小学生のいじめによる特徴!スピリチュアル

・小学生のいじめによる特徴!スピリチュアル

小学生のいじめによるスピリチュアルな特徴

いじめは、小学生の頃から始まることが多い問題です。いじめは、身体的・精神的・性的など、さまざまな形で行われ、被害者の心身に大きな影響を与えます。

スピリチュアルな観点から見ると、いじめには、被害者の魂の成長を促す意味があるとも言われています。いじめによって、被害者は、自分の弱さや、周囲との違いを認識するようになります。そして、それらを受け入れて、乗り越えていくことで、魂が成長していくのです。

具体的には、いじめによって、以下のようなスピリチュアルな特徴が表れることがあります。

  • 自分自身を見つめ直すようになる

いじめによって、自分の弱さや、周囲との違いを認識するようになります。そして、それらを受け入れて、乗り越えていくことで、自分自身を見つめ直すようになります。

  • 自立心が強くなる

いじめによって、自分を守るために、自立心が強くなることがあります。自分で考えて、行動できるようになり、自分の人生を切り開く力をつけることができます。

  • 共感力が高まる

いじめによって、自分と同じように苦しんでいる人を理解できるようになり、共感力が高まります。他者の痛みを理解することで、より優しい人間になれます。

もちろん、いじめは決して良いことではありません。しかし、いじめによって、被害者の魂が成長する可能性もあることを知っておきましょう。

いじめから立ち直るためのスピリチュアルなヒント

いじめから立ち直るためには、まずは、自分自身を大切にすることが大切です。自分の弱さや、周囲との違いを受け入れ、自分を認めてあげましょう。

また、いじめによって傷ついた心を癒すために、スピリチュアルなヒーリングや、瞑想などの方法を取り入れるのも良いでしょう。

以下に、いじめから立ち直るためのスピリチュアルなヒントをいくつかご紹介します。

  • 自分を大切にする

自分の弱さや、周囲との違いを受け入れ、自分を認めてあげましょう。

  • 自分を癒す

いじめによって傷ついた心を癒すために、スピリチュアルなヒーリングや、瞑想などの方法を取り入れましょう。

  • 自分を信じる

自分は大丈夫だと信じましょう。googleのAI bardに尋ねました(by google AI bard)

・|小学生|いじめ|スピリチュアル|(主.キーワード関連記事)

小学生のいじめによる特徴!スピリチュアル

320-50-18

spiritual7.hatenablog.com

小学生いじめによる特徴スピリチュアルから見る話は、だいぶ過去に、話をさせていただきました。最近「小学生」の「いじめ」による特徴が「小学1年生」から「小学2年生」の「低学年」に増えているという話を目にしまして、考えさせられる内容であったのです。

小学性」の「いじめ」の特徴、過去に話をさせていただいた内容は、「干支の性格」から見られる内容でありまして「干支」は、迷信的な内容だと思われがちですが、世の中の仕組みが全て「陰陽」の働きから成り立っていると考えられている内容から来ている話です。

このページでは、「陰陽」の話ではないため、詳しく話をしませんが、例えば、晴れ雨、生と死、男性と女性など、相反する内容を象徴として表したのが「陰陽」になります。ウィキペディアに、参考になる代表例が記載されているため、そちらをご参照してください。

『小学生』の『いじめ』による特徴!『スピリチュアル』

『小学生』の『いじめ』による特徴!『スピリチュアル』

何が、「陰陽」なのかは、世の中の仕組みが、全て「陰陽」の気のみで成り立っているため、ここに、全ての内容を書き留めなければなりません。「干支」の干、少ないを表す一、「陰」、多いを表す十、「陽」を表している漢字であり「支」は、枝や、支店でも扱われているように分ける意味があります。そして「干支」は、「陰陽」を表している別の漢字でもあるのです。

昔の人は、無学の人が多く「陰陽」を理解してもらうために、イメージとして分かりやすく選ばれたのが「干支の動物」たちです。

これは、人が持つ本能でも表すことができて「子年」生まれたての赤ちゃん「丑年」、前によちよちと歩く赤ちゃんになります。

「寅年」この漢字は、弓矢を引く堂々とした姿の象形文字から来ていまして、立つことができる、1人で着替えができる、自分自身だけで行い親から褒められることを求める気持ちが現れやすくなる年齢です。

「卯年」は、寂しがり屋ですが冒険心も強く、親が見ている範囲の中で、少し離れ、遊ぶことができる年齢になります。

「辰年」は、親がいなくても、町内であれば、1人で行動が取れる年齢です。ただ近年は、犯罪などのニュースもあり、子供を1人で遊ばす事について控えている傾向もあるでしょう。

「巳年」は、蛇には手がないように、親の考えがなくても、自分自身で考える力が現れやすくなるのです。「午年」は、生命力が強く、様々なことを行っていたい経験したい気持ちが現れやすくなるのです。

