スピリチュアル7[2021年版]

「霊視」「スピリチュアル」「霊感」「占い」「霊格」「守護霊対話」「電話占い」「沖縄のユタ」「恋愛」「婚活」「人間関係」「子育て」「結婚」「浮気」「嫁姑」・・・

霊格が高いとスピリチュアルに覚醒されやすい

霊格が高い」/「スピリチュアル」/「覚醒(主.キーワード関連記事)

霊格が高い』と『スピリチュアル』に『覚醒』されやすい

霊格が高い』と『スピリチュアル』に『覚醒』されやすい話について、この「覚醒」については、「スピリチュアル」を語っている人でも様々な話をされており、このページにおいては、全体的な傾向における、「霊格が高い」と「スピリチュアル」に「覚醒」されやすい話について話をさせていただきたいと思います。

霊格が高い」と「スピリチュアル」に「覚醒」されやすい話、私個人としては、「覚醒」と言う言葉について大げさな話だと思われる場合もあれば、「スピリチュアル」について、今まで関心がなかった人にとって、「覚醒」とは「覚醒」と言い切れる話かもしれません。

このブログでは何度も話をさせていただいていますが、知識の成長は、知識の一つ一つの気づきであり、「霊格」の成長である心の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきになるのです。

霊格が高いとスピリチュアルに覚醒されやすい

霊格が高いとスピリチュアルに覚醒されやすい

霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、まるで木の実のように他者の心を満たす創造力が高まり、心の気づきが多い分だけ、物事を見る視野も広がりやすくなります。

この話は難しい話ではなく、子供から大人になる話であり、よくよく考えれば誰でも理解できまして、当たり前の話でもありますよね。

しかしながら、現在人は、特に日本人、宗教に対する国家でもなく、心に対して意識が薄い人も割と多くいまして、「霊格」の成長である、心からの一つ一つの気づきに関心が無い、興味がない方も割と多くいらっしゃるのではないでしょうか。

霊格が高い」と「スピリチュアル」に「覚醒」されやすい話、「スピリチュアル」による「覚醒」とは、精神的に大人になる意味でもあり、今まで、心の一つ一つの気づきに関心がなかった人にとっては、「覚醒」すると言い切れる話かもしれません。

霊格が高い』、霊能力としての『スピリチュアル』に『覚醒』される話

『霊格が高い』、霊能力としての『スピリチュアル』に『覚醒』される話

霊格が高い』、霊能力としての『スピリチュアル』に『覚醒』される話

霊格が高い」、「スピリチュアル」に「覚醒」される話は、霊能力が発揮するような「覚醒」について思われている方もいらっしゃるでしょう。

この話は、必ず霊能力が覚醒するととも言い切れませんが、「スピリチュアル」の中では、霊能力として「スピリチュアル」が「覚醒」される話をされている方もいらっしゃるかもしれません。

まったく、霊能力と関係がないとも言い切れず、人によっては、「霊格が高い」状況から「スピリチュアル」に「覚醒」され、特殊な能力としての霊能力が発揮できるようになる方もいらっしゃるでしょう。

霊格」の成長は、心からの一つ一つの気づきによって、精神的に大人になる話をさせていただきました。この精神的な大人になる話とは、愛の持つ精神を持つことの意味しまして、この愛とは、心から頭で考えて他者のために行動に移る精神的な話です。

霊能力を発揮するには、高次元の力が必要であり、高次元の存在と、心の波長が、できるだけ近くなければなりません。

高次元の存在は、他者に対する愛の力を強く持ち合わせているものであり、「霊格が高い」と、高次元の存在からの力を受ける中で、「スピリチュアル」に「覚醒」され、他者のためになる霊能力が開花される場合もあるのです。

しかしながら、多くの方が、「スピリチュアル」に興味を持ったとしても、霊能力が「覚醒」される事はないでしょう。

なぜならば、スピリチュアルに興味を持つ人の中には、自分にしか意識が強くなく、他者の心に対して関心が薄い人も割と多くいらっしゃるためです。

そもそもの話として、「スピリチュアル」の中でも、「霊格」と言う言葉がそれほど広がっている話ではなく、霊格」と言う言葉を知らずに、「スピリチュアル」だけに興味を持っている人も割と多くいらっしゃるのではないでしょうか。

