話でもあるでしょう。

あるテレビの番組で、女の子同士の中で、「無視」をする遊びが放送されていました。今日は誰を無視する、と言うような遊びです。

女性、特有の内容でもあり、男性からすると考えられないかもしれません。

なぜ男性と違い、「無視」の話になるのか、相手の価値を損ねる目的もありますが、暴力的ないじめは、女性として自分自身の価値を損ねてしまう可能性もあり、直接的な、暴力によるいじめは、現れにくくあります。

女性の「いじめ」による、「あるある」話かどうか分かりませんが、仲の良い男性を使って、特定の女性を暴力的にいじめさせる話などもあるでしょう。

始めに言いましたが、「いじめ」が起きる原因は、霊格の低さと、自分自身の存在感を求めての行動です。

日本の教育は、知識の一つ一つの気づきだけに力を入れている傾向も強く、心からの一つ一つの気づきも弱く、「いじめ」が起きやすい状況を作り出している「あるある」話として、日本の社会、日本の教育にも問題があるのではないでしょうか。

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com