「未年」は、世の中に、取り入れてはならない悪い内容がある、自覚を持つことができる年齢であり、自分にとって汚れたものを排除する気持ちも現れやすくなります。

「申年」は、申すと言う意味もありまして、人に命令をして、人を動かすことを好む力が現れやすくなるのです。この経験がなければ、リーダーシップや年下に対し指導する力が芽生えにくくなるのです。

「酉年」は、自分自身のグループや、属している内容に対し正しい正しくないなどの判断ができる年齢になります。

「戌年」は、実際に困っている人に対し支える、人のために尽くす力が芽生えやすくなるのです。

「亥年」は、他人の気持ちを自分の気持ちとしてしっかりと感じることができる年齢であり、大人としての精神を養うことができる年齢になります。

人の精神の成長は、それぞれであり、大体この話は、「1年ごとによる成長」の話です。本来であれば、「12歳」で精神的に大人に成長を導くのも不可能ではありません。

「干支の性格」から考える「小学生」の「いじめ」の特徴は、「スピリチュアル」から見ると、汚いものを排除したい「未年」他人を命令したい「申年」の年に起きやすく、大体「小学3年生」から「小学4年生」頃に「いじめ」が起こりやすくなる話を過去にさせていただきました。

ただ、最近のニュースを見た中で「巳年」と「午年」「小学1年生」から「小学2年生」位に、起こりやすくなっている話があり、そのことについて考えさせられる出来事でもあったのです。

スポンサー

小学生のいじめによる特徴、小学1年生と小学2年生に増えている原因、スピリチュアル

320-50-18

『小学生』の『いじめ』による特徴、小学1年生と小学2年生に増えている原因、『スピリチュアル』

『小学生』の『いじめ』による特徴、小学1年生と小学2年生に増えている原因、『スピリチュアル』

「小学生」の「いじめ」による特徴は、「小学1年生」と「小学2年生」に増えている原因「スピリチュアル」から見る話として、この話をさせていただく前に、先に押さえておかなければならない話があります。

このブログでは、心理学者「フロイト」の言葉として、何度も話をさせていただいていまして、人が、食事をとるにしても睡眠をとるにしても、用を足すにしても、少なからずそこには「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物として、それを「快感原則」と提言されました。

極端な話「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば、強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることもできるでしょう。

「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり、命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのです。

「ストレス」は、「ストレス」を与えている対象に対し、攻撃、もしくは、逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり、心身に「エネルギーを」生み出しやすくなります。

そして、この「エネルギー」が「小学生」の「いじめ」のエネルギーとして、消費されやすくなるのです。「いじめ」の多くが、自分の「存在感(快感)」を求めて起こりやすくなります。

「巳年」と「午年」のエネルギーの質を考えた場合、私なりに、ある内容が見えてきます。

全員の家庭ではないことを前提に「巳年」は、自分の考えを優先的に考える気持ちが現れやすくなりますが、それが「否定されている状況」「午年」は、あれこれと、様々な内容に興味が現れやすい状況が現れますが、それが「否定されている状況」で、成長する「存在感」の「存在感」が感じられず「ストレス」によるエネルギーが「小学生」の低学年の中で現れやすくなっているかもしれません。

スポンサー

小学生のいじめによる特徴、スピリチュアルから見る親の霊格

320-50-18

『小学生』の『いじめ』による特徴、『スピリチュアル』から見る親の『霊格』

『小学生』の『いじめ』による特徴、『スピリチュアル』から見る親の『霊格』

「小学生」のいじめによる特徴、その原因は、「スピリチュアル」から見る「親の霊格が低い」状況が現れやすくなっている原因が見えてきます。

この話も、このブログで何度も話をさせていただいていますが「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」です。

「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなります。この話は、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話です。

「霊格が低い」と、逆に、精神的な意味で存在力が弱くなりがちであり、他者の心を満たすよりも、自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の「気づき」が少ない分、精神的な意味で物事を見る視野も狭くなりがちになります。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」です。

「霊格の特徴」として「霊格」が低ければ低いほど、精神的な意味で存在力が弱く、その結果「ストレス」も現れやすく「いじめ」がより現れやすくなります。

親の「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱いため、子供に対し、自分の欲だけを満たすための道具の様な気持ちも現れやすく「子供の自発性を殺し」自分自身の価値観や考えを、子供に対し押し付ける親も現れやすくなります。

一般的に考えれば、「霊格が低い」親が問題点として挙げられる話でもありますよね。

ただし、何故?「霊格が低い」親が現れやすくなるのかについて考えた場合「社会全体にも原因」があるかと思われます。

太平洋戦争で負けた日本、戦争が起きたのは、神道による、心の価値観を、国民の価値観として柱にする考えから現れた考え方があります。

戦後、日本の教育は、子供に対し「心」の価値観を押し付ける傾向が弱まりまして、知識の一つ一つの気づきだけに価値を置き、その子供が大人になって子供を産む時代ともなっています。