霊格が高い』、『スピリチュアル』に『覚醒』の話は存在しない

『霊格が高い』、『スピリチュアル』に『覚醒』の話は存在しない

霊格が高い』、『スピリチュアル』に『覚醒』の話は存在しない

霊格が高い」、「スピリチュアル」に「覚醒」の話は、存在すると言えば存在しますが、存在しないと言えば存在しません。

「スピリチュアル」の「覚醒」の話について、「覚醒」と聞けば、花がさいて、目的の頂上が達成され、そこで終わってしまうニアンスとして思われている方もいらっしゃるでしょう。

高次元の存在も、自らの「霊格」を高めている状況でもあり、「霊格」の成長には終わりがありません。そのため、「スピリチュアル」に「覚醒」する話も、「覚醒」してそこで終わる話では無いのです。

あえて、「霊格」との関係において、「スピリチュアル」に「覚醒」する話が存在するとするならば、小学1年生に「覚醒」する、小学2年生に「覚醒」する様に、段階的に成長を歩む話になるでしょう。

先にも話をしましたが、「霊格」の成長である心の成長は、心からの一つ一つの気づきです。スピリチュアルを先導的に語っている人の中でも、この「霊格」の成長に対する知識が薄く、特定の内容としての、これを実践すれば、「スピリチュアル」に「覚醒」すると語っている人もいますよね。

それは、まるで、何かしらの宗教的な話と変わらず、「スピリチュアル」は、宗教的な話ではありません。自然の法則に則っている、当たり前の話としての話であり、精神的に大人になって、他者のために愛を持つ話に過ぎないのです。

「スピリチュアル」を語っている人が、「霊格」の認識が薄い原因によって、「スピリチュアル」に関心がない人から見ると、宗教的な内容に見えてしまう話でもあるでしょう。

私が最も大切にしている「スピリチュアル」の考え方による話は、「霊格」の成長に繋がる心からの一つ一つの気づきです。

霊能力者の江原啓之さんも、心からの気づきの言葉を扱っている話もありますが、それほど強く押しておっしゃってる話でもなく、ほとんどの多くの方が、その言葉に対して関心を示していない状況でもあるでしょうか。

「スピリチュアル」に「覚醒す」るには、心からの一つ一つの気づきによる「霊格」の成長は必然的であり、この文章を読まれている方は、この点について強く意識を持ち合わせていただければと思います。

ちなみに、「霊格」の成長に繋がる、「霊格」の成長は、「スピリチュアル」の中でしか見出せない話ではありません。また「霊格の成長」として、「霊格」が低い存在からは「霊格」が高い存在の価値観には気づきにくく、「霊格」が高い存在からは、心の一つ一つの気づきの多さによって、「霊格」が低い人の存在を把握しやすい特徴もあるのです。この話も、子供と親の関係と言えば分かりやすく、「霊格が高い人」と「霊格が低い人」を見ることによって、自分自身の「霊格」の状況も、ある程度把握できる話でもあるはずです。

 

黄金の蝶
ダイヤ

 

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

特にお勧めなが、あまり力を持つ先生が少ない、未来を見通す霊視能力があり、守護霊対話能力のある先生です。霊視能力を持つ先生方の多くが、全国で悩みを抱えている方に対応しやすい電話占いサイトに所属されています。

 

●特にお勧めは、電話占いサイトの絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。絆は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いかもしれません。

口コミでも人気が高いのが、業界でも名高い、守護霊対話能力を持つ、オードリーメーカー先生です。鑑定歴が少なくありますが、男の先生として、水先生も、守護霊対話能力のみで相談に応じられている若き先生も一押しです。他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

◯ 絆に所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

 ●人気占い師の当たる電話占いのデスティニー

デスティニーも、絆の様に霊感の強い先生が集まる電話占いサイトです。運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。お勧めは、かすみ先生真野聖子先生水谷祐美先生です。

ただ、デスティニーは、守護霊対話能力を持つ先生が所属されておらず、未来を見通す、恋愛に関する悩みなど、守護霊対話能力を求めない相談事に対してお勧めです。

◯ デスティニーに所属する先生方から相談を受けたい方は、こちらから

 

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

ataru-reishi.blogspot.com

・私自身の細かなプロフィール

ataru-reishi.blogspot.com