「霊格が低い」親が現れやすくなるのも当然であり、精神的な意味で「霊格が低い」親、子供が子供を育てるのが現れるのも必然的な話しでもあるでしょう。

戦後の教師のあり方を、長い年月で見た場合、現在の状況は、「因果応報」「自業自得」と呼べる内容かもしれません。

現在、教師と親の立場が逆転し、教師は何かと「霊格が低い」親からプレッシャーを感じやすい時代でもありますよね。

「霊格が低い」親を生み出したのは、教育の環境であり、私からすると、ドミノ倒しの様に必然的に現れている話に見えてきます。

過去に「小学生」の「いじめ」で、葬式ごっこなどの「いじめ」の話がありました。同級生の首をしめて気絶させる「いじめ」です。

女の子の遊びの中に、無視の遊びがある話もあるそうで、今日はどの子を無視する?遊びの話を聞いたとき、子供の中での「精神年齢が極度に落ちている」と強く実感させられました。

スピリチュアル」について信じるも信じないも、個人の自由でありますが、果たして、心からの一つ一つの「気づき」の教育を疎かにする状況、果たして、本当に健全だと言えるでしょうか。

ピーターパンは、大人になることを嫌っている考え方の持ち主であり、大人になりきれていない若者として、現在「ピーターパンシンドローム」と呼ばれる若者も増えています。

また、自分の人生を決断できない心理として、猶予期間「モラトリアム人間」と言う言葉もあり「小学生」の「いじめ」による特徴から「スピリチュアル」から見ると、誰からの目から見ても今後の日本の様子も見えてくるのではないでしょうか。

私の話についてあくまでも一般論であり、個別の内容は個別の環境によって話が変わってくるものでありまして、お悩みを抱えている方は、電話占いに所属されている霊視の力を持つ先生に相談されると良いでしょう。

私と違ったアドバイスを別の角度から伺うことによって、新たな視点や新たな考えが現れてくるかもしれません。

私は、過去に霊感占い師として人の相談に応じていましたが、現役で活躍されている先生方は、より多くの相談内容に応じているものであり、私よりも質の高い話を伺うことも可能として挙げられます。

 

電話占いの霊視鑑定が当たる仕組みと理由とは!?

霊視鑑定を体験された事の無い方や悩み事を抱えている方へ

恋愛などを含め悩み事の解決は、霊視能力を持つ先生方からアドバイスを伺うのもお勧めです。霊視能力を体験された事の無い方は、一度、霊視鑑定を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。悩み事が無くても、価値のあるアドバイスを伺える場合もあるでしょう。

ディスティニー

ディスティニー

●お勧めは、電話占いサイトのディスティニー

スピリチュアルの中で、現在、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれません。ディスティニ―は、電話占いサイトとしては、それほど、多くの先生方が所属されている訳ではありませんが、テレビでも紹介される話もあり、力があり、人気の高い先生方が所属されています。スピリチュアル好きの方であれば、ご存じの方も多いでしょう。

口コミでも人気が高いのが、江原啓之さんの様な守護霊対話能力を持つローズ先生、上之嬢先生、美鳳先生です。

守護霊対話の力を持つ先生は、対面も含め、電話占いサイトでも数が少なく、力のある貴重な先生になります。悩みを抱えている方へのお勧めの先生であり、先生に相談されると、その力に驚かされるかもしれません。

ただ、相談内容によっては、必ず適しているとも言い切れず、プロフィールや得意分野などをチェックし、相談内容に適応する先生に相談されるのも大切です。

他の先生方も力のある先生ばかりであり、気になる先生は、自身の守護霊が導いている可能性もあり、他の先生方もチェックしてみると良いでしょう。

 

先生方への相談希望、電話占いサイト ディスティニ― へはこちらのリンクから

⇒ 何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生っている?

 

 

 

スピリチュアル お勧め!記事

 

⇒ 「いじめ スピリチュアル」 ・「子育て スピリチュアル」 ・「子育て ストレス発散」 ・「夫婦喧嘩 スピリチュアル」 ・「毒親 スピリチュアル」 ・「子育て 孤独

スポンサー

-----------------

私が運営しているbloggerブログ・サイトから 霊視鑑定の参考に(だ・ある文体)

・私が初めて霊視鑑定を受けた体験談

 

⇒ (霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

 

・私自身の細かなプロフィール

 

⇒ 当ブログ (プロフィール)

 

いじめ 関連記事!外部サイト

 

 

固定ページ 「スピリチュアル リンク集

⇒ 「霊感がある人の共通点!霊感がある人は?

⇒ 「江原啓之さん!コロナ終息は先!意味は?

⇒ 「毒親の特徴!チェック!毒親が多い?

⇒ 「人間関係のストレス!原因は?増えている?

⇒ 「スピリチュアルメッセージの能力の開花

 

 

・私が体験した。金縛りの体験談

⇒ 「金縛り 体験

 

 

* 霊視 参考記事 ⇒「何も言わないでも霊視で視てくれる電話占いの先生

 

*都道府県別 当たる?霊視

⇒ 「神奈川 当たる 霊視 」 ・「千葉 当たる 霊視 」 ・「京都 当たる 霊視」 ・「香川 当たる 霊視」 ・「沖縄 当たる 霊視